至誠君 さん プロフィール

  •  
至誠君さん: 至誠君の喜怒哀楽
ハンドル名至誠君 さん
ブログタイトル至誠君の喜怒哀楽
ブログURLhttps://ameblo.jp/kantann39/
サイト紹介文社会人司法試験受験生として、司法試験の勉強や日常に関してゆるりと綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 191日(平均2.7回/週) - 参加 2016/10/08 10:19

至誠君 さんのブログ記事

  • 相続法改正の概要
  • 試験範囲ではなかったんで、詳しく見ていなかった相続法の改正について調べてみた。「択一六法 民法2019版」も着たしね。 ググったら、大和総研さんのHPの「相続法改正の概要」がめっちゃ充実している。実務面もイメージできる内容になっている。さすが!だ。https://www.dir.co.jp/report/research/law-research/law-others/20180724_020221.html 配偶者の居住権の内容を踏まえると、遺言状を作成する人が増えそうだね。 [続きを読む]
  • 「択一六法」の買換え
  • 今回、民法・刑法の「択一六法」(LEC)を2019年版に買い替えた。今までのが2013年版なんで、約6年も使ったんだね。キレイだけど。 もともとは、短答式試験対策用の予備校本なんだけどさぁ〜。論文を起案する際に、判例や定義などをちょい見して確認するのに便利なんだよね。軽いし。さすがに修習先に持って行くのは抵抗あるし、「ちゃんと、判例六法を見んかい!」と怒られそうで、怖い。、 でも、やっぱ、隠しててこ [続きを読む]
  • 事前課題の目途
  • 予備試験の最終合格発表がありましたね。合格された方、本当におめでとうございます!! さて、なんとか、事前課題の提出の目途ができた。受験知識では、対応できないので、作成する前に送付された教材を読み込む必要があった。教材を読むのに時間がかかったw。 ところで、平成30年度の司法試験の採点実感が公表されましたね。まだ、読めていない。早く読みたい。憲法のトップページだけチラ見したけど、え〜、あの問題で、「主 [続きを読む]
  • 10月の映画
  • 10月は、「日日是好日」の1本だけ。先日亡くなられた樹木希林さんの好演の映画。いいな〜、自然体で。観た後、穏やかな気持ちになれる映画である。「そんなにあせって生きなくてもいいじゃないの。」と語りかけてくれる気がした。 妻も満足。 良かった良かった(^O^)/ [続きを読む]
  • 最決H301031
  • 手続の流れ:大麻密輸入事件での勾留を認めない裁判⇒大阪地裁が準抗告棄却決定。⇒検察官が特別抗告。⇒本件棄却決定。刑訴では決定に対しての再抗告は禁止だから(427条)、特別抗告(433条)したんだね。だって、営利目的大麻輸入罪は、無期懲役を含む重罪だからね。逃亡のおそれ大きいよね。ちなみに無期があるから、裁判員裁判の対象事件でもあるね。 さて、事案は、三浦補足意見から推測すると、「税関で大麻を発見、 [続きを読む]
  • 最判平成301025
  • 接見妨害等国家賠償請求事件の破棄判決である。短答式試験の知識問題としても、実務上も重要な判例となるね。⇒「刑事収容施設法79条1項2号に該当するとして保護室に収容されている未決拘禁者との面会の申出が弁護人等からあった場合に,その申出があった事実を未決拘禁者に告げないまま,保護室に収容中であることを理由として面会を許さない刑事施設の長の措置は,未決拘禁者が精神的に著しく不安定であることなどにより同事 [続きを読む]
  • 最判平成301023
  • 住民訴訟にもとづく公金違法支出損害賠償請求事件の破棄判決である。争点は、B市のB市職員に対する損害賠償請求権をB市議会が放棄議決したことの効力である。 原審は、本件放棄議決は地方自治法の趣旨等に照らして、違法無効であるとした。 本判決は、「普通地方公共団体がその債権の放棄をするに当たって,その適否の実体的判断は,住民による直接の選挙を通じて選出された議員により構成される普通地方公共団体の議決機関であ [続きを読む]
  • TKC主催の特別セミナー
  • 昨日、72期司法修習生を対象としたのTKC主催のセミナーに参加した。めっちゃ良かった(^O^)/ ・先輩弁護士からの司法修習・就活などのアドバイス。・「クロスレファレンス民事実務講義」のお土産・同期や配属地同期の方との懇親会での交流(もう、飲み会用ライングループが複数誕生!)・しかも、無料! 来年度もあると思うので、ぜひ参加してください。超、おすすめです! 同期の代表挨拶をされた方は、なんと現役の医師の方 [続きを読む]
  • 有難い教材
  • 本日、修習で使用する教材が届いた。この時点から、税金での恩恵を受けたことになる。有難いと思う。しっかり頑張ろう(^O^)/ 仕事と受験勉強の両立ではあまり悩まされることはなかったけど、課題出せるかな〜ちょっと心配。今日から、やらなくちゃ間に合わない。(>_ [続きを読む]
  • 最判H301019
  • 遺留分減殺請求事件での破棄判決である。 この結論部分は、実務上もめっちゃ重要だね。⇒「共同相続人間においてされた無償による相続分の譲渡は,譲渡に係る相続分に含まれる積極財産及び消極財産の価額等を考慮して算定した当該相続分に財産的価値があるとはいえない場合を除き,上記譲渡をした者の相続において民法903条1項に規定する「贈与」に当たる。」 破棄事件の場合にいつも思うが、原審もプロ中のプロによる判断。原 [続きを読む]
  • 親切な道案内
  • 先日、渋谷駅近くにある取引先に行った。はじめて行く事務所だったので、ネットで事前に調べていたが、渋谷駅前は広く、かつ、ゴチャゴチャしている。もともと地図を読むのは大の苦手。 迷っているうちに、約束の時間に遅れそうになったので、本屋さんから出てきたばかりの20歳前後の男性に地図を見せて、「ここに行きたいのですが、分かりますか?」と聞いたところ、「はい、分かります。」とのこと。行き方を教えてれるんだろ [続きを読む]
  • ブログ村からの卒村予定
  • 昨日、内定通知が到着した。封筒の差し出し人が「最高裁判所」だったので、妻が見て、「何かの呼び出しか?」と思っちゃうよね!だって。(>_ 今、読みたい本がめちゃ多くてパニックしているぅ〜。図書館から4冊借りたが、消化できていな〜い。(>_民事系と刑事系のまとめノートと百選ノートも一度廻しておきたいし・・・・。(T_T)/~~~ さて、11月27日が拝命日らしいので、同26日をもってこのブログ村から卒村するつもりです [続きを読む]
  • 今後の法科大学院の検討案
  • 文部科学省の委員会資料によれば、以下の案が検討されていくとのこと。 平成32年度からなんだね。1,500名以上の合格者は維持される前提なんだね。(^O^)/ http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/041/siryo/1410102.htm 1.法科大学院の定員規模(1)現状◆ 平成27 年6月の法曹養成制度改革推進会議決定において、法曹人口について「1,500 人程度は輩出されるよう、必要な取組を進め」るとされることとも [続きを読む]
  • 予備試験口述試験雑感②
  • もうすぐ論文式試験の合否発表の日ですね。もう1年か、会社帰りの電車で見た時はほんとビックリしたなぁ〜。 予備校の模試は受けなかった。とにかく、①民法・民訴・刑法・刑訴のDVD視聴②この科目の他、要件事実論などの関連科目のまとめノートを回すのに精いっぱいだったから。 昨年の刑事系では、自殺関与罪が聞かれた。思うに、論点の深い理解を試す質問はなかった。民事系でも最初に「この事案の訴訟物はな〜に?」と聞か [続きを読む]
  • 「判例講座 刑事訴訟法<捜査・証拠編>」読了!
  • はしがきによれば、本書は、当初、主に警察官を読者とした本であったとのこと。レベル高っ!! とにかく、題名のとおり判例が多数。しかも、捜査機関に有利・不利問わず。というか、注意深く、違法とした裁判例もあるし、適法としたものもあるよ、という書き方に徹している。予備試験や司法試験に直結するかどうかはともかく、手元に置いておきたい本である。いつか、買おう!!(^^♪だって、図書館で借りたんだもん!(>_ [続きを読む]
  • 9月の映画
  • 「散り椿」の1本のみ。私は時代劇・歴史スペクタルものが大好き。妻は全く興味なし。面白いんだけどな〜。今回も、殺陣が迫力があって、良かったw。妻は途中で2回ほど寝たようだ。しかも最大のクライマックスで。なぜだ!!!(?_?) それにしても、予告編の映画が邦画がほとんどだった。なんでかな?と妻に聞いたら、「当たり前でしょう、観客層に合わせたの!!」だって。なるほど、中高年者がめっちゃ多いw(>_ [続きを読む]
  • チャレンジ精神にファイト!
  • NKHの島津有理子アナウンサー(44)が医師を目指して、大学に進むために退職するとのこと。大河ドラマのエンディングのナレーションも担当している方だよね。「島津」の姓なんで、島津家ゆかりの人かなぁ?と思っていた。44歳にして、安定した生活から、大学の医学部を目指すのかぁ〜。ホント、素敵なことだと思う。私も、ふと不安になったとき、中島みゆきの「ファイト!」の歌詞の一節に救われていた。島津さんのチャレン [続きを読む]
  • 予備試験口述試験雑感1
  • 10月11日には論文式試験の合否発表がありますね。昨年、私は論文式試験に落ちたと確信していたので、全く準備しておらず、完全に油断していた。口述試験が法律実務基礎科目であることも、認識していなかった。休日が勉強時間の主力なんで、マジあせった。(>_そんな失敗経験からいうと、今日あたりから、刑法・刑訴・民法・民訴・実務基礎科目の総復習をスタートさせるといいのではないか?と思う。 見事合格された方は、当日の会 [続きを読む]
  • 71期司法修習生逮捕報道
  • 福岡での事件とのこと。深夜お酒に酔って、車のワイパーを壊し、器物損壊罪の容疑で逮捕されたとのこと。妻に話したら、「君も気を付けてよね。努力がパァになるんでしょう?」と。「うん。気を付ける!」(だから、俺は大丈夫だからって!と心の中で反論を試みたが・・。) それに破廉恥事件ではないから、仮に今回罷免されたとしても再採用の可能性はあるかもだし。 それにしても、70期に続いての連続不祥事ではないか。70 [続きを読む]
  • この4日間の喜怒哀楽
  • 平成30年度司法試験に合格しました。修習にも行く予定です。 以下、この4日間の喜怒哀楽である。 11日:結果は、帰りの電車でスマホで確認する予定だったが、仕事が立て込んでいないこともあって、さすがに4時過ぎから気になってきた。30分経過して、上司も不在。スマホでちょい見たら、番号がある。え!?年度と試験地を確認してもう一度見ても、ある。う〜ん、信じられん!憲法メロメロ、民法説問1グチャグチ、他多数の [続きを読む]
  • 全米オープンテニスの感動
  • 5時からLIVEで見ていた。 あのブーイングの状況で、大阪なおみ選手がなんとコメントするか、心配で、心配で。 インタビュアーもさすがに気を使ったようで、あえて準決勝でのコメントを引用した質問をしたところ、なんと!大阪選手は、「その質問の答えに応えるものではないですが・・一言言わせてください。」と言って、自ら、試合経緯を踏まえたコメントをしたのだ。「試合を見てくれて、ありがとう。」と。さすがに、観客の [続きを読む]
  • 8月の映画
  • 「検察側の罪人」のみ。・・・いつか原作読まなくちゃ。こういう映画は妻は興味ないので、嫌がるかもと心配したけど、「あ、それ、キムタクだよね!行く行く!」だって。キムタク人気おそるべし!(^_^;) あと、ほんと久しぶりに「評決」をパソコンで観た。 どちらも「正義」とは何かというテーマに関係している。永遠のテーマかもね。 [続きを読む]
  • 驚愕のネットニュース。
  • この記事、朝日新聞のネットニュースだけど、マジにホントなの? ⇒「政府は4月に「漫画村」など海賊版3サイトを名指しし、接続遮断を容認する方針を表明した。遮断するためにはネットの利用者がどんなサイトを見ているのかすべてチェックする必要があるため、憲法で定められた通信の秘密を侵害するという意見がある。」 その3サイトへのアクセスだけ接続遮断する措置だとダメなのかね。でも、それではダメだから、やろうとして [続きを読む]
  • コミック「イチケイのカラス」第1巻を読む。
  • 「イチケイのカラス」とは、坂間という若手刑事裁判官を主人公にした漫画である。週刊モーニングに連載中。毎回コンビニで立ち読みするのもみっともないので、第1巻を買った。 元裁判官の弁護士などが監修しておられるので、リアルだし、面白い。実際の事件の一部もモチーフにしているらしい。飲み会の場面が出たきたので、おっ!と思ったら、案の定、やはり貸し切りで、安全な店でやるんだね。 でも、何よりびっくりなのは、この [続きを読む]