kumayome さん プロフィール

  •  
kumayomeさん: 野性クマに捕獲されました。
ハンドル名kumayome さん
ブログタイトル野性クマに捕獲されました。
ブログURLhttp://kuma-yome.hatenablog.com/
サイト紹介文まちっこが野性クマに捕獲されて振り回されている日常です。
自由文武将であり九州男児の血が流れているという老熊。女には媚び売らず、ビシビシいう事を聞かせる方針のようで、都会っ子に80Lボッカさせたり「黙って俺に付いて来い」とフナ虫まみれの海や、うんかまみれの山等日々修行をさせられております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供398回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2016/10/17 00:21

kumayome さんのブログ記事

  • 琴ヶ浜の風景(5月3日)
  • このブログは遅れて記事を書いております。5月3日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。綺麗な花も咲いていて、静かな雰囲気の会場。主催者の方に聞いたら比較的こじんまりとしたミーティングなんだそうです。参加者の方も物凄く主催者の方と仲良さそうで普段行ってる賑やかで混雑してる感じとは違って「のんびり派」のkuma-yomeにはあっているようです。交通整理をしていた顔見知りの [続きを読む]
  • ミーティング会場の琴ヶ浜に到着(5月3日)
  • このブログは遅れて記事を書いております。5月3日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。「この辺かな?」と言いながら車をゆっくり走らせて角を曲がろうとしたら目の前に顔見知りの方が交通誘導を行っておられました。何度かミーティングでお会いした事のあるご夫婦そろってとても品のある穏やかな口調で話す四国人さんです。少し停車して曲がった後の行き方を聞いて再出発。目立つよう [続きを読む]
  • やって来ました高知(5月3日)
  • のブログは遅れて記事を書いております。5月3日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。前日の雨が嘘のように晴れてとてもいい天気での出発となりました。どうやらここでも高速道路っぽい物を作っているようで順番に道路部分が繋がって行ってます。色々な作り方があるようで、どこまでも橋脚だけが並んでいるのに道路部分が全くできていない地域もあったりして作り方の差はどういう理由で [続きを読む]
  • 0時を過ぎての与島PA(5月3日)
  • このブログは遅れて記事を書いております。5月3日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。0時頃にちょっと恐怖な「与島PA」に到着。老熊に連れられて初めて四国車中泊へ行った時大変なメにあった事があったので四国車中泊は若干恐怖を感じていましたが、老熊が言うには「四国の人は良い人が多いからどっかのDQN旅行客やったんやろう」との事でしたが、怖いメにあった時の相手の人の話す言 [続きを読む]
  • 茨木市のPA名前は不明(5月2日)
  • このブログは遅れて記事を書いております。5月3日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります夜になってから出発したので最初の休憩はカナリ遅い時間になってからになってしまいました。駐車場へ入ると〇の中に「た」と書かれた同じトラックが仲良く並んで止まっていたので、何だか少し面白く感じてしまいました。kuma-yomeは移動中に立ち寄った道の駅やPA,SA等の場所名を写真に撮って移動経路 [続きを読む]
  • 近所の花達(5月1日)
  • ご近所さんはとっても花が好きなようで庭や門の内側に花を色々植えていたり田んぼの脇に色々な花を植えていたりします。雑草なのかちゃんとした花なのかは不明ですが、とても綺麗だなと思ったので思わず写真に撮りました。kuma-yomeの地元ではもう絶滅したに等しい「通称 クローバーの花」小学校1年の頃は花冠を作っていたんですが、その後全然見かけなくなったので作り方なんてとっくに忘れてしまいましたがやっぱり見かけると懐 [続きを読む]
  • 明るいうちに見たら交通規制看板だらけ(4月28日)
  • 夜道の駅へ向かっている時には気が付きませんでしたが、朝になって良く見て見ると交通規制の看板だらけでした。行事事がありそうな時期は出発前にHPとかで念のため調べてから出かけた方が良さそうですね。kuma-yomeが子供の頃はこいのぼりなんてスーパーで売っている棒の中に金平糖が入っているやつくらいしか見かけ無くってとっても珍しかったんですが、いつの頃からか川にこいのぼりを吊るしている様子を見かけるようになり [続きを読む]
  • 道の駅へぐり(4月28日)
  • いつも起きると前日の夜から車中泊していた人達が全員出発した後という我が家ですが、この日は朝6時過ぎに目が覚めました。警備員さんは一晩中いたのか途中で帰ったのかは分かりませんが、夜に何度かトイレへ行った時、車中泊のお爺ちゃんに話しかけられている警備員さんの姿を何度か見たので夜遅い時間までいたのは間違いなさそう。トイレへ行こうと朝6時半頃に窓の外を見たら警備員さんがいたのでひょっとしたら泊まりだったのか [続きを読む]
  • 道の駅大和路へぐり(4月27日)
  • 駐車場へ入ると封鎖という大きな文字が目に入りました。慌てて車内から警備員さんに声をかけて聞いてみると朝まではいていいとの事でホッとして中に入ると既に車中泊をしている車が数台いました。みんな程よく離れた感じで車を止めてそれぞれ車中泊をされています。キャブコンと呼ばれる種類のキャンピングカーも静かに楽しみたいのか車道に一番近い隅の方に車を止めて静かにされていました。でも我が家は車が古いからか直ぐ隣に後 [続きを読む]
  • 一日車中泊へ向かって〜温泉へ立ち寄り〜(4月27日)
  • 老熊はめちゃくちゃ汗かきなので毎日温泉へ行かないと気が住みません。でも田舎の道の駅だと年中無休と書いてあるのに行ってみたら臨時休業や閉館だったりして運が悪い時は連続して3.4件回っても入れなかったりすることもあります。臨時休業だったりメンテナンス休業だったりする事もあると思うんですが、せめてHPで告知してくれたら良いのになと思う事もしばしば。酷い場所は閉館してから半年以上も経ってるのにHPで告知されてい [続きを読む]
  • 一日車中泊へ向かって〜まずは食料調達〜(4月27日)
  • 毎日忙しい老熊は結構留守が多くって「出張と出張の間に家にいられる時間が24時間切っている」なんて事もあったりするのに予定のない休日は嫌いな性格のようで1日車中泊へ行く事になりました。kuma-yomeはいつも通り車内でキョロキョロしながら色々撮影。人の足がある!目の前を走る車の窓から人の足が見えて頭の中では火曜サスペンスドラマの出だしの音楽が鳴り響きます。「うわ!ホンマや」と普段冷静な老熊も声を上げて笑ってく [続きを読む]
  • 帰省のお土産(4月23日)
  • kuma-yomeがお気に入りのケーキ屋さんが大阪市内に2件あって1件目は北堀江にあるLE PINEAUさん。そこはミナミ派のkuma-yomeが一番良く行ったケーキ屋さんだったお店で、会社の食通オバちゃんから貰った「バレンタインのお返し」を何にするか悩むと言っていた男性にお勧めしたら喜ばれたよと言われたお店で近くで働いていた頃は時々カフェでお茶をしたりしていました。また行きたいんですが、捕獲生活が始まってからは大阪市内南部 [続きを読む]
  • 吹田SA出発からの帰省(4月23日)
  • 老熊は仕事へ直行。kuma-yomeは帰省の予定があり朝早めの時間に出発。いつから観覧車が流行ったのか分かりませんが至る所に観覧車がありますね。できた時に話題になった観覧車といえばヘップファイブと天保山の観覧車くらいで後はツーリング等でたまたま通りかかったらあった的なじでの発見が多いです。ヘップファイブが話題になったのは梅田のど真ん中な事と真っ赤な色が新鮮だったから覚えていたんだと思うんですが、天保山は [続きを読む]
  • ちょこっと吹田SAで車中泊(4月22日)
  • 吹田SAに到着。SAやPAって結構ワンセグが入らない事が多いんですが、周囲にマンション等背の高い建物が多いのでバリバリ入って老熊も満足なSAです。桜の時期は2Fから外に出ると枝の真下に立って眺める事ができてとっても得した気分になります。バイクで訪れる人が多いのか新しい方の設備なのか分かりませんが、バイク置き場がしっかりと整備されていていい感じです。PAやSAでよく見かけるのが申し訳程度に設置されたスペース [続きを読む]
  • 近場車中泊へGO!〜飛行機が近過ぎるSA〜(4月22日)
  • 車中泊って何の為にするんでしょうかね。老熊は忙しくって車中泊やツーリングをする時間が無い時でもやりたがります。数年前繁盛期の連続出張の合間が24時間弱くらいしか無いという日に、大阪から湯原温泉まで深夜の日帰りツーリングへ出かけた事もありました。その時は確か125CCだったと思うんですけど無事日帰りしてきました。パワフルという言葉は老熊の為にあるような物で普通出張が連続して入っていたらしんどいから少しでも [続きを読む]
  • 奈良のイケメン日本一の謎(4月21日)
  • 帰る途中で珍しい「スジャータ」のトラックに遭遇。子供の頃良くCMをやっていたので今でも歌は歌えます。今働いてる人達ははたして歌えるんでしょうか気になってしまいますね。奈良の人って古都アピールだったり名産アピールだったりが少ないイメージだったので控えめな県民性なのかと思っていたんですが、奈良の人が良く分からなくなりました。「ある」みたいや。こういう看板大好きなので思わず写真に撮ってしまいましたが、タイ [続きを読む]
  • 針テラス到着(4月21日)
  • 奈良の25℃はkuma-yomeには寒い気温なので、この程度の木々の間を通るのは耐えられるんですが、太陽の光が木々の間からチラチラ見えるようなもっと枝がふさふさした山の中は寒くって「早く通過し終えないかなー」と思ってしまいます。多分こっちから針テラスへ来るのは始めだと思うので、とっても新鮮な気持ちになりました。針テラス自体は何度も来てるんですけどね。多い時はこの位置よりももっと後ろからバイクの列があるんです [続きを読む]
  • 奈良らしさ(4月21日)
  • 駐輪場へ戻ると珍しいパーツを付けたバイクがお隣に止まっていました。以前ダムカードを貰った徳山ダムでこのパーツを見た時はBMWのバイクだったので最初はBMWのオリジナルパーツなのかな?と思っていたのですが、北海道へツーリングに行った時も同じパーツを見ました。老熊の知人に自動車整備に詳しい方がいたので聞いたのですが、その方も初めて見たパーツらしく「なんなんだろうねー」と言った瞬間歩いてそのバイクに近寄って行 [続きを読む]
  • 懐かしの石舞台〜決して座ってはいけません〜(4月21日)
  • kuma-yomeが子供の頃遠足の定番で高校へ行って他の区の子達と一緒に学ぶ事になった時もみんな行ってた場所だし、kuma-yomeの子供達も遠足に行ってたので普通に有名だと思っている石舞台。一般的知名度はどうなのか気になります。奈良のお土産といえば「鹿のふん」のイメージなんですが石舞台で売っているのは「のび〜る墳」と「クリッ墳」初めて見ましたが、中々考えさせられるネーミングです。木造のボロっとした感じの建物で入場 [続きを読む]
  • 石舞台駐車場(4月21日)
  • と次の目的地である石舞台の看板が見えてきました。ここは結構観光客が多くいるせいか警備員さんが横断歩道に立って誘導しています。しっかりと2輪車スペースが確保されていてバイクで来ても安心して止められます。車いすスペースってバイク置き場と隣り合わせなSA&PAが多いんですが、バイクが多い日時になると車いすスペースに侵略してるバイクをちょくちょく見ます。これだと場所は確実に確保できるし直ぐそばに警備員さんがい [続きを読む]
  • 懐かしの亀石(4月21日)
  • ナビが迷走してくれているお陰で珍しいお店を発見。黒米たこ焼き太子焼きというらしいです。観光客の多い時期だけ営業しているのかたまたま定休日だったのかは不明ですが、お休みでした。黒米って作ってる方にお話しを聞いた事があったんですが、結構手間がかかるらしいですよね。食わず嫌いが酷過ぎるkuma-yomeですが「どうせたこ焼きやん」と思うとハードルが低くなるので一度食べてみたい気もします。何度も同じ場所を行ったり [続きを読む]
  • 奈良!京都にも負けてません!(4月21日)
  • 古都と言われれば一般的には京都と奈良どっちなんでしょう?kuma-yomeは老熊に連れて行って貰うまで京都に行った事が無かったので古都=奈良です。小学校の行事は奈良ばっかりでしたし、中学校は和歌山へ行く事もありましたが奈良へ行く事が多かったですしね。景観に配慮した建物というとネットの話題は京都が多くてコンビニや様々なチェーン店が和風になっている写真が良く取り上げられてますし、外国人が行きたい観光地№1にな [続きを読む]
  • 静かな奈良の道(4月21日)
  • 「油入れるわ」の一言でガソリンスタンドへ立ち寄ったのですが「降りてええで」とは言われなかったので降りずにいたら給油が始まりました。面倒なのか短時間の乗り降りが苦痛なkuma-yomeへの配慮なのかは分かりませんが、時々こういう事があります。以前バイクミーティングへ行った時に会場にいた方から「動かず荷物に徹してくれた方が楽」「はっきり言って後ろの人は荷物扱い」という風に教えてくれたのでカーブの時とか色々考え [続きを読む]
  • どうでも良いかも知れない奈良の風景(4月21日)
  • 山が近いからか気温が25℃と低め。大阪市内だと2℃くらい暑いとよく言われますので言われますのでkuma-yome的には涼しいというよりも寒いと感じるくらいなので湿度が低めのようです。突如現れた骸骨。こういうのを見ると「免許持ってなくて良かったなー」といつも思います。ビックリして注意力がなくなって事故したら危ないですからね。ポールの土台がタイヤのやつ。整備屋さんって結構余ってそうなのでリサイクルになって良いです [続きを読む]
  • 道の駅かなん〜ちょっとガッカリ感〜(4月21日)
  • 結構大きい道の駅なので土産物を見ようと建物へ歩き始めるとkuma-yomeの苦手な犬がいます。「でもまぁ人がちゃんと居るし何かの団体みたいだからちゃんと躾はされているだろう」と思って少しビクビクしながら距離を取りつつ目の前を通過すると犬がめっちゃ近寄ってきます綱持ってるお姉ちゃんがジリジリ引きずられているので心の中で「我慢我慢」と自分に言い聞かせながら歩くスピードが速くならないようにドキドキしながら通り過 [続きを読む]