chuck さん プロフィール

  •  
chuckさん: Only you can free yourself.
ハンドル名chuck さん
ブログタイトルOnly you can free yourself.
ブログURLhttp://chuck0523.hatenadiary.jp/
サイト紹介文26歳のちょっとマジメなゲイが書くブログ
自由文web・仕事・会社・LGBT・ゲイ・読書会・書評について書きます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/10/15 14:20

chuck さんのブログ記事

  • 久しぶりのLGBTミートアップ
  • 少し前になるけど、Jくんに誘われて久しぶりにLGBTミートアップに参加してきた。LGBTミートアップや前回のイベントの詳細はこちら↓↓chuck0523.hatenadiary.jpchuck0523.hatenadiary.jp今回のイベントは代々木公園でのお花見ピクニック。Jくんと公園の入口で待ち合わせをする。Jくんの友だちが迷ってしまったらしく、待ちぼうけ。どうやら代々木駅で降りてしまったらしい。代々木公園待ち合わせあるある〜Jくんの友だち [続きを読む]
  • 形になってきた文化系ゲイサークル
  • 先週の日曜に第16回の読書会を開催した。新年度一発目ということで、新しいメンバーを迎えての開催だった。新メンバーとは事前に「顔合わせ」を行っているので、全くの初対面ではないけど、やっぱり緊張してしまった。自前の吃音が炸裂するかと思ったけど、大丈夫だった。大丈夫だったのは既存のメンバーがいたからだ。他の既に仲の良いメンバーと話していると気が楽になった。読書会は僕にとって、というか僕にとってこそ、居場所 [続きを読む]
  • 他のブログさんからの言及回数を調べてみた
  • 「ゲイとして生きる君へ」さんにまた僕の名前を出していただいてしまった。mituteru66.hatenablog.comもちろん記事の内容は読んだし、余裕があれば返答記事みたいなものを(勝手に)書きたいなあと思いつつ…。なんだか今日は筆が乗らないので、別のことをすることに。このブログには散々名前を出してもらっているので、そもそも一体何回僕のことを書いてくれたのだろうか…ということがふいに気になった。Pythonで「ゲイと [続きを読む]
  • 上位の開発者
  • 仕事の話。今朝出社するとマネジャーが神妙な顔つきでやってきた。我々4人のフロントエンドエンジニアを招集して、緊急タスクを発表した。端的に言うと、新しいアプリケーション環境を用意してほしいというもの。誰かがゴクリと喉を鳴らした音がした。あるいは僕だったかも知れない。これは月曜から大変なことになった…。大規模アプリケーションの対応はキャリアの最も長いTさんに決定。文句なしの満場一致。そして中規模ア [続きを読む]
  • 詰め込みサタデー
  • 金曜の夜に財布を失くした。いや、結論から言うとサンマルクカフェに置き忘れていただけで見つかったんだけど。死ぬほど焦った。焦りすぎてクレジットカードもキャッシュカードも止めてしまった。家の中をひっくり返してみても2000円しかない…。慌てて「お金 欲しい」というヤバイ検索をした。金融機関のめくるめく歓待の先にたどり着いたのは「PC買い取り」という選択肢。その手があった!引き出しからMac Miniを取り出した [続きを読む]
  • 少しマジメなゲイが社会生活を3年送った所感
  • 気がついたら社会人になって3年が経ったので、近況を書きつつ振り返りをしてみる。まずは最近の仕事内容から。最近の仕事内容は楽しいこともあるけど、そうでないことも増えてきた。毎朝9:30にチームで進捗報告をする。「昨日は◯◯をしました。今日は△△をします」という定型的なやつ。「今日は割と空いてます」という報告を聞くことが増えた。かく言う僕も、週に2, 3日はそんな感じ。定例報告を終えて、デスクに戻る。緊 [続きを読む]
  • 【ゲイブログお題】ブログを始めた理由
  • どうも!chuckです(久しぶりにこんな挨拶書いた笑)ゲイブログカテゴリにて「お題」を設定したら面白いのではないかということで。初回のお題は「ブログを始めた理由」です。chuck0523.hatenadiary.jpLINEグループに参加していない方も、他のブログで書いている方も、奮ってご参加くださいませ。なぜはてなブログを選んだのかまず初めに。数あるブログサービスの中でなぜはてなブログを選んだのかという点について。これ [続きを読む]
  • 台湾のゲイと遊んだ
  • 台湾からゲイの友人が遊びに来た。3泊4日の東京旅行。彼と初めて会ったのは4年前。東京に遊びに来ていた彼と、Jack'dでメッセージを交換したのがきっかけだった。超懐かしい。あの頃僕はまだ大学生だったし、英語を勉強し始めたばかりだった。拙い英語で何とかコミュニケーションを取って、二丁目に呑みに行って、朝まで一緒に過ごした。憧れだった外国人のゲイとの交流を果たして、感激したのを覚えている。ってか、ブログに [続きを読む]
  • ゲイブログLINEグループ 続報
  • 前回、「ゲイブログ」グループでLINEグループを作ったらどうかという提案の記事を書いた。chuck0523.hatenadiary.jpゲイブロググループを作成して以来、初めてのグループらしい呼びかけ。hatenablog.comその呼びかけに対して、現時点でなんと13人もの応募がありました。(ありがとうございます!)ヤシュウさん、アクアさん、そしてマサさんがブログで宣伝してくださったのが効いているようです。ogaogaos.hateblo.jp [続きを読む]
  • ゲイブログ LINEグループとかどうでしょう?
  • はてなブログに作成した「ゲイブログ」カテゴリについて。hatenablog.comカテゴリに属している「ゲイとして生きる君へ」にまた言及してもらってしまった。mituteru66.hatenablog.comゲイグループの管理人には、見慣れた名前があった。まさかこのサイトを始めるきっかけになったchuckさんが、ここでまた目の前に現れてきたことに驚いた。ボクはこのはてなブログのゲイグループにすぐに登録した。chuckさんが管理人なら安心 [続きを読む]
  • 大切なものに目を向ける
  • ゲイの読書会を始めて半年が経った。着実に開催回数を重ねてきた。次回で14回目の開催になる。僕としては、読書会は細く長く続いていけばいいなと思っている。「そこにいけば本が好きなゲイがいる」という安心感があるようなサークルであってほしい。同じ本を読んできて、少しだけ感想を話し合うという、シンプルな会。それぞれに仕事があって、他の友だちがいて、彼氏がいたり、要はそれぞれの生活がある人たちが定期的に集ま [続きを読む]
  • バグ疲れ
  • 木曜にバグを発見した。何気なくとある機能を試したら動いていなかった。これはもう直感としか言えない行動だったんだけど。ひとまずチームのチャットで展開する。これは自分の環境でだけ起こっていることなのか?「こっちでも再現する」「あー、こりゃ動いていない」どうやら違ったみたい。マネージャーがデスクまで確認にやって来た。修正にどれくらいかかるかという話。コードの履歴を戻して再リリースすることはできるけど、 [続きを読む]
  • 西新宿散歩#1 羽衣湯(渋谷区でした)
  • せっかく西新宿に引っ越してきたので、近場の散策を始めることにした。友人から「銭湯巡りとかしてみたら?」と言われたので、近所の銭湯に行ってみることに。調べてみたら新宿区だけで30箇所以上も銭湯があるらしい!西新宿に限らず、時間を見つけて制覇していきたいなあ。iiofuro.com今日行った羽衣湯という銭湯は「渋谷区本町3丁目」にある銭湯。www.tripadvisor.jpえっ…!渋谷区!?いきなり西新宿の外に出てしま [続きを読む]
  • 週末やったこと
  • 土曜の朝に起きると体が動かなかった。午前6時くらいだったと思う。原因は分かっていて、前日にジムで首を痛めたせいだ。首が猛烈に痛い。そして体が動かない。まるで体への信号が首のところで遮断されているような感覚だった。寝ぼけた頭の中で、おぼろげに昔好きだったgleeという海外ドラマのワンシーンが蘇る。シーズン1の中で、アメフト部のキャラクターの友人が登場する。彼は試合の負傷により首よりも下が動かない状態に [続きを読む]
  • AppleMusicにYUKIが復活してるやんけ!(2018/01/24現在)
  • 非常に疲れた。まだ火曜だということが本当に信じられない…。この時点で今週あと3日も就業を残しているなんて…。でも、これはもはや自分だけの問題ではない。チームのみんなが非常に疲れている。社内向けのシステムを作っている僕らのチームは、その封切りに向けててんてこ舞いだ。タスクが毎日山盛りで、さらに差し込みの仕事まで入る。優先度をつけて上から順に捌いていくと、本来やるべきタスクが結局終わらないということが [続きを読む]
  • 労働生活に緩急を
  • 結局の所、自分は弱っちいなぁと感じた一週間だった。週の前半週の前半はノリノリだった。日曜、月曜、火曜と連続してジムに行った。やっぱり会社にジムがあると便利だし飽きずに続く。だけどさすがに火曜には疲れを感じた。仕事の面では、最近は常にタスクが貯まっている状態なんだけど、「千切っては投げ」の精神で黙々と捌いていた。タスクを消化しつつも新しいことを学べた一週間だったと思う。社内のメールサーバを使ってい [続きを読む]
  • 「究極の孤独を味わう」
  • テレフォン人生相談というラジオ番組が好きで、基本的には毎日聴いているんだけど、今日の放送はなんだか不思議な気持ちになってしまった。心にスッと入ってきたものの正体が良く分からないままなのでブログに書いてみる。www.youtube.com相談者は53歳の無職の男性。「これからどうやって生きていったらいいか分からない」という相談内容。相談者は何度も会社を辞めていて、「いっそ死んでしまった方が良いのではないか」とい [続きを読む]
  • ファルコンさんと会った
  • 年始にファルコンさんと会った。falconpeace.hateblo.jpブログを通じて人と会うのは本当に久しぶりで新鮮だったし、共通点の多さにビックリもした。そもそも、コードを書く仕事をしているゲイは意外と少ない。IT業界で働いている人なら何人も会ってきたけど、実際にコードを書くことで食べている人に会ったのはこれで2, 3度目かもしれない。しかもファルコンさんは単なるコーダーではない。学生起業をして、海外での勤務経験 [続きを読む]
  • ゲイの居場所とは何なのか(1)
  • ゲイの読書会を設立して半年以上が経った。イベントの開催回数は10回を超えた。gays-who-read.herokuapp.com本を読むゲイの会の理念は至ってシンプル。本を読むこと本の感想をシェアすること文化系のゲイの居場所を提供することこれらの3つの理念は設立当初から持ち続けてきたものだし、メンバーにも共有されていると思う。特に1と2については既にある程度は実現できていると思う。「普段は読まない本を読めた」「本を読む習慣 [続きを読む]
  • 人格を良くする
  • 2017年の振り返りをしようと思いつつ、気がついたら年が明けてしまった。去年の振り返りをしつつ、今年をどのようの過ごしたいのか書いていこうかな。ちなみにタイトルはざっくりしているけど今年の目標。2017年は人生における転換期のような年だった。まずは以前勤めていた会社を退職して、フリーランスのような業態になった。それから働き方を活かして海外で過ごした。生まれて初めての海外。今思い出してもドキドキしてくる… [続きを読む]
  • 恩田陸の初期作「ネバーランド」を読んだ
  • 好きな作家を聞かれると困ってしまう。でも、強いて言うなら恩田陸が好きかもしれない。中学生の頃に「光の帝国」を読んで以来、5, 6冊を読んできた。どれも読みやすかったし、とりわけ直木賞を受賞した「蜂蜜と遠雷」は素晴らしかった。そういうわけで恩田陸への理解をもっと深めるために、初期の作品である「ネバーランド」を読んでみた。舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが帰省していく中、事情を [続きを読む]
  • クリープハイプ「二十九、三十」
  • 引っ越しが無事に終わった。chuck0523.hatenadiary.jp前回は書いてなかったけど、新しく住み始めた物件実は定期借家なので、最長で4年しか住めない。入居当日。家財のまだ届いていない空っぽの部屋の中。フローリングの床に座り込んで、窓の外を眺めていた。北の窓からは西新宿のオフィスビルが見える。そして西の窓からは中野の街が見渡せる。「そっか、ここで30歳になるんだ。」外の景色をぼんやりと眺めながら、4年後 [続きを読む]
  • 幸せ同盟
  • 知り合いのゲイからLINEが来た。「彼氏と別れちゃったんだ」友だちというより知り合いかな。うん。連絡する頻度は決して高くないし。2年付き合った末の別れ。僕は最長で1年しか付き合ったことがないから、それがどれほどの悲しみなのか想像もできない。話をしている内に、違和感を覚えた。彼の近況には、他の友人の気配が無い。「そういえば、ダブルデート・トリプルデートしてた友人とは連絡を取り合ってるの?」「そ [続きを読む]
  • 「続・下流老人 一億総疲弊社会の到来」を読んだ
  • 「続・下流老人 一億総疲弊社会の到来」という本を読んだので、その感想を。読み始めたきっかけAmazonでオススメされたので。「続」とあるけど、前編を読まなくてもどうやら楽しめるらしかったので。読んでみて非常に面白かった。現代日本における高齢者の生活がいかに不安定なものか、実例を通じてよく分かった。自分が若者だからか、どうしても普段の生活では「若者の貧困」ということばかり意識してしまう。だけどこの [続きを読む]