瑚池ことり さん プロフィール

  •  
瑚池ことりさん: 小鳥文庫
ハンドル名瑚池ことり さん
ブログタイトル小鳥文庫
ブログURLhttp://kotori1201.blogspot.jp/
サイト紹介文コバルト文庫より犬恋花伝ー青銀の花犬は誓約を恋うーを出版させていただいた瑚池ことりのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/10/13 13:18

瑚池ことり さんのブログ記事

  • 11月の猫の記録
  • 放浪癖のある次女猫が旅に出て三カ月。二週間程度は普通にいないので、一カ月を越えた頃から捜索を開始しました。二キロほど離れた近所の方の納屋付近で遊んでいるとのことで、食べ物(バッタ)が無くなれば帰ってくるだろうと思いましたが、11月になっても戻らない。さすがに心配になり、道路は欠かさずチェックしていますが異常なし。かなり遠方まで行ってしまったのかと思い、これは二度と会えないかなと覚悟していたところ、 [続きを読む]
  • 10月のお仕事記録
  • 10月 お仕事関係提出物、連絡、郵便物等。10月はとりあえず作業を進めつつ、ほんの少し時間ができた月でした。お仕事的な作業については改めて自分の悪い癖を確認。今後についても改善は必須だと思うので、修飾語を多用しない&文は短く、については、本当に直したいと思います。出来た時間を利用し、久しぶりにインプット(製作する上で新たなジャンルや知識を、食わず嫌いせずに取り入れること)をしようと思いつき、恋愛シ [続きを読む]
  • 妖怪三国志国盗りウォーズ プレイ日記(前)
  • ※こちらはiPadで遊んでいる無料ゲームアプリ「妖怪三国志国盗りウォーズ」についての記事です。ゲームを始めたのは2018年の3月頃。たまたまアップルストアで見かけ、三国志が好き&コーエーのゲームで遊んだことがある&妖怪ウォッチも視ている、で試しに入れてみました。ゲームの内容としては手持ちの妖怪から5体編成してミッション?をクリアしていく?という感じ。妖怪には装備代わりに軍魔神というものを付けられる [続きを読む]
  • 9月のお仕事記録
  • 9月前半 お仕事関係連絡等書きに書いた、ともかく書いた、脳みその使っていない部分まで叩いてひねりだして書いた、という月でした。骨折した家族の抜釘入院手術で時間的にはかなり危ない橋を渡りましたが、手術中も廊下で書いたりお見舞いがてら病室で書いたり、使える時間はすべて確保して作業しました。手術がとにかく心配でメンタルはぼろぼろでしたが、そういう状況でも受け入れて助けてくれる「文章」という存在は本当にす [続きを読む]
  • 8月のお仕事記録
  • 8月中旬〜下旬 お仕事関係連絡等こんなに暑くていいのだろうか、というほど暑い夏でした……。キーボード作業に支障をきたしていた左手人差し指の負傷は、8月の下旬にようやく文字が打てる程度には回復。普段使いはまだまだで、痛み&完全に曲がらないはありますが、根気よくリハビリを続ければ治りそうなのでホッとしました。バレーの復帰は(そもそもオーバーができるのか??)10月中旬頃と想定し、涼しくなったらジョギン [続きを読む]
  • 7月のお仕事記録
  • 7月初旬 お仕事関係諸連絡とりあえず「暑い……」しか出てこないような月でした。また6月にバレーボールで怪我をした左手人差し指が第二関節靭帯損傷(固定安静で全治7週間以上)で、痛いわキーボードが自由に打てないわでぐったり。自分で骨を調節してはめ込み(?)、テーピングで固定して使うとかロボット的な。あのブロックがここまで響くとは夢にも思わず、本当にあーあな感じでした。一年練習したのに大会には結局出られ [続きを読む]
  • 6月のお仕事記録
  • 6月初旬 お仕事関係提出物6月中旬 お仕事関係郵便物等6月はとりあえず提出物を出し、その後は次の作業に取りかかっていました。初めてのジャンル?なので、匙加減が微妙。このまま7月中には形にしたいと考えています。家族の足の骨折は全治三か月との診断通り、ほぼ三か月で松葉杖がとれました。すぐに長距離歩行は無理なので、当分は送迎継続ですが、久しぶりに普通に歩く姿が見られて不思議な感じ。…それの代償ではないで [続きを読む]
  • 5月のお仕事記録
  • 5月後半 お仕事関係連絡5月は本当になんと言いますか……とにかく大変で疲れた月でした。骨折加療中の家族が中旬より通学を開始したのですが、遠方で松葉杖のため、高速で片道40分の送迎をすることに。覚悟はしていたものの、朝夕の2往復は本当に辛い。家に滞在中も休めるわけではなく、家事と小説関係で目いっぱいで、最初の一週間で「これは人として普通に死んでしまうのでは?」と思うほど。あんまり疲れてサスペンスドラ [続きを読む]
  • 入院と漫画
  • 家族の入院に際し、物質的・手続き的に準備する物は多かったのですが、やはり急務は「症状が落ちつくまでの時間つぶし」でした。骨折による発熱のだるさ、身動きがとれない、ネットが使えない、大部屋、等々の事情を鑑み、何かいい手段は、で思いついたのが「気軽、音がしない、本人が好き」の漫画です。買ったり借りたり発掘したり、様々な方法で用意し、お見舞いに持参→翌日回収し新しい漫画を渡す、を繰り返しました。問題にな [続きを読む]
  • 4月のお仕事記録
  • 4月初旬 お仕事関係連絡家族の骨折にともない、4月はなんとも形容しがたい、思い出すのも辛い大変な月でした。4月1日に受傷(左足脛骨高原骨折)、4月7日に手術(ボルトを2本入れて固定)、4月28日に退院、という経過で、現在はリハビリをしながら自宅療養中。その間にもともと心臓の悪かった別の家族が、小さな手術後に急変し、脈拍が30台に下がったまま一晩戻らず、このままでは心不全か駄目もとでペースメーカーか [続きを読む]
  • 3月のお仕事記録
  • 3月初旬 お仕事関係連絡3月はひとまず最後までいった「2018年度1/4」を手直しした月でした。改稿はなるべく余計な部分をそぎ落とし読みやすくする、を目的としているのですが、前半が終わった段階で、168枚→180枚に増えたという摩訶不思議??な。4月初旬中には形にする予定なのですが、後半の予想通りの部分で引っかかり、間に合うかは微妙なところ。それでも期限通りに出来るよう、精一杯頑張ろうと思います。 [続きを読む]
  • 雑記 ラップタイム3
  • 2018年度予定の1/4がだいたい<完>まで行き、現在は見せられる状態にするための改稿中で、完成予定は3月中〜4月上旬を目安にしています。今回は(まったく自慢できませんが初めて)プロットをまともにつくり、シーン数もだいたい最初に決めました。書き方は「1章 ???」という感じで、?=シーン、その下に予定枚数を記入。書き終えたら?→〇に直し、実際の枚数を記入する、という風にやりました。組んだシーンは3 [続きを読む]
  • 2月のお仕事記録
  • 2月全般 もくもくと作業2月はともかくひたすらに、もくもくと作業をした月でした。詳細については後日にまとめるとして、出来れば2月中にひとまず<完>をつけたいと思っていた野望が、微妙に果たせなくて残念。敗因はプロット段階で曖昧な部分が案の定引っかかったのと、後半の枚数が思ったより増えて計算機片手に頭を抱えてうーん、な感じが。また家族関係の行事ごとだったりトラブル系な事があったりで、時間も手間も大いに [続きを読む]
  • 1月のお仕事記録
  • 1月中旬〜下旬 お仕事関係の連絡や相談1月は今後の進め方につき、いろいろと意見交換をさせていただいた月でした。結果として2018年度目標の1/4にとりかかる事になり、まずは安堵。昨年末より取り組んでいた、プロット作成方法見直し後に製作したものを、はじめて形にする試みです。どういう結果になるかはわかりませんが、委細を記録し、今後の検討課題にしたいと思います。試し書き期間を含め、スタートはだいたい1月 [続きを読む]
  • 犬恋花伝 その後の話 冬ごもり1〜3<完>
  • 「犬恋花伝」のその後の話として、「ふゆごもり3(前・後)」を掲載させていただきました。書いたのはかなり前なので、微妙に微妙な部分も散見。短編というより中編で、あんまり長すぎるかと分割しました。そうしたら前では書式移行できたのに後ではできなかった?り、謎だらけで予想以上に手間取ってしまいました。掲載時期に差があるので、うまく繋がるかあやしいリンクもいちおう。冬ごもり1冬ごもり2冬ごもり3(前)、(後 [続きを読む]
  • 犬恋花伝 その後(冬ごもり 3−後)
  •  ◇◇◇――あなたに花をあげましょう。甘い花、芳しい花、美しい花。あなたは、どんな花がほしいの?小さな娘は、雪原で死にかけた大きな犬に問いかけます。けれど大きな犬は答えられません。食べても食べてもなくならない飢え。自分はなにを欲しているのか。いったいなにを求めているのか。自分がずっと探していた、永遠の飢餓を満たすものとはなんなのか。 そんな大きな犬のために、娘は花を探しました。吹雪がふきすさぶ極寒 [続きを読む]
  • 犬恋花伝 その後(冬ごもり 3ー前)
  • 「……あーあ。またここか」コトナは薬花術師の作業場の前に立った。ふう、とため息をひとつ。肩に担いだ布袋を、重たそうに背負いなおす。本当なら炊事場に獲物をとどけるはずなのに――と思えば、ふたつ目のため息がこぼれてくる。ため息をつくと幸せが逃げると言っていたのは誰だったか。もっとも自分の場合、逃げるのは幸せではなく、獲物に違いないだろうが。木蓮の月――上旬。この日、狩番だったコトナはセキとともに、単独 [続きを読む]
  • 瑚池ことり あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。皆さまのご健康とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。2018年 元旦<2018年の個人的抱負10個>・今年こそ携帯とバックと靴とお財布を買う。・家族が怪我をしない、健康でいられるよう最大限注意する。・創作活動にかまけすぎ、家族の日常生活に支障をきたさない。・長編小説を4本以上書く。・自分で満足できる作品を書く。・創作 [続きを読む]
  • 12月のお仕事記録と2017年のまとめ
  • 12月下旬 お仕事関係連絡12月は11月に参加させていただいたお仕事関係の会の影響で、プロットの作り方につきいろいろと思い直すことがあり、最初はうんうん。ちょっとしたきっかけで、いままでと逆の作り方をしたところ、この方がやりやすかった(もしかして一般的?)なのかと考えるに至り、たとえるなら「見よう見まねで料理を作っていた人が初めて料理本を読んで筋道を知った」という感じに。結果を残せないことに焦りは [続きを読む]
  • 雑記 科学検定
  • いままで普通に文系を歩んできましたが、ここ何年かふと気がつくと、読んでいるのは科学系ばかり。理由としては単純に「おもしろいから」ということで、好きが高じて、このたび「科学検定」に挑戦(というほど大げさではない)しました。第13回科学検定 科学基礎6級 ※小学校中学年レベル6級合格正答率:84%  得点:42/50問受検日時:2017-12-10 08:51:45〜2017-12-10 09:12:10第13回科学検定 科学基礎5級 ※小学校高学年レ [続きを読む]
  • 11月のお仕事記録
  • 11月中旬 お仕事関係提出物11月下旬 お仕事関係の会に出席趣味的その後の話の(2)掲載11月は今年2作目(少なくて反省中)となる作品に、なんとか<完>がつけられた月でした。前回同様、結果は微妙に微妙な気もしますが、<完>までいけば改稿もできるので、個人的には安堵しました。前にネットで「天才じゃなくても20作くらい書けば1作くらい傑作が」と読んだ気もするので、傑作まであと18作書けばいいんだ、と無理やり [続きを読む]
  • 犬恋花伝 その後(冬ごもり 2)
  •  スールは寝台が好きだ。 陽が高くなるまで惰眠をむさぼるのもいい。おいしい花をたんと持ちこみ、だらだらと食べるのもいい。 ひげが凍りつくような真冬の夜に、毛布にもぐりこむ瞬間の心地よさには、思わずクーンと鼻を鳴らしてしまう。寝台は彼の楽園だ。たまらない。 ――そんな自堕落なスールにとって、シャリジにたたき起こされるほど、不愉快な起床はなかった。「とっとと起きろ! この馬鹿犬が! もう昼前だぞ!」  [続きを読む]
  • 雑記 ラップタイム2
  • 今回の作業で、<完>までかかった日数は、プロット時間をのぞくと、およそ3カ月。ネット情報によるライトノベル作家さんの平均?を考えると、年に3〜4作は必須のようなので、「全込みで1作3カ月」が基本のような気も。それをふまえ、Twitter(ロックされてから怖くて個人的メモにしか使っていない)に記録した執筆状況を見直してみると。9月6日 609月7日 669月10日 69:9月23日 1029月25日 1119月28日 1 [続きを読む]
  • ネガティブな話 書けない時2
  • プロの方もそうでない方も、小説の書き方は人それぞれで、「万人に共通の絶対な」方法はないかな、と個人的には思います。自分自身をふまえても、まだいまいち「これ」が確立されていないというか。プロットなしで勢いのまま書いたものが(登場人物の名前さえ、AとかBレベル)、意外とすらすら最後までいって、しかも自分でもすっきりする出来だったり。その逆に細かな資料をつくって「いざ」とはじめてみたものの、中盤過ぎくら [続きを読む]
  • 10月のお仕事記録
  • 10月 お仕事関係郵便物、連絡など年産記録 140〜150 前後現在作業中のものにつき、脳内予定では2カ月で〈完〉をつけたかったのですが、中盤過ぎ辺りで引っかかり、戻ったり進んだり組み直したり、+半月適度は必要な状況に。悪い癖??なのか、昔から「中盤過ぎ辺り」で引っかかることが多く、いったいなにが原因なのか。設定が甘いのか見切り発車過ぎるのか、他に根本的な問題があるのか。自分もしんどいし時間的な見通しを阻 [続きを読む]