東野朱乃 さん プロフィール

  •  
東野朱乃さん: 日々これ良好
ハンドル名東野朱乃 さん
ブログタイトル日々これ良好
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/hiyokoakeno/
サイト紹介文着物と育児と読書とあれこれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/10/06 20:35

東野朱乃 さんのブログ記事

  • 木綿の着物
  • あつーいのでちょっと早いかなと思いつつもいただきものの木綿にリサイクルの薔薇の帯帯揚げは縞のスカーフにグレイの帯締め一回写真とってもらって裾が長すぎたとおもってもっかいやり直したけど……いまいち最初の方が良かったかな?髪の毛適当にまとめてたのですでにざんばらに!!もっかいまとめ直しましたよカメラマンが文句いうから追加で撮ってもらえなかったけど [続きを読む]
  • お勉強
  • にせ医学はワクチンの話とか健康食品の話とか代替医療の話とか流布する陰謀説を論文交えて分かりやすく非科学的であることを教えてくれました医者にも似非医者がいるんだね〜オーリングとか一時期母がやってたな^_^;色覚異常は年を取れば誰もがなるもので、他人事ではないと思いましたよそして実際に色覚異常を持ってる方が無自覚であることの生きにくさや危険など信号機一つ家電一つとっても改善すべきところは多くあることを知り [続きを読む]
  • 大島硬い
  • 男物の大島の羽織を半纏にするべく袖を船底にしてゴムいれ口を作ってるのだけど手が痛い??生地は軟らかいし薄いから楽勝と思ったら針が通らないよーもっと細い針にしなきゃダメ??使ってるのが太すぎ?でも糸通すには太い方がやりやすいし木綿の糸だから太いしめっちゃ指痛いのですけど?? [続きを読む]
  • これも忘れてた
  • 男物の大島の羽織を半纏にするべく袖を船底にしてゴムいれ口を作ってるのだけど手が痛い??生地は軟らかいし薄いから楽勝と思ったら針が通らないよーもっと細い針にしなきゃダメ??使ってるのが太すぎ?でも糸通すには太い方がやりやすいし木綿の糸だから太いしめっちゃ指痛いのですけど?? [続きを読む]
  • 今週の本
  • 男物の大島の羽織を半纏にするべく袖を船底にしてゴムいれ口を作ってるのだけど手が痛い??生地は軟らかいし薄いから楽勝と思ったら針が通らないよーもっと細い針にしなきゃダメ??使ってるのが太すぎ?でも糸通すには太い方がやりやすいし木綿の糸だから太いしめっちゃ指痛いのですけど?? [続きを読む]
  • あいつ送料とるってよ(笑)
  • アンティーク扱いはもはや買うまいと思ってたのにツボってしまって買ってしまった^_^;かなーり濃いベージュだってこれ誰かがお手入れしてあるもん裏直してあるし身幅しっかりあるし裄は大丈夫身丈は……でもこれだけあれば大丈夫だよね〜って多少のシミや移染はあるけど目立つのはないし金線入ってるしばあちゃんの紫の薔薇の羽織に合わそう♪年齢から卒業かなって思ってたけどあの羽織もっと着ようっと♪ [続きを読む]
  • 日本の詩歌
  • そうだ、私は昔朝日の折々のうたが毎日楽しみで新聞読んでたんだ好きだな〜講義聴いてみたかったな〜ってことをしみじみと思いましたよ日本の文化の根底に和歌の美意識があるというのがとても興味深かったですよ式子内親王、百人一首くらいであんまり読んでなかったけど俄然読んでみたくなった若い頃はちょっとハードル高かったのよねいけないものを見てるようなどきどき感満載の和歌が古今は持ってたけど新古今はあったかな〜?? [続きを読む]
  • 蕗谷虹児風祖母の銘仙
  • 蕗谷虹児風な祖母の銘仙にリサイクルの刺繍入りの帯辛子色の帯揚げにけし紫の帯締めずっと前にリサイクルで買った身幅が大きいつもりの長襦袢……胸合わせたらお尻がパツパツだよ^_^;うーんあと五センチいや八センチはヒップ減らさないとーー!!!これにちょっとにてると思う [続きを読む]
  • モスの長襦袢
  • 結局色々考えたけど半襟つきで洗ってやったよ二枚(笑)一枚はうずらちりめんの半襟つきだけどまあ半襟はそれなりに縮んだけど思った通り縫い付けた縫い目よりは縮まなかったよ端は手で引っ張って伸ばして外に干したうん、悪くない(笑) [続きを読む]
  • パン屋を襲う
  • 春樹ストでないのでそういえば春樹を読んでないな〜ととりあえず短そうなのから借りてみたうん、ノーベル賞がもらえない理由がそこはかとなくわかったような気がする面白いんだけどこれ後世にはすっごく註釈つけないと話がわからないよね少なくとも世代が変わるとわからなくなるところ多すぎ同時代には受けるんだろうけどノーベル賞のわけわからない高尚さとはまた違った意味でわけわからないさて他のを読んでもおんなじ感想持つの [続きを読む]
  • 改訂新版 旧暦読本
  • いわゆる太陰太陽暦の旧暦とはなにかがわかって面白かった旧暦でも確実に季節にそう訳でもないこととか六曜は明治以降に流行りだしたとか明治の改暦も単に財政問題もあったけど正確な月日を算定するためにいくつかの暦を比較対照したらしいよそして新暦は西暦とはまた違うらしいよあと地方によって暦が違ったとか面白かった日を改めて何回かまたよみたいかも [続きを読む]
  • お義母さんのピンクの紬
  • お義母さんの紬に黄緑のリサイクルの帯にオレンジの帯締めとベージュの帯揚げうーんかなーり気をつけてきたけど右側が落ちてる^_^;なんか対称って難しいねこの紬は裾が広がるのだよねもう10キロ痩せないとなあごないし(笑) [続きを読む]