ただぴい さん プロフィール

  •  
ただぴいさん: 山登りの日記っ!
ハンドル名ただぴい さん
ブログタイトル山登りの日記っ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/tadapymac/
サイト紹介文熊本から九州の山々に登山した日記
自由文ソロで九州(主に熊本)の山登りやってますw 
それぞれの山に登った時の出来事を事細かく書いている日記ですので「クドイ」ですが、それでもよろしければ読んでみてくださ〜いw
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/10/13 07:15

ただぴい さんのブログ記事

  • 53:平家山(平家山登山口)
  • 秋といえば紅葉狩り。そうだ、五家荘に紅葉を見に行ってみよう。ということで、今回の山登りは九州山地にある「平家山」という山に登ることにする。 この平家山、実は国土地理院の地図上には名前がない。場所的には京丈山と国見岳の間に位置する山で、標高はそこそこの1497mほどで、実は京丈山より高かったりする。だのに名前がないのは変だ〜!…ということだろうか…誰がつけたか「平家山」という。近くに「後平家山」や「南平 [続きを読む]
  • 52:黒岩山(長者原登山口)
  • 天高く馬肥ゆる秋…そう、秋は空が高く、一年の中で一番山登りに適している季節だ。そんな秋の晴た日に山に登らないワケにはいかないじゃないかっということで今回は大分県は九重連山の端っこにある「黒岩山」に登ることにする。 〜黒岩山〜九重山群に位置する山で、長者原の西側にある山。初夏はミヤマキリシマやツクシシャクナゲで彩られる。 黒岩山へは牧ノ戸峠からがメジャーな登り方だが、ここからだとあっと言う間に山頂に [続きを読む]
  • 51:国見山(坂本町市ノ俣から)
  • 密かに今年の山登り目標のひとつとしていた、ある山への挑戦… それを今回はいよいよ決行するっ その山とは熊本は坂本町と山江村の境にある「国見山」だ。この山、別段高い山でもなければ有名な山でもないが、山頂近くの岩場からの眺望がいいらしい。しかしこの山に登る意味はそれだけではない。実はこの国見山に登る登山道がないのだっ(驚)国土地理院の地図上には山道が記載されているが、この道は今では無いに等しく、Webで検 [続きを読む]
  • 50:俵山3(萌の里登山口)
  • 秋の紅葉にはまだ早いが、だんだんと秋の気配を感じるこの頃…そうだ!明日は山に行こう!…とはいえ、思いつきなのでお手軽な山にしないと…。ということで、熊本市内からでも1時間弱で行ける俵山に決めた。俵山は今年3回目となる。登山口は萌の里から。前に登ったルートと同じだが、俵山への道は沢山あるので、今回はできるだけ道を変えてみよう。 朝7時、萌の里に到着。あいにくの曇り空だが、雲が高いので雨の心配はなさそ [続きを読む]
  • 49:保口岳(保口岳登山口)
  • 秋の空は高く、気持ちのいい季節だ。そんな山登り日和の爽やかな朝に向かったのは五木の手前、八代市泉村にある「保口岳」。 〜保口岳〜熊本県八代郡泉村にある、五家荘の一角を占める山。川辺川支流の板木川と小春川に囲まれて、川で削られた山容は東西方向と南方向が急峻で、特に西の「黒ダキ」「拍子岩」と呼ばれる場所は急崖。山頂は南北2峰に分かれていている。北峰が本峰であるが、鈍頂で、植林されているため、展望はない [続きを読む]
  • 48:湧蓋山(一目山登山口)
  • 9月にもなると暑さも幾分和らぎ、朝も涼しく感じるほどで、秋はもうすぐ…と、そんな季節の移り変わりの中、やってきたのは「湧蓋山」。湧蓋山は昨年の3月に熊本県側から登ったが、今回は大分県側から登ってみる。ルートは筋湯温泉の近くにある一目山登山口から一目山〜ミソコブシ山を経由して湧蓋山山頂を目指す。 朝の6時過ぎに一目山登山口に到着する。駐車場はないが、登山口の反対側に広場っぽいところがあるのでそこに駐 [続きを読む]
  • 47:傾山(九折登山口)
  • さぁ今回は県外遠征シリーズ第3弾だ。今回は大分県豊後大野市にある「傾山」に登る。 〜傾山(かたむきやま、かたむきさん)〜大分県と宮崎県の県境にある祖母傾山系の山。山頂は大分県豊後大野市に位置し、標高1,605m。祖母傾国定公園に指定されている。山頂は3つの岩峰からなり、南から後傾・本傾・前傾と呼ばれる。大分県豊後大野市、佐伯市、宮崎県西臼杵郡日之影町等からの登山ルートがある。また、伝承「吉作落とし」の舞 [続きを読む]
  • 46:可愛岳(西郷資料館駐車場から)
  • 今回は県外遠征の第二弾っ熊本の東に遠く離れた宮崎県延岡市の「可愛岳」に登ることにするっ! 〜可愛岳(えのだけ)〜宮崎県北部の延岡市と北川町との境界にある山。標高728m。大分県境にある大崩(おおくえ)山地の南側を半円形にとりまく行縢(むかばき)山地の東端に位置する。山体は花コウ斑岩からなり,険しい崖が多く,山頂には鉾岩(ほこいわ)と呼ばれる巨岩がある。 熊本からは国道218号で山都町から宮崎県五ヶ瀬町に入 [続きを読む]
  • 45:祖母山(北谷登山口)
  • 学生さんたちは夏休みの真っ只中、楽しそうな姿を尻目に汗だくで働く毎日…そんな私にも短い夏休みがやってきたwそうなるとやっぱり「山」である。今回は、前からずっと恋い焦がれていた山「祖母山」に登ろうと思う。 〜祖母山〜大分・宮崎・熊本の3県境(ピークは大分・宮崎県境)に位置し、祖母傾国定公園の中核。また祖母・傾縦走の起点となる山でもある。切り立つ岩峰と岩壁、それを取り巻く濃密な自然林は雄大さと神々しさと [続きを読む]
  • 44:冠ヶ岳〜俵山縦走(地蔵峠から)
  • 8月である。夏真っ盛りで、ここ熊本は燃えるんじゃないかと心配なくらい「暑い」。そんな中、避暑を求めて山登りw 今回は天候が恵まれそうな山はなさそうだったので、止めようかとも思ったが「天気悪くても山歩きできりゃいいじゃんw」ということで、近くの「冠ヶ岳」と「俵山」を縦走してみよう。スタートは、この前「大矢岳〜地震が岩」の時に使った「地蔵峠」。いわゆる「地蔵峠〜冠ヶ岳〜俵山」と縦走するわけだ。地図上で計 [続きを読む]
  • 43:白髪岳(猪ノ子伏登山口)
  • 熊本に夏がやってきたっもちろん、暑いっ!ということで、涼しい山へ行くことにする。今回は、ちょっと遠いけど、人吉の向こうにある「白髪岳」に登ってみよう。 〜白髪岳〜熊本県球磨郡あさぎり町にあり、宮崎県に接する。九州山地南部の山。四万十層群からなり砂岩や頁岩が多い。球磨盆地から冬、眺めると、山頂一帯が樹氷に覆われ、白く輝いて見えるので、老人の髪にたとえて白髪岳という。山頂から西の猪ノ子伏(いのこぶし) [続きを読む]
  • 42:上福根山(久連子登山口)
  • 季節は梅雨…梅雨の晴れ間は忙しいのだが、私はやっぱり山登りだ。今回の山は、昨年に道路通行止めで行けなかった「上福根山」にする。 〜上福根山〜上福根山(かみふくねやま)は、熊本県五家荘の樅木(もみき)、椎原(しいばる)、久連子(くれこ)集落の中央に位置する膨大な広がりを持つ山で、宮崎県や大分県などの県境の山を除けば熊本県最高峰の山として知られている。 登山口は「久連子」集落から。昨年登ろうと意気込ん [続きを読む]
  • 41:大船山(男池登山口)
  • ミヤマキリシマを見てみたい…そういう欲求から生まれた今回の山登りは、九重連山の大船山にした。 〜大船山〜大船山(たいせんざん)は、大分県竹田市(旧久住町)にあり、九重連山を形成する火山のひとつである。標高1,786m。北大船山などとともに九重連山の東部に大船山系と呼ばれる山塊をなし、坊ガツルを挟んで西側の久住山、三俣山等からなる久住山系と対峙する。標高もほぼ同じ久住山等と並ぶ九重連山の主要峰のひとつであ [続きを読む]
  • 40:黒峰〜トンギリ山 (栗藤登山口)
  • 前に小川岳に登った時に、「トンギリ分岐」から黒峰という山へも行けるらしいことは書いた。その時「トンギリってなんだ?」と思ったのだが、実は「トンギリ山」という山があるらしい。その山は円錐形の尖った山で、その山頂は景色も素晴らしいようなのだ。 登りたいっ と…いうことで、今回はこのトンギリ山に加えてその近くの黒峰に登ってみることにする。とはいえ、前の小川岳に登ったルートだと遠回りになるような [続きを読む]
  • 39:国見岳〜五勇山〜烏帽子岳(樅木五勇橋ゲート)
  • 同僚(後輩)が「山に連れて行ってください」という。単独行が基本の私ではあるが、そう言われると断る理由もない。 で、せっかくなので、できれば高い山に連れて行ってやろう。そういえば天気が良い時にもう一度登ろうと思っていた「国見岳」が良いかもな…。ということで、今回はソロではなく、2人の山登りだ。コースは、国見岳だけに登るのもなんなので「国見岳〜五勇山〜烏帽子岳」の縦走といこう。 朝、6時半に [続きを読む]
  • 38:天山(岸川登山ルート)
  • さて世間は「黄金週間」である。そんなゴールデンな時期に天気が良いと、山に登らないわけにはいかない。んで、せっかくの休みなので普段は次の日のことを考えて行けない遠くの山がいい。ということで今回は佐賀県の「天山」に登ることにした。 〜天山〜天山(てんざん)は筑紫山地に属する標高1,046.2メートルの山である。佐賀県唐津市、小城市、多久市に跨り、佐賀県のほぼ中央に位置する。 西側のピークが雨山(標高996m [続きを読む]
  • 37:大矢岳〜大矢野岳〜地震が岩(地蔵峠登山口)
  • ここ熊本では、桜の季節も過ぎてめっきり春めいてきた。ということで今まで寒くて行けなかった阿蘇外輪山に出掛けてみよう。出発点は西原村と南阿蘇村の境にある地蔵峠だ。 地蔵峠からは北に進むと冠ヶ岳や俵山へ行けるが、今回は南方向の大矢岳〜大矢野岳〜太郎ヶ迫〜地震が岩を歩く計画だ。稜線を歩くので、前回の大金峰〜小金峰に同じく山登りというより山歩きって感じかな。 車で熊本市内から西原村を通ってミルク [続きを読む]
  • 36:大金峰〜小金峰(二本杉登山口)
  • 前回、悪天候のために断念した大金峰〜小金峰に再チャレンジする。今回は天気予報が朝から晴れマークなので間違いなく登れそうだ。 朝、浮かれる気持ちを抑えつつ、5時に家を出発。登山口のある二本杉峠に向けて車を走らせる。まだ暗い道も、細い国道445号になる頃にはしらじらと朝が明けてきた。ん? なんか…曇ってるな…(焦) 運よく国道445号の細い登り道では対向車もなく、2週間ほど前にもやってきた登山口駐 [続きを読む]
  • 35:桝形山(五木村登山口)
  • 4月になった。季節はもう春。そんな気持ちも浮かれてくるこの時期は、新芽も芽吹く山登りには良い季節である。なのにこの雪や霰はなんなのだっ?? さて、私は八代市泉村の二本杉公園の近くにある「大金峰〜小金峰」登山口にいる。天気予報の「雨のち晴れ」を信じてきたのはいいが、どうもこのままこの雪が止むのを待つより、この雪のせいで家に帰れない可能性の方が高くなってきた。ということで本日の山登りは中止。凍結 [続きを読む]
  • 34:脊振山(坂本峠(霊仙寺跡から))
  • 前回、九千部山に登った時に思った。佐賀県は「遠いようでそれほどでもない」ということ。それなら「佐賀県も行動範囲内だ!」ということでいくつかの山をピックアップしてみた… うん…熊本から行けそうな山ばかり。そういうことで今回は前回登った九千部山のお隣にある「脊振山」に登ってみることにする。 〜脊振山〜脊振山(せふりさん)は、福岡県福岡市早良区と佐賀県神埼市との境に位置する標高1,054.6m、脊振山系最 [続きを読む]
  • 33:俵山2 (萌の里登山口)
  • 明日は天気がいいらしい。んじゃ山登りだっ!…とはいえ、まだまだ寒い季節であり、チェーン規制や冬季の通行止等でどこの山でも行けるという状況ではない。そこで熊本市内から近くてお手頃な山といえば… 俵山である。〜俵山(たわらやま)〜熊本県阿蘇郡西原村と南阿蘇村にまたがる標高1,095mの山。山頂は西原村にある。先史時代の阿蘇山大噴火によって形作られた東西18km、南北25kmにおよぶ阿蘇外輪山の一部であり、その [続きを読む]
  • 32:釈迦院(大行寺山)〜権現山(釈迦院御坂遊歩道)
  • 熊本県にはたくさんのお国自慢なものがある。阿蘇山や辛子蓮根、熊本城にくまモンなどなど… そういう中に、あまり知られていないかもしれない日本一がある。3333段の石段だ。 美里町にあるこの石段は、ただ闇雲に作った石段ではなく、山の上にある「金海山大恩教寺釈迦院」という寺院の参道となっている。詳しくは美里町のHPを見てもらいたいが、とにかく日本一の石段なのである。もちろん大行寺山という山頂に向かっ [続きを読む]
  • 31:仰烏帽子山2〜福寿草を求めて〜(元井谷第一登山口)
  • 今年の山登りのひとつの目標…それは「福寿草を見に行くっ」だ。九州熊本で福寿草が有名なところは仰烏帽子山である。しかし、仰烏帽子山は五木村にあり、冬は道路凍結などでアクセスが厳しい。いつ行こうかと狙っていたのだが、何気なく見ていた五木村のWebサイトで「福寿草は今が見頃です」…と…! 行かなきゃっ(汗) ということで、思い立ったが吉日、明日までの仕事をテキパキと片付けて「明日、有給をいただきま [続きを読む]
  • 30:九千部山(御手洗の滝登山口)
  • ワケあって福岡県久留米市に行くことになった。ただ、その用事は夜から…なので昼間は時間があるので山登りしよっとwいつもは遠くて行けない久留米近郊の山を探してみる…。久留米にもいろいろと山はあるのだが、佐賀県の背振山系もすぐそこだ。その辺りでいい山はないかと探してみると、けっこうあるじゃないか。ということで、今回は佐賀県の山に登ることにするっその山は「九千部山」。 〜九千部山(くせんぶやま)〜佐賀 [続きを読む]
  • 鞍岳2(伏石登山口)
  • 冬真っ盛り…いわゆる「寒い」季節だ。とはいえ、ここ九州では天気が良ければ日中は暖かい。となればやっぱり山登りである。 今回は、初めての複数人での山登りを計画した。職場の仲間と一緒に登る。登る山は一昨年に感動を極めた「鞍岳」だ。あまり山奥だとチェーン規制や残雪で登山口まで行けないので、登山口まで車で安全に行けそうなところで計画したのだ。登山口は前回に同じの「伏石登山口」で同じ女岳コースか [続きを読む]