若草物語 さん プロフィール

  •  
若草物語さん: 若草物語
ハンドル名若草物語 さん
ブログタイトル若草物語
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ahiru0816
サイト紹介文妻と二人で愛車プリウスに乗って、あちこち出かけ、デジカメで撮った写真が中心のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/10/10 05:57

若草物語 さんのブログ記事

  • 東京都小平市のガスミュージアム
  • 6月8日(金)妻と二人で愛車プリウスに乗って小平市のガスミュージアムへ行って来ました。ガスミュージアムはもちろん東京ガスの歴史資料館で、入場料も駐車料金もいりません。駐車場に車を停めて真正面に見える立派な煉瓦造りの建物が「ガス灯館」です。ガス灯館は、明治42年建築の東京ガス本郷出張所の建物を移設復元したものだそうです。ガスライトガーデンを右に見て、受付に向かいます。受付入口の傍にあるのが「横浜のガス灯 [続きを読む]
  • 黒メダカのその後
  • 久々に黒メダカをブログに載せました。BGMはフォーレの「愛の悲しみ」です。スピーカをオンにしてお聴きください。動画のスィッチをオンにしてから画面の右下にカーソルを合わせると、全画面表示(赤枠の部分)が現れます。そこを するとメダカの動きがはっきりと見られますよ。ランキングに参加中です。 して応援お願いします。     ↓↓↓ [続きを読む]
  • 大磯・湯河原を旅するーその2ー湯河原温泉郷
  • 大磯の旧吉田茂邸などを見た私たちは湯河原温泉に宿を取り、万葉集にも詠まれた古湯と、新鮮で豪華な料理を満喫した翌日(4月13日)、湯河原の名所旧跡を見て廻りました。島崎藤村ゆかりの宿 「伊藤屋」は創業明治21年、湯河原温泉の中央、万葉公園入口に位置する旅館です。昭和の初め、作家「島崎藤村」は年4回ある原稿提出の合間をぬって当館に訪れました。静養が目的のため、滞在中は一切仕事をしなかったと聞いています。古く [続きを読む]
  • 大磯・湯河原を旅するーその1ー旧吉田茂邸
  • 妻と二人で愛車プリウスに乗って、4月12日(木)から一泊で神奈川県の大磯・湯河原方面へ出かけました。先ずは大磯城山公園内にある「旧吉田茂邸」を見て歩きました。この門はサンフランシスコ講和条約締結を記念して建てられたもので、別名「講和条約門」とも言われています。軒先に曲線状の切り欠きがあり、兜の形に似ていることから「兜門」と呼ばれます。昭和36年頃に完成した日本庭園は、中心となる心字池を邸宅の正面に配置 [続きを読む]
  • 京都駅周辺を歩くー東本願寺・西本願寺・島原・東寺など
  • 3月9日(金)妻と二人、所用で和歌山の実家へ行く途中、京都駅(写真)で下車して駅周辺の名所めぐりをしてきました。駅から京都タワーの横、烏丸通を歩き、七条通を渡ると、左手に見えてきた広大な寺院が「東本願寺」です。東本願寺は親鸞聖人を宗祖とする浄土真宗大谷派の本山で、慶長7年(1602年)に東本願寺12代教如上人(きょうにょしょうにん)が、徳川家康から寺地の寄進を受け創建したのが始まりです。この東本願寺の最大 [続きを読む]
  • TBSドラマ「陸王」のロケ地巡りー行田市
  • 1月14日(日)妻と二人で我が町・行田市が舞台になったTBS日曜劇場「陸王」のロケ地巡りをしてきました。行田商工会議所では「観光情報館ぶらっと♪ぎょうだ」で「陸王」の劇中に使用された小道具の展示が行われていたので、最初にそちらに足を運びました。実際にドラマの中で使用したミシンや宮沢紘一着用の「初代陸王」などの展示品が所狭しと並べられていました。行田商工会議所はドラマでは埼玉中央銀行行田支店長室シーンで使 [続きを読む]
  • 埼玉モダンたてものを見て歩くーその18−川越市 旧山崎家別邸
  • 10月1日(日)妻と二人で川越に行き、「旧山崎家別邸」を見てきました。「埼玉モダンたてもの散歩」で川越市には2014年5月19日に行ったのですが、この建物だけは保存修復工事の為に唯一見ることが出来なかったのです。それが2016年4月から一般公開されていたと聞いたので遅ればせながら見学した次第です。信州中野出身の初代・山崎嘉七が1783年に川越に創業した菓子屋が『亀屋』ですが、「四代目山崎嘉七」は1867年に川越藩の御用商 [続きを読む]
  • 仙台・松島を10年振りに旅するーその2
  • ホテルの部屋から見た景観です。ホテルにはガーデンプールもあります。日本三景「松島」。2011年の東日本大震災で、大きくその形状が変わってしまった場所もありますが、その日本三景たる絶景は今もなお、健在です。チェックアウトまで時間があったので妻と二人で宿の近辺を散歩しました。先ずはホテルと目と鼻の先にある「五大堂」。現在の建物は、伊達政宗公が桃山様式の粋を尽くして再建したもので、瑞巌寺に先だって建立されま [続きを読む]
  • 仙台・松島を10年振りに旅するーその1
  • 11月7日(火)妻と二人で仙台・松島方面へ一泊二日の旅に出ました。8時22分大宮駅発の東北新幹線はやぶさ101号に乗り込むと仙台駅には9時30分に到着です。仙台・松島への旅行は10年ぶりのことです。仙台の地下鉄東西線で川内駅に降りるとそこは東北大学川内キャンパスです。川内厚生会館内の「ブッシュクローバーカフェ」でコーヒーと焼きたてのパンを味わった後、川内キャンパス内を散策しました。写真は「文科系総合講義棟」です [続きを読む]
  • 信州を旅するーその3−北国街道・小諸宿と小諸城址・懐古園
  • 9月26日(火)湯田中温泉「よろずや」をチェックアウトした私たちは9時24分湯田中駅発の長野電鉄に乗り、長野駅で「しなの鉄道」に乗り換えて、小諸駅には11時49分に到着です。駅前から東に向かって歩き、相生町の「亀や」という蕎麦屋で昼食後、北国街道の「商家の町並み」を目指しました。北国街道に行く途中、右手には「亀や」のおかみさんが教えてくれた「藤村の井戸」がありました。明治32年に小諸義塾の教師として小諸に暮ら [続きを読む]
  • 信州を旅するーその2−小布施
  • 9月25日(月)午前中に善光寺を散策した私たちは、昼食後、12時22分発の長野電鉄に乗り込み、小布施駅には12時54分に到着しました。小布施は北信濃にあって千曲川東岸に広がる豊かな土地です。特に千曲川の舟運が発達した江戸時代には、交通と経済の要所として栄えました。人が行き交い集まる歴史の中で、当地では独特の文化が花開き、小林一茶や葛飾北斎など多くの文人墨客が訪れました。江戸幕府・老中・水野忠邦の「天保の改革 [続きを読む]
  • 信州を旅するーその1−善光寺
  • 9月25日(月)から妻と二人で一泊二日の信州旅行に行って来ました。熊谷駅発8時3分の北陸新幹線「あさま603号」に乗ると長野駅には9時14分に到着と言うから驚きです。長野駅から善光寺まではバスや長野電鉄も走っていますが、歩いて30分も掛かりません。善光寺の参拝者を迎える最初の門がこの「仁王門」です。仁王門は、宝暦2年(1752)に建立されましたが、弘化4年(1847)と明治24年(1891)の二度にわたる火災で焼失し、現在の [続きを読む]
  • 茨城県笠間市に遊ぶ
  • 9月8日(金)妻と二人で茨城県笠間市までドライブに行って来ました。 妻が、数週間前にテレビの天気予報に出てきた笠間市の「石切山脈」がとても素敵だった、 と言うので、我が家から2時間半ほどの石切山脈まで愛車プリウスを走らせた次第です。 入口の事務所で声をかけると、社員の方が非常に丁寧に案内してくれました。 広大な敷地の一角に展望台が有ります。 70年かけて稲田石を切り出してきた場所は、高さ70メートルも [続きを読む]
  • 8月上旬の黒メダカ
  • 御覧のようにメダカ鉢にスダレを被せて暑さを凌いでいます。アオミドロの爆発的な発生も防げます。今月も妻との旅行は予定していませんので、メダカと付き合うことになります。黒メダカは人見知りが激しく、飼い主の私でさえもその姿を見せてくれることはめったにありません。デジカメで隠し撮りをして、その姿を見るしかありません。動画の中で「ウキクサ」とありますが「スイレン」の間違いでした。(汗)ランキングに参加 [続きを読む]
  • 黒メダカの稚魚たち
  • 行田の熱中症指数は今日で4日連続”危険”ですが今年生まれた稚魚たちは元気いっぱいです。稚魚はまだ1センチ前後のものが多いので動画は「全画面表示」で見るとよく見えます。エサはもう成魚と同じものを食べます。朝一番に赤虫(写真左)、昼にイトミミズ(写真右)を与えています。(イトミミズは今まで写真左と同種のイトミミズを与えていましたが全然食べず、写真右に変えると見違えるように食べています。)水を浄化するため [続きを読む]
  • 6月上旬の黒メダカ
  • 6月に入りました。昨年12月に「道の駅 羽生」の農産物直売所で買ったメダカたちです。買ったときは23匹だったのですが冬越しで6匹が亡くなり現在17匹です。6月に入って食欲は益々旺盛で御覧のようにあっという間にエサを平らげています。赤虫のエサが大好物でミジンコは仕方なく食べます。イトミミズに至ってはほとんど見向きもしません。ランキングに参加中です。 して応援お願いします。    ↓↓↓ [続きを読む]
  • 会津若松ーレトロな町並みと野口英世ゆかりの地を歩く
  • 5月12日(金)妻と二人で郡山に住む孫の運動会を見るついでに会津若松まで足を延ばし、レトロな町並みと野口英世ゆかりの地を見て歩きました。7時38分大宮発の東北新幹線に乗り込み郡山駅には8時33分に着き、郡山駅から磐越西線に乗って10時56分に会津若松駅に到着です。駅から「大町通り」を南に進み「野口英世青春通り」に入る手前の交差点(大町四つ角)を左に折れると見えてくるのが「鈴木屋利兵衛商店」です。鈴木屋利兵衛は [続きを読む]
  • 秀吉の城下町・湖北長浜を見て歩く
  • 5月5日(金)妻と二人で滋賀県長浜市を歩いてきました。北陸本線長浜駅を降り立つとすぐに「長浜城歴史博物館」が見えました。姉川合戦の後、その功によって湖北三郡を与えられた羽柴秀吉は、天正2年(1574)頃、小谷(湖北町)から当地に城下町を移し、地名を長浜と改め、ここに城を築いて数年間居城としました。その後、山内一豊公など4人の城主が入りましたが、元和元年(1615)には廃城となっています。昭和58年(1983)に城 [続きを読む]
  • 4月中旬の黒メダカ
  • 4月18日の黒メダカの様子を動画でお伝えします。BGMはキロロの「未来へ」という名曲です。動画の右下にマウスポインタを持っていくと「全画面表示」が現れますのでそこを すると、より大きな画面になって見やすいと思います。元に戻す時は画面の右側にマウスポインタを持っていき「全画面終了」を してください。今日は30度近い真夏日ですが、日陰で元気よく遊ぶメダカを見て、あなたの心を癒してください。ランキン [続きを読む]
  • 行田市 丸墓山古墳の桜
  • 4月6日(木)我が家から歩いて10分ぐらいに位置する丸墓山古墳の桜を見に行って来ました。丸墓山古墳は、埼玉県行田市にある古墳であり、直径105m、日本最大の円墳として有名です。また、近年では昔地元の方が植えたソメイヨシノが成長し、桜の名所として親しまれています。「丸墓山」という名の由来については、「麿墓」(まろはか)が訛って「丸墓」になった、あるいは丸い墳丘からその名が付いたなどの説がありますが、いずれに [続きを読む]
  • 3月初旬の黒メダカ
  • 持っているデジカメで、写真以外に動画も撮影出来るということに気付きました。私のデジカメでも最長10分間ぐらいの動画を撮影できるようです。メダカに興味があって、前々からブログに載せようと思っていたのですが、メダカは小さ過ぎて、写真だけではよく見えないと思い、二の足を踏んでいました。試しにメダカの動画を撮ってみて、YouTubeにアップロードしてみました。動画で撮れば、「全画面表示」で見ていただければメダカの [続きを読む]
  • 京都の町を歩くーその3−祇園界隈
  • 2月21日(火)妻と二人で銀閣寺から南禅寺、知恩院と回った後、今回の旅行で最も京都らしい風情のある祇園にやってきました。八坂神社の「西楼門」を左手に見て東大路通を南に歩きます。西楼門は国の重要文化財に指定され、八坂神社そして東山の象徴として市民や観光客からも親しまれています。八坂神社を過ぎてすぐに左へ折れ、細い道を東に進み、祇園閣を過ぎたあたりで右に曲がると「ねねの道」になります。ちょうど昼過ぎになっ [続きを読む]
  • 京都の町を歩くーその2−銀閣寺・南禅寺・知恩院
  • ヒノキの香りのする瞑想の湯に浸かったあと、鴨鍋付き四季の京会席料理に舌鼓を打った私たちは翌、2月21日(火)8時半に宿を出て、河原町五条からバスで、「銀閣寺」へ向かいました。世界遺産の銀閣寺は延徳2年(1490年)、室町幕府8代将軍の足利義政が祖父である足利義満の建てた北山山荘(金閣寺)を参考に、東山文化の代表東山山荘を造営したとされています。銀閣寺を象徴する建物が銀閣と呼ばれる観音殿です。さらに、方丈の前 [続きを読む]
  • 京都の町を歩くーその1−東福寺・伏見稲荷大社・清水寺
  • 妻と二人で2月20日(月)から京都へ一泊旅行に行って来ました。京都は私たち家族にとって「お気に入りの街」なのですが旅行という形で行くのは初めてのことです。東京駅8時発の新幹線に乗り込むと10時17分にはもう京都です。京都駅からJR奈良線に乗って一駅で「臨済宗大本山 東福寺」に到着です。創建は古く鎌倉時代、ときの摂政関白・藤原(九條)道家が、南都東大寺と興福寺から「東」と「福」の字を2字をとり、九條家の菩提寺 [続きを読む]
  • メダカの飼い方・・・ビオトープの完成まで
  • 黒メダカは、屋外に置いた鉢に水草を入れて飼う野生のメダカです。田圃の土の中には、たくさんの微生物が住んでいて、メダカの住んでいる環境を適度に浄化してくれる『ビオトープ』が出来上がっています。メダカ飼育の基本は、この『ビオトープ』を鉢の中に造ることです。黒メダカは道の駅などの農産物直売所で売られています。写真は羽生市三田ヶ谷農林公園のキャッセ羽生内にある農産物直売所です。このほかにも我が家の近辺では [続きを読む]