普通検索観音 さん プロフィール

  •  
普通検索観音さん: 奈良!奈良!奈良! ときどき京都
ハンドル名普通検索観音 さん
ブログタイトル奈良!奈良!奈良! ときどき京都
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yt564190yt
サイト紹介文平成28年に奈良大学通信文化財歴史学科に入学。日記的にOLD学生の生活を記録しようかと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/10/05 11:32

普通検索観音 さんのブログ記事

  • 引率見学レポートの合格と妄想
  • 引率見学レポート2通は、◯が付いて合格。 あえて手書きしたレポート。数十年ぶりの手書きで、原稿から手書きで作ったので、文書作成速度が遅い分、深く考えているような気がする。ワード作成とは頭の使っている部分と使い方が違うように感じたりする。 考えてみると科目修得試験は手書きなので、10問の答案も手書きで作れば、記憶作業が容易でアウトプットしやすいのでは、とふと思う。が、やってみないと、、?はてな [続きを読む]
  • 博物館経営論レポート返却
  • レポートは、独創性がB、その他はAで合格。 博物館の入館者と外部資金の拡大策を述べよいう設題で、自分の考えを書くことがそれなりに許されている。 ということで思う構想を書き、「コスト面での効果は期待できるが、博物館の本来業務と両立できるかが課題」との講評を受領。 機会があれば、また考えてみたいと思う。 その昔、松井選手を観にヤンキースタジアムに行った。今年はアナハイムに思い切って行こうかと思っていた。 [続きを読む]
  • 博物館実習(一)開始
  • 博物館実習(一)の講演会を受講してきた。神戸市立博物館のリニューアルについての講演で、常設展示の陳腐化への対応、来館者からの意見をもとにした展示物の選択など、大きな方針から展示を再構成する過程を現在進行形で聴くことができた。この講演会は通教生、通学生合同なので若者が多い。合否判定のつかない感想レポートを実習ノートに書いて提出する。 実習ノート 5月に行われたガイダンス、講演、引率見学は、通教生のみ [続きを読む]
  • 皮算用という名の電車
  • これから2年間で博物館学芸員資格を取得するとして、今年度のスケジュールを作ってみた。卒業まで2単位、学芸員関係では資料論のレポートが合格しているだけ。 博物館実習・自主見学とそのレポート、別に最低4科目のレポートと試験、加えて卒業にかかわるスクーリング。 2年で奈良大学通信卒業とこの資格取得を果たした大阪のお父さんがおられたが(古くは神戸の方も達成されたそうだが)、大阪が奈良に近いとはいっても、その学習 [続きを読む]
  • 文化財学購読 Ⅰ の備忘
  • 文化財学購読 Ⅰ は、奈良大通信に入学して最初に取り組んだ科目で、ブログ立ち上げ前だったのでここに書いていなかったが、記録しておこうと思う。 弥生時代の突っ込んだ学習をしたことがなかったので、テキストに忠実に若干関係図書で補足しながら進めた。 レポートは、まず、問題文を掲げてこれについて論述するとして、題意に沿って、1.集落、2.墓、3.祭器として、問いを立てつつ、テキストの要約を記述した。最後に、4.まとめ [続きを読む]
  • 歴史文学論レポートのご帰還
  • 合格 A・・論点の明確さ、論理の一貫性、着眼点、文字や表現の正確さ B・・設題意図の把握度、テキストの内容把握度、独創性、文書構成力 講評 「設題に指示する歴史叙述の特徴について論じることとは、歴史や鏡物全体に関する説明や私見を書くことではなく、後鳥羽院に対する個人的見解を書くものでもなく、暦史解釈を書くのでもなく、『増鏡の取り上げた章段から歴史叙述の特徴を具体的に述べること』が必要です。〇〇さんのレ [続きを読む]
  • 2年目の総括
  • 2年目は、初年度の貯金が効いて卒論中心の進行ができた。 ○レポート史料学概論〜全A 書誌学〜設題意図の把握度A、着眼点と文書構成力C、その他B 博物館資料論〜文書構成力がBの他はA ○科目修得試験 東洋史特殊講義〜80点史料学概論〜95点 書誌学〜85点 ○スクーリング 文化財学演習 Ⅲ 〜70点 歴史地理学〜92点 神話伝承論、文化財学購読 Ⅱ 〜80点 文化財修復学〜70点 ○卒業論文〜80点 卒業に不足している単位数〜2単位 [続きを読む]
  • 横浜 その2
  • 諸用でまた横浜に来ている 今回は元町を歩いてみた この大人しい御主人様べったりの犬は、写真で見る印象よりずっと大きい 比較的年齢層も高い その後、山下公園界隈へ [続きを読む]
  • 常緑樹
  • 梅の花が凛々しいと話してくれましたね桜や梅の季節は美しいけれども潔く散っていきますそんな姿に自分もそうありたいと思っていたこともあったかも知れませんでも今は青空の下の常緑樹でありたいと思っています [続きを読む]
  • 昼下がり
  • 2月も今日で終わり。ある昼下がり突然に、小中高の同期生から選挙に出るから手伝えとの連絡。いや僕は漢文の勉強があるからなどと反射的に言ってはみたものの、仕方なし。後援会事務所に入ってみると予想外に忙しくなっていき、考えることも多く、ついに日々の歴史のお勉強を中断させることにした。小中高のトリプル同期、中には幼稚園も入れた四段重ねの同期生もいる。5月末まで日常を離れて、この調子かな。 [続きを読む]
  • 冬スクーリングから帰還
  • 冬のスクーリングが2つ終わった。卒論が合格したので以降のスクーリングは受けられず、今年度は、レポートも出せず、試験も受けられない。スクーリングが2つとも合格していれば、2単位残して花の3年目を迎える。同級生の中には卒業を確定させた方もいれば、これからという方々もいる。就職を前提とした大学生ではないのだから、しばりはない。最後のスクーリングの実習で同じテーブルだった若い方から、レポートの書き方を教えてほ [続きを読む]
  • 文化財学購読 Ⅱ スクーリング
  • 講義は、額田王が天智天皇に随行して近江国に下る際に作られた長歌から始まる。返歌三輪山を然も隠すか雲だにも心あらなも隠さふべしや初日は、纏向周辺の地理解説、古墳の形態推移、漢鏡出土数の変遷、弥生・古墳時代の絵画、魏志倭人伝、瓦編年(素弁、単弁、複弁)、藤原宮などの座学。2日目は、学外学習。藤原宮跡、藤原宮跡資料室、大神神社、天理参考館を廻る。藤原宮跡から耳成山方面ここから大和三山、三輪山を見る藤原宮 [続きを読む]
  • おかえり卒論
  • 「卒業論文審査結果通知書」が届いた。 80点合格。草稿合格の時に喜び過ぎて、いまひとつ感激が湧いてこない。じわじわくるのであろうか。 卒論は地元の弥生遺跡について考えをまとめた。 題名〜Y県S川下流域の高地性集落の存立と廃絶に関する一考察 構成〜 一 はじめに1 H市の地勢2 S川下流域の弥生遺跡の概観3 研究の課題と方法 二 S川下流域の弥生集落の特徴1 I集落(1)発掘調査の報告(2)I集落 [続きを読む]
  • 1月5日の初詣
  • 佐賀の古湯温泉でのったりした帰り道、宗像大社に初詣。古湯温泉には斎藤茂吉が療養に来ていたりする。 うつせみの病やしなふ寂しさは川上川のみなもとごころ 世代的には茂吉の息子、北杜夫(マンボウ先生)のドクトルマンボウのシリーズが懐かしい。 宗像大社 本宮で拝礼したのち第二宮へ。第三宮まであり、3人の女神さまがそれぞれ御神体。 その第二宮で鳥居を過ぎて神殿の写真を撮ろうとしたが、どうしてもスマホのシャッ [続きを読む]
  • keep on going
  • 奈良大学通信教育を始めて2年目も終盤になった。 大学でじっくり歴史を学ぼうと考えていたのに、どうしても単位取得へのチャレンジが先に立ち、強制性がモチベーションになって進んできた。 今はというと卒論草稿が通過し、その他卒業に必要な未取得単位数も少なくなってきたので、やっと、自主的に通史にとりかかることができるようになった。奈良大を通して学んだヒト、モノ、事象が通史の縦線に溶け込んでいくのが快感になって [続きを読む]
  • 下関市立考古博物館歩き歩き
  • 下関は朝鮮半島に近く、九州、山陰、瀬戸内海への交差点にあたり、弥生以降、渡来人が倭人が行き交い、定住してきたので遺跡も多い。 下関市立考古博物館 中に入ってみる 人形です 人形ですってば 展示物は弥生、古墳時代の遺物が案内ディスプレイとともに揃えてある。 学習室 小学生、中学生向きの本と、専門家ではない大人向きの本とが別の書棚に並んでいた。 勾玉、土笛、クツ、布づくりの体験学習もできる。子供でも読 [続きを読む]
  • 12月の雑感
  • 卒業予定者の縛りで2月下旬以降のスクーリングは受講できず、またレポート提出期限も過ぎて、卒論を除けばあと6単位。実りの3年目を迎えることが確定した。卒論だけは持ち越したくない。マイナスの暗示をかけたくはないが、いい年になって頑張ったもんだと自画自賛していたりする。同年代の方々が多いのが励みになっている ^_^若い方々のブログも増えて、喜ばしい。まあ、ぼちぼち。 [続きを読む]