Tau さん プロフィール

  •  
Tauさん: セミリタイアライフ&24インチ自転車旅
ハンドル名Tau さん
ブログタイトルセミリタイアライフ&24インチ自転車旅
ブログURLhttp://24inchbike.com
サイト紹介文24インチ自転車旅を楽しみつつ、セミリタイアライフを目指す中年のブログ。
自由文Tau(タウ)と申します。40代の男で普通の会社員をしています。セミリタイアに向けて考えている事、日本各地の自転車ツーリング情報を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/10/10 12:57

Tau さんのブログ記事

  • 住民票を移動しようとしたら、新住所が実在しなかった?
  • 住民票の移動は、これまで何度か経験しているので、特に問題ないと思っていたが、今回の移動では、一つだけ知らなかったことがあったので書いておこうと思う。まず「住民票」の移動は、引越し前に今住んでいる自治体の役所に「転出届」を提出して「転出証明書」をもらい、引越し後に新しく住む自治体の役所に「転入届」と「転出証明書」を提出する必要がある。今回の引越しでも「転出届」の手続きは、特に問題なく終わった。次に「 [続きを読む]
  • ローカルスポット「はまなすの丘公園」
  • 春からちょこちょこ日帰りサイクリングをしながらセミリタイア生活を送っている。そんな中で行ってよかったところを紹介していこうと思う。1回目の今日は、石狩の「はまなすの丘公園」だ。ここは2015年夏に「24インチ自転車旅」で一度行ったことがあるところ。思っていた以上にいいところだったので、北海道に越してからも2回訪れた。「はまなすの丘公園」は、日本海と石狩川に挟まれた石狩川河口にあり、隣接して「石狩燈台」と「 [続きを読む]
  • 初めての「24インチ自転車でキャンプ旅」
  • セミリタイアした理由の一つは、もっと24インチ自転車旅をするためである。その自転車旅もこれまでと違いキャンプ旅を始めることも考えていて、以前のブログにも書いた。そしてついに、この「24インチ自転車でキャンプ旅」を実行することにした。詳しいことはいずれ書くとして、まずはその結末から話すと、1泊2日で初めての「24インチ自転車でキャンプ旅」は終了することになった。計画段階では、中標津のキャンプ場を拠点に道東を [続きを読む]
  • ローソンお試し引換券の発券方法が変更になったが・・・
  • 6月の中旬、ローソンから、お試し引換券をこれまでのLoppiでの発券、引換えからローソンアプリでの予約、引換えに変更するという通知を受けた。アプリはすでにダウンロードしていて、お試し引換券の商品が店にあるか確認するために利用していた。が、アップデートが必要だった。ローソンアプリでの予約は6月下旬から始まるようなので早速、アップデートした。この変更から約1ヶ月近く経ったので、今日はそのアプリの使用感の話し。 [続きを読む]
  • ’08 早春の天草と通潤橋 河浦〜本渡
  • 3日目 2008-3-13(木)自転車旅2日目。今日も快晴に近い天気で、暖かくなりそうだ。今日は、下島の海岸線沿いを時計回りに走る予定。午前中に教会を2つ見学した後、西平椿公園と荒尾岳展望所にのぼる。その後、妙見浦、下田温泉、富岡をまわり、ロザリオラインを通り、鬼池港を経て宿泊地の本渡まで走るつもりだ。行程のほとんどは国道を通るが、平日のこの時期なので交通量は少ないだろう。8:50 宿を出発、まずは最初の目的地、崎 [続きを読む]
  • 費用をかけずに処分した家電(その2)
  • 以前のブログで書いたように費用をかけずに処分した家電の続き。・AVアンプいつ買ったか覚えていないが、2002年以降だったと思う。1999年に会社の寮を出て1Kマンションに移った後、高校生の時に買ってもらった◯ニーのミニコンポLIBERTY(当時はレ◯ッカのCMだった)のCDプレーヤーやアンプ、テープレコーダー、グラフィックイコライザーが次々に壊れた。まともに使えたのはスピーカーだけだったので、それ以外を廃却した。2002年 [続きを読む]
  • nanacoカードで初めて住民税を払う
  • 前回の続き。nanacoカードを2枚つくり、クレジットカードでチャージして、平成29年度の住民税未納分を支払いに近所のセブンイレブンに向かった。セブンイレブンの店員さんの中にはnanacoのセンター預かり分に対応できない方が結構いるらしいとの情報を得ていたので、一抹の不安も感じていた。対応が上手くない場合を見越して、なるべくお客さんの少ない平日午後に行ってみた。レジに行き、住民税の払込書を出して女性の店員さんにn [続きを読む]
  • 1枚のクレジットカードで複数枚のnanacoカードをチャージする
  • 前回の続き。そもそもnanacoカードを作ったのは高額な税金や社会保障費を少しでも節約するためだ。nanacoカードで支払ってもnanacoポイントは付かないが、nanacoカードをクレジットカードでチャージするとクレジットカードのポイントがつくので、その分だけ節約になる。現金でチャージしては何の節約にもならない。ここで問題となるのはnanacoカード1枚に紐付けできるクレジットカードは1枚だけという制約だ。そのため、カードを2 [続きを読む]
  • nanacoカード1枚では足りず、2枚目をつくる
  • 以前のブログで、税金や社会保障費の支払い用にnanacoカードをつくる予定であることを書いたが、遅まきながらその後の経過を書いておく。nanacoは、nanacoカードとnanacoモバイルがあり、通常だとnanacoカードをつくるには入会費が300円かかるが、nanacoモバイルは入会費無料だ。nanacoモバイルに入会したいところだったが、Iphoneに対応していないので断念した。そこで、去年夏にあったセブンイレブンの入会キャンペーンでnanaco [続きを読む]
  • サラリーマン最後の1日(完結)
  • 「サラリーマン最後の1日(その3)」の続き。AYさんが「面接とか、どうでした?」と聞いてきた後、「〇〇会社の◯◯◯所と言ったら、やっぱりすごいと思われるよね」とSIさんとANさんに語っていた。「〇〇会社の◯◯◯所」というのは自分の転勤前の部署名だ。確かにネームバリューはあるので、職歴がそうだと雇ってくれるところは引く手数多だろうと思われているようだ。就職活動はもちろん全くしていないで実際のところはわからな [続きを読む]
  • サラリーマン最後の1日(その3)
  • 「サラリーマン最後の1日(その2)」の続き。退職の挨拶が終わった後、同僚のAYさんから最後に飲みに行きましょうと誘われる。挨拶回りとメールの返信が残っていたので、もうちょっと時間がかかることを伝え、少し待ってもらう。そんな中でも、若手を中心に自席まで最後の挨拶に来てくれることもあり、お礼や話しなどをする。挨拶回りとメール返信が終わったのは結局18時30分も過ぎていた。最後に、残業していた職場の方に挨拶をし [続きを読む]
  • サラリーマン最後の1日(その2)
  • 「サラリーマン最後の1日」の続き。職場に戻り、部署の事務全般を担当しているAHさんにお礼のお菓子を渡しに行く。自分:「AHさん、これ(お菓子)今までお世話になったお礼です。皆さんで食べてください」AHさん:「えっ、お世話になったお礼って何かあったのでしょうか??」自分:「退職するのでこれまでのお礼です。今日が最後です」どうやら、AHさんは自分が退職することを知らなかったようで、今日が最後と聞いてかなり驚い [続きを読む]
  • サラリーマン最後の1日
  • 2017年10月24日(火)は最終出社日、サラリーマン最後の1日になるはずだ。普段通りの出勤だが、引越しの梱包作業で寝不足気味。お礼のお菓子を持って家を出る。午前中は、まだ少し残っていたファイルの整理をする。荷物の整理はほぼ終わっている。午後3時頃からお世話になった他部署の方への挨拶まわりを始める。まだ自分が退職することを知らない方ばかり。上のフロアから順番にまわっていく。だいたい挨拶に行くと突然の話しで驚か [続きを読む]
  • セミリタイア目前、最後の1週間
  • 最終出社日10月24日(火)まで残り1週間を切る。仕事の引き継ぎも10月20日(金)に終わった。家に帰ると引越しの準備。荷物の持ち出しが最終出社日翌日の10月25日(水)なので、いらないものの廃棄、もう使わないものの梱包、掃除などを急ピッチで進める。他にも、電気、ガスの閉栓の連絡、大家さんへの退去日連絡、引越し先への入居日と荷物の搬入日の連絡。さらに北海道に帰る前にお呼ばれされているところへの夜行バスの予約、そこか [続きを読む]
  • 送別会2
  • 職場有志による送別会のお誘いがあった後の続き。送別会は最終出社日前の最後の週末に居酒屋で行うことになった。上司から事前に自分が今の職場に転勤したときの上司(現在は別の部署)も呼んでいいかと聞かれたので、もちろんOKと答える。他の参加者も主に転勤してきた時に配属された部署のメンバー。総勢7名(HSさん、EUさん、OYさん、MIさん、SOさん、MKさん、UMさん)の方。送別会では、やはり定番の質問がぶつけられる。質問:「 [続きを読む]
  • 送別会のお誘い続く
  • 「こっちに寄っていけ」とKOさんからお誘いメールが入った後の続き。「そっちに寄らせていただきます」と返信した翌日、今度は「こっちに来れる日」と「送別会に呼んでほしい人、呼んでほしくない人」の問い合わせが入る。「そっちに行ける日」は、10月27日(金)〜10月30日(月)と回答した。というのも今借りている住居の引き渡し日を10月26日(木)、引越し先への荷物搬入を11月1日(水)にしているからだ。当初はこの間をどうしようか [続きを読む]
  • ’08 早春の天草と通潤橋 出水〜河浦
  • 2日目 2008-3-12(水)自転車旅の実質初日。 朝起きて外を確かめる。いい天気だ。ホテルの部屋からは、古い小さな駅舎とその奥に新幹線の新しくて大きなガラス張りの駅舎がある出水駅が見える。九州新幹線に乗ることはしばらくないだろう。今日はまず出水市内の「ツル観察センター」を見学した後、黒之瀬戸大橋で長島に渡る。長島を北上して、蔵之元からフェリーで天草下島の牛深に入り、河浦まで行く予定。9:00 ホテルをチェックア [続きを読む]
  • 送別会
  • 正式に自分の退職が公表された前日の夜、以前LINEを送ってきた前職場のKOさんから、北海道に帰る前に「こっちへ寄ってけ」という連絡が入った。「こっち」というのは転勤する前に住んでいたところで、どうやら前職場の同僚達で送別会を開くつもりのようだ。せっかくのお招きなのでお受けすることにする。また、その日は同僚のAYさん、OMさんと出張で来た前職場のHSさんの3人が送別会を開いてくれる事になっていた。場所は自宅から [続きを読む]
  • 退職までのカウントダウン(その2)
  • 前職場のANさんが突然現れ、開口一番、「やめるって聞いたんですけど・・・」と言い放った話しの続き。 周りにはあまり人はいなかったが、近くにいた人には聞こえたはず。 ところが全くの無反応。既に知っている事なのか、それとも聞こえないふりをしているか、どちらかだろう。ANさんには「その話しはまだ公にはなっていないんだけど」と話し、 離れた打ち合わせスペースに連れて行き、退職日や最終出社日のことを伝える。 「やめ [続きを読む]
  • 退職までのカウントダウン
  • 今日は退職願を出した後の話し。9月下旬、前職場のKOさんからLINEが入る。「元気か?」と。それだけ。なんとなく、何か言いたげのようだったが、「まあまあ」と、適当に返しておく。すると、その数日後、今度は、「10月にそっちはかなり変わると聞いたが?」と、組織改編や人事異動のことを聞きたいようだった。自分の人事異動は兼務が加わるだけで、既に社内ネットで内示されているので、そんなことを聞いてきた訳ではないはず。 [続きを読む]
  • ’08 早春の天草と通潤橋 〜出水
  • 初日 2008-3-11(火)2008年最初の自転車旅。 前回の旅の後、折畳みが簡単なフォールディングバイクをついに買った。 そのバイクはGIANTのMRー4F。このブログ名にもなっている24インチのフォールディングバイクだ。 今回はこのMR-4Fでの最初の自転車旅だ。 日程は有休を3日使い、週末と合わせて5日間の予定。 行き先は、まだ3月ということもあり、再び九州は天草と通潤橋へ。 天草は島旅が楽しそうだったので前から考えていたが、時 [続きを読む]
  • 退職前の異動はどうなるか?ついに決着
  • 退職願を提出したが、10月の異動はいったいどうなるか?の続き。 新しい組織の説明会に続いて、「発足会」という名の飲み会の案内も届いた。 異動内示に名前はなかったので、これも当然出席するつもりはない。 そして新しい組織の説明会の日、自分には関係ないと思っていたのですっかり忘れていたが、同じ部署で新しい組織に異動する方から電話が入る。同じ部署の方:「説明会がもうすぐ始まるのですぐ来てください」 自分     [続きを読む]
  • ついに退職願を出した
  • 退職理由の続き。 退職理由を書きあげた翌日朝一に、退職願を封筒に入れて上司に提出した。 退職願は様式が用意されていて、退職理由と退職後の連絡先、守秘義務を誓約するだけで記入する部分はさほど多くなかった。 ではあるが、様式の上段には大きな文字で「退職願」と書かれているので会社のパソコンで堂々と書くのはかなりやりづらい。 なにせ社内ではまだ公にはなっていないことで、背後が覗き見される可能性が高い。 そこで [続きを読む]
  • 退職理由
  • 「いよいよ退職願提出へ」の続き。 退職願の退職理由は、ただ一点、「帰郷するため」という内容にした。これは全く嘘ではないが、正確でもない。 以前のブログでも書いたように、セミリタイアを意識する前にまず考えたことは「終の住処」をどこにするかということ。そして、生まれ故郷の北海道をそこにすることにした。 その後、実際に退職するまでには、他にもいろいろと思い考えることがあって、一つの理由だけではなく、様々な [続きを読む]
  • いよいよ退職願提出へ
  • 異動の話しと並行して進んでいた人事との面談の話し。 9月の中旬、人事担当者と面談した。担当者は入社5年目ほどの若手一人で、少し嫌な予感がした。 まず人事から説明が始まり、最初は退職金と年金の話し。 試算書を渡され、試算額の説明を受けるが、想定した通りの額だったのでこちらからは特に疑問点もなく、この話しは終了。 次の話し・・・と待っていたが、なんと人事からの話しはこれが全てだった。 えっ、それだけ?とさす [続きを読む]