ジョン さん プロフィール

  •  
ジョンさん: 200の単語・表現を覚えるブログ
ハンドル名ジョン さん
ブログタイトル200の単語・表現を覚えるブログ
ブログURLhttp://bokininzaburo.seesaa.net/
サイト紹介文200の英単語と表現を覚えるのを目標にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/10/20 18:58

ジョン さんのブログ記事

  • cuddleとcoddle
  • cuddle /k??dl/ 〔優しく〕抱き締める、寄り添うcoddle /k??dl/ 〜を優しく扱う、甘やかして育てる、甘やかす、大事に世話をする単語が似ている上に意味も似てますね。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • predisposeとpostulate
  • predispose 〔前もって人に〕ある気持ちにさせる、ある考えを抱かせるpostulate /p??st??le?it/ 自明のこととして仮定する、前提とするにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【ゴロ】ハゲ頭は大胆と違う
  • 折からの風で佐藤さんのかつらが取れてハゲ頭が出てしまいました。「大胆なハゲ頭ですね」と感想を言ったところ「ハゲ頭は大胆と違う」と怒られてしまいました。bald(はげ頭の)はbold(大胆な)と違う。ちなみに、発音もbaldは「ボールド」で、boldは「ボウルド」ですね。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 実践ビジ英 トークザトーク単語調べ
  • 7月14日放送分。as a substitute for  の代わりとしてslang  隠語を使うprosperous  〔人や生活などが〕豊かである、裕福である; 〔ビジネスなどが〕好調であるoutsized  並外れた、特大のdraw on   〔手段として〜を〕利用する、当てにするbranch out into  〜へと範囲を広げるbum rap  不当な[いわれのない]非難[刑]、でっち上げ、ぬれ衣にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【ゴロ】ニゲェと否定する
  • 行きつけの喫茶店のマスターが「新しく考えたブレンドなんだ。飲んでみて」とコーヒーを出してくれました。「うまいだろう?」と聞かれたのですが余りにも苦かったので「ニゲェ」と否定しておきました。ニゲェと否定する(negate 否定する)にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【ゴロ】たぶん札幌地鶏
  • とても美味しい肉をごちそうになったので何の肉か聞いたところ、言われました。「たぶん札幌地鶏」(たぶん  supposedly)supposedly 「たぶん、恐らく、仮に、たぶん〜だろう、推定では」形容詞のsupposedの時は語尾の発音が「ズド」なのに対しsupposedlyになると語尾の発音が「ジッドリ」になる点が要注意ですね。【注】札幌地鶏はゴロのためのものです。実在するか不明です。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【ゴロ】椅子チューは避ける
  • 昔あるところに椅子マニアの男がいました。男は椅子が好きなあまり、椅子にチューまでしていました。でも知らない人が見たら変に思うので椅子にチューするのは避けるようにしました。椅子チューは避ける(eschewは避ける)にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 実践ビジ英 トークザトーク単語調べ
  • 2017年6月30日放送分『実践ビジネス英語』のTalk the Talkに出て来た単語・表現です。make a fetish of 〜に異常に執着するtangible 触れる、触れられるmanifestation 明らかになること、明示、現れdeclaration 申告(書)numerous times 何度もsubmission 提出(書)go through 通り抜ける、通過するphysically 物理的にreassure oneself of 〜を確かめるlegal.. [続きを読む]
  • 【ゴロ】舞王ピアは近視
  • 昔あるところにピアという王様がいました。ピア王はとても踊りが上手だったので舞王と呼ばれていました。でも舞王ピアは近視でした。舞王ピアは近視(myopiaは近視)【注】舞王ピアはゴロを覚えるための架空の人物です。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • Chickens come home to roost.
  • Chickens come home to roost. 「人を呪わば穴二つ。」直訳すると「鶏はねぐらに戻るもの。」となりますね。似たような表現としてmake one's bed and lie in it「自ら厄介事を招く(だから自分が責任を負う)、自業自得である」というのもあります。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • Hindsight is 20/20.
  • Hindsight is 20/20. 「過去を振り返る目は視力満点。」hindsightが「あとになっての判断、後知恵」20/20が「正常視力1.0」ですね。hindsightのsightに「視力」という意味があるので視力を表す20/20を使う意味があるわけですね。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • respective
  • respective 「それぞれの、各自の、個別の」respectiveの直後に来る名詞は複数形なのに対し、同じく「それぞれの」という意味を持つeachの直後の名詞は単数形なので注意が必要ですね。TOEICに出てもおかしくないかもしれません。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • evictとevacuate
  • evict 「〔合法的手段によって人を〕立ち退かせる、強制退去させる」evacuate 「〔危険な場所から安全な場所へ〕〜を避難させる、立ち退かせる」evictもevacuateも「立ち退かせる」という意味で覚えていますが、上記のような使い分けが必要なんですね。なので不法占拠者を立ち退かせる場合はevict、ビルなどに爆発物が仕掛けられていて立ち退かせる場合はevacuateということになりますね。ちなみに、evictは他動詞の意味しかあり [続きを読む]
  • eleventh-hour
  • eleventh-hour 「期限ぎりぎりの、土壇場の、瀬戸際の」11月24日放送『実践ビジネス英語』の杉田先生のお話によるとローマ時間では日の出を0時、日の入りを12時としていたので、eleventh hourは日が暮れる直前ということだそうです。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • take out on
  • take out on 「〜に八つ当たりする」ドラマを観ていると良く出て来るので是非覚えておきたい表現です。ムシャクシャすることを取り出して(take out)誰かの上に乗せる(on)という感じなのでしょうか。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • tilt at windmills
  • tilt at windmills 「不可能なことをする、独り相撲をとる」直訳すると「風車をやりで突く」ですね。語源は、小説『ドン・キホーテ』(Don Quixote)で主人公が風車を巨人と見間違って戦ったことからです。Quixoteから派生してできた言葉でquixotic(非現実的な、空想的な、無謀な)は昔は英検1級必須語彙に入っていました。読み方はkwiks??tikなので注意が必要です。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]