式田香甫 さん プロフィール

  •  
式田香甫さん: 未生流古義堂教室(男性塾) 女性も受講できます
ハンドル名式田香甫 さん
ブログタイトル未生流古義堂教室(男性塾) 女性も受講できます
ブログURLhttp://kaoru1818.blog.fc2.com/
サイト紹介文古義堂とは伊藤仁斎に始まり明治まで続いた私塾です近年未生流華道教室として再スタートしました
自由文未生流の花形は「格花」と「新花」に大別できます
流儀の花「格花」を伝書に基づいて技術習得すると共に人としての礼儀作法も勉強します
又 師範資格のある方の研究会もあります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/10/14 19:15

式田香甫 さんのブログ記事

  • あづさ教室
  •  新花     分離型     花材=ソケイ リンドウ ナデシコ  相称型と同じ生徒の作品です 分離型の方が花材に合っている活け方である 自分で花材を調達する時は 取合せ 分量 それを如何に活けるか 等 考えながら花選びをするのは楽しい事である [続きを読む]
  • あづさ教室
  • 新花    相称型     花材=ソケイ リンドウ ナデシコ      副材が多めなので 相称型 分離型 の稽古とする 相称型の場合体が左右に出る為フラりとする花材か 横に張り出した趣きのある枝の方が向いていると思うがいたし方ない    [続きを読む]
  • 出張稽古
  • 格花     花材=槙   来月はお盆月なので「槙」の稽古をしたいので予習との事 三才格に入れた後五行格に入れてもらう 生徒さんは三才格が入る人は五行格を教えるそうだ [続きを読む]
  • あづさ教室
  • 格花     留流し     花材=伽羅   又木の張り方が大きく留の立ち上がりと同じ位の寸法の添え木を入れてもらった為足元が太くなった [続きを読む]
  • 研究会の花
  • 格花     花材=ナナカマド   何度活けても満足した活けあがりにならない 矯めても伸びてくる 風情は出ない 秋なら少しは「まし」に入れられたかも?と自分に言い訳をしながらハサミを置きました [続きを読む]
  • 支部研究会
  • 色彩盛花     花材=スモークツリー オクラレルカ カラー   色彩盛花の花材で自然手法は『有』か?と質問したところジャンルにこだわることは無いとの事 造形手法は活けると言うより造る作業の反復と意識していたのだが・・・・ [続きを読む]
  • あづさ教室
  • 小品花      花材=檜扇の葉 瑠璃虎の尾    毎年の事ながら取り除いた檜扇の葉に自分の好きな小花をチョイスして小品花を入れてもらう 一番高い虎の尾を短くして手前に入れた方が締まった感じになったのでは・・・・ [続きを読む]
  • あづさ教室
  • 格花      花材=檜扇   京都 大阪では夏祭りの七月には檜扇を活ける 花材の檜扇を見ると「あ〜祭りやナー」と心が騒ぎ『暑!』と感じる軸付き葉物 檜扇は五本までは用前三枚留前二枚の葉組が約束です 七本は用前三枚 九本からは角組をします 良く入っています [続きを読む]
  • 古義堂教室
  • 個性盛り花    横斜型   花材=ドウダンつつじ 鶏頭 アカパンサス  体用の枝葉を風情がでるようにカットの稽古 値段の関係も有る事と思えますが副材にもう少しボリュームが欲しかった せめてアカパンサスの葉でも添えられていれば・・・・・    [続きを読む]
  • 古義堂教室
  • 格花      花材=リアトリス 七本      足元を(五センチ程)葉蕾を取除きます 体3本 用2本 留2本 で姿を整えて活け上げます 教本ではそのようになっていますが 亡き恩師からは出生を重んじるなら「葉」を入れる と教わりましたので軸付きの葉を「らしく」添えてもらいました [続きを読む]
  • 出張稽古
  • 新花    自由型    花材=向日葵 ドラセナ     格花にするつもりで用意されていたようだが新花の自由型で向日葵を強調するように入れてもらいました [続きを読む]
  • 出張稽古
  • 格花      花材=トルコ桔梗           八重のボッテリしたトルコ桔梗が用意されていた 一重の方が風情がある様に思われる 形としては用先の蕾を除くと良かったかナ と手直しの反省です [続きを読む]
  • あづさ教室
  • 格花       花材=桔梗           自然のたまりを利用して形を作ります 水切りし切り口に塩をつけて養いながら入れます びっしり蕾がついていて少し間引きながら入れてもらいました [続きを読む]
  • 研究会の花
  • お仲間の方の作品   七花活けられていたが留下の花が不要の様で抜く 後ろ添えも付き枝との事だが花が偶数になるので何処かに一輪足すよりは切った方が良くはないか?その方が体の線が美しくでると思う  [続きを読む]
  • 研究会の花
  • 格花       花材=紫陽花                  研究会の日に大阪地震が発生し講師の先生はじめ集まれない人が出ましたが 集まった数人で勉強会としました 古木の当たりが悪く葉を入れるでもなく中途半端な作品になったと思います [続きを読む]
  • あづさ教室
  • 格花      花材 アカパンサス (三花九葉)           春一番には黄色の花が咲き 梅雨に先駆けて青紫の花々が咲く 雨に濡れる青色には郷愁さえ感じる [続きを読む]
  • 支部研究会
  • 格花      花材=太藺草          宗匠の説明は線は重なっても良いが穂は重なってはいけない 長年 線は重ならない様に指導きしてきたが 訂正をしなければいけない事になった [続きを読む]