梟の子 さん プロフィール

  •  
梟の子さん: 梟の子の日記
ハンドル名梟の子 さん
ブログタイトル梟の子の日記
ブログURLhttp://dark-eyes-owlet.hatenablog.com/
サイト紹介文古民家再生経過について、自身の覚書の為に記載しています。できるだけ費用を抑えた改修を考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/10/14 07:01

梟の子 さんのブログ記事

  • 照明用のスタンドを作成
  • 【単管パイプ製照明スタンド】今日もまずまずの天気だが、まとまった時間がとれないので片付け作業をする事にした。ただ、こんな作業ばかりでは面白くないので、日没が早くなるこの時期、夕方の作業を終える時間帯の照度不足対策にLED照明器具を購入した。合わせて照明器具用のスタンドも検討したが、細い鉄パイプをプラスティック製の接続部品で作成されたものは、接続部品が破損し使えなくなることが多いので、現場に転がってい [続きを読む]
  • 創業塾2017 第五、第六講座受講
  • 【但馬安国禅寺のドウダンツツジ】この季節になると各メディアで取り上げられる紅葉ネタ。先日、一度見てみたいと現地に行ってみた。【人の後ろ姿ばっかり】確かに額に入った風景写真のようだが、なにぶん人が多すぎる。ゆっくりと眺めている時間などない。そして今日は、先月から受講している講座の最終回。講師は第一講座と同じ中小企業診断士の三上康一先生。内容は「創業する時に必要な手続きや知識・人材の有効活用」と「ビジ [続きを読む]
  • 北の倉庫の片付け
  • 【食器の入った木箱】今日も天気が良かったが昼から予定があるので午前中だけ現場に行って倉庫内の片づけをすることにした。本当に進んだ感のない作業だが、この作業で倉庫内に再利用が可能そうな木材類を保管できるようにして、母屋内の解体作業を始めるつもりだ。それにしても次から次と物が出てくる。写真は牛小屋だったであろう所に置いてあった木箱。こんな所にあったら木箱も虫食いだらけだと思ったが意外と保存状態がよい。 [続きを読む]
  • 創業塾2017 第三、第四講座受講
  •     【名刺の試作】2017.11.11土曜今回の内容は「売り上げにつながる名刺作成講座」講師は奥森九月氏と、「創業者に欠かせないITの活用」講師は小林晃氏。第三講座。あなたの名刺を優秀な営業マンに変えるでは二人一組になって、自分の商品やサービスの強みを書き出し、自分が仕事やお客様から感謝されたり褒められたことを話す等、ワーク形式で名刺に記載する内容を考えていく。第四講座。クラウドを使った効果的な事業展開で [続きを読む]
  • 小屋裏部屋の掃除
  • 【部屋の中にあったランプ】今日も現場に行って、倉庫の小屋裏部屋の掃除をすることにした。【部屋の中の状態】こんな感じで細々したものが土ぼこりまみれのままで放置されている。この部屋にとりあえず取り置くものを保管し、作業スペースに余分なものがない状態にしたいと思い土ぼこりだけでも掃除機で吸い取ることにした。【ローラースケートの様なもの??】これはなにに使うものかわからない。【木の枝で手作りした燭台】昔の [続きを読む]
  • ブルーシートの張り直し
  • 【今日の作業の成果】今日は朝から天気も良く、久しぶりの現場だ。と言っても新たな作業ができるわけではなく、二週続けての台風で吹き飛ばされたままのブルーシートを張り直す作業をやることにした。で、今日の成果が上の写真。【張り直す前の状態】4枚張っていたシートが見るも無惨な状態。しかもこの瓦が次の写真の状態。【波打った瓦】甍の波と言うが波打ちすぎ。いったいこの下の垂木はどんな状態なんだ。見るのが怖い。【瓦 [続きを読む]
  • 創業塾2017 第二講座受講
  • 【持参したメモ用紙と筆記具】先週に続き加古川商工会議所主催の創業塾の第二講座を受講。今回の講師の先生は株式会社H.A.L.の東正博先生。今回の内容は「競合にまけないマーケティングを考える」と「融資を得るための数値計画の考え方」だった。マーケティングとは、顧客の真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動。知らない人に商品やサービスを知ってもらってレジでお [続きを読む]
  • 今週末も雨
  • 【ブルーシートが外れたままの屋根】まさかの二週続けての台風接近の予報。台風自体はまだ列島に近づいていないが、秋雨前線による雨で朝から雨。先週の台風ではがされたシートを元に戻そうにもこれじゃあ屋根にも上がれない。とりあえず心配なので現地に行って状況を確認。【母屋との接合部位の離れ側】一番気になっている箇所がここ。なんとかブルーシートが残って頑張ってくれているのか、確認できる雨漏りはなさそうだ。【上記 [続きを読む]
  • 二級建築士の受験対策
  • [【建築技術教育普及センターのホームページ】昨日、思わぬ人から二級建築士の受験対策のアドバイスを依頼された。と言っても私は建築士でもなんでもない。ただ、これまで興味がわいた資格試験は受験資格があればとりあえず受験してきて合格をしてきた経験があり、どんな資格も十分な対策をとれば何とかなると考えている。ただし、択一試験対策だけで、記述試験や実技試験は簡単にはいかない。そこで、二級建築士ならば興味もある [続きを読む]
  • 雨漏りの様子
  • 【玄関前の様子】今日もやっぱり雨。とは言っても週に一度は現場を見ておかないといけないと思い、雨合羽に長靴を履いて現場に向かった。長靴は大正解やったなぁ。玄関前の水溜まりがスニーカーだと完全に水没する水深。【敷地からの排水の状況】敷地の外周を回ってみると、排水している箇所がここだけで、しかもこの水量だ。これでは敷地内に降った雨水が溜まる一方だ。【離れの側の水溜まり】ここも雨水の逃げ道がないのでこの状 [続きを読む]
  • 創業塾受講
  • 【塾のテキスト】ここ数週間は雨がちな天気が続いて、週末に現地に行っていない。いや、天気ばかりが原因ではないかもしれない。どうも作業に弾みがつかない。改修コストばかりが気になって、コストのかからない作業ばかりを選択していると進捗が目に見えてこないし、第一面白くない。したがって、ブログの更新も滞っていた。このままでは負の連鎖だ。そこで、過日加古川商工会議所さんから届いたダイレクトメールの案内で、創業塾 [続きを読む]
  • 自作のメリット
  • 【メインPCのコントロールパネル】昨夜PCを使おうと電源スウィッチを押したが、全く起動しない。何度押しなおしても電源ランプが点灯から点滅に変わってそのままになり、モニターには何も表示されない。最近、PCの挙動が怪しかったので、そろそろ組立て直さないといけないと考えていたところだ。しかし、ここんとこ休日は特に用事がなければ現場で過ごしていたので、組立パーツの購入もしていない。さぁどうするか。ハードディスク [続きを読む]
  • 求む!! 改修のパートナー
  • 【10畳の離れの縁側の下】縁側の下がスレート瓦でふさいであるが、これでは床下の風通しが良くない。そこで、この瓦を外してステンレスの網のようなものを張って床下の換気を改善したい。【母屋の床下】こちらは根太の上に置いていた畳が片付いたので根太をはずす作業もやらないといけない。【屋外の廃材】解体が進むと出る廃材。そのまま処理場にもって行ければいいんだが、そうもいかない。放置すると草に埋もれてしまう。【生い [続きを読む]
  • 解体用の道具
  • 【電気チェーンソー】解体作業を見ていると便利な道具がある。以前、庭の大木の処分に困って林業男子にお願いして伐採をしてもらったときにはエンジンチェーンソーだった。その時はチェーンソーと言うのは気軽に手を出せないと思ったが、今回は電気チェーンソーを使わせてもらって、これなら音も比較的静かなので使えそうだと思ったので中古品を探して購入してみた。他にも頻繁に使う道具がある。【バール各種】これらも大活躍の手 [続きを読む]
  • 母屋内の片付け
  • 【半分に切断した畳】母屋で作業を始めるときは、残っている根太の上のものをよけながらの作業になる。これも効率が悪いので廃棄するものは廃棄していくことにした。そこでやっぱり厄介なのが12枚の畳。長いし重いこの畳。移動させる度に手間がかかる。なのでこの畳、半分に切断して一人でも移動しやすくした。これで搬出もしやすくなった。【根太の上から畳をおろした】一見根太も大引も残って大丈夫そうだが、所々太い大引きでも [続きを読む]
  • 本職と共に作業をすると言うこと
  • 【大黒柱の前の空き家時代の主】7月、8月と合わせて本職の方に入ってもらって作業をやってみた。日数で言うと5日、本職の方の延べ人数は約11人。こちらの休日に合わせて作業に入ってもらったので、土日の作業となリ、資材が不足しても買い出しに走れるのはホームセンターぐらいになる。作業を共にして感じたことは、休憩時間をまめにとると言うことだった。暑い季節だったので、適切な休憩時間の取り方は必要なことなんだろう。実 [続きを読む]
  • 久しぶりの塗装作業
  • 【西側倉庫のトタン板】屋内の作業を進めようとすると、屋内の諸々の物が邪魔になってくる。北側、西側の倉庫に移動している物もあるが、それぞれの倉庫もそれらの物であふれてきたので、倉庫に移動するスペースもなくなってきた。そこで先週ぐらいから倉庫内で廃棄できそうな物の廃棄作業をやっている。その中に錆止め塗料の缶があり、少し塗料が残っていたので使い切ることにした。【残った錆止め塗料で塗装したトタン板】全面に [続きを読む]
  • 水盛り管による不同沈下の測定
  • 【自作した水盛り管】主な柱の蟻害のひどさはわかっているが、柱の不同沈下がどの程度かは確認したことがなかった。プロの方なら当然レーザー測定器で確認するのだろうが、まずは水盛り管を自作してみた。2lのペットボトルに内径9mmの透明ホース10mを接着剤で固定して、そのペットボトルを小型の三脚にぶら下げて準備完了。ペットボトルに水を入れてホース内に気泡がないことを確認。一度に母屋全体を測定しようとホースを長く [続きを読む]
  • 腐朽した柱の交換
  • 【腐朽した柱を抜いた接合部】先週末は土日連続で現場に行き、大工さんと一緒に作業を行った。これまでブログのアップはできるだけ当日中にするようにしていたが、作業して帰宅後は体も頭も機能停止状態。で、日曜日の作業を今日アップすることに。この日は母屋で一番雨漏りのひどかった箇所の柱を入れ替える事にした。この柱、三方から横材が組み合わさって接合されているので加重もそれなりにある。おまけに軒桁の片方は腐朽がひ [続きを読む]
  • 離れとの接続部の解体
  • 【雨漏りによる腐朽箇所の補強】今日も朝から暑い。お盆も過ぎたがまだまだ酷暑の中、大工さんに来てもらっての作業開始。接続部の解体を始める前に屋根の加重が利いている離れ側の柱の根元が腐朽しているので、新しい柱を添えて設置した。今日の作業をDIYでやる計画では、単管パイプを屋根の下にフレーム状に組んで屋根を補強し、瓦を下ろしてから上から下に解体していくつもりだった。この方法だと屋根瓦を下ろしてしまった後の [続きを読む]
  • 廃材の処理
  • 【廃棄木材】北の倉庫の足元に埋もれていた木材類。再利用できそうなものはほとんどない。かと言って、このような廃材をすべて業者に引き取ってもらうとなるとそれなりの金額になる。伊那谷の古民家再生の野人さんの所のように薪ストーブや、薪ボイラーがあれば燃料の足しになりそうなものはあるんだが。この類のものはこれからいくらでも出てくる。なんか良い手はないものか。【古瓦の山】こちらは廃棄業者にも引き取ってもらえな [続きを読む]
  • 屋根の補修と屋内の解体
  • 【瓦屋根の補修】今日も酷暑の中、京口左官工房の松田さんと屋根の上。少しでも涼しいうちにと、屋根に上がったが、既に暑い。【棟の瓦の補修】本当は葺き替えた方が良いのだろうけれど、今はそこまで手(資金)がまわらないので、とりあえずの補修でしばらく待っていてもらいたい。で、今日の本題。離れとの接続部の解体の前に、離れ側の開口部の柱の補強をする事にした。【離れとの接続部の柱】この部分は雨漏りがひどく、白蟻の餌 [続きを読む]
  • 瓦屋根の補修作業
  • 【丸瓦の補修】ここの丸瓦、長さの調整のために短くした瓦を入れるのはわかるが、その短くした瓦が上から2番目に入れてあった。隙間もあるし、なんか見た目の納まりも悪いので入れ替えることに。【瓦を入れ替えた後】さすがお寺の屋根の保守もやられている松田さんです。うまく納まった。【離れとの接続部 北側から】この辺りには古瓦が山積みになっていたり、古い板材や雑草に覆われていた場所だったが、すっきりした。【離れと [続きを読む]
  • 古民家再生の新たなスタート
  • 【離れの屋根】母屋の塗装作業が終わって新たな目標を思案して途方に暮れていたところに、姫路の左官職人の松田さん(京口左官工房)に作業の指導をお願いしたら快く引き受けてくれた。とりあえず離れ側の屋根の瓦の保守作業を見学させてもらった。朝から屋根の上での作業で、太陽が頭上に近づいてくる頃には下に降りて敷地内の整備についても指導や提案をいただきながら一緒に汗をかいた。【北東の倉庫周り】こちらの倉庫の足元に [続きを読む]
  • やはり屋根が気になる
  • 【西の離れと北西の倉庫の屋根】母屋のトタン屋根の塗装が終了してから次の作業を思案していて、北の倉庫を解体して駐車スペースの確保をはかろうと考えていた。ところが、先日の記事を見られた左官職人の方が一度屋根を見てあげると言うことで、今日屋根の上に一緒に上がって普段瓦屋根のメンテナンスをされている目で見た現状の説明をしてもらい次の目標も屋根にする事にした。こちらの離れはこの物件の購入を決断した理由の一つ [続きを読む]