ナノ さん プロフィール

  •  
ナノさん: studionano+DDR
ハンドル名ナノ さん
ブログタイトルstudionano+DDR
ブログURLhttp://studionano.blog.fc2.com/
サイト紹介文東ドイツや洋画のイラストを描いています。イラスト依頼承っております。
自由文はじめまして。ナノと申します。

就労訓練の傍ら朝飯前にイラストを描いています。

このブログでは、オリジナルキャラクターによるストーリーを
漫画や文で作成しています。
映画や色々なジャンルのイラストも不定期に更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/10/12 15:53

ナノ さんのブログ記事

  • ちいさなもぐら
  • ① チェコはドイツ同様ビール大国ですのでビールの飲酒量は世界随一です。そのため睡眠低下、肝臓が弱ることによるアミノ酸・ビタミンの低下、薄毛の原因である「ジヒドロテストステロン」を増加させるおそれがあります。②海藻類を食べる習慣が少ない育毛に効果的な栄養成分を持つ海藻類を食べる機会が少ないあるいは無い為ほらシュヴェイクとかもう(何の話だ) [続きを読む]
  • 「ヒトラーの忘れもの」(2015)
  • 「ヒトラーの忘れもの」(2015)Under sandet  監督: マーチン・サントフリートヒトラーが埋めた約200万個以上の地雷を撤去するために若いドイツ兵の戦争捕虜の集団がデンマーク当局に引き渡され西海岸に撤去作業に派遣されます。ジュネーブ条約を無視した過酷な強制労働に次々と犠牲になるヒトラーユーゲントクメールルージュではないけども、子供が何をしたというの。大人の責任を大人同士が話し合わないあとあれは犬が悪い [続きを読む]
  • 「待たせたな、ヒヨッコ共!」
  • イグルーはいかんですね。特に戦中ドイツかぶれには。とても格好良いです、色んなナチス映画は見ましたが子供に実は優しいシーンはそんな印象に残っていなくてナポラなんか終始酷かった。カスペン大佐専用ゲルググはHGというか1/144はないみたいで普通にゲルググをカスタムするしかないと見た。 そんな集中力がありません。 [続きを読む]
  • 「誰がため」(2008)
  • 「誰がため」(2008)監督:オーレ・クリスチャン・マセンナチスドイツ占領下のデンマークを舞台にしたレジスタンスの闘士を描いた作品です。上司の命令は何時だって理不尽縞模様のパジャマを着たミケルセンという脳内サブタイトルが勝手についてます個人的に。マッツ大好きな方にはたまりませんですな昨今アメコミ実写化やSW映画に出演しておりますがこの人の印象は戦争映画かロリとトラブルしている映画が印象t()デンマークは [続きを読む]
  • 「消えた声が、その名を呼ぶ」(2014)
  • 「消えた声が、その名を呼ぶ」2014年 ファティ・アキン監督アキン監督は若くして本当鬼才だなと感じました。「ソウルキッチン」も素晴らしかったけどもトルコ人の監督が“アルメニア人虐殺”を題材に秀作を…これを知って更に映画を観た後胃がちくちくしました。シネギャラリで観たかったのにタイミングアアアアア声を失うもこれを生き延びたナザレットが生き別れた娘を探しに途方もない距離を旅するお話です。トルコからシリア、レバ [続きを読む]
  • С Новым годом !
  • С Новым годом !新年あけましておめでとうございますソーニャ「ジーマはコタツから出ないですか?」ズィマー「お前だって今日はトラビを外に観に行かないのか」「あすとんまーちんがベルリンにスパイに来ない限りはコタツからでません」「私もラスプーチンが全裸で襲ってこない限りはコタツからは出ない」「ああ それはとても嫌です」(・ω・)あけましておめでとうございます。今年も何卒よろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • 「裁かれるは善人のみ」(2014)
  • 「裁かれるは善人のみ」2014年監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ-----------ロシア北部バレンツ海に面する荒涼とした小さな町を舞台に、そこで暮らす善なる市井の人々と、権力を振りかざして土地の買収をもくろむ行政との対立を描く。そこから数珠繋ぎのように悲劇的に綻んでいく人間模様──。罪のない人に降りかかる、抗っても決して勝つことのできない非情な程の困難。秀逸な構図と、ロシアの広大で荘厳なロケーションが、人 [続きを読む]
  • 名刺用のイラスト
  • 東京に戻ると改めて名刺の大切さを知り、オリジナルの名刺を作ることにしました。個人サークルとはいえ「studionano」として依頼を募集し自身の創作をのろのろ活動し・・・取り敢えず変わった趣味を持ちなんですねってことがわかる [続きを読む]
  • はたらくトラビ №1
  • やりやがった…きっかけは「ニセドイツ1」の某ページの見出しコピーです。資料参照ありがとうございますVEBザクセンリンクからVWまで本当お世話になってます。全くモデルチェンジしてないかと思いきや、“ビミョー”ですが想像以上に結構色んなタイプがありました。シュコダWRCとどっちが速いのねえねえ(粛清) [続きを読む]