komako2000 さん プロフィール

  •  
komako2000さん: 徒然なるままにBL暮らし
ハンドル名komako2000 さん
ブログタイトル徒然なるままにBL暮らし
ブログURLhttp://komako.tokyo
サイト紹介文商業BL感想ブログです。好きな作家は市川けいさん絵津鼓さん木下けい子さ秀良子さんまさお三月さん
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/10/14 00:44

komako2000 さんのブログ記事

  • 「私は司会者」村上キャンプ著
  • 闇の深さに「萌え」どころじゃなかった。「わたしは司会者」村上キャンプ著私は司会者【電子限定描き下ろし漫画付き】[著]村上キャンプ 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。お昼の番組の顔である「花城大輔」は、テレビで演じている爽やかな顔とは別に、誰が見てるかも分からないベランダで全裸で男に掘られる事が好きな変態の顔を持っている。むしろ変態の顔の方が本来の自分なのに…と、演じている自分とのギャップに疲れを感 [続きを読む]
  • 「ブライトライトスプラウト」市川けい著
  • 今回はあらすじは書きません。どういう設定で、どういう攻で、とか関係ない。とりあえず読んで欲しい。話はそれからだ。「ブライトライトスプラウト」市川けい著ブライトライトスプラウト【上下巻セット・電子限定描き下ろし付】[著]市川けい 今まで自分は、BLの「人を好きになること」の過程とか全部すっ飛ばして「とにかく好きなんだ、男同士だけどっ!止まらないんだっ!」というところに萌えていたし、そんなところが最高だ [続きを読む]
  • 「ワンダー・ボーダー」上田アキ著
  • 友人に薦められて読みました。「ちょっとリアルすぎるね」という感想を伝えると「リアルてっ!」と爆笑され、自分のフィルターが腐りすぎて一般的な視点を失っていた事に気づかされた作品です。「ワンダー・ボーダー」上田アキ著ワンダー・ボーダー【電子限定描き下ろし漫画付き】[著]上田アキ 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。高校時代に付き合っていた相手に、卒業と同時に一方的に別れを告げられた洋春は、今はとても優し [続きを読む]
  • 「陰と日向のボーダーライン」大島かもめ著
  • 作家買いです。思ってたような話と全然違った。「陰と日向のボーダーライン」大島かもめ著陰と日向のボーダーライン[著]大島かもめ 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。※表題作ともう1作、計2つのお話が入っています。 まずは表題作から。 基本は丸山課長の視点からの物語になっていますが、柴村からの目線の方があらすじが書きやすいので、柴村目線で書かせていただきます。 柴村は電車で妊婦に席を譲らない人を注意するほど [続きを読む]
  • 「ごめんしたって許さない」博士著
  • エロ本でした。 「すんごい良い!何度でも楽しめる!」と思ってる自分が女性として恥ずかしくなる位、ガッツリエロ本でした。「ごめんしたって許さない」博士著ごめんしたって許さない[著]博士 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。青森出身の田舎っぺ「北島」は、東京さ上京して友達100人作ってインスタグラムばフェイスブックするつもりでしたが、あれよあれよと都会人の悪意に乗せられてウリをするようになってしまいました。 [続きを読む]
  • 「フルーツ、ガトーショコラ」キタハラリイ著
  • 「ジェラテリアスーパーノヴァ」が良かったので続編を買おうと検索していたところ、先にこちらが表示され、サンプルを読んでどうしても読みたくなってしまったので予定外の購入。でも、良かった!もしかしたら私にとってハズレのない作家さんなのかも。「フルーツ、ガトーショコラ」キタハラリイ著フルーツ、ガトーショコラ[著]キタハラリイ 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。地味で非リアの営業マン米倉は、取引先との合同打 [続きを読む]
  • 「インディゴの気分」丸木戸マキ著
  • 前作「ポルノグラファ―」を読み直してから読みました。っていうか、BLは絶対最後くっつかなきゃ自分が幸せになれない腐女子の方は、必ず「ポルノグラファ―」を読んでから読んだ方がいいと思います。多分「インディゴの気分」だけ読んだら感想違ってた。絶対最後くっつかなきゃ腐女子の自分は、前作から続けて読んだので、とりあえず、死ぬほど良かった。いや、過去の自分は死んだ。最後くっつく事が最高の恋愛の在り方とは限ら [続きを読む]
  • 「SUPER NATURAL/JAM」絵津鼓著
  • 美容専門学校の二人の話「SUPER NATURAL」の、その後のお話ですね。前回のお話の感想はこちら ⇒ 「SUPER NATURAL」 「SUPER NATURAL/JAM」絵津鼓著SUPER NATURAL/JAM[著]絵津鼓 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。就職を機に上京して同棲を始めた暢と大地。相変わらずラブラブなんだけど、大地の心のくすぶりが徐々に大きくなって、暢の何気ない行動で一気に歯車が嫌な方向へと [続きを読む]
  • 「ギヴン」キヅナツキ著 
  • 前に1巻だけ読んで、勝手に「これはBLではないかな」と判断し放置していたんですが、最近になって2巻3巻も読んでみました。「ギヴン」キヅナツキ著ギヴン(3)[著]キヅナツキ 以下、1巻〜3巻までまとめてネタばれしているあらすじ&感想です。バンドをやっている高校生上ノ山は、今までしゃべった事もない別のクラスの真冬に「ギターを教えてくれ」としつこく絡まれ、自分のバンド練習を見学させることに。それがきっかけで [続きを読む]
  • 「もっと結んで、ひらいてはやく」なりた晴ノ著
  • 別に性癖ではないですが、「縛られたい男ってタマンナイッ!」と思い、購入しました。「もっと結んで、ひらいてはやく」なりた晴ノ著もっと結んで、ひらいてはやく【電子限定描き下ろし漫画付き】[著]なりた晴ノ 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。女にモテモテのイケメンリーマン利人(ノンケ)は、「緊縛」に興味がある変態。そんな利人に恋をしているゲイの千葉は、ある日、利人に「自分を縛ってくれ」とお願いされる。利人は千葉 [続きを読む]
  • 「KOH−BOKU」未散ソノオ著
  • 今3チケで無期限だよ!なので読んでみました。単純に「男同士」のエロに萌えてるわけではない派の腐女子と、そんなの大前提であって関係性があってこそのエロを楽しむべきでしょ派の腐女子で揉めそうな作品。「KOH−BOKU」未散ソノオ著KOH−BOKU[著]未散ソノオ 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。経済産業省のお役人、つまり「公僕」である柏木は、上司である究さんを番犬のように慕い、時には東大卒の頭を生かし究さん [続きを読む]
  • 「ジェラテリアスーパーノヴァ」キタハラリイ著
  • 続編が最近発売されたみたいですが、とりあえず1巻を読みました。歌の歌詞みたいなお話でした。「ジェラテリアスーパーノヴァ」キタハラリイ著ジェラテリアスーパーノヴァ【Renta!限定漫画付】[著]キタハラリイ 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。大学生の主人公は、出会い系サイトで知り合った名前も知らない年上の男と身体だけの関係が続いている。出会いが出会いだから、プライベートな話を詮索しても良いのか分からず身体 [続きを読む]
  • 「さよならアルファ」市梨きみ著
  • 「3分インスタントの沈黙」で、この方の作品の世界に自分は入っていけないと思っていたんですが、今回はオメガバースの設定もあってか、すんなりと入っていけました。それどころか、面白かった。「さよならアルファ」市梨きみ著さよならアルファ【電子限定かきおろし付】[著]市梨きみ 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。生徒会長で容姿端麗、喧嘩にも滅法強く、誰からも好かれる完璧な男、「千夏」は、どう考えても自分はアルフ [続きを読む]
  • 「学園天国それは恋です小泉くん」秀良子著
  • タイトルと表紙に釣られラフな感じで手に取ったとしても、心して、読んだ方がいいかもです。「学園天国それは恋です小泉くん」秀良子著学園天国 それは恋です小泉くん[著]秀良子 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。「皆のアイドル小泉君」の正体を、ざっくりと3つの視点で描かれています。(ざっくりとですよ)まず一つ目は、小泉くんにレイプされてしまった、ヤンキー(風)柏原君の視点。正直、唐突過ぎて萌えもエロも感じな [続きを読む]
  • 「お日柄も良く」まさお三月著
  • 大正義まさお三月先生の新刊読みました!「お日柄も良く」まさお三月著お日柄もよく[著]まさお三月 以下、ネタばれ含むあらすじ感想です。大学生の二池は彼女に振られた喫茶店でイケメンの店長になぐさめられた事がきっかけで、その喫茶店の常連客となります。そこで出会ったのが同じ大学の柊太。柊太はいつも怒っていて、気になって大学でも絡むうちに、ようやく話をしてくれるレベルになります。で、柊太が怒っている理由とは、 [続きを読む]
  • 「童貞ってバレたら死ぬ」倫敦巴里子著
  • タイトルインパクトありすぎで購入してしまいました。「童貞ってバレたら死ぬ」倫敦巴里子著童貞ってバレたら死ぬ【電子限定描き下ろし漫画付き】[著]倫敦巴里子 以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。 ※表題作のほか、2作品あり。「童貞ってバレたら死ぬ」バラエティ番組のプロデューサーである結城は、今でこそイケてる業界人風になってはいるが、もともと冴えないお笑い好きADだった為、実際は未だ童貞のイケてない男。早く [続きを読む]
  • 「エモーション!」秋平しろ著
  • 物語の軸になるカップルよりも、当て馬なる登場人物に萌えをくらった作品でした。「エモーション!」秋平しろ著エモーション!【電子限定おまけ付き】[著]秋平しろ 以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。高校生の翔平は、小学生の頃から親友の一樹に恋をしています。友情が壊れてしまうのが怖くて、この思いを伝える気はなかったんですが、転校生の稲荷くんの出現によって伝えざるを得ない状況に!翔平が一樹の事を好きなのを知っ [続きを読む]
  • 「マリーゴールド」イシノアヤ著
  • 観葉植物じゃなく、お花を飾ってみようかって気分になる作品でした。「マリーゴールド」イシノアヤ著マリーゴールド[著]イシノアヤ 以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。※表題作の他、5作品ありますが、私は表題作の事しか書きませんよ。 主人公の音喜多(攻)は、出勤前にランニングしている公園で出会って話をするようになった塩田さん(受)が密かに好き。ある時、一緒に呑みに行った帰りで思いを伝えるべく「俺とつきあって [続きを読む]
  • 「とりあえずキスしてください」たき猫背著
  • Renta!ではまだ配信されていませんね。表紙が気になったので、BOOK☆WALKERで購入してみました。 「とりあえずキスしてください」たき猫背著BOOK☆WALKER以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。※表題作ともう一つ別の作品が入っています。 まずは表題作から。 高校生の主人公は、同級生の稔治とAVを一緒に見る仲ですが、ある時一緒に抜く事に。主人公は抜くだけではなく「キスもしたい」と思ったのですが、キ [続きを読む]
  • 「発情期じゃなきゃ殴ってる!」佐崎いま+高瀬ろく
  • タイトルからしてオメガバースかと思いきや、また違う、別のいやらしい設定でした。「発情期じゃなきゃ殴ってる!」佐崎いま+高瀬ろく 著発情期じゃなきゃ殴ってる!【特典&カバーイラスト付き】[著]佐崎いま : 高瀬ろく 以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。警察官の宇佐美は「ウサギ」という特異体質で、満月の夜に毎回発情期を迎えていました。ある満月の夜、出会った男に「お前ウサギか?」と言われ、ビックリして逃げて行 [続きを読む]
  • 「好きだからキスしたの?」木下けい子著
  • 気持ち悪い顔になっても構わない、という明確な覚悟がないと読み進められませんね、この作品は。「好きだからキスしたの?」木下けい子著好きだからキスしたの? 【電子限定おまけマンガ4P付】[著]木下けい子 以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。高校生の藤沢(受)は同級生の綾瀬(攻)と付き合っている。これが初めての恋愛である藤沢はキスも初めてで、「生々しいのは気持ち悪い」と思ったり、自分は相手の事を何も知らない [続きを読む]
  • 「SUPER NATURAL」絵津鼓著
  • 6月27日に続編が発売されるみたいですね。楽しみー( *´艸`)♪「SUPER NATURAL」絵津鼓著SUPER NATURAL【おまけ付きRenta!限定版】[著]絵津鼓 以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。美容系の学校に通うノブルは、同じ学校に通い美容師を目指して頑張っている大地への恋心を自覚し、最近とてもイライラしています。実際問題、大地に対しての態度が、意識しすぎてキツくなりがちで、心の中で「好きかもとか思ってごめ [続きを読む]
  • 「その世のどこか、地図にない国」鯛野ニッケ著
  • 主人公が、まさかの「ただの当て馬」という珍しいお話でした。でも当て馬対象になっていたカップルが非常に良くて、満足!「その世のどこか、地図にない国」鯛野ニッケ著その世のどこか、地図にない国【電子限定描き下ろしマンガ4P付】【ペーパー付】【Renta!限定おまけ付】[著]鯛野ニッケ 以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。地図上の空白になっている国交断絶した国に、興味本位でたどり着いた主人公は、その国の王子である美 [続きを読む]
  • 「スリーピング・バグ」京山あつき著
  • ずっと気になっていた作品、読んでみました。何となくだが、この作家さん、私とは別のところに男の色気を感じていると思う。「スリーピング・バグ」京山あつき著スリーピング・バグ[著]京山あつき 以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。夢も野望もない、恋愛すら興味のない若者である主人公潤野は、大学のインターシップで来ていた会社にそのまま就職し何となく働いているのですが、会社の先輩「本郷さん」が少し気になっている感 [続きを読む]
  • 「野良猫に首輪を」未散ソノオ著
  • 受の気持ちが最後まで分からないのに、読んでて幸せでした。こんなBL、私、はじめて。「野良猫に首輪を」未散ソノオ著野良猫に首輪を[著]未散ソノオ 以下、ネタバレ含むあらすじ感想です。個人で開業コンサルをやっている片桐は、営業場所として使っているカフェで、美青年の三田と出会います。個人事業主の為、片時も仕事を忘れられず常に固い顔で生活していた片桐でしたが、一緒に話して固い顔をほぐしてもらった三田に何となく [続きを読む]