chuck さん プロフィール

  •  
chuckさん: Only you can free yourself.
ハンドル名chuck さん
ブログタイトルOnly you can free yourself.
ブログURLhttp://chuck0523.hatenadiary.jp/
サイト紹介文26歳のちょっとマジメなゲイが書くブログ
自由文web・仕事・会社・LGBT・ゲイ・読書会・書評について書きます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/10/15 14:20

chuck さんのブログ記事

  • 一人暮らしの終着駅
  • 初めて一人暮らしをしたのは、大学を卒業する直前。まさに社会人になる直前でした。当時はまだ23歳で、住む場所へのこだわりなんて何もありませんでした。大学生活の最後の方に、シェアハウスのような所に住んでいたのですが、そこの住環境があまり良いとは言えなかったので笑、とにかくどこでも良いから一人暮らしをしたかったのを覚えています。当時の記事がありました。引っ越し当日に書かれた記事みたいですね。chuck0523. [続きを読む]
  • 自分らしい一週間だった
  • 自分らしさとはなんだろうか。少なくとも、僕はプログラマという仕事が好きで、英語のLGBTのイベントに行くと楽しくて、一人の時はなるべく本を読みたい。今週はそんな自分の嗜好がとても満たされた一週間だったように思う。仕事は概ね順調。自分の作ったものが同僚に喜ばれると嬉しい。一般のユーザーが幸せになれることも大切なんだけど、僕は同僚の開発者を支援する方が好きなのかもなと感じ始めている。世の中にはお客さ [続きを読む]
  • 【録音】10月前半の生活について
  • 恒例の録音動画を貼り付けるだけの手抜き記事。10月前半にあったことについて、喋りました。#62 個人事業主の開業届およひ゛、青色申告の申請書を提出してきた - YouTubewww.youtube.com#63 常駐先て゛の動き方か゛分からす゛、エーシ゛ェントさんに泣きついた話 - YouTubewww.youtube.com#64 上の住人から床ト゛ンされたっほ゜い...? / テックリート゛日記 - YouTubewww.youtube.com#65 禁煙失敗 / AmazonMusic [続きを読む]
  • 22世紀まで生きたい
  • 北欧出身のDJであるAviciiが亡くなってまだ間もない。あんなにも人気絶頂でまだまだ活躍を期待されていたのに、28歳という若さでこの世を去ってしまった。僕は今27歳だから、自分よりもたった1つしか歳が違わないのかと驚いた。そして先日のこと、Youtubeのサジェストにこんな動画が現れた。www.youtube.comAviciinの新曲?!Carl Falkが「Heaven」を含む、Aviciiの未リリース曲を複数完成させようとしているであろうこ [続きを読む]
  • フリーランスになって3週間が過ぎた
  • フリーランスになって3週間が過ぎた。業務委託として現場に常駐して働いているんだけど、そのスタイルにはだいぶ慣れてきた。ようやく今週、自分の書いたコードが承認されたので、一つ成果を出せたような気がしている。ただしチームが自分に期待していることは4,5人の開発者をリードすることなので、まだまだこれからという感じ。この3週間に関して特筆すべきことはいくつかあるんだけど、日々の録音動画に詳しい説明を譲って [続きを読む]
  • 2018年夏休みの過ごし方
  • 前回の記事で、会社を退職してフリーランスになったということを話しました。chuck0523.hatenadiary.jpさて、会社を辞めてからフリーランスとして可動するまで、3ヶ月ほど期間が空いてしまいました。少しだけ長い夏休みということで、のびのびと過ごしまた。その様子について話してみたので、良かったらどうぞ!Netflixでドラマを観たり、www.youtube.com新宿でデートしたり、www.youtube.comボランティアの説明 [続きを読む]
  • 退職してフリーランスになったので、その記録
  • はい、実は前職を辞めて、フリーランスになっていました。以前、副業としてフリーのweb開発をしていた時期はありました。今回からは、本業としてフリーランスのプログラマになりました。7月後半から仕事を探し始めて、同時に退職の旨を伝えました。8月前半に面談を受け切って、受注する案件を決定しました。そして9月から稼働開始。本日、フリーランス2日目を終えたところでした。退職の理由等については以下の動画で話してし [続きを読む]
  • 夜半に目が覚めて
  • 不意打ちのように夜中に目が覚めて、孤独感に苛まれる時ってあると思う。心が無防備になっているから、至近距離で孤独に向き合うことになる。そんな時に誰かに寂しいって言える人生だったら良かったんだけど、自分はそうではないので何とかやり過ごすしかない。布団の中で丸まって考えないようにしてはみたものの、結局は諦めた。シャワーを浴びて、ノートとペンと文庫本を持参して、近所のファミレスに逃げ込んだ。午前1時。 [続きを読む]
  • 人として一段低みへ
  • 日曜の夜に、会社の同僚から飲み会に誘われた。そしてもう一人、元同僚も来る予定だった。しかし、いざ現場について着いてみると、全く知らない男性が二人いた。同僚の知り合いとのこと。一人が他の部署の方で、もう一人が退職してしまった方。ややこしいんだけど、要は「同じ会社」という共通点のある5人だった。名前を言い交わすだけの自己紹介が終わるやいなや、僕が最近会社を休んでいたことに話が波及した。chuck0523.h [続きを読む]
  • 来週から本気出す
  • どうも、chuckです。普段は夜中にひっそりと更新するこのブログですが、珍しく朝っぱらから記事を書いてます。そうです、会社を休みました。というか、一昨日から休み続けています。一昨日は普通に体調を崩しました。それで休みを取って、容易に昼夜逆転してしまって、昨日も休むという事態に。それから今日、体調が回復して生活リズムも元通りになり、晴れやかな気分でお休みを申請しました。ちなみに、明日も休みます。前回 [続きを読む]
  • 大学時代のアルバイト経験について話した
  • Youtubeにアップしている録音の話。僕は大学時代に複数のバイトをしていて、これは録音のトピックになるかなと思った。そして話し始めたら結構長くなってしまって、なんと4回分になってしまった。まずは、初バイトの家庭教師について、そして3年半も務めることになった牛丼屋のバイトについて。www.youtube.com次は牛丼屋と掛け持ちでやっていた、熱帯魚屋のバイトについて。www.youtube.comそしてちょっと変わり種の、 [続きを読む]
  • 「皆の雰囲気よりも自分の気持ちを大事にしているわがまま」
  • 先日のテレフォン相談がまた神回だった。【TEL人生相談】「私も誘われて当然」は我がままな証拠相談者は40代の女性。相談内容は、職場で自分だけ遊びに誘われないのが不服だという話。高橋龍太郎先生の回答は、まあいつもどおり無難と言った感じ。良い回答だけども。でも、柴田理恵さんの回答が良かったね。私一言いいですか。「当然」って言葉をよく使われるんですけど、「誘われて当然」はわがままだと思います。楽し [続きを読む]
  • 眠れない夜は
  • 疲れている。本当に疲れている。仕事から帰ってきて、すぐに寝落ちしてしまった。それからグロッキーな気分で今起きた。午前1時半。また眠れそうにないので、こういう時はブログを書くに限る。仕事の忙しさがピークを迎えている。2ヶ月前にイギリス人の同僚が退職して、元々務めていたGoogle Japanに出戻りしてしまった。チームの分担が少しだけキツくなった。仕方ないんだけどね。それから韓国人の開発者がジョインして、一緒 [続きを読む]
  • 喋ると書くことがなくなる問題
  • 前回書いた通り、自分の話を録音している。chuck0523.hatenadiary.jp録音はまだ続いていて、先程16回目の録音を終えた。喋りは少しずつ改善している気もするし、単純に慣れているだけなような気もしている…。いやいや、これからこれから。もっと続けていって経過を楽しみたい。さて、録音を始めてから1つの問題が発生してしまった。それはブログを書く頻度が激落ちしてしまったことだ。喋ることはまだまだ苦手なんだけど、 [続きを読む]
  • 【ゲイブログお題】最近の出来事
  • お久しぶりです、chuckです。思うところがあり、インターネットから離れていました。インターネットは生活を便利にしてくれますが、本質的な幸せはリアル(非インターネット)にしかないのではないかということを考えています。でも、ブログを辞めたわけではないので、これからもたまには更新していきますよ??久しぶりのゲイブログの「お題」なのですが、id:shinshin5511さんの提案してくださった、「最近の出来事」について [続きを読む]
  • 「深夜高速」
  • 日曜日。読書会の友人と新宿御苑でピクニック。レジャーシートの上でお菓子をつまみながら次回の課題本を読んだ。それからマルイの屋上でお茶をした。スタバでコーヒーを買って、屋上庭園でおしゃべり。デパートというのは僕にとって縁遠い場所なので、まさか屋上にこんな素敵スポットがあったなんて…。まだまだ知らない場所がある。夕方に解散したけど、帰りがけに思い出横丁に立ち寄った。ビールともつ煮で乾杯。それから帰宅 [続きを読む]
  • 彼氏と妹と2丁目へ
  • 先日妹が泊まりに来たんだんけど、その時に2つの約束をした。僕が今付き合っている人を紹介することと、妹が行きたがっている二丁目に連れて行ってあげること。昨日ようやくそれを実現できたので書く。土曜の18時に新宿三丁目駅で待ち合わせ。新宿にあまり来ない妹はさっそく迷ってしまったらしく、なんと新宿公園にたどり着いてしまったらしい。導かれるようにして2丁目のど真ん中まで闊歩した妹…。とても幸先が良い。それか [続きを読む]
  • 1:3:1の法則
  • 高校の先生から教えられた「1:3:1の法則」について書いてみる。高校2年の時に文化祭の実行委員を押し付けられた任せられたんだけど、それが中々うまく行かなかった。そもそも文化祭への熱量がある人なんてほとんどいなかったし、当時の僕には人徳なんてものは全く無かった。そんな様子を見かねた先生は「1:3:1の法則」について教えてくれた。何か集まりやイベントを運営する時、参加者は3種類に分けられる。その比率が1:3:1と [続きを読む]
  • きっと全てを理解するだろう
  • 仕事がつまらなくなってきたという話を書いた。chuck0523.hatenadiary.jp定例報告を終えて、デスクに戻る。緊急の仕事は無く、自分のペースで仕事をする。同僚とコーヒーを買いに行き、雑談をする。夕方には手持ち無沙汰になって、少しぼーっとする。これでいいのか…?これが大企業の働き方…?体裁を気にせずに書いてしまうと、つまらないなと感じる。2度の転職を経て、小企業→中企業→大企業と変遷してきたけど、転職 [続きを読む]
  • 人生を楽しむのが下手だから
  • 昼寝があまり好きではない。昼寝から起きた時の気分は最悪。特に、平日の仕事終わり。疲れすぎた体をベッドに沈めるように寝落ちする時がある(それはもはや昼寝ではないかもしれないけど)。12時前後に目が覚めた時の、あの感覚は本当に最悪だ。それがまさしく今なんだけど。「賢者タイム」という言葉があるけど、昼寝から覚めた時って賢者タイムの比ではないくらい全てがどうでもよくなる。心の防波堤が吹き飛んでしまって、い [続きを読む]
  • 僕の友人を紹介した & 読書会#18
  • 日曜の夜はどうしても眠れなくてブログを書いてしまう。週末にやったことでも書こうかな。05/12(金)今付き合っている人と友だちとご飯を食べた。そう、今回は僕の友だちだ…!以前は向こうの友だちを紹介してもらったので、今度はこちらから。chuck0523.hatenadiary.jp紹介したのは読書会の友だち2人。もうね、完全に安心して紹介できる。僕が付き合っている人を友人に紹介するにあたって、重要なポイントが2つある。1 [続きを読む]
  • 2018年 ゴールデンウィーク振り返り
  • 仕事が始まると書かずに流れてしまいそうなので、手短にゴールデンウィークの振り返りを。インスタ・フェイスブック的な「リア充自慢」のような箇所があるかもしれないので苦手な人はごめんなさい。。4月28日(土)連休初日。平日の疲れがドッと溜まっていることが予測されたので、予定は入れず。本を3冊読みました。まずは吉田修一の「パレード」。読書会でときたま話題に上がる「吉田修一」。映画「怒り」の原作者とし [続きを読む]
  • 東京レインボープライド参加予定
  • 3泊4日の金沢旅行から帰って参りました。付き合っている人と、KくんとEさんの4人でわいわいとやってきましたよん。KくんとEさんについては以下の記事にて。chuck0523.hatenadiary.jp空いた時間にチェックした情報によると東京レインボープライドを楽しまれている人がチラホラと。羨ましい!ゲイブログのヤシュウさんはりきまるさんと参加されるようで。素敵〜!ogaogaos.hateblo.jpブログでの参加レポートが今から待ち [続きを読む]
  • 久々のコーディング試験
  • ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。僕は連休の真っ只中に「コーディング試験」を受けました。経緯4月の中頃に、LinkedIn経由でリクルーターからメッセージを受信した。それは開発者にとって珍しいことではなく、何気ない気持ちでその求人にも目を通してみた。すると、面白い会社の面白いポジションだったので、俄然興味を惹かれた。ひとまず受けてみるか…。(どうせ落ちるかもしれないし)4社のリクルーターから [続きを読む]
  • 光の執着・闇の執着
  • 2018年の訃報と言えば、なんと言ってもル・グインの死だ。aviciiも捨てがたいけど、やっぱりル・グインがこの世を去ってしまったことは僕をとても寂しい気持ちにさせた。ル・グインと言えば、ゲド戦記の原作者として有名かもしれない。残念ながら僕はゲド戦記を読んでいない。ジブリの映画も見ていない。僕が初めて読んだル・グインの作品は「闇の左手」だ。高校生の頃、修学旅行のバスの中で読んだのを覚えている。背表紙に刻印 [続きを読む]