りこぴん さん プロフィール

  •  
りこぴんさん: トマトの力
ハンドル名りこぴん さん
ブログタイトルトマトの力
ブログURLhttp://xn--fdka9dt93q9l0c.xyz/
サイト紹介文トマトの驚くべき効能や効果、レシピ情報など体にいいトマトの栄養についての役立つ情報を紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/10/16 02:18

りこぴん さんのブログ記事

  • 【トマトの育て方】プランター栽培での支柱の立て方は?
  • ベランダやテラスで行うトマトの育て方はプランターを用いるのが一般的です。トマトは甘くなるように育てるのが難しい作物で、トマトの育て方には多くのコツがあります。まず、ベランダで最も日当たりが良い場所を選びましょう。トマトは日光に当てることで甘みが出ます。水はけの良さも重要ですので、栽培期間を通じて水のあげすぎには注意しましょう。土に石灰を混ぜて酸性を抑える作業もしておきます。トマト栽培の植え付けはい [続きを読む]
  • トマト栽培に雨よけは必須!!その理由とやり方について
  • トマトは陽光を好み、根が深く伸びるので、植え付ける場所は日当たりが良く、深く耕せる所を選び、日照のよい所で育てることが第一です。植え付け後の管理として、「わき芽摘み」や「摘芯」「追肥」等の作業と「水の管理」があります。トマト栽培で最も厄介なのは雨への対応です。プランターや鉢等の容器栽培の場合には軒下に移動する等して雨よけが出来ますが、地植えの場合には動かすことはできないので、雨よけをしなければなり [続きを読む]
  • トマトジュースの効果効能は?肝臓にも良いってホント!?
  • トマトは体に良い影響を与える食べ物の1つです。特にトマトジュースは気軽に飲めて効果的ですので、冷蔵庫に1本置いてあると便利になります。トマトジュースの効果・効能として、特に良いものには大きく分けて2つがあげられます。トマトジュースの効果・効能について「二日酔い対策」に効果的!トマトジュースをお酒と一緒に飲めば、血中アルコール濃度の上昇を抑えてくれるだけでなく、体内に留まり続けるアルコールの量を少なく [続きを読む]
  • トマトジュースで便秘解消!効果や飲み方はココ
  • トマトジュースは美肌成分の「リコピン」がたっぷり入っていることから、美容のためのドリンクとしておすすめです。鮮やかな赤が抗酸化作用の強さを物語っていますし、そのまま食べるよりも飲みやすく、たっぷりと摂取できます。ビタミンやミネラルもたっぷり入っていますから、続けていくうちに代謝がよくなり、便秘解消にも効果が出てきます。だしをいれなくてもコクがあるので、温めてスープにして飲んだり、オリーブオイルを入 [続きを読む]
  • トマトが花粉症に効く!? 加熱する理由とは?
  • 花粉症は鼻水が止まらないだけでなく、目もかゆくなってしまいます。鼻づまりがひどいと食事や睡眠も十分に行うことができません。この花粉症ですが、実はあるものを食べると症状が緩和されます。それはなんと「トマト」です!これからその理由について説明します。トマトが花粉症に効く理由は?花粉症は鼻に入ってくる花粉に対してアレルギー反応を起こしてしまうことが原因です。そして、鼻の粘膜が防御のために大量の鼻水を出し [続きを読む]
  • 血糖値を下げるならトマトジュースがオススメ!効果や飲み方は?
  • 血糖値とは、血液中の糖分濃度のことです。食事から摂取した糖質は細かく分解され、血液中に溶け込んで全身を機能させるためのエネルギーとして利用されます。しかし調整がうまくいかなくなると血糖値が常時、高い状態が続いてしまい、これは糖尿病を引き起こす一つの要因になり得ます。暴飲暴食、睡眠不足、またこれを調整しているホルモン、インスリンの分泌量の低下や作用機能の低下が、こうした状態を引き起こすので、血糖値を [続きを読む]
  • 高血圧にトマトジュースが効果的!!その理由や摂取量について
  • トマトジュースが高血圧に効果的と言われる理由は、トマトジュースに含まれる「リコピン」と「カリウム」の働きに起因しています。ですが、飲み過ぎは逆効果!効果や理想の摂取量をしっかり理解したうえで、毎日の生活に取り入れるようにしましょう。トマトジュースが高血圧に良い理由とは?リコピンの効果についてトマトの赤い色素である「リコピン」は、老化を早める原因となる活性酸素を除去してくれます。その抗酸化力は非常に [続きを読む]
  • トマトジュースがニキビに効果的!口コミや飲み方はこちら
  • 最近、美容に関心の高い女性達の中で「リコピン」という成分に注目が集まっているのをご存知でしょうか。コンビニのコーナーにも、完熟トマトを使用したリコピンたっぷりをうたったトマトジュースが売られています。そんなトマトジュースがニキビ予防に効果的と話題になっています。さっそく効果や口コミ、飲み方などを見ていきましょう♪トマトがニキビ予防に効く理由は?トマトに含まれている「リコピン」という成分は、トマトの [続きを読む]
  • トマトアレルギーの症状や対処法は?赤ちゃんの離乳食も要注意!
  • 食物アレルギーというと、大豆とか卵のアレルギーを思い浮かべる人も多いですが、じつはそれ以外の食物でもアレルギーになってしまっているケースがあります。たとえば、キウイ、バナナ、パイナップル、メロンなどさまざまです。実は、トマトもアレルギーを引き起こす食べ物の1つなんですよ!さっそく症状や対処法などをご紹介します。トマトアレルギーの症状や対処法は?トマトアレルギーになってしまっている人に多いのが、「じ [続きを読む]
  • トマトを日持ちさせる保存方法とは?切ったトマトはどうする?
  • 大量に手に入ることが多いトマトは、家庭によってはなかなか消費しにくいのですが、そのまま冷蔵庫で保存しておくとすぐに傷んでしまいます。そんなトマトを日持ちさせたい場合にはどうすればいいのかと言うと、実は冷蔵庫に入れるというのは間違っていないとされています。なのでどのように冷蔵庫に入れて保存するのか、というところが大きなポイントになっています。さっそく見ていきましょう!トマト日持ちさせる保存法とは?ま [続きを読む]
  • トマトの保存期間はどれくらい?冷凍する方が良いの?
  • トマトは傷みやすい野菜ですが、冷凍すると保存期間が延びます。むしろトマトは冷凍保存した方が、鮮度を保ち、色々なメリットがあります。トマトの保存については後半でチェック♪トマトは冷凍保存するといい?トマトを冷凍保存した時の調理時のメリットは、剥きにくい皮が剥きやすくなったり、味が染み込みやすくなったり、料理に加えやすい点があげられます。栄養面でのメリットとしては、トマトに豊富に含まれる【グルタミン酸 [続きを読む]
  • はなまるマーケット流!トマトジャムの作り方やレシピは?
  • トマトは「ビタミンC」や抗酸化作用の高い「リコピン」が豊富に含まれており、栄養価の高い野菜で夏バテを予防する効果があります。そんなトマトを手軽に摂取できるのが【トマトジャム】です♪適度な酸味や甘味が特徴で、トーストやクラッカーに付けて食べるととてもおいしいんですよ♪ここでは、はなまるマーケットで紹介されたトマトジャムの作り方やレシピをご紹介しますね!トマトジャムの作り方や材料は?*トマトジャムの材 [続きを読む]
  • トマトの美肌効果がスゴイ!!オススメのレシピはコチラ
  • トマトには美肌効果の期待できる成分が豊富に含まれています。その一つは【リコピン】です。肌のきめを細かくして、美白作用があります。また、「一日一個のトマトで医者知らず」と言われるように、健康にも良い野菜です。ではトマトを使ったどんなレシピがあるでしょうか。後半でご紹介します♪トマトの人気レシピを紹介*塩トマト*塩トマトは、それだけでもおかずにもなるソースの一つです。【作り方】1、トマト一つをみじん切 [続きを読む]
  • トマトゼリーのレシピや作り方は?あさイチで紹介!
  • テレビ番組の『あさイチ』で紹介されたトマトゼリーは、デザートでありながら野菜をたっぷりと摂ることができるので話題になりました!野菜が苦手なお子さんにも最適なメニューなので、さっそく作り方やレシピをご紹介しますね!トマトゼリーの作り方は?トマトゼリーの作り方で必要な材料は以下です。・ミニトマト 約12個〜16個・トマトジュース 640ミリリットル(「食塩不使用タイプ」であることが大切)・砂糖 大さじ4・オレ [続きを読む]
  • ミニトマトの育て方!肥料の選び方や追肥の時期について
  • ミニトマトはビタミンCとカロテンが豊富で色味もよく、サラダにもピッタリなため人気の野菜です。栽培の難易度も比較的低いため、家庭菜園の初心者さんがよく育てています。ここでは、肥料の選び方や追肥の時期についてご紹介します。ミニトマトの育て方についてまず、ミニトマトの苗を4月ごろ植えつけます。生育には昼間25度ほど、夜間で16度前後が適しています。ミニトマトは排水性が高い土で育てるのが効率的なので、土づ [続きを読む]
  • ミニトマトの育て方は?水やりの頻度や量はどれくらいが良いの?
  • ミニトマトの育て方はそれほど難しいものではありません。むしろ、初心者向きといえます。種からでも育てられますが、苗を購入して育てるのが簡単です。苗は茎が太く節の間隔の短い葉が厚みのある艶の良い緑色のものを選ぶようにしましょう。ミニトマトの育て方は?ミニトマトは連作障害を起こしやいので、病気を避けるためにも同じ場所に植えつけを行うのは避けるようにします。また同じナス科のピーマンやナスを植えた場所も同じ [続きを読む]
  • 栽培中のプチトマトが病気に!原因や対処法について
  • プチトマトの病気の原因や対処法が分からないという人も多いでしょう。疫病や褐色根腐病、萎ちょう病、半身萎ちょう病、根腐萎ちょう病などの病気にプチトマトはかかります。それぞれの病気の原因や症状、対処法についてご紹介します。プチトマトがかかる病気について<萎ちょう病>これはプチトマトの葉の先が萎えたり、葉の先や茎が黄色くなったりします。何もしなければ株が枯れてしまうこともあります。<半身萎ちょう病>根、 [続きを読む]
  • プチトマト栽培の「わき芽取り」って何?正しいやり方はココ
  • プチトマト栽培には欠かせない重要な作業が「わき芽取り」です。わき芽を取らずに伸ばしたままにしておくと、わき芽の生長に養分を使ってしまい、肝心のトマトの実に養分がいきわたらなくなってしまいます。また、風通しが悪くなることで、病気の原因にもなります。わき芽取りのやり方は?わき芽取りのやり方は、とても簡単。トマトの主枝(真ん中の太い茎)と葉の間から伸びてくる「わき芽」を取り除くだけ。慣れていないうちはわき [続きを読む]
  • 【プチトマト】 プランター栽培に必要な物や育て方の手順について
  • プチトマトは小さなプランターでも育てられる、おすすめの野菜の1つです。初めての方でも必要な道具を揃えて、育て方の手順を守れば美味しいプチトマトが収穫できるでしょう。ここではプチトマトのプランター栽培に必要なものや、栽培の流れを紹介していきます。プランター栽培に必要な物はこちらまず、栽培用の道具を準備しましょう。プチトマトを育てるには苗か種かが必要ですが、おすすめは手間がかからずすぐに育つ苗です。苗 [続きを読む]
  • プランターでのミニトマトの育て方!摘芯のやり方を紹介
  • 最近ではプランターを使い、ベランダでミニトマトを育てる家庭も随分と増えました。しかし、実が思ったように育たず、ガッカリした事がある人もいるでしょう。ミニトマトの実が大きく育たない原因としてまず浮かぶのが、「実に栄養が行き届いていないこと」です。葉や茎に栄養を持って行かれ、肝心の実に十分な栄養が届いていないのです。そこで、実に栄養が行き渡るようにするために重要となるのが「摘芯」という作業です。今回は [続きを読む]