mkrk さん プロフィール

  •  
mkrkさん: マンガ『深夜食堂』をスマホで無料立ち読み!
ハンドル名mkrk さん
ブログタイトルマンガ『深夜食堂』をスマホで無料立ち読み!
ブログURLhttps://ameblo.jp/shinyasyokudo/
サイト紹介文無料で漫画の〇○がスマホが読めちゃうサイトやアプリのダウンロードの方法です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/10/18 08:14

mkrk さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 10巻の感想とお品書き
  • 10巻の感想ストーリー的には惹き込まれるものがなく少し残念な気がしました。 そのせいか料理の方は、「きぬかつぎ」って何だろうというところから、肉豆腐、ブリの照り焼き、ワンタン、コロッケそば、ジャガバターと次々と食べたくなっちゃいました。 「きぬ(衣)かつぎ」気になったので調べてみたら、里芋を皮のまま茹でるまたは蒸したあと、皮をむいたところに味噌などをつけて食べる秋の料理のようです。&nb [続きを読む]
  • 9巻の感想とお品書き
  • 「梅干しと梅酒」は幽霊話だったんですが、惹き込まれて面白かったし実際にアルかも?と思いました。あとは、男勝りの女社長が意気投合したOLの会社に乗り込んで問題解決する「卵きくらげ炒め」も楽しめました。 食べ物の方は物語との関連性が薄くなったと感じだしていて、食べたくなったものがない巻でした。作者さんも苦労されているのかな? 強いて言うならきびなごのフライは食べたことがないのでワカサギと [続きを読む]
  • 8巻の感想とお品書き
  • 食べる方は「オイルサーディン」のこんな食べ方もあるんだと参考になりました。 話の方は思っても見ないところから、知らないほうがよかったことに気づいてしまう!それが千切りキャベツにかける「中濃ソース」からなんて…たった10ページなのに結構濃いドラマを見た感じです。それと「油揚げ」の話、東北の震災直後に書かれたんでしょう!時事ネタなんて今までなかった気がするのですが…ゲンちゃん、オモニ、円昼師 [続きを読む]
  • 7巻の感想とお品書き
  • 食べたくなったものは飲んだ後の締めに「焼いたもち」 焼きおにぎりは時々締めに食べますが、もちというの発想は浮かばなかった…きっと美味しいだろうなぁ? 話の方は、甘い玉子焼きが良かった!永六輔さんが「人は二度死ぬんだよ。一度目は肉体の死。二度目は皆の記憶から消えた時」って言っていたという話を思い出しました。それと、子供時代に四年間だけ連れ子同士の兄弟の話(ハムカツ)長い間離れて [続きを読む]
  • 6巻の感想とお品書き
  • 風邪を引いてしんどい時に読んだので今回は何も食べたくなりませんでした。麦茶に砂糖を入れて飲む人が少ないながらもいるというのがビックリしました。そんな人は、まだこれまでの人生では出会ったことないです。話の方は冷やし中華の話がよかったかな? お品書き豚バラトマト巻き麦茶キューリ生姜焼き定食ガリガリ君コンソメスープ新米松茸サバのみそ煮ゲソ揚げ焼きおにぎり冷やし中華ちくわの磯 [続きを読む]
  • 5巻の感想とお品書き
  • 今回は、お腹が空いている時に読んだから?食べたいと思ったメニューが多かったです。その中でも食欲が一番そそられたのは、缶詰!!コンビーフ炒めに目玉焼きのせとお茶漬け、思わず画面をキャプチャーしてしまいました。話の方は、麻婆豆腐、ギョウザが印象に残りました。箸休めのグチも作者の本音?苦労?がわかり面白かったです。 お品書き麻婆豆腐数の子ミートソースクリームシチュー缶詰豚キムチ早めしカ [続きを読む]
  • 4巻感想とお品書き
  • 4巻は最初に出てくる、うなぎのタレ丼がずっと食べたいなと思いながら読み終えました。話の方もうなぎのタレが一番良かったです。あと、女が人生で大切なものは「子供、オトコ、コラーゲン」の順と言って女性たちが豚足を食べているのも印象に残りました。 お品書きうなぎのタレ豚足冷やしトマト小指やっこ串かつ秋なすきんぴらごぼういなりずし肉と野菜あたりめコロッケ銀杏冬至のカボチャトイレ & [続きを読む]
  • 3巻の感想とお品書き
  • 今回、1番食べたくなったのは、バターライス!熱々のご飯の中にバターを埋め込んで、30秒ほど蒸らしてバターを溶けさせる。それから、しょうゆをかけ軽くかき混ぜていただく。ヘタウマな絵なのにスゴくおしそうに見えて明日絶対食べたいと思っています。 他に食べたくなったのは、魚肉ソーセージ、らっきょうの甘酢漬け 話の方で気に入ったのは、再び赤いウィンナーと唐揚げかな!?竜ちゃんが赤いウィンナーを好きな理 [続きを読む]
  • ドラマ第2シリーズの音楽
  • 2011年10月から始まった第2シリーズ 音楽もさらに充実して『深夜食堂』により深くハマらせてくれます。主題歌はLOVE LOVE LOVE 「嘘のつき方」挿入歌は第1シリーズ引き続きの鈴木常吉さんをはじめ以下のような方々です。鈴木常吉「思ひ出」「ぜいご」試聴できます。 ぜいご2,700円Amazon 「望郷」 望郷2,700円Amazon そして新たに福原希己江さん。ギターと声が素敵です。「できること」 「 [続きを読む]
  • 2巻の感想とお品書き(ネタバレ?)
  • 刺身のつまの大根から始まる2巻、おでん、ブリ大根、大根おろしなど主役にも脇役にもなる大根、なのに刺身のツマの大根だけはめったに食べません。それは魚の色や味が染み込んでしまった、スーパーで買った刺し身に添えられているツマばかり見ているからなのかなあ?とストーリーには関係ないことを考えながら読み始めました。 そのせいか2巻の感想はストーリーより食べ物が印象に残りました。特に食べたくなったのは [続きを読む]
  • ドラマ第1シリーズの音楽
  • 漫画『深夜食堂』を読むときにもピッタリ!! これを聞きながら読み始めると、スーッと漫画の中へ入っていけます。 オープニング曲 『思ひで』 鈴木 常吉 ぜいご2,700円Amazon TBS系深夜ドラマ・小林薫主演「深夜食堂」で挿入歌として13曲目「思ひで」(オープニングで流れる歌)他が流れ話題に。 人はなぜ悲しむのか。悲しみはどこからやってくるのか。悲しみを全身で噛みしめ、その在処を探り続けた一人の男 [続きを読む]
  • 1巻の感想
  • 1巻で一番好きなのは、第2話の「昨日のカレー」これを読んでこの漫画にハマったのかもしれません!!61才の男と21才の女、40も年の差があるカップルの話なんですが年の差を感じさせず妙にリアルで男のセリフがカッコイイ!この話のように女性を照れさせて「バカ」なんて言われてみたいなぁ… 1巻のお品書き赤いウインナー昨日のカレー猫まんましょうゆとソース牛すじ大根玉子入り納豆焼き海苔たらこカツ丼ナポリタンポ [続きを読む]
  • 読むきっかけと全体的な感想
  • 読むきっかけグルメ系のマンガを読みたくなる時は、何か目新しい料理を探したいとか変わったものを食べたいというときに手に取ります。今回の『深夜食堂』は、表紙の雰囲気が気に入ったことが一つ。それと私が行きつけのおばちゃん一人でやっている小料理屋のメニューがワンパターンで飽きて来ていたので何か提案できるものをみつけられたらいいなというのがきっかけでした。 全体的な感想最初のメニューもごくありふれ [続きを読む]
  • 簡単!! スマホから『深夜食堂』を無料で読みました!
  • ドラマの新シリーズの配信と映画の続編の公開が決定し、原作が読みたくなりました。それで無料のダウンロードサイトを見つけたので紹介します。1巻丸ごと立ち読みできるのでスゴクお得なサイトです。もちろん安全で合法ですよ!まずは、このサイトで無料で立ち読みする方法を順を追って説明します。①トップページの特集・キャンペーンから無料の本のコーナーへ移動して立ち読みボタンを押してください。 e-bookjapanトップ [続きを読む]
  • 過去の記事 …