おけい さん プロフィール

  •  
おけいさん: 訪れて良かった場所を紹介♪
ハンドル名おけい さん
ブログタイトル訪れて良かった場所を紹介♪
ブログURLhttp://tabifuji.jugem.jp/
サイト紹介文訪れて良かったと思える場所・感動した場所・個人的に心を癒してくれる場所をピックアップして紹介。
自由文自営業主婦。
時間があればカメラを持って日帰り旅行やプチ旅行を楽しんでいます。特に今は庭園巡りや神社仏閣巡りです。
紹介させて頂いたことで「いいこと聞いた!」「参考になった!」と思ってもらえたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/10/12 16:02

おけい さんのブログ記事

  • 大原三千院 境内を散策♪ 後編
  • 京都市街地から離れた三千院前回は落ち着いた2つの庭園を散策今回は少し奥に入り散策してきました 石段を上るとおぉ〜弁財天(妙音福寿大弁財天)と宇賀神財産や芸能の神様 弁財天京の七福神巡りの一つになっているようです お堂の中に祀られていることが多い弁財天三千院は違うんですね その弁財天の前に祀られているのが宇賀神さま(蛇の神様) ご利益がありますように 金色不動堂平成元年に建立された、ご祈願の根本道場近 [続きを読む]
  • 大原三千院 境内を散策♪ 前編
  • 前回に続き今回も三千院 天台宗を代表する寺院としては三門跡寺院という呼名があります(三千院門跡・青蓮院門跡・妙法院門跡) この三つの寺院に曼殊院と毘沙門堂を加えて五門跡寺院という事もあるそうです 境内はかなり広いため2回に分けて紹介していきたいと思います 拝観受付後各自履き物を持って客殿・宸殿等を見学 聚碧園(しゅうへきえん)池泉観賞式庭園で江戸時代の茶人・金森宗和の修築と伝えられている 客殿の縁側か [続きを読む]
  • 京都三千院♪ 山門まで♪♪
  • 京都大原 三千院 鉄道の最寄り駅はなくバスか車今回はバスを利用朝早く着く様に計画たてて行って来ました 観光客は数人写真撮りながら参道を歩くいいですね〜 賑やかな市内と違いのどかな雰囲気 「大原」バス停を中心に西の寂光院(前回紹介)東の三千院と勝林院を結ぶ徒歩用の小路を「大原女の小路」と呼ばれています それでは三千院の参道「大原女の小路」を歩いていきま〜す 参道にはお漬物屋さんが多いですねこの日は朝早く行 [続きを読む]
  • 琴ノ浦温山荘園へ 
  • 和歌山県にある広大な庭園を紹介 和歌山県の海南市にある日本最大の個人庭園 「琴ノ浦温山荘園」(ことのうら おんざんそうえん) あまり知られていないのか観光客は少なくお陰様でのんびり散策する事が出来ましたね 広〜い松林を通り日本最大の個人庭園へ 潮入り式池泉回遊式庭園大きな池を中心にその周囲に園路を巡らす考えられていますね〜 主屋(温山荘)(重要文化財)庭園と一体的に建設された別荘建築当時の最新の建築資 [続きを読む]
  • 京都大原 寂光院を訪ねて その2
  • 前回に続き大原の里「寂光院」を紹介 聖徳太子創建建礼門院ゆかりのお寺でも有名山門風情ある寂光院 優しさを感じる寂光院 孤雲(茶室)茶室まで行けなかったのが残念雰囲気だけカメラに収めて思い出の一枚に 本堂再建されたことに感謝ひっそりと佇む寂光院 名前の通り「寂」「光」がピッタリ  千年姫小松樹齢数百年のこの名木も火災受難により枯死今は御神木として祀られています 雪見燈籠太閤豊臣秀吉の寄進により桃山城から [続きを読む]
  • 京都大原 寂光院を訪ねて その1
  • 京都大原と言えば「三千院」で有名ですが今回は三千院の最寄りのバス停「大原」から歩いて約20分ぐらいの所にある平家物語ゆかりの地「寂光院」に行って来ました 2回に分けて紹介 その1ではバス停から寂光院入口までの風景等 バス停から歩いて5分ぐらいの所にある案内板道に迷わない様に すごく助かりましたね〜それくらい「どっちかな〜」と思うほど分かれ道があります 大原の里の風景を見ながらここにも案内板があり〜 助かり [続きを読む]
  • 不思議な魅力? 養浩館庭園
  • 外国人が選んだ日本庭園にいつもランクインされている 「養浩館庭園」(福井県) 江戸時代の福井藩主松平家の別邸を再現されたもので江戸時代は「御泉水屋敷」と呼ばれていた様です 数寄屋造りの建物何気なく置かれた飛び石福井の名石が使われている様ですピング等色鮮やか 外から見た建物この窓から鯉にエサ(1パック50円)をあげる事が出来ます池に面した建物だから出来るんですね〜 絵を描いている人 養浩館はイベントが [続きを読む]
  • 不思議な魅力? 養浩館庭園
  • 外国人が選んだ日本庭園にいつもランクインしている 「養浩館庭園」(福井県) 江戸時代の福井藩主松平家の別邸を再現されたもので江戸時代は「御泉水屋敷」と呼ばれていた様です 数寄屋造りの建物何気なく置かれた飛び石福井の名石が使われている様ですピング等色鮮やか 外から見た建物この窓から鯉にエサ(1パック50円)をあげる事が出来ます池に面した建物だから出来るんですね〜 絵を描いている人 養浩館はイベントが多 [続きを読む]
  • 珍しい汐入り日本庭園 養翠園
  • 和歌山県を代表する日本庭園「養翠園」海水を引き込んだ珍しい庭園 入口江戸時代後期 紀州10代の徳川治宝(はるとみ)によって造られた広大な大名庭園 入口は質素な雰囲気ですが中に入るとめちゃくちゃ広〜い 平成7年には大河ドラマ「吉宗」又平成24年に公開された映画「大奥?」出演された堺正人・菅野美穂さんらも撮影に来られた場所 広々としており 手入れの行き届いた庭園見応え有ります あまり知られていないためか観光客 [続きを読む]
  • 珍しい汐入り日本庭園 養翠園
  • 和歌山県を代表する日本庭園「養翠園」海水を引き込んだ珍しい庭園 入口江戸時代後期 紀州10代の徳川治宝(はるとみ)によって造られた広大な大名庭園 入口は質素な雰囲気ですが中に入るとめちゃくちゃ広〜い 平成7年には大河ドラマ「吉宗」又平成24年に公開された映画「大奥?」出演された堺正人・菅野美穂さんらも撮影に来られた場所 広々としており 手入れの行き届いた庭園見応え有ります あまり知られていないためか観光客 [続きを読む]
  • 京都国立博物館
  • ゆったり観賞できる三十三間堂の近くの「京都国立博物館」館内は写真撮影禁止のため建物だけを撮ってみましたが意外と魅力的です 新しくできた南門(券売所)三十三間堂を出た場所からみた(七条通り)京都国立博物館の風景ここで観覧券を購入し素晴らしい正門(西門)から入ることをおススメ帰りにショップ・レストランが近くにある南門から出るのがいいと思いますね 私は正門から入れるとは知らなかったため入ってから聞き残念 [続きを読む]
  • 京都国立博物館
  • ゆったり観賞できる三十三間堂の近くの「京都国立博物館」館内は写真撮影禁止のため建物だけを撮ってみましたが意外と魅力的です 新しくできた南門(券売所)三十三間堂を出た場所からみた(七条通り)京都国立博物館の風景ここで観覧券を購入し素晴らしい正門(西門)から入ることをおススメ帰りにショップ・レストランが近くにある南門から出るのがいいと思いますね 私は正門から入れるとは知らなかったため入ってから聞き残念 [続きを読む]
  • 永平寺 続編!
  • 言わずと知れた曹洞宗大本山永平寺 「坐禅に始まり 坐禅に終る 日々精進」 修行の厳しさも有名前回、風景等を紹介させて頂きましたが今回は境内には「お〜」と思うものがいくつかあり少し載せてみました 有名な「大すりこぎ棒」3回さすると男性は「ゴマすりが上手くなり出世する」女性は「料理上手になる」と言われているそうです さすっている所だけ色が違うのが分かります修行僧の着用している衣が黒と同様身を削って人のた [続きを読む]
  • 永平寺 続編!
  • 言わずと知れた曹洞宗大本山永平寺 「坐禅に始まり 坐禅に終る 日々精進」 修行の厳しさも有名前回、風景等を紹介させて頂きましたが今回は境内には「お〜」と思うものがいくつかあり少し載せてみました 有名な「大すりこぎ棒」3回さすると男性は「ゴマすりが上手くなり出世する」女性は「料理上手になる」と言われているそうです さすっている所だけ色が違うのが分かります修行僧の着用している衣が黒と同様身を削って人のた [続きを読む]
  • 除夜の鐘で有名な永平寺へ
  • 年越しの除夜の鐘NHK「ゆく年くる年」ではいつも素敵な音を聞かせてくれる福井県「永平寺」「緑に囲まれたのどかなお寺」と言いたいのですが日々修行僧が頑張っています歴史を感じる建物 門前町お土産屋さん・お食事何処が並んでいます 坂を上った突き当りに永平寺入口があります緑のトンネル日差しの強い時は嬉しいですね〜 通用門拝観料500円を自販機で購入それでは参拝 山門と中雀門の間にある中庭?青モミジが綺麗でした 絵天 [続きを読む]
  • 除夜の鐘で有名な永平寺へ
  • 年越しの除夜の鐘NHK「ゆく年くる年」ではいつも素敵な音を聞かせてくれる福井県「永平寺」「緑に囲まれたのどかなお寺」と言いたいのですが日々修行僧が頑張っています歴史を感じる建物 門前町お土産屋さん・お食事何処が並んでいます 坂を上った突き当りに永平寺入口があります緑のトンネル日差しの強い時は嬉しいですね〜 通用門拝観料500円を自販機で購入それでは参拝 山門と中雀門の間にある中庭?青モミジが綺麗でした 絵天 [続きを読む]
  • 気持ちいい〜♪ 明石海峡大橋
  • わ〜綺麗〜気持ちいい〜久し振りの潮風そして青い海 JR神戸線「舞子」駅を出ると目の前に明石海峡が気持ちいいくらい真っすぐでスマート 明石海峡大橋を目指して歩道橋をスタスタ歩く朝早く?(9時前)に行ったお陰で観光客はまだ少なかったですね 〜なんていい天気〜この日も暑かったのですが海を見たら「そんなの関係ない」 舞子公園からの景色いいですね〜テンション上がる上がる 大橋の真下から撮っていますこの公園ではファミ [続きを読む]
  • 気持ちいい〜♪ 明石海峡大橋
  • わ〜綺麗〜気持ちいい〜久し振りの潮風そして青い海 JR神戸線「舞子」駅を出ると目の前に明石海峡が気持ちいいくらい真っすぐでスマート 明石海峡大橋を目指して歩道橋をスタスタ歩く朝早く?(9時前)に行ったお陰で観光客はまだ少なかったですね 〜なんていい天気〜この日も暑かったのですが海を見たら「そんなの関係ない」 舞子公園からの景色いいですね〜テンション上がる上がる 大橋の真下から撮っていますこの公園ではファミ [続きを読む]
  • いつも綺麗〜♪
  • わ〜いつ来ても綺麗〜 気持ちよく過ごせる「ゴミが散乱してるのでは?」と思ってしまう自分が恥ずかしいくらい綺麗 カフェでゆっくりお茶気分よく迎えてくれる場所かな 土佐堀川と堂島川に挟まれた中之島公園 大阪市中央公会堂(通称:中之島公会堂)レトロでモダンな雰囲気は最高 近くで見ると素晴らしい建築にうっとりネオ・ルネッサンス様式を基調時間があればレストランで食事なんて最高 土佐堀川沿いに建つオフィスビルのんび [続きを読む]
  • いつも綺麗〜♪
  • わ〜いつ来ても綺麗〜 気持ちよく過ごせる「ゴミが散乱してるのでは?」と思ってしまう自分が恥ずかしいくらい綺麗 カフェでゆっくりお茶気分よく迎えてくれる場所かな 土佐堀川と堂島川に挟まれた中之島公園 大阪市中央公会堂(通称:中之島公会堂)レトロでモダンな雰囲気は最高 近くで見ると素晴らしい建築にうっとりネオ・ルネッサンス様式を基調時間があればレストランで食事なんて最高 土佐堀川沿いに建つオフィスビルのんび [続きを読む]
  • 神戸に日本庭園! 知らなかった〜
  • 兵庫県神戸市に「相楽園」(そうらくえん)という日本庭園があり行って来ました 近郊で何処か行ってない場所ないか調べてみたら「へ〜こんな所に日本庭園」と思ったほど初めて知った名前 しかし行ってみると都会の中にあるとは思えない素敵な場所小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園で明治末期に完成(私邸)昭和16年以降神戸市の所有となったようですがかなり広い 正門小寺邸の時代からある総ケヤキづくりの重厚な門瓦には、小寺家 [続きを読む]
  • 神戸に日本庭園! 知らなかった〜
  • 兵庫県神戸市に「相楽園」(そうらくえん)という日本庭園があり行って来ました 近郊で何処か行ってない場所ないか調べてみたら「へ〜こんな所に日本庭園」と思ったほど初めて知った名前 しかし行ってみると都会の中にあるとは思えない素敵な場所小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園で明治末期に完成(私邸)昭和16年以降神戸市の所有となったようですがかなり広い 正門小寺邸の時代からある総ケヤキづくりの重厚な門瓦には、小寺家 [続きを読む]
  • 嵐山モンキーパークへ
  • 京都嵐山何度も訪れていますが外国の方には大人気の場所 野生のサルが集まる公園「モンキーパーク」 天龍寺から渡月橋を渡った所から一枚 入園料550円を払い頂いたうちわを持っておサルさんに会いに行って来ます あらら〜階段〜思い出す鞍馬山の参道 こういう道がクネクネと続きます 案内図わ〜まだまだだあ〜真夏に来たのが間違いがが おサルさんに対しての注意事項が書いてますそして暑いだろうと扇風機が・・回ってる嬉しい気配 [続きを読む]
  • 嵐山モンキーパークへ
  • 京都嵐山何度も訪れていますが外国の方には大人気の場所 野生のサルが集まる公園「モンキーパーク」 天龍寺から渡月橋を渡った所から一枚 入園料550円を払い頂いたうちわを持っておサルさんに会いに行って来ます あらら〜階段〜思い出す鞍馬山の参道 こういう道がクネクネと続きます 案内図わ〜まだまだだあ〜真夏に来たのが間違いがが おサルさんに対しての注意事項が書いてますそして暑いだろうと扇風機が・・回ってる嬉しい気配 [続きを読む]
  • 笑♪ 動物の昼寝?
  • 暑くて動く元気がないのかそれとも昼寝 大阪の「天王寺動物園」へ行って来ました ゲート夏休みで親子連れや海外の観光客もたくさん来ていましたね〜 コアラ「暑くてたまらん」「動くのが面倒だ〜」と思っているふてくされたこの座り方 まさかこのままお昼寝園内入っていきなり見せて頂いたこの姿他の動物も気になる レッサーパンダやっぱり寝てる〜しかも仰向け〜暑くて愛嬌振る舞えない〜すでに開き直っている姿只今爆睡中〜 [続きを読む]