だいち さん プロフィール

  •  
だいちさん: 生きる苦しみと希望の記録
ハンドル名だいち さん
ブログタイトル生きる苦しみと希望の記録
ブログURLhttps://ameblo.jp/kanamedaichi/
サイト紹介文精神的につらい日々の中でなんとか生きることを肯定しようとしています。その記録の一部です。
自由文僕は悩み癖があり、15年ほど前から思ったことを記録に付けていました。ブログはその一部を少々編集したものです。ずっとつらい日々が続いていましたが、その中でなんとか生きることを肯定しようとしてきました。その時に考えていたことで個人的な情報の書かれていない部分を、だいたいそのまま公開することにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2016/10/16 06:53

だいち さんのブログ記事

  • シンガーの動物の権利論 その他日記
  • 最近は多少の不調もあって誘われた新年ダブルス大会を断り、障害者の大会もフランス語検定の二次試験と重なってキャンセルしたし、研修などで練習にも行っていないので卓球はダメであるが、そもそも自分の中ではそれほど卓球における勝利は優先順位が高くない。今日の調子はぼちぼちで、一応さきほどまた研修をなんとか乗り切った。しかし、できる限りのことをしようとはしているものの、結局なんのためにやっているのかを疑って [続きを読む]
  • 友人の励ましの歌・業の深い身内・女性のドタキャン 他日記
  • 昨日はバイトの不安は多少落ち着いてきたのだが、落ち着くそばから得体のしれない人生への疑問が噴出してきてデイケアで紙に苦しい苦しいなどと書きつけていた。その後音楽室的なところで休んでいると、友人が入ってきた。最近その友人とはアドリブ作曲的なことをしている。と言っても、自分が鳴らす循環コード(カノン進行や小室進行などの基本的でよくあるコード進行)に、彼がアドリブで歌を乗せるという感じである。彼は抗精 [続きを読む]
  • 不調メモ
  • やっと日記が書ける程度には回復してきた。先ほどまで割と精神的にひどい状況で、なんと形容してよいかわからないが混乱して普段の感覚がなく、睡眠前後には幻聴のようなものもあった。昨日は日記を書いた後も不調の波が続き、耳鳴りの中でスナック菓子を食べながら枕を殴るといったことを11時過ぎまでしてなんとか寝た。自分の不調はたいてい寝て起きても回復しないが、実際今朝起きても気分が悪いままだった。なんとかデイケア [続きを読む]
  • 自殺念慮への対応・玄奘三蔵の生き方・FFとスクロール技術 など
  • 比較的精神的に苦しい状況であるので、日記で吐きだすことによってさしあたり対応したいと思う。さしあたって、先ほどまで、電車で家まで帰る際の、自殺念慮が頭の中をぐるぐると回る程度の不調はある程度脱したように思われるが、まだ多少残ってはいる。しかし、確かに状況回避のための死という選択肢は存在するものの、まだ十分に生き残る道の可能性はあるとは言えるだろうから、それは実行前に十分に検討すべきだろう。いくら [続きを読む]
  • ユニークフェイス差別問題をめぐって
  • 「顔の差別で人は死ぬ」あざ・まひ・傷の痕…ユニークフェイスの闘いhttps://withnews.jp/article/f0181123000qq000000000000000W06810101qq000018392Aさっきニュースを見ていたらこういう記事があってちょっと気になったので記録したい。これに対しては様々な意見が飛び交っていたが、この人を批判するもの、記事の書き方を批判するもの、差別者を批判するもの、被差別者を批判するもの、その反対の擁護するものなど、さまざまだ [続きを読む]
  • 採用試験結果・旅行記の一部・過去の苦悩の意味付け など日記
  • とりあえず塾講師の採用試験は通ったので、ある意味大変なことになったが、前進だと捉えてがんばろうと思う。国数英の筆記は案外わからない問題が一問もなかったので、(凡ミスはあるかもしれないものの)まあたぶんいけると思ったが、結構集団面接が長く、緊張感で非常に疲れたため、帰ってから頭痛に苛まれたし、ちょっと微妙なことも言ったと思っていたが、合格通知電話では一応まったく問題ないとのことではあった。友人が、 [続きを読む]
  • いろいろメモ(着地・仏検・塾講 その他)
  • 前に日記を書いてから日数が経ったが、この二週間の間にもいろいろなことがあった。実際には旅行記をワードファイルにして10ページ以上の分量書いたのだが、自分以外の人の個人的なことの記述が多かったため、そのアップは控えることにした。ただ、旅の結果として決定的なこととしては、生きる意味がある意味で見つかったということである。と言っても、「身近な人を支えることに生きる意味を見出す」という、結構普通で平凡であ [続きを読む]
  • Yahoo!知恵袋での生きる意味の質問に関する全やり取り報告③
  • その3です。 ◇shi私からはぜひオカルトの研究をおすすめします。お勧めするサイトにもありますが、大学とか大学院とか当たり障りないことしかやらないですよ、たぶんオカルト研究なんてしないでしょう。私が読んできた情報では地球は大昔からネガティブ宇宙人達によって支配されており、地球人は彼らの実験奴隷であるという話です。本来人間は誰でも超能力的な能力を発揮できる存在であり、魂や死後の世界や輪廻転生の領域も認 [続きを読む]
  • Yahoo!知恵袋での生きる意味の質問に関する全やり取り報告②
  • その2です。 ◇alc人生は1回きりで死んだら何もかもなくなってしまうと言う考えでは生きている意味が解らなくなりますしかし、死後も自分が存在し死後の生活が長く続きやがては再度転生して次の人生が有ると理解すると毎回の人生に意味が出てきます。生きている意味は自らを成長させる為に生きています。生きて経験を積み学ぶ事で人間として精神的に成長させています。成長する為には辛い事が必要なのです辛い経験が無かったら成 [続きを読む]
  • Yahoo!知恵袋での生きる意味の質問に関する全やり取り報告①
  • 知らなかったが(うすうすそうじゃないかとも思っていたが)ベストアンサーを決定したら一切コメントなどができなくなってしまった。コメントはすべて返そうと思っていたし、ベストアンサーへのコメントにもそう書いた手前、途中やりになってしまうのはちょっと残念なような、(ちょっとめんどうでもあったので)肩の荷が下りたような、という感じではある。一応ひと段落ということになるので、ここでやり取り全文をいくつかの記 [続きを読む]
  • 雑多な日記
  • 最近もデイケアでのんびりしているが、Yahoo!知恵袋での生きる意味についてのやり取り(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13198406563)もぼちぼち続けている。やり取りをWordに貼ったところ、先日中間報告をしたときの倍以上に膨らみ50ページを超えるために、この日記に記録するには分量オーバーである(そのうち分けて上げるかもしれない)。今は、1000viewを超えて50件近くコメントがついているが、 [続きを読む]
  • 知恵袋炎上・行き詰まり・ある女性の想い その他日記
  • 2つ前の10月28日の日記の最後に書いた企画を見て協力を申し出てくれた人がいたので、協力しながら生きる意味について共同して考えるためのサイトを制作し出したのが、29日のことである。いろいろ案を出し合い、自分がWixというHP作成サイト(jimdoも試してみたが、こちらにした)で原型をつくり、パートナーが第一の記事のたたき台を書いてくれた。しかし、公開はさしあたり見送って、引き続き方向性などを検討中である。その後、 [続きを読む]
  • Yahoo!知恵袋での生きる意味をめぐるやり取り中間報告
  • https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13198406563ここでやりとりをしていましたが、補足文の通りつらくなってきたので、いったん返信を中止することにしました。 ◇本文 自分は15年以上前からずっと生きることの意味について悩んできました。勉強やスポーツで成果を上げていたときも、音楽を楽しんでいたときも、恋愛をしていたときも、この問いから解放されることはありませんでした。辛いことも多かった [続きを読む]
  • 虚無の詩+日記
  • ■虚無の詩心に渦巻く虚無の嵐と踊るような不調和な街吹き飛ばされた「愛」も「共生」も中途半端なその残骸を権利や正義だとかいった空虚な概念にとどめている本はうず高く積み上げられているが答えはどこにも見当たらず追究の意気込みだけが虚しくこだまし響き渡っている諦めるなという内なる声は希望が薄くなるとともに次第に高まり厳しくなるその口調の裏に死の影を予感させる出口のない暗闇の中に創り出された道はいつも後に [続きを読む]
  • 森岡正博の生きる意味論を読んで+アンパンマンマーチ感想 その他日記
  • 週末のフットサルと卓球の試合は咳をしながら、吐きそうになりながら(実際微妙に吐いた)、乗り切った。先ほど病院に行ってきたが、肺炎にも喘息でもなく、気道のウィルス性の風邪だろうということで、抗生物質を含む薬を処方してもらった。もう10日以上咳以外の症状がない状態で長引いており、発症前後に首をカメムシに刺されるというアクシデントがあったためにカメムシに毒を注入されたのではないかと疑ったときもあったが、 [続きを読む]
  • エンディングノート作成に際して メモ
  • 終活のため百人百想の提供しているフォーマットを使ってエンディングノートを書き始めた。しかし、過去のことを書く欄を見ながらその頃のことを思い出すにつけて涙が出てきた。不思議なのは、思考よりもその感覚の方が先行していたためになぜ自分が胸を痛めて涙を流しているのか理解できなかったことである。ただ、今考えてみるとそれに関してひとつ言えるのは、それはつらさや悲しみに発した涙のようであるということだ。しばら [続きを読む]
  • 終活など日記
  • 最近は風邪気味だが、デイケアでのんびりとしている。あまりにも人生にやる気がないので昨日も帰ってから自殺のことばかり考えていたが、別にそう簡単に死ねるわけでもない。とはいえ、死ぬ人は簡単に死ぬわけだから、このように言うのもある意味彼らには失礼な話であり、ここが死にたいと言いながら死なない人間と生きたくても生きられない可能性の高い人間の言論のせめぎ合いが起きる部分だろう。デイケアの音楽に関しては、ド [続きを読む]
  • 神谷美恵子の詩、ほんとうに価値のあること、誕生日の記録 など日記
  • 今日は誕生日のようだが、友人にLINEなどで祝ってもらえて十分だった。最近はデイケアで割と楽しんでいるし、生活としても申し分ない。特にこれ以上なにか求めるわけではないが、多少生きがいに欠ける感じもある。なにかしようと思って語学などをやってみるのだが、なんのためにやっているのかがはっきりしないことに継続的な努力をするのはやはり難しいものだ。つらくてもやるぐらいの気持ちがないとやり抜くことはできなそうだ [続きを読む]
  • 重苦しい雨の追憶
  • 重苦しい雨が 今日も降りしきる断続的な豪雨だやまない雨はないとはよく言ったものだしかし再び降り出さない雨もない空にかかった希望の虹をかき消してこれでもかとたたきつけるそれは物理学がどれだけ発達しても決して説明がつかない理由なき暴風雨だインフラを凍結させ 住みかを吹き飛ばしどれだけ苦しみあえいでも手を緩めることはないすべてを流し尽くす計画が完了したときに僕が海の底で最期にきっと思うことは怒りも恨み [続きを読む]
  • 真の救いの道
  • 前回の日記へのコメントを受けて、自分の求めるものについて少々考えていたが、そうしてみると確かに、救われたいというのはあると思った。それについて考えてみると、救われるパターンにもいろいろあり、救いがまったくないというパターンはさしあたって措いておいて、それを行為と救いとの関係で大別すると3つに分けられる気がした。つまり、行為によってなにかの条件を満たせば救われるパターンと、無条件に救われているから行 [続きを読む]
  • 人生の落ち着きどころ+幻覚
  • 金曜の午前の学生相談に際して、そろそろ人生の落ち着きどころを見出した気がしてきた。だいたい自分の限界というか、できないことも把握できてきたし(自分に限界を作るなという言い分もありそれももっともではあるが、その限界を突破しようとする努力自体が不幸を呼び寄せることがある程度はっきりしている場合、その按配を把握することは妥当だと思われる)、その自覚の上でできる限りのことをするとしたら、これぐらいだとい [続きを読む]
  • 日記 ダライ・ラマの示す生の意味とか翻訳者の道とか
  • 前回の「やる気ない日記」におけるあまりの労働意欲のなさからは、このまま堕落の道まっしぐらの結末も予測されたが、実際には翌日の朝には「福祉英語検定」の情報を見つけて、(それを行っている協会は福祉関係の翻訳も請け負っているようだったので)語学で福祉に貢献できる可能性を感じて英語の勉強に取りかかっている。先日、精神保健福祉士の道はあまりにコミュ力の要求水準が自分にとっては高いことを理由にほぼ断念し、そ [続きを読む]
  • やる気のない日記
  • 今日は卓球の試合で、全部で8試合をこなしたため、疲労困憊状態である。一番上のクラスで第一シードだったので、主催側による自分の評価は高かったようだが、途中でペンドラの人に負けた。わりかし名門の高校の3年生らしかったが、やたら強烈なドライブを打たれまくった。多少止めても何度も何度もばかばか・ぼこぼこと打ち込まれ、サンドバック状態であった。自分のへぼさに辟易して帰途についた。帰り道でYouTubeで中村元の語る [続きを読む]