れな さん プロフィール

  •  
れなさん: アラフォー女 今、残りの人生を婚活に賭けてます
ハンドル名れな さん
ブログタイトルアラフォー女 今、残りの人生を婚活に賭けてます
ブログURLhttp://renanotes.blog.fc2.com/
サイト紹介文アラフォーになっても婚活にまだ夢を見ていたらダメですか?婚活で残りの人生大逆転を賭けた女の話です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2016/10/17 22:37

れな さんのブログ記事

  • 熟女の引き取り手を探し始めました
  • 交際中のA君がいよいよ東京に引越して来るカウントダウンが始まる中、私はそれを同居する熟女ヤッスーには気づかれないように必死でした。そして、彼女の引き取り手を探し始めたのです。しかし、五十路の熟女の面倒を見てくれる友達など私の周りにはなかなか見つからず私は途方に暮れていました。 [続きを読む]
  • 熟女ヤッスーとの関係をついに清算する時
  • 結婚を前提に交際しているA君が私の住む東京に出てきて暮らす事が決まると私はいよいよ婚活モード全開になりました。そして、同居する熟女ヤッスーとどうやって別れるかを本格的に考え始めたのです。ヤッスーとひどい別れ方をしたら今後また私とA君の関係を邪魔される恐れもあったので、私は慎重に動く事にしました。 [続きを読む]
  • ついに結婚へ向けて東京に移住してくる彼
  • 熟女ヤッスーはだんだん私に対して献身的に尽くしてくれるようになりました。少しでも長く私の部屋で暮らせるようにと彼女も必死なんだなと感じました。それでも私はそんな事より遠距離恋愛中のA君との結婚へ向けての方で頭が一杯でした。そうしてA君はついに東京で仕事を見つけたらしくいよいよ大阪から東京に出てくると知らせがあったのです。 [続きを読む]
  • 私を女として見下していた彼女が今では私の家政婦
  • 私は結局、ヤッスー夫婦のプレゼンする気迫に圧倒されてしまい、ヤッスーをもうしばらく面倒見る事になったのです。思えば元カレの母親として出会ったヤッスー。彼女は最初は私の事を息子の彼女としても受け入れず、女として見下していたのでした。なのに、その後色んな事があって元カレと別れた後は私のストーカーとなり私の彼氏まで奪ったのでした。そして今は私の住み込み家政婦みたいに私と一緒に暮らしているのです。お願いだ [続きを読む]
  • 私の前で居候するためのプレゼンをする熟女夫婦
  • 私の部屋に居候する熟女ヤッスー。そのご主人は私にヤッスーを引き続き面倒見て欲しいと頼んできたのです。「どうしてですか?」私は思わずそう問いかけていました。するとヤッスーのご主人は切々とヤッスーとの夫婦関係を元に戻すための計画を書いた紙を私に見せながらもっともらしい説明を始めたのでした。そしてヤッスー自身もご主人と一緒に私に説明の補足をしたのでした。こうして熟女夫婦のプレゼンは一時間以上も続いたので [続きを読む]
  • 熟女の居候続行宣言
  • 私の部屋のリビングルームで、私とヤッスー夫婦が向かい合っていました。ヤッスーがお茶を出してくれて、私達はヤッスーのご主人が持ってきた菓子折を食べながら和やかな雰囲気で世間話から始めました。本当は何を話にきたの?そんな気持ちを抑えながら私達は互いの腹の内を探り合っていたのです。そして一通り世間話が澄んだ頃、ヤッスーのご主人が急に改まって私に向かって言ったのです。「これからも家内の事をどうぞ宜しくお願 [続きを読む]
  • 熟女夫婦との三者面談
  • 週末のある日、私の部屋を久しぶりに訪ねてきたヤッスーのご主人。彼は高価な菓子折を持った上に、なぜかスーツにネクタイ姿でした。どういうこと?私は彼の意図が全く分かりませんでした。そしてヤッスーもなぜか朝からソワソワして正装していたのです。もしかしていよいよ正式によりを戻して私の部屋から出ていってくれるのかしら。私はそんな淡い期待を抱きながらヤッスーのご主人とヤッスーと三者面談を始めたのでした。 [続きを読む]
  • 腐れ縁の熟女とどうすれば別れられるか
  • 私の元カレの母親であるヤッスー。彼女は今はなぜか私の部屋で居候として家政婦さんのように暮らしていました。それはもはや腐れ縁としか思えず、私はいい加減その腐れ縁を切りたかったのです。彼女と一緒にいる限り、私は永遠にA君と結婚する事もできないのです。どうすればヤッスーの方から離れていってくれるのか。そればかりをずっと考えていました。そんなある日、ヤッスーのご主人が久しぶりに私の部屋を訪ねてきたのでした [続きを読む]
  • 居候熟女に気づかれてはいけないこと
  • 大阪で暮らしているA君は、私との結婚を前提として東京に移住するための計画を着々と考えてくれていました。今まで色々あったけどこれでようやく結婚できる、私はそんな実感を日に日に強くしていったのです。しかしそれは、一緒に暮らす居候熟女ヤッスーには気づかれてはいけないことでした。だから私はヤッスーの前では不幸なオーラを出し続けたのです。 [続きを読む]
  • 熟女は心の中で絶対なにか企んでいる
  • 私とA君のデート現場をストーカーした挙句部屋で素っ裸で酔いつぶれて寝ていた熟女ヤッスーは私の前で謝ると、以前と何も変わらぬ様子で炊事洗濯をこなしていました。自分が居候だということを認識しているのか彼女はもう昔のように私にお説教することもなくただ大人しく振る舞っていたのです。しかし、その様子が私には不気味でした。熟女ヤッスーは心の中で絶対なにか企んでいる。そう思えてならなかったのです。 [続きを読む]
  • 「昨日はすみませんでしたぁ!」と謝る熟女
  • 私の部屋に居候する熟女ヤッスーが素っ裸で酔い潰れてリビングで寝ていた日の夜、仕事から帰宅すると、ヤッスーはいつものように夕食の料理を作って私の帰りを待っていました。ヤッスーの様子を窺うようにさりげなく「ただいま」と言うと、ヤッスーは普通に「おかえりなさい」と挨拶を返してくれました。そして二人で夕食を終えた頃、ヤッスーが急に改まり、「昨日はすみませんでしたぁ!」と深々と頭を下げて私に謝ってきたのです [続きを読む]
  • 熟女とは絶対離れるべき
  • リビングの床に素っ裸で寝ている熟女の傍で私は仕事に行く支度をしました。どうして朝からこんなもの見ないといけないのよ、私は早く熟女ヤッスーとサヨナラしなきゃなと心に誓いました。もうすぐA君が大阪から出てきて彼と一緒になるのだから、もうヤッスーとは絶対離れるべきなのです。 [続きを読む]
  • 素っ裸で酔い潰れて寝ていた熟女
  • 私とA君のデート現場をストーカーしていた熟女ヤッスーはその夜リビングで一晩中泣き続けていました。なぜ彼女が泣くのか、正直泣きたいのはこっちの方なのにと思いながらも私はヤッスーを無視して眠りに着いたのです。そして翌朝起きると、ヤッスーはなぜか素っ裸でリビングに酔っ払って寝ていたのでした。 [続きを読む]
  • アタシの事また捨てるんですか?
  • すっかり酔っ払っているヤッスーの言葉を無視していると、ヤッスーは急に泣き出したのです。「どうしていつもそうなんですかぁ?」ヤッスーは泣きながら大きな声で叫びました。熟女が何を言っているのかまるで分からず私がさらに無視しているとヤッスーはさらに泣きながら「アタシの事また捨てるんですか?」と泣き喚いたのです。 [続きを読む]
  • ふてくされる熟女
  • 久しぶりのA君とのデートを終えて夜遅く家に戻ると、すでに熟女ヤッスーは戻っていました。リビングに入ると、ヤッスーはソファに座り缶ビールを何本も飲んでいました。私が「ただいま」と何気なく言うとヤッスーは少しふてくされながら「随分遅かったんですね」と真っ赤な顔で私に言ったのでした。 [続きを読む]
  • 熟女との関係を終わりにします
  • 私とA君の久しぶりのデートは、ストーカー熟女ヤッスーの登場もあって逆に燃え上がりました。そして、大阪から東京に出てくると言ってくれたA君の言葉が嬉しくて、ヤッスーのことなどもうどうでも良くなり、私は熟女ヤッスーとの関係を終わらせる事に決めたのでした。 [続きを読む]
  • 熟女を振り切りました
  • どれくらいの距離を走ったのか分かりませんが振り返ると熟女ヤッスーの姿はもうありませんでした。さすがに熟女には走り続けるのがキツかつたのかどうやら私とA君は彼女を振り切ったようでした。息を切らしている私達は立ち止るとA君は私の顔を見ながら「ほんまにどうしたん?」と問い掛けた来ました。私は何も答えず、ただ彼に笑みを返しました。 [続きを読む]
  • 彼と二人、夜の街を走り続けました
  • 私がA君の腕を引っ張って走り出すとヤッスーも後を追うように走って来ました。その形相は凄まじく、鬼に追われているような感じでした。なぜ走っているのか分かっていないA君は「どうしたん?」と何度も問い掛けてきたのですが私はそれを無視してひたすら夜の街を走り続けたのです。 [続きを読む]
  • あの熟女、相当ヤバいです
  • ヤッスーはもう完全にストーカーモード全開でした。私とA君の姿を見つけると、私達の歩く方へと尾行してきたのです。あの人やっぱりヤバい人なんだ・・・。私はしばらく大人しく従順にしていた熟女の事を甘く見てしまっていたようでした。A君には熟女に尾行されている事を悟られないように私はA君の腕を引っ張って走り出したのです。 [続きを読む]
  • 熟女に追いかけられました
  • 私のデート現場を少し離れた場所から監視しているヤッスーの事がだんだん恐ろしくなった私はA君と店を出る事にしました。会計を済ませて、A君を連れて急いで店を出るとヤッスーに追われないように逃げました。するとヤッスーもすぐに店を出て私達の事を追いかけてきたのです。 [続きを読む]
  • また私の恋の邪魔をするつもり?
  • 私が遠距離恋愛中の彼氏のA君とデートしている現場を遠くから観察している熟女ヤッスーは、私とA君が互いに満面の笑みを浮かべているのが余程気にくわなかったのか、物凄い形相で私の方を睨んでいたのです。もしかして、また私の恋の邪魔をするつもり?私は、しばらく大人しくしていたヤッスーのことを再び脅威に感じ始めたのでした。 [続きを読む]
  • 私の事を睨む熟女
  • 私はA君からのおもいがけない告白に喜びを抑えきれず、満面の笑顔で「ありがとう」と彼に言いました。そしてA君も笑顔を返してくれたのです。しかしその時、ふいに視界の隅にいる熟女ヤッスーが気になり、彼女の方をチラッと見ると、ヤッスーの顔からはさっきまでの笑みが消えて、険しい表情で私の方を見つめていたのです。 [続きを読む]
  • 結婚へ向けた本格的な第一歩
  • 遠距離恋愛中のA君からの予期せぬ言葉に私は思わず言葉を失ってしまいました。こっちで生活するって事は、大阪から出てくるということで、それはつまり、いよいよ結婚へ向けた本格的な第一歩を踏み出すことに他ならないのです。私は嬉しくて堪りませんでした。しかしその時、視界の隅にいる熟女ヤッスーの存在が気になってしまったのです。 [続きを読む]
  • あなたのやっている事はストーカーだよ
  • 私の願いはヤッスーに通じなかったのかヤッスーはずっと遠くから私とA君のことを見ていたのです。ヤッスー、あなたのやっている事はストーカーだよ。私はそんな目を彼女に向けたのですが私と目が合う度に熟女の彼女は微笑みながら会釈するばかりで、全く自分のやっている事の意味が分かっていないようでした。 [続きを読む]