TIGER LILY さん プロフィール

  •  
TIGER LILYさん: レッスン〜今日の処方箋
ハンドル名TIGER LILY さん
ブログタイトルレッスン〜今日の処方箋
ブログURLhttp://pianoleitmotiv.blog.fc2.com/
サイト紹介文ライトモチーフ百合ケ丘〜丘の上のピアノ教室 レッスンで感じたこと、日々雑感。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/10/05 13:28

TIGER LILY さんのブログ記事

  • 百合ケ丘の・・・!
  • お勤め帰りのお弟子くんバッハ平均律1番から順番に取り組みいよいよ24番みごとに弾きますねえ声部、和声、フレーズ、構成説得力のある見事な演奏ワタクシはとてもかないませんインヴェンションの冒頭にあるバッハのメッセージ>>>率直な手引き。 クラヴィーアの愛好者、特に学習熱心な者が(1)2つの声部をはっきりと弾けるようにするだけでなく、上達した時には(2)3つのオブリガート声部を正しく、満足のいくように処理す [続きを読む]
  • どこに出しても恥ずかしくない・・・
  • ワタクシのお弟子さんたち「どこに出しても恥ずかしくない」演奏、立ち居振る舞い、もろもろのセンスを身につけてくれていますコンクールをはじめオーディション弾き合い会や学校の試験、発表会など(私から見るところの)「遠征外様修行」にでかけて成果を残しています音源映像を見せていただくとなんとすてきなステージでしょうなんとうれしいことでしょう隅々まで神経が行き届いていますワタクシが若かりし頃使っていたパニエを [続きを読む]
  • 今からですか
  • ちいさなお弟子ちゃんたち頭の中はサンタさんでいっぱいですいまからず〜っとサンタさんのことを思いながら過ごすのね〜楽しみ疲れしちゃうよ〜まだまだ先よ〜と思いつつ年末忘年会の献立とおせちの段取りですでに頭がいっぱいのワタクシですにほんブログ村 [続きを読む]
  • 時間仕事
  • 11月23日快晴青空に紅葉が映える小春日和百合ケ丘カトリック教会にてチャリティーコンサートに出演しました演目はショパンノクターン9-2ショパンバラードNo1ラフマニノフ 鐘ドビュッシー 月の光というフィギュアスケートプログラム年代もののアップライトピアノ大切な相棒ですから気を遣って優しく優しくしかしそうもいかないところでは(特にバラード)お願い!裏切らないで!と祈りながら・・・弱音はどこまで応えてくれるの? [続きを読む]
  • どきどき
  • みんなのおけいこ1の中盤過ぎからみんなのおけいこ2を併用しますそして頃合いをみはからってかええるのおへそ、にとびますはじめての両手右手・・・できた左手・・・できたじゃあ両手やってみよう!お弟子ちゃんまさか今やるとは思わずに「え(・・;)」「どきどきどきどきどきどきどき」(笑)何回言うの!・・・・できた!よかったあ。大前進。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 心安く
  • 医者の前で健康なふりをしてもしょうがないお気持ちはわかりますかかりつけの歯医者の定期検診に行く前に別の歯医者で点検してもらってから行こうかななんて思うことがありますからレッスンで何が起こっても本番前なのに暗譜が通らなくても家ではもっと出来ていたのにレッスンでは全然できなくなってもレッスンでの注意事項を守ろうと思ったら他がぼろぼろになってもこちらは万事承知の助ですからそりゃあ冷や汗かくとはおもいます [続きを読む]
  • シューベルト ヴァイオリンソナタ Adur
  • はな子先生とのアンサンブルレッスンの2回目を終えました譜面の通りに優等生の演奏をするとうつくし〜く弾けますが何かが違うcresc.を無骨にしてみるppに詰め物をいっぱいしてみる拍を取る回転方向をくふうしてみるがっちり弾いてみる少しわかったような気がしますシューベルトの音楽がほんの少しですけどはな子先生もうん、きょうはシューベルトが少しわかった気がすると言ってくださりああ、シューベルトを共有できたと心からう [続きを読む]
  • 今日の出来事
  • 今日は淵野辺鹿沼公園にて撮影会来年4月7日に決まった2台ピアノリサイタルのチラシのための写真撮影です撮影は私のまだむ弟子でもある従妹のみかちゃん→?">?のご主人のかずちゃん→?">?←かずちゃんのおみせ共演の望月佳央里は愛弟子中の愛弟子師弟関係がいい雰囲気で伝わるようなものとリクエストしました(だって親子ほど年が違うのですました感じで並ぶのはいやなのだ)今朝・・・秋一番の冷え込み身体を温めるためにお [続きを読む]
  • 聴いて。
  • ワタクシが弾いているときは音を出さないでくださいあなたが演奏しているとき横で大きな声で指示を出しますがそのまま弾き続けてください聞きながら演奏してください空気を読むというか臨機応変というかお作法というかさりげなく理解して欲しいですにほんブログ村 [続きを読む]
  • ペダル
  • 指で鍵盤を押さえているあいだにペダルを踏むこれは基本ショパンのワルツともなるとなかなかむつかしいできているなかできていないのか弾いている本人が判断できるようになるまでは険しいみちのりところが。「あ、できた」とワタクシきょとんとする本人「なぜできた?」とワタクシ困り顔の本人奇跡の成功たった一回しかしたとえ奇跡や偶然だったとしても出来たってことは出来るってことがんばってにほんブログ村 [続きを読む]
  • ペダル
  • 指で弾いてから踏むこれが基本これが「音と一緒に」踏むことこれを言っただけできれいにバス音がペダルに入って響きが作れた君はすごいよにほんブログ村 [続きを読む]
  • バイエルから100番ツェルニー
  • 50歳を過ぎてからはじめて習うピアノ→???">???バイエルからツェルニー100番へ王道を進んでおりますそれぞれ「悪名高き」「嫌われもの」のテキストですが学ぶべき基本は満載とおもいます学ぶ目標を明確にして演奏に直結する考え方や譜の見方をお伝えします「そこまで求める!?」っていうくらいピアノの基本をお教えします指の形、タッチや運び方ポジション、レガートってなに?スタッカートってなに?脱力も和声も歌い方も [続きを読む]
  • シューベルト ヴァイオリンソナタ Adur
  • 上里はな子室内楽レッスンはじまりましたシューベルトは経験少なく手探り状態はな子先生はシューベルト歌曲ドイツ語の発音や語感にピアノ音のイメージをあてはめて説明してくださいます子音と母音の分量というのか・・・立ち上がりは遅くてそこから音が膨らんでピアノの中から音を掴み取るような感じ・・・?????・・!というわけで笑っちゃったり苦虫を噛み潰した顔になったりします考えすぎるとイメージが遠のきます譜面(ふ [続きを読む]
  • 正解は・・・
  • 答えを求める長い道のり結果が結果ではない長い道のり正解は無いそれは知っているけれど正解が欲しくてたまらない道の先は闇だったり霧だったりするけれどそこで自分を見失わないヒトが賢いヒトなのだと思うにほんブログ村 [続きを読む]
  • レッスンのお約束
  • 爪はきってきてね指輪ははずしてね靴下ははきかえてきてね裸足はだめよ。靴下をもってきてねふとももと椅子が直接触れ合ったり太ももに汗をかいたりするときは椅子に敷くタオルをもってきてね「大丈夫です」って仰るけどあなたは大丈夫でも椅子はワタクシのものだから大丈夫じゃないのよピアノの上でモノを書いたり寄りかかったりごつんとかばんがぶつかったり「大丈夫です」って仰るけどあなたの心配をしているんじゃなくて・・・ [続きを読む]
  • たらい
  • トンプソン小さな手のためのピアノ教本ぼくのふねたらいでゆらゆらぼくのふね・・・たらいって知らないでしょうさっそく画像検索これは何で出来ているの?と年長ちゃん・・・金属だよこれでお洗濯したりするのそしてどきどき空から降ってきて頭にごおお〜んてあたるのよ年長ちゃんはスルーだったけど付き添いのパパはくすくす笑ってたにほんブログ村 [続きを読む]
  • おとうさんはおこらない
  • あかちゃんあかちゃんなぜなくのおねえさんミルクをのんじゃったおにいさんおもちゃをとっちゃったおかあさんお出かけもどらないそこでおとうさんぷんぷんぷんみんなのおけいこ1の指遊びの歌です三歳になったばかりの女の子拒否「おとうさんはおこらない」失礼しましたおかあさんはおこるでしょう〜おかあさん、ぷんぷんぷん、しよっか拒否「おかあさんもおこらない」わかった“そこでおとうさん わいわいわい”でどうかしら。に [続きを読む]
  • 今日の嬉しい出来事
  • スペイン留学から帰国大学三年生おみやげを持って訪ねてくれました来月からピアノ開始の所存承りました充実していた留学生活の話楽しく聞かせていただきましたピアノを弾く機会はなかったけれど譜面をいくつか買ってきたとか見せてもらうのが楽しみですにほんブログ村 [続きを読む]
  • さて。やってくるかな?
  • 記憶まかせじゃダメだ・・・とつぶやく少年じゃあどうすればいいと思う?とワタクシ「mmm・・・」と言いよどむ少年「練習しないとね」とワタクシ練習しなくても弾けちゃうという自負そろそろ通用しない「練習」というワードがどうしても嫌いなようなので「記憶を定着させないとね、時間かけて」とワタクシ少年はにやりとして帰っていきましたにほんブログ村 [続きを読む]
  • 映像と音
  • テレビ映画の映像と音これ、とても気になるところです心に残る作品は音楽が素晴らしいさて今年の大河ドラマ西郷どんまあまあ観ています西郷隆盛という人物のどこが偉大なのか今ひとつ掴みきれず「流し観」となっているのですが坂本龍馬登場の場面で身も心も視線も固まってしまいましたギャグのようなこんなにもふざけた音楽を背景に猿のような小栗登場なんじゃこりゃあなにかの間違いかはたまた龍馬を貶めるふか〜い意図があるのか [続きを読む]