K さん プロフィール

  •  
Kさん: SFと科学とテクノロジーとオモシロイモノ
ハンドル名K さん
ブログタイトルSFと科学とテクノロジーとオモシロイモノ
ブログURLhttp://sftecmania.net
サイト紹介文SF、科学、テクノロジー、オモシロイモノについて紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/10/08 11:33

K さんのブログ記事

  • 心が和む!阿修羅のインテリア仏像フィギュア
  • 1.インテリア仏像フィギュアとは通常、仏像の材質は木彫、乾漆、塑像、鋳造、石仏の5種類である。一方、アニメのキャラクターなどを形どったフィギュアと呼ばれている人形は、ポリストーンという素材を使用している。ポリストーンとは、石粉と石膏に合成樹脂を混ぜて作られる造形用の材料のことである。石に近い重さ、質感を持つ。最近、ポリストーンという素材で出来た仏像フィギュアがとても人気がある。フィギュア人形というと [続きを読む]
  • クフ王のピラミッドに謎の巨大空間発見?
  • クフ王のピラミッドは、約4500年前にエジプトのギザに建設された建造物であり、世界の七不思議のひとつで唯一現存するものである。4500年前といったら日本は縄文時代である。このピラミッドは、王の墓と言われているがクフ王のミイラや財宝は見つかっていない。現在、知られている「女王の間」、「大回廊」、「王の間」、「未完の地下室」、「通路」以外にも部屋があるのではないかと以前から言われていた。今回、名古屋大学、高エ [続きを読む]
  • ブレードランナー2049はどの上映方式で観るべきか?
  • Blade Runner 2049ブレードランナー2049は、上映方式は、次の7つがある。(他にも上映方式がある可能性あり)通常版(2D)従来の上映方式で横縦比率が2.4対1通常版(2D)ワイドスクリーン版従来の上映方式で横縦比率が1.9対1TCX版(2D)TCX (TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)は、TOHOシネマズ独自の上映方式IMAX2DIMAXは、映像、音響、空間、3D、作品の5つの要素をIMAX社のテクノロジーにより最高水準まで高めたもので、2Dタイプのもの [続きを読む]
  • 火星でジャガイモ栽培に成功?
  • 天才物理学者ホーキングは語る。近い将来、環境破壊などで地球は住めなくなる。そのため、最も近い惑星である火星に移住を考えなくてはならない。その場合、問題となるのは、食糧である。SF映画「オデッセイ」では、火星に取り残された男が、生きていくためにジャガイモを育てる。そのようなことは本当にできるのだろうか。もしできれば、火星移住時の食料問題は解決できる。実は、そのような火星でジャガイモが育てられるかどう [続きを読む]
  • 【朗報】PSVRでBlu-ray 3Dの再生が可能に(3/10)
  • PlayStation4 システムソフトウェア バージョン4.50のアップデートで遂にPSVRでBlu-ray 3Dの再生が可能になった。現時点、既にアップデートは可能である。Blu-ray 3Dは、シネマティックモードで鑑賞できるようになった。シネマティックモードは、目の前に巨大なスクリーンが見えるモードだ。もともと2Dは鑑賞出来ていたが、今回は、3Dモードでも鑑賞できるようになる。PlayStation VR PlayStation Camera同梱版以前、ソニーから [続きを読む]
  • 巨大ビルサイズの小惑星、実は地球とニアミスだった
  • NASAによると2017年2月に小惑星「2015 BN509」が地球のすぐそばを通り過ぎたそうだ。ただ「すぐ近くを通り過ぎた」だけなら今までもたくさんそのようなことがあったが、軌道が地球に衝突してもおかしくない軌道だったようだ。小惑星「2015 BN509」は、幅、長さ200mということである。巨大なビルくらいの大きさだ。この小惑星がもし、地球に衝突した場合、1つの国が壊滅するくらいの威力となる。恐ろしいことだ。この小惑 [続きを読む]
  • 幽霊の存在について有名物理学者が出した答えは?
  • 幽霊の存在については、昔から議論されているところだ。私は幽霊はいないと思っているが、それでも明かりがない夜道は何かが潜んでいるようで怖いものである。しかし、科学的にはどうなのか。先日、外国のあるラジオ番組で、イギリスの有名物理学者と天文学者が対談した際、幽霊の存在について話し合ったそうだ。そのラジオ番組とはトーク番組「The Infinite Monkey Cage」である。イギリスの有名物理学者とはブライアン・コックス [続きを読む]
  • ドラえもんVR「どこでもドア」体験
  • 東京スカイツリータウンの一つである施設「東京ソラマチ」の3階イーストヤード特設会場でドラえもんVR「どこでもドア」が2017/2/20(月)〜4/14(金)まで体験できる。残念ながら13歳未満はご応募・体験できない。Youtubeの動画を観たところ、使用しているヘッドマウントディスプレイは、HTC&valve社のVIVEのようだ。HTC社のVIVEは、他社のPlaystation VRなどと違い、部屋そのものを3D空間として歩き回ることができる。広いスペースが [続きを読む]
  • 足で操作をする画期的なVR/3D用モーションコントローラー『3dRudder』
  • 『3dRudder』は、座った状態で、足もとに置く新しいタイプのコントローラーである。足で円盤状のコントローラーを傾けたり回転させたりして、VR空間を移動する。PC用の『HTC Vive』や『Oculus Rift』のVR環境で使用する。従来、VR空間を移動する場合、手で操作するコントローラーを使用していたが、『3dRudder』はより直観的な移動が可能である。ゲーム以外に工業用、CAD用のコントローラーとしても使用できるそうだ。 3DRudder [続きを読む]
  • NASAが2月23日重大発表!
  • NASAが太陽系外惑星に関する新発見について発表するらしい。日本時間で2月23日午前3時に行うそうだ。発表内容は、以下の文章のみである。「太陽系外惑星として知られる、われわれの太陽以外で軌道をとっている惑星に関する新発見」前回は、火星に関する重大発表であったが、結局、水が存在するということだった。一般人には、それほど重大発表には感じなかったのではないだろうか。宇宙人の電波を発見くらいでないと驚かないで [続きを読む]
  • キングジョーそっくりの土偶が神戸で発見
  • 神戸で発見された土偶がウルトラセブンに登場するロボットにそっくりだとネット上で注目されている。その土偶は「襟具状土偶」だ。 ウルトラ怪獣 キングジョー著作権の関係で写真の代わりに絵を描いてみた。本当によく似ている。ちなみにキングジョーは、作中で六甲山や神戸港に出現したことになっているそうだ。偶然か。 元記事キングジョーそっくりの「襟具状土偶」が神戸で出土? その正体とは スポンサーリンクCopyright &cop [続きを読む]
  • 科学雑誌「ニュートン」民事再生申請
  • 科学雑誌『Newton』を発行する『ニュートンプレス』は2月20日、東京地裁に民事再生手続きの開始を申し立てた。科学雑誌『Newton』は存続させて再建に取り組むようだ。雑誌の販売数低減の影響などで16年9月期の売上高は約12億円であり、最終赤字約1600万円となったいた。『Newton』は、『日経サイエンス』と並び数少ない科学雑誌である。雑誌の発行は継続してもらいたいところである。 Newton(ニュートン) 2017年 03 月 [続きを読む]
  • 待望の続編映画「ブレードランナー 2049」解説
  • 2017年10月に公開される映画「ブレードランナー 2049」は、1982年に公開された伝説のカルトSF映画「ブレードランナー」の30年後を描いた待望の続編である。 1.『ブレードランナー』とは何か(ネタバレあり)地球の環境汚染により人類の多くが宇宙に移住している2019年の話である。過酷で危険な宇宙の開拓は、『レプリカント』と呼ばれる遺伝子工学により作られた人造人間が行っていた。そんなレプリカントは、寿命が数年間 [続きを読む]
  • 小学生からロボットの組立とプログラミングを学ぶ
  • 1.プログラミング教育が必修化私たちは、日常生活の様々な場面でIT(情報技術)を使用している。電話を掛けるときは、スマートフォンを使用し、ネット検索するときには、タブレット端末やパソコンを使用する。ゲームマシン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジなどIT(情報技術)が使われている。車、電車、飛行機もそうだ。それらには、制御するためのソフトウェアが組み込まれている。普段、意識していないがIT(情報技術 [続きを読む]