ぶるーたす さん プロフィール

  •  
ぶるーたすさん: アマチュア野球見聞録
ハンドル名ぶるーたす さん
ブログタイトルアマチュア野球見聞録
ブログURLhttp://amateur6ase6all.blog.fc2.com/
サイト紹介文アマチュア野球の試合の観戦記を中心に、アマチュア野球の見どころや筆者が思ったことを書きます。
自由文アマチュア野球の試合の観戦記を中心に、アマチュア野球の見どころや筆者が思ったことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2016/10/14 17:20

ぶるーたす さんのブログ記事

  • 聖光学院×利府 【秋季東北大会準々決勝】
  • 10/15 秋季東北大会準々決勝聖光学院×利府 @あづま球場試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください聖光学院は1回表、先頭の田野がエラーで出塁すると、2番横堀の左中間への2ベースであっという間に先制。さらに四球と犠打で2・3塁とすると5番須田の犠牲フライ、6番星の左中間へのタイムリー2ベースで初回に3点をあげる。2回表にも9番衛藤からの3連打で利府のエース長谷川を [続きを読む]
  • 花巻東×角館 【秋季東北大会2回戦】
  • 10/14 秋季東北大会2回戦花巻東×角館 @あづま球場秋季東北大会の2回戦で岩手1位の花巻東と秋田2位の角館の対戦。昨年も東北大会の初戦で激突した2チーム(このときは角館が5−1で勝利)が1年の時を経て、再び東北大会の初戦で激突します。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください花巻東は2回表に先頭の4番紺野がチーム初ヒットとなるライト線への2ベースで出塁すると、6番 [続きを読む]
  • 日大二×八王子 【秋季東京大会1回戦】
  • 10/9 秋季東京大会1回戦日大二×八王子 @上柚木球場夏の西東京のベスト4である日大二と八王子の2チームが、秋季東京大会の初戦でいきなり激突です。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください日大二は1回表、先頭の菅野悠のヒットを皮切りに、制球の定まらない八王子先発の北澤から満塁のチャンスを作るも無得点。その裏、日大二の先発の戸谷は八王子打線に1球もバットに当てさせ [続きを読む]
  • 専大付属×関東一 【秋季東京大会1回戦】
  • 10/7 秋季東京大会1回戦専大付属×関東一 @神宮第二球場春季東京大会、秋に完成度の高いチームをもってくることには定評のある関東一の初戦は専大付です。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください関東一は1回裏、先頭の斎藤が粘った末にレフトオーバーの2ベースで出塁すると、四球→タッチアップ→盗塁で2・3塁として4番石??を迎える。石橋も粘った末の8球目を打つと強烈な [続きを読む]
  • 大阪桐蔭の高卒連続プロ入り記録は途絶える?
  • 大阪桐蔭の偉大な記録がいまピンチを迎えている。■2010年江村 直也(ロッテD5位)■2011年西田 直斗(阪神D5位)■2012年藤浪 晋太郎(阪神D1位)■2013年森 友哉(西武D1位)■2014年香月 一也(ロッテD5位)■2015年青柳 昴樹(DeNA D6位)■2016年高山 優希(日本ハムD5位)ここのところ7年連続で高卒でプロ入り選手を輩出していた大阪桐蔭。高卒での連続プロ入りとなれば、あの横浜でも最高4年、PL学園でも3年 [続きを読む]
  • 堀越×佼成学園 【秋季東京大会1回戦】
  • 10/8 秋季東京大会1回戦堀越×佼成学園 @ネッツ多摩昭島スタジアム秋季東京大会で1回戦から堀越と佼成学園という強豪校どうしの対決です。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください堀越は2回表に先頭の7番小柳がライトスタンドにホームランを放ち先制。4回表にも今度は小柳のセーフティバントからチャンスを作ると2番の主将小宮がライト前にタイムリーを放ち2点を先行する。追 [続きを読む]
  • 国士舘×早大学院 【秋季東京大会1回戦】
  • 10/7 秋季東京大会1回戦国士舘×早大学院 @神宮第二球場秋季東京大会は初日雨に見舞われて多くの球場で試合が中止になりましたが、水はけなど皆無の神宮第二球場は開始が5分遅れただけで無事に試合開始です。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください国士舘は1回表、先頭の倉田のヒットと四球で1・2塁とし、さらに田中のバントもヒットになり無死満塁。4番嶋崎のセンターへの犠 [続きを読む]
  • 秋の東京大会の注目選手と組み合わせ
  • 関東圏では最後となる秋季東京大会が明日いよいよ開幕します。ということで今回は秋季千葉大会の注目選手と組み合わせについて書きたいと思います。まずは注目選手↓清宮がいなくなっても早実4番野村は健在夏には4試合連続ホームランを放った関東一の石橋春に5ホーマーの日置は日大三の新チームでは3番ショート主将二松学舎大付の新4番として東海大菅生から4打点をあげた平間そして組み合わせ↓戦力的に充実しているのは早稲 [続きを読む]
  • 秋の神奈川総括+ベストナイン
  • もう終わってから少し時間が経ってしまいましたが…この秋の神奈川大会の総括+個人的にベストナインを選んでみました。本来ならば優勝した東海大相模から書くべきところだが、この秋の神奈川の1番の衝撃であったのが準々決勝での横浜のコールド負けだ。前チームからのレギュラー6人いて、他にもベンチ入りしていた選手が多く、実力・経験値ともに神奈川トップといえる存在であった横浜はこの大会でも、三浦学苑・アレセイヤ湘南 [続きを読む]
  • 秋の埼玉は花咲徳栄が優勝
  • 秋季埼玉大会も昨日終わり、花咲徳栄が4年ぶり5回目の優勝を果たしました。甲子園優勝で最悪だったスタート夏の甲子園優勝を果たした花咲徳栄は当然のことながら、新チームの始動は遅かった。さらに優勝時のレギュラーで下級生は野村のみという状態であったために、経験不足も否めない。そんな中予選を勝ち抜いて迎えた本大会の初戦。監督間の投票により第1シードに選ばれた花咲徳栄の初戦の相手は格下の滑川総合であったが、守 [続きを読む]
  • 明治大×立教大 【東京六大学野球リーグ】
  • 10/1 東京六大学野球リーグ明治大×立教大 2回戦 @神宮球場明治大と立教大というこれまでの2カードで勝ち点をとっている首位同士の対決で、このカードの勝ち点が優勝に大きく影響します。1回戦は明治大が先勝して迎えた2回戦。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください明治は1回表に竹村が先頭打者ホームラン。立教先発の手塚はこれに動揺したか、続く添田にストレートの四球を [続きを読む]
  • 常総学院×明秀日立 【秋季茨城大会準決勝】
  • 9/30 秋季茨城大会準決勝常総学院×明秀日立@ひたちなか市民球場常総学院と明秀日立という茨城の王者と新興勢力が関東大会の椅子をかけて戦います。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください常総は2回表に2死から8番菊地が右中間に2ベースを放つと、ここから明秀はエース細川のワンバンのストレートをキャッチャー高田が2球止められず、常総がワイルドピッチで先制する。対する明 [続きを読む]
  • 衝撃であった埼玉ベスト4
  • 秋季埼玉大会では今日準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。しかしその顔ぶれは当初の予想と大きく異なるものであった。順当であったシード校この秋の埼玉のシード校は花咲徳栄・浦和学院・春日部共栄・埼玉栄の4チームであった。個人的にも埼玉4強と思っていたチームが順当にシードとなった。なぜこれほど綺麗に4強がシードになったかというと、このシードは各チームの監督投票により決められたからである。そうでなければ、 [続きを読む]
  • 慶応×東海大相模 【秋季神奈川大会決勝】
  • 9/24 秋季神奈川大会決勝慶応×東海大相模 @サーティーフォー保土ヶ谷球場秋季神奈川大会の決勝戦。この秋の関東大会は神奈川開催のため、勝ったチームは関東大会のスーパーシードとして1回戦が免除になります。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください両チーム無得点で迎えた3回裏に相模は、四球→バント処理ミス(記録はヒット)→ワイルドピッチで1死2・3塁のチャンスを作ると [続きを読む]
  • 滑川総合×花咲徳栄 【秋季埼玉大会2回戦】
  • 9/23 秋季埼玉大会2回戦滑川総合×花咲徳栄@県営大宮球場試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください滑川総合は2回表に5番鈴木がレフト線へ2ベースを放ち出塁すると、続く熊谷の打球をセカンドがトンネルして滑川総合が先制。しかし花咲徳栄は3回裏に羽毛田の2ベースとフィルダースチョイスで1死1・2塁のチャンスを作ると、1番野村がライトフェンス直撃のタイムリー2ベースで [続きを読む]
  • この秋の埼玉の注目選手と組み合わせ
  • 今日から秋季埼玉大会が開幕しました。そこでこの秋の埼玉の注目選手と大会の展望です。注目選手↓落差のスライダーは打てる気配のない浦和学院の佐野強肩強打で埼玉栄を牽引する渡部夏の甲子園優勝の4番打者が花咲徳栄新チームを投打で引っ張る秋は打つ方でも注目の春日部共栄の186?左腕渡部組み合わせ↓今年の埼玉の中心となるのは浦和学院。春の関東大会優勝の立役者ともなった佐野・渡邊・近野のピッチャー3人が残り、打線 [続きを読む]
  • 意外であった金成は社会人で桜井はプロという進路
  • 日大三の桜井がプロ志望届を提出した。これは桜井がU18日本代表から帰国したときに小倉監督が口にしていたことであり、同時に4番で150?左腕の金成が社会人へ進むことも明らかにされた。夏の大会で東海大菅生に敗れた後は金成が「プロでやりたい」と言っていて、桜井についてはそういう報道はなかったので、てっきり金成はプロ、桜井は大学と思っていたために、この展開は正直意外であった。そもそも日大三は知る人ぞ知る高校野球 [続きを読む]
  • 敬愛学園×中央学院 【秋季千葉大会1回戦】
  • 9/18 秋季千葉大会1回戦敬愛学園×中央学院 @天台球場試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください敬愛学園は初回、四球とバントエラー(記録はヒット)と中央学院先発の大谷の立ち上がりにつけ込み、1死2・3塁のチャンスを作るも4番・5番が倒れ無得点。対する中央学院は1回裏、先頭の宇田の2ベース→バント→四球で1死1・3塁のチャンス。ここで4番大谷は三振に倒れるも、5番 [続きを読む]
  • 我孫子東×習志野 【秋季千葉大会1回戦】
  • 9/18 秋季千葉大会1回戦我孫子東×習志野 @天台球場試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください習志野:飯塚、我孫子東:鶴岡の好投で始まった試合は、3回裏に習志野が石川のセーフティバントから2死1・3塁のチャンスを作ると4番柏木がつまりながらもセンター前に運んで先制。しかし直後の4回表に、我孫子東は竹塚が左中間を破る2ベースで出塁してバントで送ると、こちらも4番 [続きを読む]
  • 二松学舎大付×東海大菅生 【秋季東京大会1次予選】
  • 9/16 秋季東京大会1次予選 第5ブロック二松学舎大付×東海大菅生 @多摩一本杉球場なんというくじ運の斐だろうか…夏の東東京の覇者:二松学舎大付と西東京の覇者:東海大菅生がいきなり秋の1次予選で当たるという組み合わせ。負けた方は早くも夏春連続での甲子園出場の可能性がなくなるという試合です。試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください二松学舎は1回表に右田・野村の連 [続きを読む]
  • この秋の千葉の注目選手と組み合わせ
  • 明日から秋季千葉大会もいよいよ開幕します。ということで今回は秋季千葉大会の注目選手と組み合わせについて書きたいと思います。まずは注目選手↓投手としての完成度でいえば千葉No1であろう専大松戸の古川木更津総合の中軸として甲子園に出場した野尻そして組み合わせ↓今年の千葉は正直読みづらいです。全体的に前チームから主力が残っているチームが少なく、どこも大会が始まってみないとわからないところがある。ただその中 [続きを読む]
  • 夏の東西東京の代表校が初戦で激突!?
  • 先週末から各地で1次予選が始まった秋季東京大会。その第5ブロックではこの夏の西東京代表の東海大菅生と東東京代表の二松学舎大付が初戦から当たるというビックマッチとなっている。なんでこんなことになったかを説明するために、そもそも東京の秋季大会の1次予選の仕組みを説明する。秋の東京には地方大会というものがなく、東京大会を制すればセンバツは確定(これにより東京は北海道とともに毎年センバツに必ず1チームを出 [続きを読む]
  • 桐光学園×横浜商大 【秋季神奈川大会4回戦】
  • 9/10 秋季神奈川大会4回戦桐光学園×横浜商大 @サーティーフォー保土ヶ谷球場試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください桐光学園は1回表、先頭の楠本が粘った末に三遊間を破って出塁→バントで送ると、山田の1塁線の打球をファーストが捕れず(記録はヒット)先制。しかし天野のヒットと死球でなおも満塁とするも、ここで商大先発の青山が踏ん張って2者連続三振に斬ってとると試合は [続きを読む]
  • 横浜×弥栄 【秋季神奈川大会4回戦】
  • 9/10 秋季神奈川大会4回戦横浜×弥栄 @サーティーフォー保土ヶ谷球場試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください弥栄の先発河野は齊藤・万波・長南と横浜の主軸から三振を奪うなど快調な滑り出しに見えたが、2回表に2四球のあとショートエラーで満塁のピンチを招くと遠藤にしぶとくセンター前に運ばれ、横浜が2点を先制。さらに山崎・内海連続四球で押し出しとなり、横浜が3点目を [続きを読む]
  • 横浜隼人×法政二 【秋季神奈川大会3回戦】
  • 9/9 秋季神奈川大会3回戦横浜隼人×法政二 @サーティーフォー保土ヶ谷球場試合スコア※お手数ですが、もしスコアが見づらい場合には画面を拡大してみてください横浜隼人は毎回チャンスを作るも、法政二の岡部→杉山の前にあと1本が出ず、一方法政二は小石川の前にヒットが出ない状態で両チームとも4回まで無得点の試合となる。試合が動いたのは5回表、横浜隼人は1番佐藤が四球で出塁して盗塁を決め2死2塁のチャンスを作る [続きを読む]