澤田地平 さん プロフィール

  •  
澤田地平さん: 審判回避プロジェクト
ハンドル名澤田地平 さん
ブログタイトル審判回避プロジェクト
ブログURLhttp://shimpankaihiproject.blog.fc2.com/
サイト紹介文審判自体を回避できなくとも、審判による被害を最小限に抑えたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/10/11 00:17

澤田地平 さんのブログ記事

  • 214松濤本部前行動4.15/騙された忠孝家と学生達
  • ■U-ONE NEWS 2018年4月13日号では、篤志家達が清平を訪問した様子を紹介しています。□U-ONE:4月6日から10日まで、韓国清平の天正宮博物館における世界の指導者層の為の教育施設を訪ねる特別巡礼が行われました。日本から本部関係者など約50人が参加し、10日の朝には真のお母様からみ言を受ける機会に恵まれました。■この同じ出来事を、PEACE-TVでは以下のように報じています。□PEACE-TV:孝情天苑で、世界摂理の発展に貢献した [続きを読む]
  • 213キター!「家庭連合と幹部への名誉毀損だ!1045万円賠償せよ!」
  • ■私は家庭連合宛てに何通もの質問の内容証明を出していますが、今まで何の返事もありませんでした。しかし、1通だけは例外で、たちどころに返事が来ました。2月13日に出した「質問にお答え下さい」という内容証明がそれです。これは翌14日に松濤本部に届き、その日のうちに近藤局長がそれを読んで鐘築弁護士に連絡し、鐘築弁護士は翌15日付けで私に「通知書」を発送し、それが16日に配達されました。【参照】→「200松濤本部前行 [続きを読む]
  • 212松濤本部前行動4.8/ウソに磨きをかける徳野会長
  • ■3月6日の全国無責任者会議で、約700名の牧会者、代表婦人、本部主要スタッフの前で徳野会長は語りました。まず「私は一月五日に改めて天から責任を賜り、神日本家庭連合の会長という立場に立たせていただきました。私とお母様の間には誰もいない、直接ご指導を頂く立場は、光栄でもあり、恐ろしくもあります」と、 韓氏オモニに直結した自分の立場を、謙遜を装いながらも誇示しています。そして「私は真のお母様に侍るにおいて心 [続きを読む]
  • 211太田元講師への反論
  • ■太田朝久元講師が家庭連合の公式ページ「True Parents」上で、以下の標題で私に反論しています。http://trueparents.jp/?page_id=4046「お母様は真の愛と真の血統を持っていません」に対する澤田地平氏の解釈の誤り― お父様のみ言:お母様は独生女「神様を根として現れた主人公」であるこの中で太田元講師は以下の五つの項目を立てています。(1)お母様の「無原罪誕生」を否定する?非原理集団?に追従する澤田地平氏の誤った [続きを読む]
  • 210真理を問う行動4.1/三位一体という言葉は間違っているのです
  • ■「世界家庭」4月号に、3月6日に宮崎台国際研修センターで開かれた全国無責任者会議で徳野会長が語ったメッセージが掲載されています。この会議には約700名が参加したそうです。このメッセージで徳野会長は、「ご聖誕記念敬礼式(二月二十一日、天正宮博物館)において、真の父母様のお座りになる宝座が、これまでの二つから一つになったということです。これは天の父母様と真のお父様、真のお母様が三位一体として完全に一つにな [続きを読む]
  • 209特別寄稿「太田朝久講師よ、いい加減にしなさい!」
  • ■太田朝久氏が真の父母様宣布文サイトに私への反論を書いています。「文責:教理研究院」となっていますが、み言の間に自分の言葉をいくらでも差しはさむやり方は太田氏で間違いありません。□太田朝久氏:「お母様は真の愛と真の血統を持っていません」に対する澤田地平氏の解釈の誤り― お父様のみ言:お母様は独生女「神様を根として現れた主人公」であるhttp://trueparents.jp/?page_id=4046■永田正治さんが以下の文章を寄稿 [続きを読む]
  • 208松濤本部前行動3.25/家庭連合からの妨害行為
  • ■御殿場の原理本体論セミナーの研修施設を訪れ、劉先生と話し合った後の帰り際、私から問いかけられた方相逸局長は、はじめから苛立ちを隠すことなく「バカ」とか「バカ野郎」という言葉を連発していました。私は「韓氏オモニは生まれながらに原罪はないのですか」と聞きました。何度か聞いた後、方局長はようやく「ない、ない、ない」と答えていました。この質問がどうして方局長を苛立たせたのでしょうか。このような苛立ちの現 [続きを読む]
  • 207原理本体論絶対性教育3.16/韓氏オモニは佳約式で原罪を精算した
  • ■3月16日から21日まで、劉正玉(ユジョンオク)先生の原理本体論絶対性教育セミナーに参加してきました。原理本体論修練会には過去何回か参加していましたが、この度はサンクチュアリ教会員になって初めての参加でした。原理本体論というのは、現在の劉先生の講義のように統一原理との境目が分からないようなものではなく、李相軒先生が原理講論を厳密に引用しながら、統一原理とは完全に独立した統一思想を打ち立てられたように [続きを読む]
  • 206松濤本部前行動3.11/自衛のためのAR-15
  • ■3月1日に 韓氏オモニから堀正一南東京教区長を副会長にするとの人事発令があったそうです。この1月5日に5地区体制になり、副会長は2人いますが、どちらかと入れ替わったのでしょうか。2世副会長の誕生ということで、新鮮な風を感じたいところですが、私としましては、韓氏オモニの前で「無条件」踊りを肥った体で精一杯に踊っていた情景を思い出してしまいます。渋谷教会は堀教区長の拠点なはずでしたが、抗議活動中に見かけるこ [続きを読む]
  • 205損害賠償請求裁判(原告準備書面3への反論)
  • ■家庭連合から約345万円の損害賠償を請求されている裁判は、今まで5回の口頭弁論(2017.7.25/9.19/11.7/12.12/2018.1.30)が行われました。まだまだ続きそうです。先回1月30日には家庭連合から証人尋問の申し出があり、家庭連合から近藤局長と澤拓副局長が証人として出廷し、私達の妨害状況とそれにいかに対処したか、及び被害状況と警備員を雇わざるを得なかった事情等について証言するそうです。ところで、昨日から今日にかけて [続きを読む]
  • 204松濤本部前行動3.4/太田講師のとんでも反論
  • ■今回は家庭連合の基元節後の報告を兼ねた礼拝だからと思いますが、礼拝参加者が多く、また大物(中身はなし)がいつもより目に付きました。説教担当は徳野会長だったのかも知れません。専用車が来たところは見ませんでした。ガレージのシャッターはずっと閉まったままでしたので、私達が来る前に、早々と乗り付けたのでしょう。私達の活動中に、玄関先にイタリア人男性とアメリカ人女性の夫婦が出てきて話しかけて来ました。男性 [続きを読む]
  • 203韓鶴子氏の発言について質問します
  • ■去る2月21日(陰暦1月6日)、天正宮において行われた天地人真の父母様御聖誕記念敬礼式において、韓氏オモニから「神様は男性格主体ではない」という発言がありました。これは、「神は性相的な男性格主体である」という原理講論の定義を真っ向から否定するものです。韓氏オモニは「神様は男性格主体ではなく、天の父と天の母として存在されている」と語り、家庭連合が神様の呼称を「天の父母様」に変更した、その根底にある考え [続きを読む]
  • 202松濤本部前行動2.25/神様は男性格主体ではありません
  • ■去る2月21日(陰暦1月6日)は、真のご父母様の御聖誕日でした。午前7時から記念敬礼式があり、それは中継されました。また週刊ブリーフィング2月24日号で紹介されていましたので、ご覧になった方も多いと思います。壇上にはお父様の椅子がなく、韓氏オモニひとりが、中央の大きな椅子に座って、敬礼を受けていました。御聖誕敬礼式がいつからこのようになったのかは分かりませんが、食口からの風当たりも強いだろうということを [続きを読む]
  • 201永田論文読み上げ動画
  • ■永田正治さんから暴行事件に関して3編の論文を頂きました。家庭連合の数々の疑惑を鋭い洞察力であぶり出し、その危ない独生女論の限界を白日の下に晒し、オウム真理教の辿った道を行くなと警鐘を鳴らし、宗教論争の構えを取ることもできない脆弱な家庭連合の信仰を悲しむ内容の力作です。順次、ここに掲載して大きな反響を呼びました。その3編をひとつにつなげて、読み上げ動画を制作して下さった方がいましたので、それをUP致し [続きを読む]
  • 200松濤本部前行動2.18/ご質問には回答しかねます
  • ■2月6日付けの近藤局長からの通知書には、私の推理が著しく事実に反するとだけ述べ、衷心からの謝罪がなければ裁判するぞという趣旨のことが書いてありました。しかし、謝罪しろ、でなければ裁判するぞと脅かすのならば、近藤局長はもう少し自分の考える事実とやらを説明するべきです。ですから私は、以下のような内容証明を近藤局長宛に送付しました。***質問にお答え下さい〒150-0046東京都渋谷区松濤1-1-2世界平和統一家庭 [続きを読む]
  • 199特別寄稿第3弾「松濤本部前暴力事件のウソと真実」
  • ■永田正治さんからの特別寄稿第3弾を頂きました。私達のスローガン「お母様は原罪なし、お父様は原罪あり、これは本当ですか?はっきり答えよ!!」という問いかけに対して、結局、何も答えることができず、暴力を振るうまでに行き詰まっている家庭連合の内情を、鋭くえぐり出しています。松濤本部前暴力事件のウソと真実永田正治 何が真実か?この暴力事件に関し、皆さんにお願いしたいことは、ご自身の目でじっくり観察し、事件の [続きを読む]
  • 198松濤本部前行動/暴行事件は誰が計画したのか
  • ■1月21日の暴行事件当日、私達が抗議活動を始めようとした朝8時46分、松濤本部玄関前に既に大きなバンが停めてありました。それを怪訝に感じたカメラマンが、ちょうど居合わせた澤田拓也副総務局長に尋ねました。□カメラマン:これ、教会の? これ、車? 拓也さんの?□澤田拓也副局長:えー。■この受け答えからすると、このバンは澤拓氏のものだと思われます。澤拓氏がちょうどバンの横に居合わせましたので、澤拓氏がこの朝こ [続きを読む]
  • 197近藤局長から来た通知書
  • ■近藤徳茂総務局長から今回の暴力事件に関して通知書が来ました。この暴力事件について、私が以下の3点を行ったとしています。①当法人が、被通知人が言うところの「暴力男」(以下、単に「暴力男」と言う)に対して報酬を支払って計画的に暴行を行わせたと断定した。②当法人の本部職員が「暴力男」を犯行現場まで道案内するなどの手引きをしたと断定した。③当該本部職員の容姿を撮影した写真・映像をブログ上に無断掲載した。 [続きを読む]
  • 196特別寄稿「家庭連合よ、道を誤るな!」
  • ■永田正治さんが再び寄稿して下さいました。1月21日の暴力事件を鋭く分析して、それが家庭連合により巧妙に仕組まれたものであるということを論証し、家庭連合は言論で私達に勝てないから、暴力を選択したと結論づけています。そしてそれは、かつてオウム真理教が辿った道であるとして、家庭連合に対し、激しく警鐘を鳴らしています。家庭連合よ、道を誤るな!永田正治 良識が暴力を圧倒1月21日、松濤本部前で起こった暴力事件は [続きを読む]
  • 195松濤本部前行動/逃げたシーマ
  • ■2月4日の本部礼拝は誰の説教だったのでしょうか。私達が松濤本部で抗議活動を開始しようとしたところ、ちょうど日産シーマのナンバー2020が松濤本部に到着したところでした。1月14日の周藤健とガレージ前で遭遇した時のように、これは大物との遭遇になったと思い、一体誰が乗っているのかと慎重に車を見たところ、窓が真っ黒くて後部座席を見ることが出来ず、人物を特定することが出来ませんでした。そして、シーマはガレージ前 [続きを読む]
  • 194家庭連合本部が書いたシナリオとその破綻
  • ■家庭連合本部は私を殴らせる為に人を雇い、2018年1月21日朝10時をもってその計画を実行しました。私達は松濤本部前で1年間抗議活動を続けてきましたが、家庭連合には言葉を持って私達を屈服させる道は初めからなく、礼拝の妨害を名目に裁判に訴えて排除しようとしましたが、それも叶わず、業を煮やして暴力を使うことにしたのです。神様を説き、真の父母様を頂き、全人類の救済を標榜する家庭連合の本部教会の奥まった部屋で、暴 [続きを読む]
  • 193松濤本部前行動/真相解明本部職員の加担
  • ■先週の暴行事件の動画を何回もチェックしているうちに、カメラを構えているように見える人物を発見しました。それは、暴力男が本部玄関前を一旦通り過ぎてから戻ってくる時の、その背景に写っており、自動販売機横の階段に立っている人物です。胸元で動画もしくは写真を撮っているように見えます。この事件は正味20秒ほどの突発的な出来事であり、このようにカメラを構えることが出来るということは、この人物はあらかじめこの事 [続きを読む]
  • 192緊急寄稿「松濤本部前暴力事件と幹部の異常な反応」
  • ■独生女論に対する強力な批判者として、私達が信頼を寄せる永田正治さんが、松濤本部前での暴力事件に対して、家庭連合スタッフの怪しげな対応を分析し、家庭連合側の責任を厳しく問う一文を寄稿して下さいましたので、以下に掲載します。松濤本部前暴力事件と幹部の異常な反応 永田正治1月21日、澤田地平さんが、渋谷の家庭連合本部前で抗議行動を行っていた最中、ショッキングな暴力事件が発生しました。この凶行は、澤田さん [続きを読む]
  • 191松濤本部前行動/暴力男現る
  • ■松濤本部前での真理を問う行動は、昨年の1月22日が初めでした。丁度、今回1月21日で満1年となり、ひとつの節目を迎えました。そして、その節目にふさわしい出来事がありました。私達が活動を開始して1時間余り経った10時05分、一人の男が突然、私の持つのぼりをなぎ倒したかと思うと、胸の看板を引きちぎろうとしたり、帽子を奪ったりして、突っかかって来ました。■私が「あなたは誰ですか、あなたは!韓氏オモニが間違ってる真 [続きを読む]
  • 190松涛本部前行動/何も言えない周藤健
  • ■1月14日は、神日本家庭連合の会長に就任した徳野英治の礼拝だったようです。1月5日に韓氏オモニからの人事発令、11日に離就任式があり、14日に松涛本部での礼拝という流れでした。そこで、私達の抗議活動にも、思わず力が入り、何度も徳野英治の名前を叫んでしまいました。本人の耳に私達の叫びは、少しは届いたのでしょうか。■以下は、澤田が周藤健及び近藤局長と遭遇した事件の客観的報告です。本部玄関前で抗議活動を行って [続きを読む]