引きこもり放談 さん プロフィール

  •  
引きこもり放談さん: 引きこもり放談
ハンドル名引きこもり放談 さん
ブログタイトル引きこもり放談
ブログURLhttp://www.hikikomorihoudan.com/
サイト紹介文30代間近の引きこもりが、この生活を脱出するために色々やってみるブログ。ラジオ語りも始めました。
自由文昭和が終わるころに産み落とされた
ラジオっ子
不登校/高校中退/転職だらけ
20代中頃に
とうとう精神バランスが崩れる

ヒステリック期2年
真正引きこもり期2年
不安定期2年
寛解期がきたようだ←New
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/10/16 02:36

引きこもり放談 さんのブログ記事

  • 夢見ました 学校辞めたい編
  • 「早くして」寝言を発しながら目を覚ましたもんだから、すぐに夢だと気が付いた。妙な姿勢で寝ていたようで、心身ともに不快だ。(これは、こんな夢も見るわ)わたしは退学届と休学届が欲しかった。最後の場面は職員室。おそらく通っていた中学校の職員室。職員室を目指して歩いた廊下は、通っていた小学校のもの。夢の中のわたしは、高校生のようだった。記憶が曖昧だから、そうせざるを得なかったのだろう。夢なんて適当なもんだ [続きを読む]
  • 引きこも理屈 123 夏が嫌い/奇文のあれこれ/夏鬱
  • 夏への恐怖心を抑えるために書きました。最初のやつだけ読んでくれたらいいです。どうしても暇だったら、他も読めばいいと思います。夏が嫌い(短い)奇文のあれこれ(長い)夏鬱(長かないけどダルい)「夏が嫌い」夏が嫌いだ。「夏が好きだ」という人のことも、正直言うと嫌いだ。「暑いからって家に籠ってちゃあ、心も晴れないよ!」うるさい。わたしの心は通年曇り時々雨なんじゃ。ちょっとした晴れ間が余分に嬉しくて、それの何が悪 [続きを読む]
  • くさじる
  • 30年くらい生きている。またくさじる(汁)に出会ってしまった。1度目は4年ほど前。食品の宅配サービスを利用していた時期のこと。某プライベートブランドのにんじんジューズが我がの口鼻に合わず「こんなもん売るな」と憤怒。もちろん黙って震えていただけである。2度目があるとは思わなんだ。あのくさじるのことも、とうに忘れていたのだ。今日まで。某プライベートブランドのグリーンスムージー。カップに付属のストローを挿し、 [続きを読む]
  • ニュアンスノベル それっぽいだけでなにも書いてない400字小説
  • 骨壺を抱えたまま海に沈んでしまいたい、そう思いながら目覚めた。5月も半ばになるというのに、僕はまだ毛布を手放せずにいる。多香子さんは、どうして最期にあんな顔を見せに来たのだろう。僕は考えない。考えてもわからないのだから。昨夜遅く、多香子さんに会いたいという衝動に駆られた僕は、古いアルバムを眺めた。いつでも手に入ると高を括っていた多香子さんの笑顔は、この場所にも残らなかった。丑三つ時の流水音は怖(お [続きを読む]
  • さんがつじゅうごにちはれ(300字)
  • いっこだけ軸にして極めようとしたらなんか宗教観凄まじいじゃないすか、俺帰ってこれへんくなるんちゃう?とか帰り道のこと考えだしたらもう集中力完全に切れてますよ。いくつか選んでいいとこどりみたいなの阿保になるじゃないすか踊る前に飽きてるじゃないすか。いや怒らんといてくださいよ、どっちに怒ってるんすか。ほんまこれどうしたらええんかなて。どうしたらええんかなってめっちゃザックリ人に聞くっていうか投げつけて [続きを読む]
  • お食事中に読んだらあかんうんこのやつ
  • 今日うんこしてたんすよ。昨日出てないからね、出そうな時の腹の痛みがね、いやまじで痛いんすよ。強いんすよ、どこが1番痛いか考えてもわからんやつですよ。トイレ行くでしょ?座るでしょ、すぐ出るわけちゃうんすよ痛いんすよ。胃ィやぶれてるんちゃうかなってそんなわけないんすけどお前胃の場所どこか知っとるんか今痛いん背中らへんやんけヘヘヘって思いながら痛いんすよ。手持無沙汰なんすよなんも持ってきてないし痛いだけ [続きを読む]
  • 天王寺動物園に行った記
  • モルモットを触らせてもろた。モルモットはテンジクネズミの一種。大人しくて柔らかくてあたたかいげっ歯類。掴み上げていいらしいけど、(そんなん初対面の人間にされたら憤慨やろ)(えげつない辱め)(驚かせてしまいそうでこわい)(こわい)とのことでナデナデしたり、その昔尻尾が生えていたとされる尻周りをコリコリさせてもろた。それはそれで嫌だったと思う。ごめん。ありがとう。わたしは動物が好きだ。人間もヒトという動物だけ [続きを読む]
  • 渇望漫談(700字)
  • 生きることを死ぬまでやる。それが人生。どうやって生きていくつもりなのか、それがいまだにわからない。その恥と共に生きる。自分のことくらいは守れるようになってから天寿を迎えたい。だから次は?次はどうする。欲しいわたしを必ず手に入れる。そうであれ。よくわからないけど、どっかが強く唸っていて身体ごとビリビリに破れそう。だから少し吐き漏らす。ほんまに意味わからん。なんやこれ。良い迷いの中でたたずみ暮れている [続きを読む]
  • 人のラジオネームを笑うな
  • (おんぶら…どんぶら…)ここのところ、気を抜くと悪魔の囁きのように脳内で繰り返されるフレーズ。おんぶらどんぶら。これは、「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」に彗星のごとく現れた投稿者のラジオネームである。RNおんぶらどんぶら。なんつう名前やねん。どういう意味やねん。あの時は、まさかこんなに尾を引くことになるとはつゆ知らず。食事中に(おんぶら…どんぶら…)歯を磨きながら(おんぶら…どんぶら…)勉強中 [続きを読む]
  • 金があっても手に入らないのが眼鏡
  • わたしは、頭と性格と歯並びと目が悪い。顔についてだが、自分では下の上(ギリギリ並)だと思っている。しかし、このような自覚がある場合、大抵はただのブスなのだそう。辛辣だね。顔のことはよけておいてと。そう言えば足も短い。目は唯一物理的に安値で簡易矯正をすることが可能。そう、眼鏡さえあればね。中学卒業後、みるみるうちに落ちていく視力。眼鏡デビューだ。それ以来、面白いほどに落ちていく視力に悩まされている。没 [続きを読む]
  • 去年よりはマシ
  • 更新が途絶えてすみません。って、謝る必要はないと言ってくださるとは思うのですが、定期的に覗いてくれている方が数名いるようで。申し訳ないなぁと思いながらも、なんやかんやで放置していました。あと、好きなラジオの記録ページも更新出来ていないので。最近ラジオをじっくり聞くってのが難しくなっています。数年に1度のペースでそういう時期があります。どうしようもねえ。ちょっと今後どうするつもりなのか、自分でもよく [続きを読む]
  • 母の日だから プレゼントを贈ってみたの巻
  • 結構早い段階で家庭が崩壊していたからなのか、母の日とか父の日とか、そういうのには鈍感だ。10年ぐらい前の母の日、小さなプリザーブドフラワーをプレゼントした気がする。ただの気まぐれだったように思う。自発的にやったのは、それ一度きりかもしれない。あまり思い出さないようにしている。なんとなく、今年は何かあげようと思った。予算は1000円ぐらい。30歳にもなる人間が1000円。ここで大盤振る舞いをして後々小遣いを無心 [続きを読む]
  • 打ち切り | 2017/4月 まとめ もっと早く言えばいいのに
  • 今回で月末まとめやめますよってに。ほとんど働いていないくせして慌ただしいという超絶意味不明な状態が続いている。それは、とても良いことだ。良いことだ、けれども。2017/4月 ざっくり4月上旬新しいこと始まったけれども、追いてけぼり感アルバイト休まず月末まとめ書くの、やっぱりやめよ。とりあえず言ってみよ!「もう、月末のやつ書きたくないです!」→凄まじい解放感素直になったほうがいい。毒を吐くとかそういうので [続きを読む]
  • 目標未達成の巻 | 2017/3月 まとめ 月末だから書いただけ
  • わたしは疲れとる。カラダさんが疲れとる。蓄積のやつ。”引きこもりを辞めよう” そう決めた直後よりも、日々のハードルは下がっているはずなのに。保ちながら進むってのは、難しい。「しんどい」「しんどい」をまき散らすのは、好きじゃない。ある日を境に、そんな自分が嫌になった。それをやめる努力をした。わざわざ言葉にすることで、自分にも周りにも負担がかかるから。けれどもわざわざ書いておく。このブログは、わたしの [続きを読む]
  • 喜びの濃度を上げたかったのだ
  • 冷凍庫に、アイスクリームがあるではないか。わたしは、甘いものがそんなに好きではない。ただ、ごくたまーにアイスクリームを欲す。先週、なんとなく欲し、なんとなく買い、そのまま忘れてしまっていたアイスクリーム。あの時買ったアイスクリームがあるではないか。昨晩、風呂に入らず眠ってしまった。カラダ全体がオイリーなわたし。カラダオイリーは心に影響を及ぼす。心もベトベト。ココロオイリーさん参上中なのだ。こりゃあ [続きを読む]
  • 少しだけ働けるようになったから、家に入れるお金の話をした。母と。
  • 母はわたしに激甘だ。このブログを始めた頃から、わたしに何も言わなくなった。話すこと以外は無理に知ろうとしなくなった。信用とか安心とか、そんな気持ちをもってくれるようになったから、放っておいてくれるのだろうか。いいように解釈している。母はわたしに激甘だ。今年貯めようとしている10万円も、頼めば出してくれるだろう。今までも返しきれないほどの無駄金を使わせているのにも関わらず。現に、春から始めるあることの [続きを読む]
  • 夢みました 脅迫編
  • 昔の職場の常連客に脅迫される夢をみた。相手はあのおっさんである。店の定休日に店員を束ねてご飯に連れて行ってくれるような、寂しがり屋のおっさん。その職場を辞めてからは、おっさんとの付き合いはない。わたしはおっさんがこわかった。こわいけど好き。わたしにとって、おっさんはそんな人。おっさんはお喋り好きで人懐っこく、お茶目な人だった。ただ、人生の背景が一切見えないのだ。真っ白でないことだけは、聞かなくとも [続きを読む]
  • 迷子
  • この土地で暮らし始めて、もうずいぶんになる。わたしは冒険が苦手だ。道だって同じ。わざわざ奮起しないかぎりは、いつも同じ道を選ぶ。近所には、わたしの知らない道がまだまだ沢山ある。だから、迷子になった。近所で。地図上では、歩いて1時間もかからないはず。はじめて行く場所だから、念入りにチェックしたのだ。電車にはあまり乗りたくないから、徒歩を選んだ。あの建物を目印にしていたはずが、あの建物を見失うわたし。 [続きを読む]
  • ラジオ放談 | file1.ラジオ聴取環境と購入予定機器
  • ラジオへのあふれる想いを書き出したい。もうそろそろ、抑えきれぬ感じになってきた。何をどんな風に書こう?そんなことを考えていたら、一生書かないだろう。だからとにかく書いてみよう。今回は、わたしのラジオ聴取環境と、購入予定機器を羅列する。今ハッキリと言えること、それはこれだけだ。ラジオは聞くもんじゃない聴くもんだこの記事の最終更新日 2017/02/15わたしのラジオ聴取環境東芝 ワイドFM/AMポケットラジオTOSHIB [続きを読む]