kuma176 さん プロフィール

  •  
kuma176さん: バツイチアラフィフオヤジの映画日記
ハンドル名kuma176 さん
ブログタイトルバツイチアラフィフオヤジの映画日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/kuma1760004/
サイト紹介文基本ネタバレ無しの無責任ブログです(#^.^#)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2016/10/08 17:19

kuma176 さんのブログ記事

  • カッコーの巣の上で
  • 名作として名高いジャック・ニコルソン主演の本作、いつかは観なきゃと思いつつ、ずっと後回しにしていたので今回が初見なんです。アメリカン・ニューシネマの代表作として有名な本作ですが、そもそも「アメリカン・ニューシネマ」ってなんなの?てのが自分の世代。ウィキってみれば「反体制的な主人公の心情をつづった作品群」を指すのだそうで本作を観終わってモヤモヤしていた感想がハッキリと定まった感じです。強制労働の懲 [続きを読む]
  • 自虐の詩
  • 業田良家原作の同名4コマ漫画を原作に中谷美紀が幸薄い女性を演じた2007年公開作品。中谷美紀で幸薄い女性と云えば「嫌われ松子の一生」が真っ先に頭に浮かびますが本作はその二匹目のドジョウを狙った感じなんでしょうかね?原作の4コマ漫画は「泣ける4コマ漫画」として有名らしいです。気仙沼で幸薄い人生を送ってきた幸江(中谷美紀)。幸せを求めて東京に出てきたが流れ流れて現在では大阪住まい。内縁の夫イサオ(阿部寛)は [続きを読む]
  • ヴィジット
  • M・ナイト・シャラマンの2015年公開作。とてもラッキーな事にこの作品が公開されたことも覚えてない位、だから内容は勿論あらすじさえも全く知らないまま観ることが出来ました(*^。^*)シャラマン監督作では2004年公開の「ヴィレッジ」も同じ状況、予備知識皆無で鑑賞する機会があってラストにマジで驚いた経験があったので本作でも驚かせてもらえるのかとワクワクして見始めました(*^-^*)15歳の姉ベッカ(オリヴィア・デヨング) [続きを読む]
  • Playback
  • 日本映画専門チャンネルで三宅唱監督の特集で放送された一本。なんでもロカルノ国際映画祭に出品されたり、一部の映画批評家からは絶賛されてる監督さんの様なので一応、観ておこうかなといった感じです。ただ、監督の長編処女作「ろくでなし」を観た俳優・村上淳が三宅監督に惚れ込んで本作の製作に至ったなんて曰くを聴いちゃったので結構、ハードル上げちゃいましたけど(≧∇≦)40を目前にして仕事も私生活も上手くいかず人 [続きを読む]
  • ハドソン川の奇跡
  • クリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演の話題作、録画したまま散々放置してましたがやっと観ました!2009年に実際に起きた「USエアウェイズ1549便不時着水事故」、そして当時は知る由もなかった機長たちに向けられた「ハドソン川への危険な着水が正しい選択だったのか?」と云う事故調査での執拗な追求の顛末を描いた作品。両エンジン停止、推力ゼロの絶望的な状況下に苦渋の決断をもってサレンバーガー機長(トム・ハ [続きを読む]
  • 皆月
  • 以前から気になってたんですがいつも後回しにして見逃してた一本。「ウルトラマンティガ」のヒロインを演じた吉本多香美の濡れ場が話題になった作品ですね〜、やっと観れました(*^-^*)。観終わってから知ったんですが監督は原田芳雄主演の「鬼火」と同じ監督さんなんですね〜、どちらかと云ったら自分は「鬼火」の方が面白かったかもwww妻の望む一軒家を購入する為に酒もたばこも断ちひたすら仕事に打ち込んできたサラリーマン [続きを読む]
  • イット・フォローズ
  • TwitterのTLでもオススメされてて録画したままだったのをやっと観ましたwww「タランティーノ絶賛!」らしいんですがタランティーノちょっと絶賛が多すぎないか?と思うのは自分だけでしょうかwwwそんな訳で余りハードル上げないで鑑賞してみましたよ(^◇^)ジェイ(マイカ・モンロー)は恋人のヒューと順調に交際を続けようやく肉体関係をもった。事が済んだその後、ヒューは突然ジェイに薬を嗅がせ車椅子に拘束し信じがた [続きを読む]
  • 起終点駅 ターミナル
  • 佐藤浩市と本田翼が共演してるって事で興味の湧いた一本。他の方のレヴューでは本田翼の演技が酷評されていたのでその辺りも気になってました。全てを見てるわけではないですが「ニシノユキヒコの恋と冒険」や先日放送終了した深夜ドラマ「わにとかげぎす」でかなりいい感じのなりきり演技を見せていてくれた本田翼だったので何で酷評されてるんだろって不思議だったんです。妻子を捨て一緒になろうと約束した女性に目の前で自殺 [続きを読む]
  • あの子を探して
  • どなたかのブログで紹介されていてタイトルが頭に残ってたので録画しておきました。中国映画を自分から観るのはこの作品が初めてだと思っていたんですが監督のチャン・イーモウの過去の作品を辿ってみたら高倉健主演の「単騎、千里を走る」を観ていました。この監督さんはとても有名な方なんですね〜!他の作品「HERO」や「LOVERS」はタイトルだけは聞き覚えがありました(*^-^*)中国の僻地にある過疎化の進んだ農村の小学校。カオ [続きを読む]
  • 悪夢のエレベーター
  • コレ、お気に入りの一本です!未見の方には予備知識のないままで是非見て欲しいオススメ作品ですね(*^-^*)出演は内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工に、本上まなみや芦名星と今見直すとなかなかのキャスティングです。原作の小説は人気があるようで舞台やTVドラマ、漫画化もされているようです。映画化版の本作の監督は俳優としても活躍中の堀部圭亮。妻の出産立ち合いに急いでいる男(斎藤工)、怪しい関西弁の男(内野聖陽 [続きを読む]
  • 2036:ネクサス・ドーン
  • 公開の迫る「ブレードランナー2049」の前日譚を描いた短編「2036:ネクサス・ドーン」が公開されましたね〜(*^-^*)1本目の短編「ブラックアウト」に比べるとかなり地味な内容ですが新しいレプリカントは「忌まわしい右目」を持たないとか、寿命の設定が任意だとか興味深い事柄が描かれています。一番は本編にも登場する科学者ウォレスでしょうか(*^-^*)この人全盲として描かれてますけれど、それって「ブラックアウト」からの流れ [続きを読む]
  • ヴァイブレータ
  • 随分前に観てるんですがほとんど覚えてなくて再鑑賞です。寺島しのぶの濡れ場で話題になった作品ですね。前は気付かなかったんですが相手役が大森南朋だったんですね〜!監督は廣木隆一、「さよなら歌舞伎町」とかは面白かったです。今公開中の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」もこの人の監督作でそれで放送されたみたいです。自身の心の声に悩まされ続けアルコール依存に陥った31歳の玲(寺島しのぶ)。酒を買いに来た夜のコンビニで長距 [続きを読む]
  • ブレードランナー ブラックアウト 2022
  • もう観ました!?10月公開の「ブレードランナー2049」の前日譚を描いた短編アニメ「ブレードランナーブラックアウト2022」前作でデッカードがレイチェルと共に消えた2019年から3年後に起きた大事件「ブラックアウト」について描いた本作。僅か15分にも満たない短編アニメーションですが当麻紗綾風に語れば「高まる〜???」の一言です!「人間至上主義」「ネクサス8」「電磁パルス」「忌々しい右目」「カランサの戦場」「タイレ [続きを読む]
  • マタンゴ
  • 特撮オタクの間では評価の高い本作、実は今まで未見でだったんです。1963年公開と古い作品って事もあったし、子供の頃は写真でマタンゴを見ていて、着ぐるみ感丸出しのその出で立ちから観るまでもない作品かなと思っていてそのままになってました。ちょうどチャンネルNECOで放送されたのでいい機会だと思いチェックです(*^-^*)豪華ヨットでクルージング中に嵐に遭遇し無人島に漂着した若い男女7人。食料と水を探し島内を探索する [続きを読む]
  • シリアル・ママ
  • キャスリーン・ターナーがシリアルキラーを演じると知って興味を持った一本。監督があのジョン・ウォーターズだったんですね!まぁ、「あの!」とは書いたもののジョン・ウォーターズ作品はどれも未見、ディバインの事など話に聞いている程度なんですがそれでもそんなジョン・ウォーターズの作品にキャスリーン・ターナーが主演って事自体が違和感があって面白そうでした(≧∇≦)主婦ベヴァリー(キャスリーン・ターナー)は歯科 [続きを読む]
  • ゼイラム2
  • 引き続き「2」も放送されたので一応観てみました。こっちも以前に鑑賞済みの筈なんですが此方は内容を殆ど覚えてませんでした。1作目から3年後の1994年に公開、監督は雨宮慶太、主演は森山裕子、共演に蛍雪次郎と井田州彦と前作同様の顔ぶれです。一般ウケはともかく前作はマニアには受けが良かった様で続編の本作はチョットだけ製作費が増えているように見ていて感じました。奪い取られた古代遺物奪還のため再び地球を訪れていた [続きを読む]
  • エイリアン
  • 「エイリアン:コヴェナント」を観て尽かさず観たくなった本作、シリーズ一作目「エイリアン」。「プロメテウス」「コヴェナント」を観たばかりなので折角だから2作品に繋がる部分に注目しながら観てみました(≧∇≦)しかし38年も前の作品なのに今観ても見劣りしないのは流石、やっぱり名作です!冒頭、ノストロモ号の乗員がコールドスリープから目覚める場面。全員、チョット長めに寝すぎちゃったみたいな感じで普通に起きてま [続きを読む]
  • ゼイラム
  • えらく懐かしい一本、ファミリー劇場で放送されてたのでつかさずチェックしちゃいました。1991年公開の作品なんですが当時は邦画でガチのSF映画ってレアな存在でしたから飛びついたのを覚えています。監督はその世界では有名な雨宮慶太。相変わらずマイナーな存在みたいですがで特撮ドラマ「牙狼」とかで今でも現役みたいですね〜(*^-^*)異星人の賞金稼ぎイリア(森山裕子)はお尋ね者の生物兵器ゼイラムを捕獲する為地球に先回り [続きを読む]
  • ノック・ノック
  • 昨年公開されたキアヌ・リーヴス主演の話題作。最近「ジョン・ウィック」のヒットで三度脚光を浴びた感じのキアヌですが本作では製作にも関わっているそうですね。監督はホラー映画界ではニューホープ的立ち位置のイーライ・ロス。「ホステル」「ホステル2」はかなり振り切ってて面白かった覚えがあります(^◇^)建築家エヴァンス(キアヌ・リーヴス)は愛する妻と二人の子に恵まれ幸せな生活を送っていた。ある日、家族旅行に行 [続きを読む]
  • 捨てがたき人々
  • 日本映画専門チャンネルの「月一衝撃作」と云うくくりで放送されていたのを録画。だいぶ長い事HDに寝かしてましたが主演が今、自分の中で「キテる」大森南朋だと知って早速チェックしました。共演者に美保純、田口トモロヲ、滝藤賢一と自分的にはツボな方たち、主演女優の三輪ひとみは初見でしたがホラー映画界では何でも和製ホラークイーンと異名をとって方らしいです。本作の公開時には36歳の筈なんですがオジサンの目にはどう [続きを読む]
  • エイリアン: コヴェナント
  • 今年、楽しみにしていた一本!レイトショーの4DXで鑑賞してきました(^◇^)雨のシーンが多くて濡れまくり、動きや銃撃シーンなどもシートが激しく動きまくりで4DX向けな作品でしたよ〜結構、ネタバレ関係なく書いてしまいそうなのでネタバレ厳禁の方はこの先読まない方がいいかもです!1979年のシリーズ第一作で初めて目にしたエイリアン。成体になったアレのことをゼノモーフと呼称するするらしんですが本作ではそのゼモノー [続きを読む]
  • 悼む人
  • 2015年に公開された作品なんだそうですが全く記憶に残ってなかった作品です。高良健吾が主演って事で興味が湧いて録画してありました。なんか軽めの邦画でも観ようかな?とチョイスしたんですがコレが意外にもハードな内容。でも主人公の「悼む人」の行く末が気になって見続けちゃった感じです。親友や知人の死をきっかけに、いつしか新聞や雑誌で報道された事件や事故の現場に赴き犠牲者を悼む旅を続ける静人(高良健吾)偶然、静 [続きを読む]
  • 死霊のはらわた (2013)
  • 先日観た「ドント・ブリーズ」の監督フェデ・アルバレスが本作も監督してると知ってBDに落としたまま未見だったのをチェックしました。「死霊のはらわた」と云えばサム・ライミの名を一躍とどろかせたスプラッターのカルト作品。サム・ライミ自身でも「死霊のはらわたⅡ」としてリメイクしてるのに何で今更?と思ったら本作はリブートって形をとっていました。辛い過去からドラッグに手を出したミア、彼女の薬を断つために人里離 [続きを読む]
  • 地獄(1979)
  • 子供の頃から気にはなっていたけど機会がなくて未見のままだった作品。内容的にも特殊効果的にも期待薄だと考えていたからどうしても観たい!って訳でもありませんでしたがチャンネルNECOで放送されたのでこの機会に!と考えてチェックです。1960年版と1999年版もある様ですが今回観たのは1979年版でした。分家の嫁・ミホ(原田美枝子)は夫・雲平(田中邦衛)の目を盗み本家の旦那・竜造と不倫の末に身篭った。雲平にコトがバレ、二 [続きを読む]
  • プロメテウス
  • 「エイリアン:コヴェナント」公開が間近ってことで思い出しがてら再見してみました。SFホラーの傑作「エイリアン」の前日譚を描く本作、ネットを覗くと酷評も目にしますが自分は好きですこの作品(*^-^*)ただ単にエイリアンの誕生を描くだけでなくてそこに「人類誕生の謎」を加味する辺り壮大な物語の序章って感じでワクワクしますね(^◇^)2089年、複数の古代遺跡で発見された星図を基に人類の起源を探りに別の太陽系を目指した [続きを読む]