井野辺太郎 さん プロフィール

  •  
井野辺太郎さん: 法政イノベの社会人MBA通学日記
ハンドル名井野辺太郎 さん
ブログタイトル法政イノベの社会人MBA通学日記
ブログURLhttp://innovator2020.blogspot.jp/
サイト紹介文40代。IT系企業に勤めながら40代でのMBA取得を目指しています。
自由文IT企業で働きながら、法政大学経営大学院イノベーション・マネージメント専攻に通っています。社会人で働きながらMBAを取得できる大学院は少なく情報は限られています。働きながらスキルアップを目指している方々の0役に立てば幸いです。、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/10/21 10:46

井野辺太郎 さんのブログ記事

  • 1月はヘビーだった
  • イノベです。1月最終日ですね。1月は、マーケティングの実習で北九州行って、雪が舞う中、ホテルにこもってグループで提案書作成。夜は宴会。翌日、航空会社にプレゼンして、夜は宴会。良く飲んだ。飲み過ぎ…秋学期後期の講義、ソーシャルメディア論、ビッグデータはややヘビーな授業だったが、レポートもヘビーだった。その合間に、来期のゼミの指導教授と面談があり、それも一人ではなく数名の先生と。加えて、仕事は来期に向け [続きを読む]
  • 28日はオープンキャンパス・29日は入試
  • イノベです。ちょうど昨年の今頃ですね。法政大学経営大学院イノベーションマネージメント専攻を受験したのは。事前に願書や志望書類を提出した上で試験。当日は、筆記と面接だったと思います。やや大きめの明るい教室に30人くらいの受験生。青空が綺麗だった。筆記は、得意なテーマだったのでスラスラ書けました。字は汚かったですが。面接は少し緊張しましたが、それなりに自分の考えは伝えられたと思います。正確な合格率はわか [続きを読む]
  • 今期の提出課題満了!
  • イノベです。先ほど唯一未提出だったレポートを提出し、今期の課題は全て提出済みとなりました。終わった(^_^)これで今期の課題は完了。授業は先週の振替授業ですべて完了しており、肩の荷が下りた感じです。あと、来期の指導教授との面談や、卒業生のプロジェクト(卒論)発表会等が残っていますが、今日から4月の授業開始までは、しばらく休養期間となります。来期の卒論のネタ集めや思考整理をしつつ、スキーだ! ありがとうご [続きを読む]
  • 仕事との兼ね合い
  • イノベです。社会人大学院に通学する上で、仕事と授業との兼ね合いは心配なところかと思います。結論からいうと、人それぞれです。私の場合、今期は管理部門に異動となり、自ら勤務時間を管理しやすくなったことが幸いし、今年度を通じて出席状況はとても良好でした。休み 1回遅刻 1回ともに土曜日の午前中の授業になります。休んだのは、1回。子どもの運動会のときのみ。但し午前のみ運動会を見て、午後からは授業に出ました [続きを読む]
  • なぜMBAを取ろうと思ったか?一年前を振り返る
  • イノベです。今は各校のMBAの受験シーズンかと思います。1年前の自分を振り返ってみます。 私自身、経営管理修士(MBA)を履修しようと思った動機は、 「ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学」入山章栄著 を読んで、再度経営学に興味が高まったからになります。とてもおもしろい本で、今まで経営的に常識と思っていたことが、実は思い込みに過ぎなかったことを気づかせてくれます。 経営学については、以前中小企 [続きを読む]
  • マーケティング実行論
  • マーケティング実行論は、秋学期後半の土曜日午後開講。座学ではなく、実際に調査や発表を行う実戦的授業になります。この科目の担当教授は小川孔輔先生。「マーケティング入門(日本経済新聞社)」の著者で、マーケティングの大先生。わずか7回の授業ながら、店鋪調査・比較、ビジネス改善提案、さらに航空機に実際に搭乗して航空会社に改善提案と、実戦的かつ密度の濃い授業。とくに航空会社への提案では、昼はグループワーク、 [続きを読む]
  • 今年度の授業終了
  • 今週水曜日夜が、今年度最終授業でした。1年目はあっという間でしたがとても充実した時間を過ごすことができました。法政大学大学院イノベーション・マネージメント専攻は、7週間単位で講義が組まれており、春学期の前半・後半、秋学期の前半・後半で、4つの期間に区切られています。ですので、7回 × 4週間で28回(週)これに夏期集中や補講を載せるとプラス3〜4週で、30数週も通った。履修したのは、32単位4単位科目 × [続きを読む]
  • 経営レベルにインパクトある実践的授業
  • MBAはMaster of Business Administrator 邦訳すると経営管理修士となる。 法政大学経営大学院のイノベーションマネージメント専攻は 卒業時のタイトルとして、経営管理修士を選択することができる。 企業の意思決定は、経営、事業、業務といったレベルに分解される。 MBAは経営に関する学問や手法を身につけるところなので、 経営レベルもしくは事業レベルの授業が中心になってしかるべき。 [続きを読む]
  • 気がつけば年末
  • イノベです。 しばしご無沙汰してしまいました。。。 師走は忙しい。 そのバタバタはまたの機会に書ければと思いますが、 年内の授業は今週土曜日まで。 土曜日は、12月24日 クリスマスイブ イブでもバッチリ、授業はあります。 秋学期後半は、マーケティング実行論という授業で、 実際に現場訪問や調査を行いチームで発表をしました。 いろいろな店鋪を見学し調査。 様々な講師やゲストスピーカーからのお話を聞き、 新商 [続きを読む]
  • ソーシャルメディア論
  • イノベです。昨日は、ソーシャルメディア論の初回授業だった。MBAの授業で、実業家・実務家のリアルな講義は特に面白い。ひと言で表すと、ディープ (良い意味で)講師は、野村直之先生はメタデータという会社を経営。バリバリなデータサイエンティストでもある。とくにテキストマイニングに強いそうな。昨年は数名の受講生だったらしい。今年の初回から30名超。必修ではない平日夜の授業にしてはカナリ多い。授業はソーシャルメ [続きを読む]
  • 1秒に3億処理のビッグデータ
  • イノベです。今期の授業もついに第4クォーターに突入した。4Qで履修するのは3コマ・ビッグデータ・ソーシャルメディア論・マーケティング実行論タイトルをみてなんのこっちゃ?と思うだろうが、アドテックのお話。昨日は「ビッグデータ」の初回授業だった。「0.07秒に、3億回の競り(せり)」これが既に数年前の、ネット広告の入札の世界だそうな。さらにこれに入札企業数が掛け算されるといっていた。人がゆっくり瞬きするほど [続きを読む]
  • レポートの季節(秋学期前半講義終了後レポート)
  • イノベです。秋学期前半のレポート作成で夜更かし。眠い。今回のレポートはデジタルマーケティング。デジタルマーケティングは、デジタル社会でのユーザーや企業の行動を体系的に捉えることに役立った。とても貴重な講義となった。市販の書籍で、PVアップの方法やらアナリティクス手法を断片的に得ることはできるが、本講義は横断的かつPDCAサイクルで回す。しかも実習付き。ハードだがとても勉強になった。さて、どの科目も最終講 [続きを読む]
  • プロジェクト第2回中間発表
  • イノベです。法政イノベーションマネージメントでは、修士論文に当たるものを”プロジェクト”と呼んでいる。在学生は卒業年次に全員、プロジェクトを履修する。1年制とM特(中小企業診断士)であれば1年目。2年制であれば2年目に履修する。 プロジェクト=ゼミ&卒論 と考えてよい 大まかなプロセスとしては、・プロジェクトのテーマを仮設定・ビジネスモデル型かリサーチ型かを選択・先生方を訪問 → 希望ゼミ決め・第1次 [続きを読む]
  • 11/10 米大統領戦は壮大な政治実験の始まり
  • イノベです。 今回の記事は全くの私見。 アメリカ国民は次期大統領に、ドナルド・トランプを選んだ。事前予測ではクリントン優位と言われていたが。 私自身は、なんとなく流れがトランプにあるように感じた。流れってなんだ?明確な答えはない。勢いもあるが、民主主義や資本主義への反動のように思う。一部の識者からは、グローバリゼーションへのアンチテーゼとか、富裕層と労働層の乖離とかいろいろと言われているが、有権者は [続きを読む]
  • 11/9 来て欲しい学生イメージ
  • イノベです。MBAコースは、学部受験と違いほぼどの経営大学院でも”面接が必須。なぜか?どの学校も想定する履修生(=ターゲット)が存在する。社会人志向なのか?学部卒志向なのか?さらにはターゲットの年齢層社会人歴これまでの所属集団以下は、私の完全な主観。W   = 30代の伸びしろの多い社会人AとM = 若手中心。社会人でもOKのような気がしている。法政のイノベーション・マネージメント専攻は、社会人ターゲット。 [続きを読む]
  • 11/8 週何コマ?
  • イノベです。寒くなってきた。仕事しながらMBAを目指す人は、日常、どれくらいの負荷になるか気になるところでしょう。そもそも何単位必要なのか?それぞれの授業にかかる予習、復習は?人により頭の回転や筆の進み具合が違うし、授業により課題の量が違うので一概に言えないが、週3〜4コマが適切かと思う。5コマを超えると、予習復習を含めやや消化不良2コマだと緩い。授業は、事前にテキストや資料購読を求められるものもあ [続きを読む]
  • 11/5 秋学期後半開始!
  • イノベです。11月に入り、暗くなるのが早くなってきた。法政大学イノベーション・マネジメント専攻では、授業のカリキュラム編成が通年で大きく4期間に分かれている。春学期の前半・後半秋学期の前半・後半4クォータ制の4Qような感じと思っていただければ。 そして、この土曜日から秋学期後半開始!つまり4Q突入! 11月〜年末年始の休みを挟み、来年1月にかけて、各授業2時限?7回開催される。 授業も導入・基礎科目 [続きを読む]
  • 10/31 過去の説明会 青山学院大学ビジネススクール(ABS)
  • 3つ目は、青山学院大学のMBA青山学院大学ビジネススクール(ABS)■説明会 説明会は、12月某日。場所は表参道ビジネスというよりはファッションの街。渋谷と表参道の間というロケーションはすばらしい。 説明会は1Fに食堂がある棟の上にある大教室で行われ、150人くらいかな。100人以上はいたと思われる。全体的に若い。他の院にくらべ女性が多い気がした。ただ、40代らしき人も少なくない。内容は、・概要やカリキュラムの説明 [続きを読む]
  • 10/28 過去の説明会 早稲田MBA(WBS)
  • #参加したのは1年以上前なので、#記憶が曖昧な点はお許し頂きたい。最初の説明会は早稲田のMBA正確には、2016年度から早稲田大学 大学院経営管理研究科 になったようだ。または、Waseda Business School(WBS)ともいう。早稲田大学は、受験生時代の第一志望だ。結果、願い叶わずライバル側に入学したが、早稲田は好きだ。特にこのキャンパスは人を惹きつける独特の雰囲気がある。ライバル側の卒業生であるにも関わらず、井野辺さ [続きを読む]
  • 10/27 MBA大学院の説明会にいこう!
  • ※もう1年近く経ってしまったので※記憶が曖昧な点はお許し願いたい。社会人MBAコースの情報は、HPや雑誌、ブログ等である程度集めることができる。但し、決め手と成る情報は少ない。モヤモヤ感が残る。そんなときは、説明会への参加をオススメする。 私自身、秋〜冬に開催される各大学院MBAコースの説明会に参加した。目的は"雰囲気"を感じ取ることにある。・教授陣、在学生、環境は、実際に見聞きしないとわからない。社会人MB [続きを読む]
  • 10/22 MBAの学期区分
  • 社会人MBAは、どんな受講環境なのか気になるところかと思う。今回は学期の構成ついてお話したい。 法政大学大学院イノベーション・マネジメント専攻(以降イノマネ)では、夏休みを境に、春学期と秋学期に別れている。また、夏期と冬期は集中授業が開講される。 春学期と秋学期は4つに区分されており、・春学期前半(4月、5月)・春学期後半(6月、7月)・秋学期前半(9月、10月)・秋学期後半(11月、12月、1月) と [続きを読む]
  • 10/21 MBA取得可能な大学院の選択
  • このシーズンはいろいろな大学院でMBAコースの説明会が開催される。昨年の今頃は足繁く説明会に通っていた。社会人MBAについて選択肢は少ない。とくに都心の便利場所で働きながら取得可能なところは限定的だ。私が説明会に参加したのは青山学院、早稲田、明治、法政。一橋と慶應義塾は昼で通学不可なので対象外。グロービスはタイミングが合わなかった。また、当然だが社会人を主対象にしているMBAコースに絞った。いくつかのMBAコ [続きを読む]
  • 10/20 デジタルマーケティング
  • IT企業に勤めながら、大学院でITを学ぶとは思わなかった。ERP、SCM、CRM、モバイル、クラウド、ビッグデータと、ITコンサルタントやソリューションエンジニアとしてひととおりのIT手法を舐めてきた。最後の”ビッグデータ”のあたりから、システムそのものの「仕組み」による経営インパクトより、システムの中に流れる「データ」ないし「コンテンツ」が与える経営インパクトに焦点が移ってきているように思う。改めて新鮮に感じる [続きを読む]