TradeBitLAB さん プロフィール

  •  
TradeBitLABさん: TradeBitLAB | トレードビットラボ
ハンドル名TradeBitLAB さん
ブログタイトルTradeBitLAB | トレードビットラボ
ブログURLhttp://tradebitlab.com
サイト紹介文ビットコインをはじめ仮想通貨の最新情報やフィンテック事業、経済・マネーのニュースなど幅広くお届け。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2016/10/15 08:05

TradeBitLAB さんのブログ記事

  • イーサリアムハードフォーク「ビザンチウム」が無事完了
  • 昨日の日本時間14時半ごろ、イーサリアムのハードフォーク「ビザンチウム」は大きな障害なく、無事リリースされました。イーサリアムにはまだまだ問題が残っていますが、とりあえずはビットコインのような揉め事も無く、5番目のハードフォークがオフィシャルに終了したことを伝えています。ビザンチウムは最後のバグと戦い、安定した発行を促すためにやや遅れたものの、イーサリアム創設者のヴィタリック氏は他の開発者らと共にそ [続きを読む]
  • 中国政府主導の会合、ビットコインを非難の裏側で
  • 10月12日の北京で、国際電気通信連合(ITU)と中国社会科学アカデミー(CASS)の世界経済研究所(Institute of World Economics and Politics)がユニバーサル・ファイナンス・アクセスのデジタル・フィアット通貨(DFC)の第1回ワークショップを開催。中国人民銀行(PBoC)、デジタルマネー研究所、中国情報通信技術アカデミー、デジタル・フィアット・通貨協会らも参加しました。ワークショップの主催者は、40カ国以上の専門家、 [続きを読む]
  • イーサリアムが急騰。「ビザンチウム」フォーク日時決定
  • 本日、日本時間14時前から、イーサリアムが急騰しています。ここ半月は33,000円台付近をヨコヨコで推移して、あまり大きな動きが無かったのですが、本日急な動きを見せています。この上昇のきっかけとして考えられるのは、以前よりイーサリアムが予定していたハードフォーク「ビザンチウム」の公式アナウンスが発表されたことだと思います。(”ビザンチウム”についての詳しい記事は、下記の過去記事を参考にしてください。)2017 [続きを読む]
  • ロンドンの有名貴金属店がビットコイン払いの受け入れ
  • ビットコインでの決済導入をはじめる企業や店舗はこの過去一年で着々と増えています。最新のビットコイン受け入れ店として話題を集めているのは、ロンドンのゴールドディーラー、Sharps Pixleyです。Sharps Pixleyとは?1778年創業の、ロンドンを拠点とした貴金属販売業者。ロンドン地金市場協会(LBMA)の正式メンバーでです。投資家が貴金属を購入、保管、取引できるフルサービスショップとして営業しています。250年ものあいだ [続きを読む]
  • 経済危機のジンバブエ、取引所でビットコインが7200ドルに急上昇
  • ジンバブエの人々は、全国的に食糧不足、燃料不足が相次いでおり経済危機に瀕しています。(ハイパーインフレになると小額のパンを買うにも沢山の紙幣が必要になる。)ジンバブエではハイパーインフレが起きており、国の通貨は価値が薄れ実質的に機能しておらず、ジンバブエの中央銀行は各外国為替市場へ流出させている状態なのです。このような国の散々とした状況は、ガソリン、食品や医療用品、日用品などの物資、そして今やデジ [続きを読む]
  • リップルの価格が上昇。さらなる波が来るのか?
  • リップルのXRPが上昇中。ここからさらに上昇するか注目が集まっています。本日の価格、主要仮想通貨はほぼ全面安となっています。しかしその中でひとつ際立つ緑の数値。そう、XRPだけが強く上昇しています。ブログを書いている現在は前日比約9.4%の上昇となっております。 リップルについてのニュースは静かなもので、主要チャンネルや企業フォーラムなどで大きなニュースは見られませんでした。しかしおとといまでは比較的平坦 [続きを読む]
  • 金融庁認定の仮想通貨交換業者11社発表。19社は継続審査中
  • 金融庁が仮想通貨交換業者の認定業者を発表しました。10月2日現在で登録されたのは11社で、19社は継続審査中です。2017年4月に施行された改正資金決済法により、仮想通貨取引所は登録制を採用することとなり、それまでに操業していた会社は9月末を申請締め切りとして金融庁は審査を進めていました。許可が下りた11社登録されたのは11社で、19社は継続審査とされています。登録された11社は以下の通り。【関東財務局所管:9社】・株 [続きを読む]
  • Bithumb上場でZcashをインサイダー取引の疑い
  • CryptoKoreanをはじめとする様々な信頼できる情報筋によると、韓国の大手仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)の従業員のひとりに、ZCashとQtumを取引通貨としてBithumbに採用する計画を漏らした疑いがかかっています。その従業員と匿名の個人との会話のスクリーンショットが、韓国で人気の仮想通貨およびビットコイン取引フォーラムで明るみに出たことで、インサイダー取引の疑いが浮上したのです。さらに従業員は、今回の新通貨採 [続きを読む]
  • ビットコインが上昇 アナリストは5000ドルを視野に
  • 本日ビットコインは上昇を続け、前日比約9%上昇の4200ドル台(日本の取引所価格、約47万円)を推移しています。ビットコインを長きに渡り見ているTone Vays氏とSqueeze氏などのトレーダーらは、目先5,000ドルの目標を立てています。Squeeze氏はさらに、ビットコインの現在の勢いが今後数日間維持されれば、ビットコインは来月中に6,000ドルのゾーンに突入し高値更新を続けるだろうと予測しています。Tightening #Bitcoin NO Trade [続きを読む]
  • イーサリアムクラシックが高騰
  • 昨日と本日、Ethreum Classicが高騰しています。前日比は約7.5%上昇し1300円台に回復しました。後はZcashも高騰しており、前日比15%となっています。順調に推移していたイーサリアムは先日の、ビザンチウムハードフォークが延期になってしまったことがやや響いたのか、もしくはハードフォーク懸念をやや警戒した堅調な動きとなっています。その他は前日とあまり変わらぬ動きで、全体的にアルトコインの調子が良いですね。 イー [続きを読む]
  • 中国アプリ「WeChat」はユーザー情報を中国当局へ送信している
  • 今月12日に行なわれたAppleの新製品発表イベントでも登場した、中国企業が提供するメッセージングサービス「WeChat(微信)」は、最新のプライバシーポリシーの中で、兼ねてから噂されていた、中国当局へのユーザー情報の公開を認める項目の記載を追加しました。WeChat(微信)とは?2017年現在、6億6,200万人のユーザー数を誇る、中国で大人気ののメッセージングサービスです。アプリ内の決済サービスWeChat Payが中国2位を占め、 [続きを読む]
  • Wirexカードが10月15日で利用停止に 新たなカードも
  • 当ブログでも紹介していた、「Wirex」(ビットコインのチャージ式)デビットカードが、2017年10月15日を持って使えなくなることが、Wirexのサポートチームからのお知らせメールで分かりました。メールは本日届いたもので、zapoに続き、このカードもOUTとなりました。どうやらWaveCrestがイシュア(発行会社)であるカードはダメになって行ってますね。2017.08.30(悲報)XAPOデビットカードが突然の中止を発表 当ブログでもご紹介 [続きを読む]
  • SBIも仮想通貨マイニング事業に参戦
  • SBIホールディングスは19日、米ヘッジファンド(CoVenture Holding Company)と提携して、仮想通貨関連事業の協業締結をかわしたと発表しました。仮想通貨の投資家ニーズに対して、ファンドを組み、運用機会を提供するのが狙いです。 先日は国内オープン予定のSBIバーチャルカレンシーズや、海外の取引所Glocal MAX(仮称)が同社から発表されたばかり。さらに、「SBI crypto」という会社で「マイニング事業」にも参入すると発表し [続きを読む]
  • HISがビットコイン支払い専用ツアーを発売
  • 大手旅行会社としておなじみのHIS(株式会社エイチ・アイ・エス)は、9月23日よりH.I.S.の首都圏内38店舗で開始すると発表しました。仮想通貨取引所ビットフライヤーと「ビットコイン」を活用した決済サービスの導入をおこなうとしており、ビットコインを活用した店舗での決済サービス導入は、旅行業界初となります。仮想通貨は今年に入り急拡大を続けており、市場規模は10兆円を超えるといわれています。今年4月にはビッグカメラ [続きを読む]
  • Vitalik氏「イーサリアムは数年でVisaの取引規模になる。」
  • イーサリアム(Ethereum)の共同創設者ヴィタリック(Vitalik Buterin)氏の頭の中は、仮想通貨のことでいっぱいのようです。先日行われた海外メディア”TechCrunch”のイベントにてヴィタリック氏がインタビューに応えた模様をお伝えします。インタビュアーが「脳ウィルス」と呼ぶものが、セキュリティーと経済の真の未来であるとヴィタリック氏は信じている。そして適切なインセンティブがあれば、イーサリアムはクレジットカード [続きを読む]
  • Vitalik氏「イーサリアムは数年でVisaの取引規模になる。」
  • イーサリアム(Ethereum)の共同創設者ヴィタリック(Vitalik Buterin)氏の頭の中は、仮想通貨のことでいっぱいのようです。先日行われた海外メディア”TechCrunch”のイベントにてヴィタリック氏がインタビューに応えた模様をお伝えします。インタビュアーが「脳ウィルス」と呼ぶものが、セキュリティーと経済の真の未来であるとヴィタリック氏は信じている。そして適切なインセンティブがあれば、イーサリアムはクレジットカード [続きを読む]