至誠君 さん プロフィール

  •  
至誠君さん: 至誠君の喜怒哀楽
ハンドル名至誠君 さん
ブログタイトル至誠君の喜怒哀楽
ブログURLhttp://siseitenntuu.blog.fc2.com/
サイト紹介文社会人司法試験受験生です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/10/08 20:06

至誠君 さんのブログ記事

  • 最大H291206
  • う〜ん、受験生としては、いいかな〜。とはいえ、世間注目の大法廷判決なので、自分なりにまとめてみた。「消滅時効で消滅しない債務」を認める余地を残した結論は、どうなんでしょうね?30年受信料未払の人が、NHKから裁判起こされて、「はい、30年分の受信料(70万円?)払ってよ!」となるね。あと、木内反対意見も契約締結義務は肯定してるし、不法行為や不当利得による請求を可能としています。ただ、「意思表示を命 [続きを読む]
  • 行政法判例百選7版の新掲載判例の検討
  • 新掲載の判例は、巻末の説明書きによればⅠとⅡの全部で21個とのこと。一応、この土・日で全部読み込んだつもり。う〜ん、これって、今更、行政法百選で載せる意味あるの?と首をひねるものもあるな〜。読み込むのに値するのは、「50」、「51」、「78」、「171」、「175」くらいだと思う。「175」の判例は、H28年度の予備試験論文で出ましたね。ま、論文対策でいえば、「171」と「175」の2つだけ読めば [続きを読む]
  • 平成26年度の商法の論文問題の問題
  • フォローしているTwitterにこんなのが載っていた。引用元は分からないけど。[商法]「(26年度の問題は)不親切問題の極みと言っていいくらいの問題であるとさえ言える。…しかし、受験生には、司法試験は相対評価であるから、自分ができていない問題は他の人も出来ていないと割りきって、日頃の実力を出しきってもらいたい」(末永敏和/龍谷大学教授・元旧司法試験考査委員)どおりで、完成答案の作成に苦労したわけだ。まるで、推理 [続きを読む]
  • 最大H291129
  • 出た〜。それにしても、旧強姦罪は強制わいせつ罪の加重類型なんだね。大法廷全員一致判決には、受験生は全面服従しましょう!そういえば、先日のニュースで、電車内で体液を女性にかけた行為で逮捕された人がいたね。こうした行為は、性的な意味のある行為にはあたるけど、被害者からみた被害は汚物をかけられたもの(器物損壊)と弁護するのかな?原審:「被告人に性的意図があったと認定するには合理的な疑いが残る」→「客観的 [続きを読む]
  • 11月の映画
  • 11月は、「ミックス」の1本のみだった。泣いた、そして笑った。なぜか、観ている人の中に、小中学のグループが多かった。やっぱ、日本の選手、特に若手が世界トップレベルで活躍したからかな?その後、約束どおり、スシロー(^^♪。あとは、妻の好きな生落語に行った。やっと、妻のご機嫌も改善、夫婦仲も修復完了!!あ、良かった〜。次回の危機は、来年のゴールデンウイークあたりか?でも、大丈夫、受験勉強優先にはしません [続きを読む]
  • 行政法判例百選7版
  • う〜ん、行政法よ、おまえもか。仕方ないけど、買うしかない!(>_お小遣い財源規制はあるものの、百選だけは最新版を揃えることにしている。重判シリーズは買わない。その代わり、最高裁HP掲載の判例は、基本、毎日チェックし、自分で解説?まとめメモを作成することにしている。ブログで紹介するのは、自分へのプレッシャーのため。それにしてもお小遣い財政はほぼ破綻した。司法試験の受験印紙代が28,000円、書留2通で [続きを読む]
  • 平成26年改正法と教材
  • 口述式試験対策前に刑法・刑訴・民法・民訴の4科目の3倍速インプット講座DVDをノンストップで視聴した。科目別の記憶のバラツキを防止するため、試験終了後に商法と行政法のDVDも視聴した。3倍速インプット講座は、受験勉強のスタート時にヤフオクで買ったものだが、H13年の講座である。今回で4回視聴したことになる。過去3回は、メモしたり、不明点を調べたりして、全部を見るのに時間がかかっていた。今回は、時間 [続きを読む]
  • H29年度予備試験:論文式試験の出題の趣旨&口述式試験の問題テーマ
  • 論文式試験の出題の趣旨&口述式試験の問題のテーマを読んだ。当然、以前に作成した自分の完成(?)答案を修文した。憲法は、本件条例の損失補償の規定の有無も論点だったんだね。問題文をよく見ると、本件条例はの内容を①〜③と明示しているから、「気づいてよ〜」のメッセージを読み取るべきだったね。民法の設問1については、もう少し説明がほしかったなぁ〜、興味があったので残念。う〜ん、刑法では、乙については犯人隠避 [続きを読む]
  • 犯罪被害者のプライバシー尊重を求める神奈川県弁護士会長談話
  • 私は、この声明に激しく賛同します!!●「犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長談話」全文なぜ、犯罪の被害に遭うと、被害者や遺族はその意に反して実名や顔写真をさらされなければならないのか。私たち神奈川県弁護士会は、2015(平成27)年3月26日に、犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長声明を発表し、これまでこの問題について考え続けてきました。今年の10月、神奈川県座間市内の住宅で9名のご遺体が発見されると [続きを読む]
  • 憲法ガール
  • やっと、かの有名な「憲法ガール」を通勤読書で一読した。なるほど、判例の趣旨を各々の主張にどのように援用するか、という視点は勉強になった。巻末の引用判例も参考になった。ちょっと字が小さいけどね。でも、過去問解説書としては、自分には木村本の方が分かりやすいな〜。ところで、今後、机での勉強は、原則として「論文過去問を解き・書く」のみとし、それ以外の勉強はすべて通勤時間とすることにした。でないと、今の実力 [続きを読む]
  • リニューアル
  • 予備試験に合格し司法試験受験生になれましたので、ブログをマイナーリニューアルしました。勉強仲間がいないので、予備校等のTwitter情報しかありませんでしたが、先輩たちのブログを参考にして口述試験も無事に乗り越えることができました。私も、来年度の口述試験前に、自分の体験等をご参考にブログしたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。\(^o^)/にほんブログ村 [続きを読む]
  • 刑事事実認定重要判決50選上・下
  • 通勤電車で一読した。本当は何回も読むべき良書だけど、試験対策としては参考本の位置づけなので、一読で終了することにした。以前、1版と補訂版をネットで買った。本体価格は数十円?、送料の方が高い値段だった。しかし、内容は値段をはるかに超える価値のある本だ。殺意の事実認定の素材は、辰巳の青本と同じく「横浜地裁H100416」の事案だった。この事案は、読むたびに何とも切なくなる。試験対策に直結する内容の項と [続きを読む]
  • 最判H291023
  • 原審破棄判決である。うん?原審の判示は、なんでこうなの?という感じで、ピンと来ない。事案は、たぶん、あの大手教育出版会社の個人情報漏洩事件だ。原審⇒「本件漏えいによって,原告が迷惑行為を受けているとか,財産的な損害を被ったなど,不快感や不安を超える損害を被ったことについての主張,立証がされていないから,原告の請求は,その余の点について判断するまでもなく理由がない。」本判決⇒「本件個人情報は,上告人 [続きを読む]
  • 最決H291005
  • う〜ん、弁護士法25条1号違反の訴訟行為に関する原審破棄の決定だ。予備試験の口述試験で聞かれる可能性はあるかもね。あえて、事案のまとめや判示内容の要約は必要はないと思います。私は、自分のまとめノートに以下のとおり追記しました。「弁護士法25条1号に違反する訴訟行為については、相手方は当該訴訟行為の排除の申立ができる。→裁判所は法25条1号違反の理由があるときは、当該訴訟行為の排除決定をなす必要があ [続きを読む]
  • 奥様は主査。
  • 口述試験が終了した。2週間でやろうとした対策だが、①3倍速のDVDの視聴②まとめノートの一読はやれたが、大島本と三井本の一読はできなかった。そりゃ、時間足りないよね。油断したね。前日に、過去問を読んでいて、ふと不安になった。事案の説明を聞いて、記憶に止めることができるのか?即事案を理解できるのか?と、疑問が沸いた。短答も論文も文書の問題を見て解く。口述試験は、質疑応答という未知の試験じゃん!そうか [続きを読む]
  • 国民審査の張り紙
  • 明日の天気がやばそうなので、今日、妻と期日前投票を済ませてきた。思うところは皆同じである。会場の外まで行列ができている。投票するまで、30分並んだ。今回の国民審査では、山口先生も対象だ。審査公報で顔写真を初めて見た。会場の部屋の片隅に国民審査についての張り紙がある。いわゆる投票の棄権ができることの告知がその趣旨である。なんか、長い文面だね。でも、この張り紙があることで、「何も記載のない投票を事実上 [続きを読む]
  • 受験票2
  • 受験票の日程をざっと見たとき、初日が民事、2日目が刑事と思った。さっき、改めてよ〜く見たら、逆だった。 危ない、危ない。なぜか?だって、29日(日) 民事28日(土) 刑事と書いてあるんだもの。通常だと、やっぱ、28日(土) 刑事29日(日) 民事と上から日付順に書くよね。もちろん、理由はあるんだろうけど。もしかして、科目を固定しているのかな?ならば、左右を変えて民事  29日(日)刑事  28日 [続きを読む]
  • 受験票
  • 本日、論文の成績通知書と受験票が着た。ポストを開けたら、自分の汚い字のハガキが目に飛び込んできた。「あれ、口述受験票も一緒のはず、封筒じゃないぞ? もしかして・・・まさか!」あわててカバンを置いて、ハガキを開いたら、成績通知の反対側に受験票が重ねてあった。「よかった、ほっ。」昨年度は憲法Fだった。そこで、条文ごとのまとめノートを作成するなど、かなりの時間をかけて対策を講じた。今年、結果としてはAに [続きを読む]
  • はぁ?&ギャ〜
  • 論文に合格していた。発表の当日、帰りの電車でスマホで見たら、自分の受験番号がある。はぁ?、あんなに、民法等で大きな失敗したのに・・・・。合格者数が増えていたおかげだろうね。家について、再確認した後、口述試験いつだったけ?ギャ〜、2週間先じゃん!休みが4日しかない。口述試験は、油断大敵という。論文後、まったく油断していたよ〜。過去問を読んで、基本知識と関係条文の記憶喚起が重要だと判断し、以下の対策と [続きを読む]
  • 書き手の立場
  • 司法試験の論文過去問の答案を作成中である。「依頼された弁護士」、「先輩弁護士に指示された弁護士」、「裁判官に指示された司法修習生」等の立場で検討せよとか、論じよという設問がやたら多い。前にもブログしたんだけど、それ何?最初、???だったんだけど・・。採点実感を読んでいて、ふとっ、思った。①関係する最高裁判例を指摘すること、②判例・実務通説の立場で書くこと、という意味なんだよね。きっと!そういえば、 [続きを読む]
  • 9月の映画
  • 7月と8月は映画に行っていない。観たい作品がなかったから。で、9月は、3作品を観た。・「ダンケルク」・・・・・・普通。・「関ケ原」・・・・・・・・・普通。・「三度目の殺人」・・・法廷心理劇との解説もあるが、法的考証もしっかりしてあるので、面白い。われら受験生の立場から言えば、刑事弁護の弁護士倫理問題ともとらえることもできる。「映画」のブログのときは、ネタバレないように書いているのだが、う〜ん、この [続きを読む]
  • 民法改正概要
  • 今回の民法改正。今、施行前だから、直接には予備試験の問題とはならないけど、概要は知っておく必要はあるだろう。法律の勉強している者としては、当然のこと。とはいえ、あまり深入りした勉強は、現行法の理解を混乱させるおそれもある。で、辰巳HPで公開してくれている「民法改正の概要」を通勤時間で3回読んでみた。A4で8ページにすぎないが、簡潔で分かりやすくまとめてある。今回は、判例の法理の明文化という改正が多 [続きを読む]
  • グーグル検索
  • 相変わらず、Eテレの高校講座を視ている。今年は、国語、科学関係の科目も視ている。今週、「社会と情報」という科目を視た。「グーグル検索をした場合のウエブ記事の順番について」というコーナーがあった。それによれば、同じキーワードを入力しても、使っている端末によって出てくる順番が違うそうだ。いや〜、知らなかった。なんとなく、アクセスが多い順だろうと思っていた。番組によれば、今使っている端末のアクセス履歴等 [続きを読む]
  • 刑事ドラマと時効
  • いわる刑事ドラマを見ていると、時折、時効成立間近の犯人逮捕をテーマにしたものがある。先週、浅田次郎原作の「琥珀」を観た。定年4日前の刑事が、殺人と現住建造物等放火の容疑者を定年日に逮捕するというものだ。小説のテーマは、夫婦関係に破綻した男女3人のそれぞれ想い、人生の哀愁というべきだろうか。容疑は、25年前自宅に放火し、2階にいた妻を焼き殺したというものだ。物語では、「殺人の時効はない」という説明が [続きを読む]