ネオン さん プロフィール

  •  
ネオンさん: ヨウコの川歩き
ハンドル名ネオン さん
ブログタイトルヨウコの川歩き
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yoko4871/
サイト紹介文古利根川の川歩きで出会った鳥の写真と日々の雑感が中心ですが、映画のレビューもじゃんじゃん載せています
自由文川を歩いていたら視界に入ってくる鳥の美しさに魅せられ写真を撮り始めました。川歩きは意外な発見が満載です!加えて、昔から見続けてきた映画の紹介や読書報告も載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2016/10/12 00:52

ネオン さんのブログ記事

  • 鼻の周りの白いブツブツを退治した!??
  • え〜今年の夏は凄く暑かったですよね。何日か汗だくでカメラを担いで歩いているうちに顔に異変が…(◎-◎;) ある朝、洗顔しているときに鼻の両側にざらざらした感触あり。ライトを当ててよく見ると、なんと白い小さなブツブツが多量に出来てました。 「汗もかな?」それにしては、赤くない。まぁ、でもよく見なきゃ分からないレベルだし、ほっておきました。 そこから1ヶ月。ある朝また気付きました。あら?一ミリ以下だったブ [続きを読む]
  • スポーツ観戦が好きなわけ(^^ゞ
  • 今日、友人とお茶して、様々な話題が出る中、スポーツ観戦が好きだ…という話になりました。好きなのは私です(笑) 自分のこれまでの人生に(これからも(笑))スポーツは存在していなくて、ひたすら部活動は音楽系と美術系で、選んだ仕事も美術系ですので、完全技能系人生です。 それでも、スポーツ観戦が大好き!子供の頃から、野球(純正巨人ファン)が始まりでした。テレビでもライブで何か試合をやっていると見ちゃいますね。 [続きを読む]
  • 「ハズキルーペ」が手放せない!??
  • 何かとcmが物議をかもしている(?)「ハズキルーペ」を買いました(^_^;  まぁ、あの、渡辺謙は「パワハラ」じゃないかなぁ…とか(笑)、あのお菊さんのミニスカートはセクハラか?…とか、結構気になったんですが(笑)。その前の舘ひろしと娘のセレブ親子も結構鼻につきましたよね?( ̄◇ ̄;)えっ?私だけ?(笑) まぁ、cmはともかく、私は若かりし頃は視力には自信がありましたが、40になったとたん老眼に??? 以 [続きを読む]
  • 貴乃花と秋の空(v_v)
  •  貴乃花が退職、部屋は消滅。こんなに寂しい結末を誰が望んだのだろう。 彼の横綱時代、「奉納土俵入り」を観て、「こんなに美しい土俵入りは見たことが無い」と思いました。 そして、彼の相撲は、逃げることも策を練ることも拒否した、真っ向勝負の芸術的な突き抜けた強さと美を備えたもので、私の記憶の中では、誰も寄せ付けない最高の横綱だったと思います。 こんな結末になってしまいましたが、記憶と記録は誰も傷つけたり、「 [続きを読む]
  • 古利根川に秋を探しに(^-^)
  • 古利根川川歩き、久しぶりの快晴ですわ?秋を探しに?? アオサギさんが川岸に立たずみ、なんか、雨上がりでやつれています?? 水かさが減り、現れ始めた川岸のスペースにカルガモの群れがいました。 あっ??コスモスだ??やっぱり、秋にはコスモスが似合う(^-^)雨上がりで、様々な花が元気いっぱい(^^)/  曼珠沙華はそろそろ終わりかな?雨露が絡まってます。お立ち台にはカワウさん!あら?この花なんだっけ(笑)えっ [続きを読む]
  • 何かに「はまる」人と「はまらない」人??
  •  夕べは高校時代の同級生と飲み会。居酒屋が続いたから、今回はちょっと気分を変えてホテルのラウンジへ? 浦和のパインズホテルの19階です。高い一面のガラスから浦和の街が一望できます。まぁ、浦和ですから、そんなに高いビルもなく、ネオンも控えめ(笑)でもその分空が広くて、月が出ると不思議なエルンストの絵の世界が見られます。 実はそれが狙いで設定した飲み会でしたが、天候に恵まれず、ガラスの上半分は雲に覆われ [続きを読む]
  • ヨシゴイの雛をえぐり撮る!(^_^;)
  • 去る役者舞台の幕は秋の空 親水公園でヨシゴイさんの親子に出遭って以来、5回程通いましたが失敗続き(@_@) ブログに載せられるレベルの写真が撮れず、周りの先輩カメラマンさんたちの素晴らしい写真をみせて頂きながら、ため息ばかりの日が過ぎました。 昨日、親が飛ぶのをなんとか撮りました。脚にピント!?? 「雛がいるよ」と教えて頂いたあたりはもう、ヨシと蓮の群生の森の中です。見事にかぶりまくり(ToT)/~~~ でも、 [続きを読む]
  • 女優・樹木希林さんをしのぶ<(_ _)>
  • 樹木希林さんが亡くなりました。数年前から自身が全身のガンであることを独特の語り口で公言なさっていましたから、なんとなくの覚悟は周囲も視聴者もしていたとは思います。しかし、いざ亡くなった…と聞くとがっかりします。 あのインタビューアーを煙に巻く名言がちりばめられた語りがもう聞けないのかど思うと寂しい限りです。 唯一無二の、似た人は誰もいない名優でした。彼女が映画に出てくると、二流映画を一流にしてし [続きを読む]