おやびん さん プロフィール

  •  
おやびんさん: フィールド探検 *無法地帯*
ハンドル名おやびん さん
ブログタイトルフィールド探検 *無法地帯*
ブログURLhttp://field-expedition.sblo.jp/
サイト紹介文身近な生き物を探索するおっさんのブログ 小さなワンダーランドを探して近所をうろつく不審者です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/10/13 13:27

おやびん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 初クワガタ
  • 先日、帰宅して階段を上っているとなんと、クワガタ発見!!5/22 コクワガタ♂大歯形まだ5月だというのに暑い日が続いていたからだろうか。夏をハイパーにセンシティブしてしまったに違いない。先駆けの功は大変名誉なものだというから、このクワガタもサマーフロンティアへのパイオニアになりたかったに違いない。屋内に迷い込むとロクな目に合わないだろうから外へ逃してやることにした。←やさしいが、この次の日は雨でかなり [続きを読む]
  • 今さらですが春ですね
  • そしてあと一週間で夏です。早いですね、ええ。冬は寒いので屋外探検は休止してましたがもう春も終わりです。春の次は梅雨ですよ。梅雨は雨が多いのであんまり外へ出たくないですね、ええ。職場の中庭である。(たぶん)コナラの木を切った跡に何かぷわぷわの物が生えている。き……きのこだ!この日は5月9日。こんな時期にきのこが生えるものなのか。一年中生えているきのこ以外だと、アミガサタケやハルシメジくらいしか思い浮か [続きを読む]
  • 探検ぼくのまち
  • 山に入ってキノコを探そうとしたけどうまい侵入口がみつからずすごすごと帰ってきた帰り道に立ち寄った梅林で一休み。(早口)一見きれいだがキャンプだかなんだかをやった連中の捨てていったゴミがめちゃくちゃ多い。何故自分で持ち込んだものくらいテメぇらで処理できないのか。ゴミ野郎どもめ……###この川の中もゴミでいっぱいだ。水は一見キレイっぽいが水質は残念なことになっていそうである。魚もいないようだし……。ん [続きを読む]
  • 20年ぶりのきのこ狩り 後編
  • 下山。下ばっかり見てたからたまには上も。キチョウ。我がフィールドでは山地に多い気がする。人里に多いモンキチョウと住み分けているのかな。木の枝で休んでいるキチョウな写真が撮れました。グヒヒこれなんだ。テングタケ科の何か。けっこうでかい。そしてもろい。引っ張ったら柄が途中でちぎれた。コテングタケ?まったくわからんがこういう見るからにヤバそうなキノコは何の遠慮も躊躇もなくぶっこ抜いて観察できるからその点は評価 [続きを読む]
  • 20年ぶりのきのこ狩り 前編
  • ※撮影日:10月下旬近所の低山、鞍掛山へ行ってきた。目的はもちろん、きのこ狩りである。とは言っても、この山のどこに何が生えているかなんてさっぱりわからないので、手当たり次第食えそうなキノコを採取していきたいと思う。グヘヘイノシシに注意か……。フッ、鍋の具材風情がいきがりおって。このおやびんにかかればワンパンでKOよ。とりあえず遊歩道に沿ってキノコを探す。ある程度人の手が入っており歩きやすい。普段着の上にジ [続きを読む]
  • いつもの探索
  • ※撮影日:10月またまたいつもの公園。ちょくちょく通うようになってしまったので、近所の奥様方の間で見慣れぬイケメンが優雅に散歩しているともっぱらの噂になっているに違いない。なっているに違いない。すぐ脇が海。潮風が当たる場所でもキノコには関係ないらしい。何か生えとる。多少塩水吸ってるだろうからしょっぱそうな実だ。キノコにとって10月は冬らしい。あれだけキノコがいっぱい生えてたにもかかわらず、10月に入った [続きを読む]
  • 悪銭身につかず
  • ◯営ひた◯海◯公園へ行ってきた。休日は戦場のような状態でとてもゆっくり見ていられないが、平日はわりと空いている。こういうところが交代勤務の強みよ……ムフフ。入ってすぐにある松林。とても綺麗に整備されている。こういう綺麗な松林ときたら。やっぱり……。キノコ生えてるか探すよ!!あたりまえじゃないか!!チチアワタケにシロハツ。君らは本当にどこの松林にもいるね……。おや、あれは……。!!大きなハツタケだ!し [続きを読む]
  • 続・公園のマツタケ
  • 今日もいつもの公園。鳥の巣が落ちていた。材料が綿くずみたいなゴミでできている。周囲に住宅地が多いので、こんな作りになったのだろうか。鳥の住宅事情も厳しいのだなあ……。10月に入っているが、チチアワタケはまだ元気。管孔がすっごい綺麗な黄色。めちゃくちゃ甘そうな感じがするが、多分食べたら下痢をするだろう……wそして公園を訪れた人に見つかると蹴散らかされる運命。南無……。地面からいきなりサルノコシカケが生 [続きを読む]
  • 煮ても焼いても
  • きのこの撮影が楽しくなり、暇さえあれば公園に出没するようになってしまった。やたらでかいオッサンが地面を見ながらキョロキョロ徘徊している様はなかなか怪しい。ていうか完全な不審者である。で、でかい。シロハツ?おやびんの小指が7cmだから、直径10cmくらい。シロハツは地面の下の方で子実体になるのか、やたら土や落ち葉を頭に乗せて生えている。キノコの形になってから地表へ出てくるようである。お陰で地中にいる間に虫 [続きを読む]
  • お気に入りと憧れと
  • で、お気に入りのこのキノコ。ヤマドリタケモドキかと思ったが、松林に発生するタイプはススケヤマドリタケという別種らしい。別種と言っても広葉樹に生えるか松林に生えるかの違いで、ほとんど見た目や味に変わりはないんだとか。図鑑でも見たことがなかった。意外と珍しい種なのかな?それにしても、モドキとか煤けとか酷い言われようである。本家がどれだけ偉いというのか。いつの日か本家ヤマドリタケ様にも出会ってみたいもの [続きを読む]
  • きの公園
  • ※撮影日 9月下旬さて、この近所の公園。マツタケモドキとフクロツルタケ以外にも様々なキノコが混在している。まず目につくのがチチアワタケ(たぶん)。敷地内の中央エリアを占領している。少々汚い見た目が量産型的な安っぽい印象を受ける。公園を訪れる人たちにも目につきやすく、よく引っこ抜かれたり足蹴にされたりしている悲しいやつ。うーむ……乳状の分泌液は出ない。しかしツバはなくヌメリイグチでないことはわかる。 [続きを読む]
  • 実は猛毒
  • 前回紹介した「どうも違和感を覚えたキノコ」。調べているうちにとんでもない情報が入ってきた。https://www.jataff.jp/kinoko/115.htmフクロツルタケ超猛毒菌である。公園内にツルタケがいっぱい生えているので調べていたら検索に引っかかった。先日食べたものはちゃんとマツタケ然としていたためマツタケモドキだったのだろうが、前回記事に乗せた写真群はまずフクロツルタケと見て間違いなかろう。(もちろん、違和感があった個 [続きを読む]
  • モドキのモドキ
  • 前回マツタケモドキと鑑定したきのこだが、どうも違うような気がしてきた。この時は9月下旬だったが雨が続いており、きのこ自体の形や模様も通常とは変わっていたのもあるが……。なんか違う。図鑑だとこう、もっとちゃんとマツタケの偽物という感じがするのだが……。個体によっては全然マツタケっぽくないのもある。そして何より、マツタケモドキの特徴として根本が急に細くなるというのがあるが、このきのこはメチャクチャぶっ [続きを読む]
  • 食べてみた
  • それでは採ってきたマツタケモドキを試食してみるとしよう。見た目はマツタケそのものだったが、香りがない。しかし美味しそうな見た目のため、期待度はMAX。テンションだだ上がり、失禁寸前である。きのこは洗うとよくないという話があるが、あれは市販品の話。虫やらナメクジやら犬のう◯こやらがくっついていそうな野生のきのこはよく洗わねばならない。料理法はマツタケ同様、ホイル焼きにする。素材そのものの味と食感が楽し [続きを読む]
  • 公園のマツタケ
  • その日は仕事が夜勤。時間は12:30。本来なら夜に備えて仮眠を取る時間帯である。しかしながらおやびん娘(2)が無慈悲にも「さんぽ、いく!」とおやびんベッドに突撃。嫌々ながら立派な父親であるおやびんは快く娘の要望に応え、近所の公園に繰り出すのであった。自宅は太平洋沿岸。目の前が海である。3.11以降、護岸工事が行われた結果、美しかった海岸線もコンクリートの壁しか見えないようになった。もちろん安全には変えられ [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして、おやびんと申します。自然や生き物が好きなおっさんです。日々何気ない場面で出くわした生き物や風景などを紹介していけたらと思っております。よろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …