エジ さん プロフィール

  •  
エジさん: 銀色眼鏡
ハンドル名エジ さん
ブログタイトル銀色眼鏡
ブログURLhttp://argent47.blog.fc2.com/
サイト紹介文多肉植物と鉱物収集とカメラの話題を気ままにつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/10/09 20:22

エジ さんのブログ記事

  • 秋の成長期 その5/千代田の松
  • ずっと動きのなかった「千代田の松(パキフィツム)」。とうとう親株から新芽が出始めました。切り戻してからずっと動きがなかったので、心配していました。でも、大きい方の親株からはいまだに芽が出ません。枯れることはなさそうだけど、成長してくれるのかな……?挿し芽にした方は、いまでも葉がシワシワしています。グラつきはないのですが、ちゃんと根は出ているのだろうか。「千代田の松」は、本を見ても成長期がいまいち曖 [続きを読む]
  • 秋の成長期 その4/星の王子
  • 「星の王子(クラッスラ)」も、成長期は春秋型です。春先に一株だけ挿し木をして、簡単に根付くことがわかった星の王子。晩夏にはザックリ全5株を切り戻して挿し木しました。その結果……。切り戻された親株からは新芽が次々に。てっぺんからは2つずつ芽が出ていますが、足元の葉の付け根からもいくつか。星の王子はまっすぐ伸びるものと思っていました。切り戻されると簡単に脇芽を増やすんですね。茎の真ん中を挿し木した鉢で [続きを読む]
  • 秋の成長期 その3/芽挿し
  • 前回・前々回に切り戻しされた親株を見てみました。今度は、切り戻した後に挿し芽にした方を見ていきます。てっぺんを植え付けた鉢は、あまり動きなしです。成長点が残っているから、成長も早いかなと思っていましたが。残された葉が少ないせいか、根付くのに時間がかかっいるようです。水をやれば葉のシワがとれるので、ちゃんと根は出ているようですね。茎の真ん中を挿した方は、「黄麗(セダム)」から新芽が出ていました。葉が [続きを読む]
  • 秋の成長期 その2/松の緑
  • 前回の「黄麗」に続き、同じセダムの「松の緑」の様子を見てみます。こちらも、晩夏に半分くらいの高さにまで切り戻しをしました。その足元を見てると……。子株が次々に出てきています。これが全部育ったら、親株はさぞ窮屈でしょうね。葉の付け根にも……。こんな感じで新芽が芽吹き始めました。セダムは頑健なので、成長期前なら潔く切り戻すのもありですね。これから水を控えめにして、春にはキレイに育つように気を付けなけれ [続きを読む]
  • 火祭りの花
  • 「火祭り(クラッスラ)」の花が咲きました。白くて小さくて……。可愛らしいのですが、ちょっと目立たないですね。もう満開かなと思ったら、実はつぼみだったようで。先端ではほんとに小さな花が開いていました。多肉の花は、他の植物とは違った咲き方で面白いですね。 [続きを読む]
  • 秋の成長期 その1/黄麗
  • だいぶ過ごしやすくなってきて、もうすっかり秋の空気ですね。ここ数日は夏のように熱くなりましたが、これからどんどん涼しくなることでしょう。そんな季節を感じてか、多肉たちもようやく動き始めました。今日は「黄麗(セダム)」の生長具合をご紹介。晩夏に挿し木するために切られた「黄麗」。よーく見ると、新芽が次々に出てきています。ひとつの株から、合計4箇所!だいぶ豪華な株に育ってくれそうな予感です。これから寒く [続きを読む]
  • おかえり冷蔵庫
  • 修理に出していた冷蔵庫が、やっと帰ってきました。やっぱり使い慣れたものの方がいいですね。これで、冷凍庫に入れていたアイスクリームが溶けることもないわけで。当たり前のように使っていますが、文明の利器がないとこれほど不便なのですね。昭和初期の頃、そりゃ家電製品が「三種の神器」なんて呼ばれるわけです。 [続きを読む]
  • 観葉植物の今
  • 今年の夏から育て始めた観葉植物。夏の間にそこそこ大きくなりました。この「シェフレラ」なんかは、今写っている葉はすべて夏の間に出てきた新しい葉です。それほど高さは大きくなりませんでしたが、かわりに葉はたくさん増えました。コンパクトなまま、わさっと葉が茂ってくれると嬉しいな。この「ペペロミア」も、一番上の葉は今年出てきたもの。シェフレラみたいにワサワサするタイプではないようで、一節ずつ葉が増えていきま [続きを読む]
  • よく伸びる
  • この秋の「多肉増殖計画」で、ことごとく切断された多肉たち。そんな中、背丈が15cmを超えても唯一切断されなかったのがこちら。「クラシハマタ(セネキオ)」です。クラシハマタ、または紫蛮刀とも言うこの植物。前にネットで木のように大きく育っているのを見たので、あえて切らずに残してみました。他の多肉は伸びると自重を支えるのが大変そうですが、クラシハマタは茎が強い。そう簡単には倒れなさそうなので、木になるまで [続きを読む]
  • 多肉増殖計画 その5/コノフィツム&樹氷
  • 「オペラローズ(コノフィツム)」の脱皮が進んでいます。というより、あまりに進まなすぎなので、外葉にわざと傷をつけて脱皮を促しました。無理やり脱皮させるのは良くないそうですが、このまま秋が終わっても困るので。コノフィツムは10〜11月頃が開花時期ですが、今年は脱皮が遅く株が育っていないので、開花は期待できなさそうです。代わりに、数は順調に増えています。ほとんどは、1株が2株に分裂。(1株しか入ってな [続きを読む]
  • 多肉増殖計画 その4/ヘルバセア・ボスフォンテン
  • 1年前からじっくり子株を育てていた「ヘルバセア・ボスフォンテン(ハオルチア)」。植え替えようと根から土を取っていたら、気付いてしまいました。子株と親株をつなぐ地下茎が、少し細く軟らかくなっていることに。これは、文字通り子株が親離れしようとしているのでは?と思い、ぷっつり切って株分けすることにしました。子供が巣立って寂しくなった親株がこちら。子株は全部で4つ付いていましたが、そのうち2つを外しました [続きを読む]
  • 多肉増殖計画 その3/松の緑・黄麗
  • セダム系は、知らぬ間にものすごい勢いで伸びてきます。春先まではきれいだったのに、夏の間に伸びきった「松の緑(セダム)」。きれいに育っていた「黄麗(セダム)」と一緒に、ザックリいくことにしました。切られた松の緑がこちら。一丁前に株元から子株を出しているので、少し葉を残してチョッキン。残された葉から栄養をもらって、子株が育つことに期待しています。切られた黄麗はこちら。きれいに育っていましたが、育ちすぎ [続きを読む]
  • 咲くか、火祭り
  • 火祭りの花が咲きそうです。つぼみを大きく伸ばして、小さなつぼみがチラホラ。エケベリアは咲いたら枯れるパターンでしたが、火祭りはどうなんだろう?株元からは脇芽がたくさん出ていたので、花を切れば生き残るのかな? [続きを読む]
  • 多肉増殖計画 その2/星の王子
  • 今日のターゲットは、「星の王子(クラッスラ)」です。春先にも5本中の1本だけ切ったことがありますが、今回は残る4本をバッサリ。切ったついでに植え替えしたので、今はこんな感じになりました。中心の新芽を2つ出しているのが、春先に切られた第一号。この成功に味をしめて、今回の挿し木に踏み切ったわけです。それにしても、星の王子は見かけに似合わず根張りが凄いですね。今回はけっこう伸びていたので、先端と中間の2 [続きを読む]
  • 多肉増殖計画 その1/千代田の松
  • 朝晩はだいぶ涼しくなりました。もうすぐ秋ですね。秋といえば、夏の暑さに疲れた多肉たちも動き出す頃です。せっかくの成長期。夏の間に伸びてしまった多肉たちを切り戻すついでに、挿し木で増やすことにしました。----------今日のターゲットは、「千代田の松(パキフィツム)」。7月頃の雨続きだった頃、急に伸び始めた千代田の松。最初は花芽かと思って放置していましたが、先端がまとまってきたので違うっぽい。ということで [続きを読む]
  • 冷蔵庫のその後
  • 以前、冷蔵庫が壊れたと書きました。結局、回収に来てくれたのは、あれから2週間近くも経ってからのことでした。さらに、修理にも2週間程度かかるのだとか。最近はエアコンや冷蔵庫の故障が相次いでいて、工場がパンク状態だそうです。幸い、修理が完了するまでは代替品を貸してくれるのですが、困ったものです。今度から白物家電を買うときは、違うメーカーにしようと決めました。 [続きを読む]
  • 秋めく空
  • このところ、晴れの日が増えてきたうえに、朝晩の風が涼しくなってきました。もうすぐ秋ですね。我が家でも、「ヒガンバナ」が咲き始めました。私が最も好きな花。これを見ると、とても落ち着いた気分になります。でも、見頃が1週間くらいしか続かないので、束の間の癒しですね。人によって好き嫌いがハッキリ別れるこの花。あなたは、どちら?----------秋といえば、ホオズキも順調に色づいてきました。もう、ほぼすべての実がオ [続きを読む]
  • 立て続けに壊れる家電
  • つい先月、エアコンが壊れたと思ったら。今度は「冷蔵庫」がダメになりました。この暑い夏に、どうして冷やす系ばかり……。エアコンは10年近く使っていたので寿命でしょうが、冷蔵庫はまだ3年目。この冷蔵庫、前に1年で壊れたことがあるテレビと同じメーカー。もう、このメーカー嫌い。幸いにして、家電量販店の延長保証期間内だったので、これからホームページで連絡します。早く修理してもらえるといいですけど。 [続きを読む]
  • 真夏の多肉管理
  • 我が家では年中、多肉は室内管理です。多肉は基本的に屋外で育てた方が、丈夫でキレイに育つとされています。屋内では乾燥しすぎたり、日照が足りないが原因です。----------もちろん我が家でも、多肉が元気に育つよう工夫しています。そもそも徒長しづらい品種を選んだり、晴れの日は窓枠に置いたり。真夏の室内は屋外以上に暑くなることもあるので、エアコンを入れて外出したり。温室育ちどころか、無菌室育ちと言えるくらい過保 [続きを読む]
  • ツメレンゲ大増殖
  • 「昭和(ツメレンゲ)」は子株を出してどんどん増えます。こちらは、我が家の6月頃のツメレンゲ。鮮やかな緑色で、子株がわさわさ出てきています。3.5号鉢では、少し窮屈そう。----------そして8月、子株を触ってみるとポロッと取れるようになりました。どうやら、ツメレンゲのランナーは用済みになると勝手に切れるようです。そこで、親株と子株を別々に植えなおすことに。親株はこんな感じ。周りがすっきりして、久しぶりに土 [続きを読む]
  • コノフィツムの脱皮
  • 夏のコノフィツムは休眠期。でも、うちの「オペラローズ(コノフィツム)」はまだキレイな緑。コノフィツムの育て方を調べると「夏は茶色く枯れたようになる」と書いてありますが、意外ときれいな色を保ってくれるものですね。それでも、少しずつシワシワになっては脱皮を始める株が出てきました。脱皮が終わると、こんな小さくて可愛らしい子株が2つ。毎年、倍々ゲームで増えていくそうです。でも、脱皮直後はこんなに小さいわけ [続きを読む]
  • 樹氷の花芽
  • 以前に「花芽っぽい」と言っていた「樹氷(セデベリア)」。やはり、花芽で間違いありませんでした。ところが、調べてみると樹氷の開花期は春。こんな時期に咲いていいものではありません。事実、花芽先端のつぼみが色づき始めて1ヶ月経ちますが、咲く気配なし。このままでは体力ばかり消耗してしまう……。ということで、潔くチョッキンしました。意外と茎がしっかりしていて、切るのも一苦労でした。いやぁ、サッパリ。これまで [続きを読む]
  • お盆の終わり
  • お盆休み最終日です。私は11日から5連休でしたが、あっという間でした。大人になってからは、5連休だって立派な大型連休。なのに、いつもなかなか有意義に使えない……。----------夏の花は、今が最盛期。これから次第に秋の花へと移り変わっていきます。「ペンタス」は夏の日差しだって平気な、まさしく夏の花。アジサイみたいに、小さな花が集まって咲きます。白やピンクがあって、ぱっと咲いた様子は花火のよう。色とりどり [続きを読む]
  • 光が届いた日
  • 我が家にも、ついに「光ケーブル」が来ました。片田舎な我が家は、これまでケーブルテレビ会社の「同軸ケーブル」でした。それが、ケーブルテレビ会社の地域一斉交換策のおかげで、ついに光に。これまで、家電量販店で大手通信会社から「光に加入でお安くなりますよー。」と勧誘されても、「うちの地域、光まだなんです。早く光ケーブル通してー。」と断っていました。結局、一番早く光ケーブルを通してくれたのは、地元のケーブル [続きを読む]
  • 旅立ち
  • お盆の頃は、ひぐらしが鳴いて物哀しい季節です。そんな時期ですが、我が家では小さな「旅立ち」による別れがありました。 ※ 大丈夫。哀しいお話ではありませんよ。----------7月の始め頃、庭のカリンの木に「ヒヨドリ」が巣を作っていました。枝やビニール紐を集め、せっせと2羽のヒヨドリが作った巣。7月の終わり頃には卵を産んだのか、巣で座り込む親鳥が見えました。8月の始め頃から、孵ったヒナが"ピーピー"と可愛らし [続きを読む]