普通検索観音 さん プロフィール

  •  
普通検索観音さん: 奈良!奈良!奈良! ときどき京都
ハンドル名普通検索観音 さん
ブログタイトル奈良!奈良!奈良! ときどき京都
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yt564190yt
サイト紹介文平成28年に奈良大学通信文化財歴史学科に入学。日記的にOLD学生の生活を記録しようかと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/10/05 11:32

普通検索観音 さんのブログ記事

  • 迷い
  • 古文書のお勉強国営放送学園の通信教育を進めつつ、単行本に取り組みながら進めている。通信の添削は丁寧で、講評では褒められている(中断させないようにという厚い配慮が伺われる)。県立文書館の講座があるが、いきなり行っても実がないと思われるので、下準備にもなっているか(申し込むかどうか決めていない)。準備し過ぎるのも挫折要因になりがちなので、行き当たりばったりがよい。などと、迷い。しかし続いているのだから [続きを読む]
  • 秋の奈良、レンタカーでたらい回しツアー
  • 近鉄奈良駅近くで車を借り、石上神宮に着いたのが9時20分頃。 物部氏の総氏社。最古の神社のひとつにふさわしい圧倒的な静けさを肌で感じる。鶏神さまたちは走り回っていたが。 参拝を済ませて、談山神社へ向かう。紅葉の時期、休日ならば1〜2時間待ちという情報があって覚悟していたが、金曜日だからだろう渋滞なしで到着。 紅葉には間に合った。 談山神社は、中大兄皇子と中臣鎌足が藤花の下で蘇我入鹿に対する撥乱反 [続きを読む]
  • 奈良行きの予想
  • 右足ふくらはぎの肉離れも癒えつつある今日この頃。明後日から奈良へ、紅葉を見に行く。この時期無謀にも、平日とはいえレンタカーを借りて回ろうと計画しているが、予定の半分もこなせれば超上出来。奈良公園を歩けば、紅葉と神鹿さまには確実に会えるだろうから、それだけでもいいと思う。落慶した興福寺の中金堂にも立ち寄れる。久々の奈良は楽しみ。京都の紅葉は押し合いへし合い、何をしに来たのかと思いながら見た記憶はあ [続きを読む]
  • 卒業までの作業
  • 卒業必要単位を取得して後、奈良大で歴史をかじってきたことを思い返しながら、これからも好きなことを、無理を思わず、広げて深めて楽しめればと試行錯誤していた。 思うことは、歴史に関して一次資料にあたりたいということ。 なので、古文、漢文の大学受験参考書を買い込み、あまり成績のよくない高校生よろしく、文法、読解、単語、句法を、ん十年ぶりに復習してみる。始めた頃は、こんな孤独な作業があるのであろうかと思った [続きを読む]
  • 山陰海岸 西の果て近く
  • 秋になり、遊んでばかりいる。 山口県長門市仙崎港 青海島の周遊クルーズ船 奇岩が続く青海島を巡る。このサイズの船でなければ岩の間をくぐれない。乗船者が多いときには船団を組む。 日本海のことであり、当日は波高く外海までは出れないというので、乗船は断念。パンフレットで雰囲気だけでも。 仙崎港に海産物などを販売している「センザキッチン」があり、レストランもある。今はイカがウリだが海鮮丼や海鮮漬丼など。漬丼 [続きを読む]
  • 古文書の手習い
  • 古文書を読みたい。 と思い、某国営放送協会通信教育の基礎コースを申し込んだのが1月頃だったか、10回提出の12ヶ月間で延長6ヶ月可。ところがあれこれあって、第1回を提出したのが9月初めで、それから速度を早めて昨日第3回を提出した。古文書をどの程度読めるようになるかは分からないが、通信教育は続けられそうな見込み。古文書読みのお勉強には地道で長い時間が必要だと思う。 長崎歩きの続き 思案橋 思案橋という橋は今はも [続きを読む]
  • 長崎で龍馬が登る
  • 長崎歩きのつづき ここは行こうと思っていた亀山社中。坂の上、高いところにあるというので、おすすめにより長崎駅からタクシーで風頭山山頂(152m)に行き、風頭公園から降ることにした。タクシー代約1,600円。 降りていくとかなりの急斜面に家々が密集している。家と家との間の狭い、人がやっと行き交える古い石階段をくねくねと下り、亀山社中に到着。 亀山社中の遺構として今に伝わる建物を、所有者の好意により [続きを読む]
  • 小雨の軍艦島上陸
  • まず、デジタルミュージアムに行ってみた。3,000枚以上という写真や動画資料からコラージュ手法でつくられた、活気があった時代(1972年に無人化)の暮らしの様子映像が30mスクリーンで流れ、軍艦島で生活されていたという専属ガイドの方が解説。滑舌がいい。宣伝しているみたいだけれど、その他にもさまざま凝った模型とデジタル映像とを組み合わせた展示などがありおすすめ。乗船。3階構造の新しっぽい船。軍艦島に近づく、小雨 [続きを読む]
  • 仏教考古学の結果と奈良大学のスクーリング
  • 仏教考古学は83点でした。今回の提出レポート、先生から出された課題を拡大解釈し、書いてみたかったことを書いて出していたので、少し心配していました(^_^;) よかった。感謝。 専門科目のスクーリングは全て受講しました。奈良大学のスクーリングは(他の大学のことは承知していませんが)、一定水準の知識を学生に習得させるという形ではなく、多くは先生ご自身の研究の成果を経過・経緯を含めて学生に伝授するという感じの大 [続きを読む]
  • 読書期到来
  • 時々、突然に読書期に入る。どっと本を読みたくなる。1月に読んでいた、加藤陽子『戦争の日本近現代史』(講談社現代新書)がキックになっていたのか、近代史の本が読みたくなり、8月は近代史月間になった。歴史のお勉強を記録しておきたいと思ったブログでもあり、読んだ本を列記してみる。 加藤陽子著 『戦争の論理』(頸草書房) 『戦争まで』(朝日出版社) 『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(新潮文庫) 『とめられなか [続きを読む]
  • 仏教考古学な日々
  • 台風19・20号の合間を縫って奈良に到着し、20号が去った翌日から滞りなくスクーリング開始。心がけに非の打ち所もない通教生のみなさんに半日のプレミア有給休講もなし。 仏教考古学。瓦の資料性、研究史、形状から文様、次いで葬墓制の研究史、墓と社会、墓地、そして宝篋印塔、五輪塔の展開などの講義に、研究についての軽妙な語り口。 入学3年目。この最後となるスクーリングで単位を取得すれば卒業。同期生でほぼ同様な方、や [続きを読む]
  • 引率見学レポートの合格と妄想
  • 引率見学レポート2通は、◯が付いて合格。 あえて手書きしたレポート。数十年ぶりの手書きで、原稿から手書きで作ったので、文書作成速度が遅い分、深く考えているような気がする。ワード作成とは頭の使っている部分と使い方が違うように感じたりする。 考えてみると科目修得試験は手書きなので、10問の答案も手書きで作れば、記憶作業が容易でアウトプットしやすいのでは、とふと思う。が、やってみないと、、?はてな [続きを読む]
  • 博物館経営論レポート返却
  • レポートは、独創性がB、その他はAで合格。 博物館の入館者と外部資金の拡大策を述べよいう設題で、自分の考えを書くことがそれなりに許されている。 ということで思う構想を書き、「コスト面での効果は期待できるが、博物館の本来業務と両立できるかが課題」との講評を受領。 機会があれば、また考えてみたいと思う。 その昔、松井選手を観にヤンキースタジアムに行った。今年はアナハイムに思い切って行こうかと思っていた。 [続きを読む]
  • 博物館実習(一)開始
  • 博物館実習(一)の講演会を受講してきた。神戸市立博物館のリニューアルについての講演で、常設展示の陳腐化への対応、来館者からの意見をもとにした展示物の選択など、大きな方針から展示を再構成する過程を現在進行形で聴くことができた。この講演会は通教生、通学生合同なので若者が多い。合否判定のつかない感想レポートを実習ノートに書いて提出する。 実習ノート 5月に行われたガイダンス、講演、引率見学は、通教生のみ [続きを読む]
  • 皮算用という名の電車
  • これから2年間で博物館学芸員資格を取得するとして、今年度のスケジュールを作ってみた。卒業まで2単位、学芸員関係では資料論のレポートが合格しているだけ。 博物館実習・自主見学とそのレポート、別に最低4科目のレポートと試験、加えて卒業にかかわるスクーリング。 2年で奈良大学通信卒業とこの資格取得を果たした大阪のお父さんがおられたが(古くは神戸の方も達成されたそうだが)、大阪が奈良に近いとはいっても、その学習 [続きを読む]
  • 文化財学購読 Ⅰ の備忘
  • 文化財学購読 Ⅰ は、奈良大通信に入学して最初に取り組んだ科目で、ブログ立ち上げ前だったのでここに書いていなかったが、記録しておこうと思う。 弥生時代の突っ込んだ学習をしたことがなかったので、テキストに忠実に若干関係図書で補足しながら進めた。 レポートは、まず、問題文を掲げてこれについて論述するとして、題意に沿って、1.集落、2.墓、3.祭器として、問いを立てつつ、テキストの要約を記述した。最後に、4.まとめ [続きを読む]
  • 歴史文学論レポートのご帰還
  • 合格 A・・論点の明確さ、論理の一貫性、着眼点、文字や表現の正確さ B・・設題意図の把握度、テキストの内容把握度、独創性、文書構成力 講評 「設題に指示する歴史叙述の特徴について論じることとは、歴史や鏡物全体に関する説明や私見を書くことではなく、後鳥羽院に対する個人的見解を書くものでもなく、暦史解釈を書くのでもなく、『増鏡の取り上げた章段から歴史叙述の特徴を具体的に述べること』が必要です。〇〇さんのレ [続きを読む]
  • 2年目の総括
  • 2年目は、初年度の貯金が効いて卒論中心の進行ができた。 ○レポート史料学概論〜全A 書誌学〜設題意図の把握度A、着眼点と文書構成力C、その他B 博物館資料論〜文書構成力がBの他はA ○科目修得試験 東洋史特殊講義〜80点史料学概論〜95点 書誌学〜85点 ○スクーリング 文化財学演習 Ⅲ 〜70点 歴史地理学〜92点 神話伝承論、文化財学購読 Ⅱ 〜80点 文化財修復学〜70点 ○卒業論文〜80点 卒業に不足している単位数〜2単位 [続きを読む]
  • 横浜 その2
  • 諸用でまた横浜に来ている 今回は元町を歩いてみた この大人しい御主人様べったりの犬は、写真で見る印象よりずっと大きい 比較的年齢層も高い その後、山下公園界隈へ [続きを読む]
  • 常緑樹
  • 梅の花が凛々しいと話してくれましたね桜や梅の季節は美しいけれども潔く散っていきますそんな姿に自分もそうありたいと思っていたこともあったかも知れませんでも今は青空の下の常緑樹でありたいと思っています [続きを読む]