shigenta さん プロフィール

  •  
shigentaさん: 人形町のまる
ハンドル名shigenta さん
ブログタイトル人形町のまる
ブログURLhttps://ameblo.jp/saskuwata1978/
サイト紹介文人形町に住みながら感じた○なこと、△なこと、×なことを徒然に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/10/13 08:43

shigenta さんのブログ記事

  • 仙波そば かみやま
  • 甥っ子の運転の練習を兼ねて栃木ICからクルマで30分。仙波そばの「かみやま」へ。山道をそこそこ走ると、思いがけず、自然豊かな秋の景色に。古民家を改築した店内も風情があって、一杯やりたくなります。さて、注文は鴨汁そばに甥っ子、妹が天ざるを。10分ほど待つとキレイな蕎麦が到着。冷水で、よく〆られた、細打ちの角のあるお蕎麦。大盛りです。w蕎麦の香りを十分に楽しめますね。鴨汁は熱々で焼葱がしっかり入っています。 [続きを読む]
  • ぶりの西京漬
  • 谷中銀座の冨じ家の西京漬は、銀だらとメダイだけかと思っていたらぶりの西京漬が登場。速攻、買いです!胸の高まりを押さえながら、グリルでじっくりと焼き上げる、あら、ちょっとじっくり行き過ぎましたかね。そして、実食。銀だらと比べると身はしっかりとした食感で西京味噌のほのかな甘みと焦げ目の苦み、香ばしさに思わず、旨いねぇ〜と うなります。獺祭でつつき、白飯でつつく。大根おろしも寄せ付けない、これだけで充 [続きを読む]
  • ル・クルーゼでけんちん汁
  • 相方が旅行中なので、白飯とけんちん汁のガッツリ飯。けんちん汁は、具材10種を目指し、マイバスゲットへ。里芋、人参、大根、ゴボウ、豆腐、長葱、油揚げ、こんにゃく、白菜、ブナシメジ。お手頃な値段で10種を調達。野菜を刻み、豆腐をちぎり、こんにゃくをちぎったら、ル・クルーゼに胡麻油を敷いて具材を強火で軽く炒めて、最後に水を投入。あとは、ル・クルーゼが仕事をしてくれる。味付けは、醤油のみ。そして、出来上がり [続きを読む]
  • 香港細打ち担々麺 3辛
  • 汐留での用事を済ませ、遅めのランチを『香港屋台 カンフーキッチン』にて。映画『ポリスストーリー』とのタイアップメニューもありましたが、3辛に魅かれて香港細打ち担々麺を注文。ちなみに3辛の上は、100円増しで神辛もあります。屋台と名がつくだけに3〜4分で着丼。赤系のスープに白髪ねぎがキリッとしていて見た目だけでも食を刺激してきます。細麺は程よい硬さでスープがよく絡みますね。辛3は、あとからジワジワ [続きを読む]
  • 泉岳寺 松島屋の豆大福
  • 相方が知り合いからいただいた、松島屋の豆大福。薄皮のお餅が甘さ控え目の上品なあんを包み込む。ぽつり、ぽつりと突き出た小豆は皮の渋みと旨味にほのかな塩気。シンプルでモノトーンないでたちながら、味わいは深く、後味は軽い。さすがです!美味しかった。ごちそうさまでした。にほんブログ村 日本橋・茅場町・人形町情報 [続きを読む]
  • 生ハタハタを焼きで。 新橋 雪乃華
  • 新橋の打ち合わせの帰り、同僚と早仕舞いして秋田の郷土料理が楽しめる『雪乃華』へ初訪。おススメは生のハタハタ。それも子持ちです。秋田料理は板前料理とのことで、火の通り方が秀逸です。生ハタハタは初めて食べましたが、ぶりこ(ハタハタのたまご)がプリプリっとして食感が楽しめ、日本酒が進みます。合わせたのは秋田の銘酒、木村酒造の「福小町」の純米を熱燗で。口当たりが柔らかくて適度にキレがあって美味しいお酒で [続きを読む]
  • S&B 超辛アラビアータ
  • 夏の終わりにこちらの超辛をジャケ買い。食べごろを見計らっていたら季節は秋色となり、ようやく実食。夏季限定という文字が遠い昔に感じてしまいます。さて、「辛さはそれほどでも、、」というブロガーさんのレビューを見ていたのでちょっと油断していたら、思いのほか、辛さがジーンと 効いてくる。これは鷹の爪のストレートの辛さ。剛速球とはいかずとも切れのいい速球がズドンとミットに収まる感じ。汗をかきかき、辛さ冥利に [続きを読む]
  • 夏は過ぎ、ようやく鰻重を。 千駄木 稲毛屋
  • 相方と外食となり、どこへ行こうか、と考えていたら、夏の忘れ物、土用の丑の日に鰻を食べていなかった!ということで、千駄木の稲毛屋へ。人形町あたりの鰻屋も候補に挙げてみたが日本酒とつまみにひかれてこちらとなる。先ずはビールで乾杯。鰻の肝串を塩とたれで。カリッと焼かれた食感が香ばしい。氷見牛のたたき。火の通り方が好みの加減でとても美味しいし。上野桜木の豆腐の名店の豆腐を使ったサラダ。タコの胡麻和え。日 [続きを読む]
  • 抹茶と蕎麦がきぜんざい
  • 根津の鷹匠の〆は抹茶と蕎麦がきのぜんざい。もっちりとした蕎麦がきに甘さ控え目のこしあんが纏い付く。あ〜、至福の味わいなり。モチモチとした食感はお餅のそれなのだが、さすがに蕎麦がきは軽い。苦さもおさえた抹茶がよく合いますね。美味しかった。ごちそうさまでした。おまけ明らかに食べ過ぎたので根津から人形町までゆるゆると歩いて帰る。はん亭に不忍池の夜景。いい街です。にほんブログ村 日本橋・茅場町・人形町情報 [続きを読む]
  • 根津 鷹匠 合鴨ロース焼き 
  • 千駄木に住んでいた時、お気に入りだった蕎麦屋さん。朝の営業もあり、朝陽を浴びて入店し旨い蕎麦と酒で極上の時間を過ごすこともできる。さて、この日はお世話になっている方と訪問。蕎麦味噌をつつき、酒のつまみの盛り合わせ。ビールから鷹勇、四季桜と日本酒につなぐ。次は、板海苔と板わかめを焙炉(ほいろ)で温めてパリッといただく焙炉セット。粋と風情を感じずにはいられない。そして、蕎麦つゆにサッと通して焼いた合 [続きを読む]
  • ナポリタンではなく、キムチパスタ。
  • 見た目は、ナポリタン?でも、これはキムチパスタ。銀座の老舗ダイニングバー『あらじんデュオ』のスペシャリテ。キムチの辛味がしっかりと活きていて、酸味はやや抑え気味。ガーリックに、決め手のパプリカパウダーが効いて、得も言えぬ美味しさ。パスタのアイデンティティを保ちつつキムチの旨味が爆発している。唐辛子系で言えば、ガーリックベースに唐辛子の辛さが加わっていく、アラビアータに対して、唐辛子が主役で、ガー [続きを読む]
  • はちみつの香りに癒される『ハニーエール』
  • 銀座紙パルプ会館 1階の『銀座みもざ館 café&bar 328』が11月よりbarタイムをオープン。スペシャルは、このお店のビルの屋上にある養蜂場で採れたはちみつを入れて醸造された期間限定のクラフトビール。『ハニーエール』一口いただくと、先ずは、ビール本来のコク、キレがキリリっとやってきて、美味いビールと、カラダが反応する。そして、そのうまいビールにフワリとはちみつの香りが余韻を残すように重なってくる。はちみつ [続きを読む]
  • 従者を率いて
  • 蕎麦もうどんも薬味をたくさん用意すると幸せな気分になる。この日は、皇居ラン後の炭水化物補給でマルエツで買ったうどんを茹でる。薬味は、長葱、海苔、生姜、大根おろし。そこそこの薬味陣であるが、在庫があれば、たたき梅や、柚子胡椒も足しておきたい。真っ白な、うどん姫に仕える、つけ汁も加えた5従士。現在、ハマっている『オリジン』ダン・ブラウン著の物語に重ねてツルツルと、いただいた。美味しかった。ごちそうさま [続きを読む]
  • ニューカマー!
  • 谷中銀座の雑貨屋でこちらの箸置きをゲット。恐らく秋刀魚であろう、魚を目の前にして居ても立っても居られないけど、ちょっと、体裁を作ってさて、どうするか?と思考する風を装う、強がりの猫かな。手作り感がここかしこにただよい、何とも言えぬ味わい。箸をのせるとこうなります。まさに、お預けの図。ようこそ、人形町へ。よろしくどうぞ、です。さて、人形町の今半にて夕方スペシャル、ローストビーフの切り落としを買って [続きを読む]
  • アキノミカク カキとクリとカキ
  • 浜町プロデュースにて6個150円の柿を買って、たっぷりと柿のグリーンサラダ。高級柿ではありませんが、甘くて、やや渋めの庭先の、あの柿の味です。ほっとする、美味しさをたっぷりと。そして、相方が買ってきた、新栗のモンブラン。苦み、渋みを感じながらもそれを包み込む甘さ。優しい味です。最後のもう一つ、三重県の鳥羽さんの生牡蠣。フレッシュで、潮の香りがして何個でもイケますね。美味しかった。ごちそうさまでした。 [続きを読む]
  • 汁がピューっと! 味噌ラーメン
  • この日は、赤坂7丁目の香港料理『栄記』にてランチ。以前は、『江山楼』があった場所で、通りからちょっと入った所にあり、時間をずらせば、ランチ&読書の快適な空間となる。さて、ランチのメニューを見ながら野菜たっぷりのタンメンもそそられたが、気分は、味噌ラーメンへ。豚肉、もやし、キャベツが入って具だくさん、そして麺も多め。スープは意外にもチゲ鍋的な辛みの旨辛。汗がやんわり滲み具材、麺、スープとぐいぐいイケ [続きを読む]
  • 目玉焼き ナポリタン
  • 久し振りに皇居20kラン。見事な秋晴れ。少し汗ばむ程度のベストコンディション。腰痛もだいぶ回復し、先ずは2月の守谷ハーフを目標にゆっくりと調整ラン。さて、ラン後の炭水化物補給はタマネギ、ピーマン、人参、ウインナーでナポリタン。ハナマサで買った、トマトピューレが酸味も程よくいい感じ。美味しかった。ごちそうさまでした。にほんブログ村 日本橋・茅場町・人形町情報 [続きを読む]
  • Antica Panacea 2016
  • 三越の通販で買った、イタリアのデイリーワインセット12本の中の1本。アンティカ パナセア トレッビアーノ ダブルッツォほろ辛、フルーティでフレッシュさを感じる、ピチピチのワイン。ラベルの月と星のデザインがチャーミングで書体もオシャレ。ディリーワインとしてぐびぐびイケて美味しいです。合わせたのは、デキシーデリのテイクアウトボックス。紫蘇の香りの唐揚げ、ビーンズサラダにタマゴサラダ、隠れているのはカンパ [続きを読む]
  • 麻婆担々麺
  • この日は、青山一丁目の「紙やきホルモサ」にてランチ。ランチは、セットメニューがウリのお店だけど、この日は、店頭のサンプルで一目惚れ。単品の麻婆担々麺をいただく。濃厚ごま味噌スープに麻婆豆腐がトッピングされた姿は、ある意味辛さのマグマをイメージさせ新鮮なビジュアルで気持ちも上がる。甘辛と甘辛の組み合わせなので更に辛さを足すべくラー油を掛けようか、迷っていたが、ラー油を掛けずとも食後には汗びっしょり [続きを読む]
  • 日清 焼きスパ with たまご
  • 飲んで帰り、『日清 焼すぱ』で〆る。日清と言えば、NHKの「まんぷく」。安藤サクラさんのほんわかしたコミカルなキャラがいいですね。今後の展開も楽しみです。さて、パッケージを開け、具材を一つ加えたくなり、茹でタマゴをセット。お湯で5分。付属の液体ソースを入れて、かき混ぜ、一口味見。ちょっと、酸味が強いかな?と感じて粉チーズとタバスコを入れて出来上がりなり。酸味が強いと感じたソースも麺に馴染んでくるとナ [続きを読む]
  • にんじん たまねぎ 生姜焼き
  • 人形町 日山の最終土曜日セールで買った豚の薄切りを使って生姜焼き。タレは、生姜、リンゴ、玉ねぎをすりおろし、キッコーマンの醤油とニンニクステーキソースを少々。ここは、気持ちを盛り上げるためにもひと手間くわえてみる。さて、野菜が玉ねぎしかなかったので人参も急遽登板させて強火でサッと炒める。豚肉は、タレに付けず火を通して、焼き色をつけてからフライパンにタレを放流。シュワ、シュワ、サッ〜と、フライパン [続きを読む]
  • 最強のモンブラン
  • 相方が表参道ヒルズでJean Paul Hevin のモンブランを買ってきた。フレッシュな栗のクリームの甘みと苦みを感じながら、ベースのメレンゲからはアーモンドの香ばしさが伝わってくる。アーモンドの香ばしさと栗のしっとりとした甘さ。シンクロして、とても美味しい。他のモンブランを食べると何か、物足りなくなりそうで、ヤバいかな。w美味しかった。ごちそうさまでした。にほんブログ村 日本橋・茅場町・人形町情報 [続きを読む]
  • 眩しい薄桃色 ぶりの刺身
  • ぶりの旬やってきました。こちらは谷中銀座の冨じ家のぶりの刺身。腹の部分です。見た目の第一印象は純白ですが、よく見ると肌色というか、薄いピンクで艶やかです。お味は、しっとりとして甘い。ぶりの苦み、えぐみは最小限で、甘味が際立ちます。わさび醤油も少しだけにして、この美しい切り身をそのままに、愛でながら、旬をいただきます。あ〜、美味しい。。毎回、思うところですが、このぶりをいただくと、あらためて、冨じ [続きを読む]
  • 赤坂 ごんきち 炭焼きサバ定食
  • 前夜、こちらで飲んで、うっかり忘れ物。次の店で気づき、電話で確認し、無事保管いただく。ピックアップの話をしていたら、ランチもやっているとのことで、お礼を兼ねてランチをいただく。定食はすべて880円。新鮮な魚が並ぶ。いただいたのは、炭焼きで香ばしいサバと、ぶりの刺身の定食。梅のドレッシングのグリーンサラダに小鉢のそぼろ豆腐、漬物がつき、汁物は豚汁で、ご飯も光る!見た目、味、値段と大満足の定食。ある種、 [続きを読む]
  • 黒トリュフ入り クリーミーチーカマ
  • 先日、カクヤスに行った際にレジ横のこちらを見て、衝動買い。クリーミーチーカマ 黒トリュフ入り。特売らしく、2パックで税別350円也。会社のHPを見たら、昔懐かしいチーカマの本家、本元の会社なんですね。元祖チーカマ 丸善 http://www.mrz.co.jp/さて、お味ですが、チーカマと比べるとかまぼこ部分がとてもソフトな食感で、チーズはクリーミーで昔のチーカマのチーズよりも塩気はだいぶ抑えめですかね。名前の通り、黒トリ [続きを読む]