Arietta さん プロフィール

  •  
Ariettaさん: Ariettaのピアノ日記
ハンドル名Arietta さん
ブログタイトルAriettaのピアノ日記
ブログURLhttp://ariettapiano.hatenablog.com/
サイト紹介文ピアノレッスンを大人になり再開。ピアノと向き合う中で感じたこと、練習日記を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/10/21 14:16

Arietta さんのブログ記事

  • 腕を支える
  • 8月の終わりにレッスンがありました。その時のレッスンで問題になったのが、スラーで繋がれた2音の弾き方。初めの音はしっかり、2音目はスッと抜けるように軽く弾く、というやつです。チェルニーでもベートーヴェンでも、指摘されたのはその同じような音型。音価が長いもの(タ〜〜〜ラ)もあれば短い2音が連続しているもの(タラ タラ タラ タラ…)もありますがとにかくスラーで繋がれた2音。自分でも練習していて上手く行っていな [続きを読む]
  • ケンカのBGM
  • やっと、やっと、夏休みが終わりました!前回のレッスン以降は夏休み中もなるべく毎日ピアノを弾く!をモットーに練習を続けていました。夏休み中はピアノの練習をしている時も大抵子供が側にいたのですが、先日ベートーヴェンのソナタ10番の練習ををし始めた時に、ピアノのすぐそばで姉妹ゲンカが勃発!したことがありました。はじめはふざけ半分、ちょっとした言い合いから始まりました。そのうちちょっと雲行きが怪しくな [続きを読む]
  • 強弱か大小か
  • 夏休みです。夏休み中も忙しくしているほうの子のお弁当作りや、暇なほうの子のお相手、さらに仕事が繁忙期のこともあり、普段より忙しい毎日です。それはそれで楽しいのですが、一番困っているのはピアノが弾けないこと。死にそうだ!先日も3日ほどピアノを弾いてない状態でレッスンに行ったところ、それまで結構充実した練習が出来ていたはずなのに全く弾けなくなっていて、がっくりでした。こんなに劣化が激しいとは!とにかく [続きを読む]
  • ツンデレなピアノ
  • 先日、私の唯一(笑)のピアノ仲間である、同じ門下の大先輩のお宅にお邪魔してきました。その方はなんとマイグランドピアノ保有者!早速その方に弾いてもらうと、それはもう、素晴らしかった!演奏もそしてピアノの音も!コンサートとも発表会とも違う空気感。心の通い合った弾き手と楽器による幸せな音楽。家に自分のグランドピアノがあるってこういうことなんだな〜〜と惚れ惚れと聴き入ってしまいました。そして。ありが [続きを読む]
  • しばらく弾かない
  • 撃沈の発表会から浮上してまいりました!気持ちを切り替えて次に進んでおります♪だいたい毎年春に発表会があります。発表会が終わるとその後一年かけて地味練に取り組み、また次の春にどのくらい出来たか発表、というか確認する、というサイクルでやっています。なのでこれからまた一年かけて色々じっくり試してみたいと思います。この一年でやりたいことは…暗譜に関すること、分析、弾き方の研究など盛りだくさんです!さ [続きを読む]
  • 発表会
  • 先月、発表会がありました。あっという間に1ヶ月たっていてびっくりしますが(笑)。今回の発表会、どうだったかというと…ぜんっっぜん思うように弾けませんでした。撃沈です。一音目から思うような音が出ず、あれ、全然ダメだな、落ち着こう、取り戻そう、うーん違う、うわっ変な音出た、また違う、そうじゃなくて、うーん…だんだんと、眉間のしわも深く(自分では見えませんでしたが恐らくしかめっ面です)なり、どう [続きを読む]
  • 喋るポリーニ
  • ポリーニ続投です(笑)。ユーチューブを見てるとだんだん関連する動画も目につくようになってきます。芋づる式に色々出て来ますからね。そんな中、ポリーニのインタビューの動画を見つけました。仕事が休みの日だったこともあり、見てみることにしました。初、喋るポリーニ!2014年の映像のようなので、なかなかのおじいさんポリーニです。パリっとスーツを着こなしたイタリア人のおじいさま!品が良いですね。かっこいい [続きを読む]
  • 動くポリーニ
  • 相変わらずポリーニの弾くベートーヴェンピアノソナタ(30〜32番)をユーチューブで聴いています。全然飽きません。今まで特に好きなピアニストが居た訳ではありません。私はいつも図書館でCDを借りるのですが、だいたいそういう所にあるのは著名なピアニストのものですので、知らず知らずのうちにポリーニをよく聴くようになり、気づいたらポリーニ良いわ〜→ポリーニすごい→ポリーニものすごい!と思うようになりました。ピ [続きを読む]
  • 音が見つからない
  • 時々頭の中だけで曲の練習をする時がありますが、そんな時はたいてい途中で「まてよ、この音で合ってる?」となってしまいます。私は絶対音感がないので、いつも正しい音で鳴るとは限らないのです。相対音感はあるので曲の途中で行方不明にはならないのですが、最初から調が違っている時がある。ハマリ中の曲が頭の中で自然と流れ出す時は大体正しい調なのですが、そうでない時は何調で始まるか分からない。先日も悲愴ソナタ2 [続きを読む]
  • 前進しているのか後退しているのか
  • 先月、この春2回目のステージでの演奏をしてきました。悲愴ソナタの2楽章を弾きました。まだあまり仕上がってはいない状態だったので、とにかく止まらないで弾く、というのが目標でした。結果、止まらずに最後まで弾くことができ、その上終わってみれば今までで1番良く弾けました。良い、というか、練習の中でここを良くしたい、と思ってやってきたことの今出来る精一杯が全部出せた、という感じでした。奇跡的!もちろん、ま [続きを読む]
  • ベートーヴェンを連れ歩く
  • このところベートーヴェン、後期のピアノソナタにはまっていて、暇さえあれば聞いています。30、31、32番あたりです。いつもはだいたいCDを借りてきますが、今回はユーチューブのポリーニの演奏に惚れ込んでしまい、ユーチューブでヘビロテです。だいたい1ヶ月くらい朝から晩まで暇さえあれば聴き続けています。初めはとにかく何度も聴き、そのうち頭の中で再生できるようになります。そうなるとスマホで鳴らすか、イヤフォン [続きを読む]
  • 関節と音について考える
  • ピアノを弾く時の体の使い方と音との関係に興味があり、骨や関節の使い方にも興味があります。愛読書である「ピアニストなら誰でも知っておきたいからだのこと」にも骨の話がたくさん出てきます。歩いている人を見ると骨の動きが見えるようになってきました。野菜を育てるビニールハウスを見るとカーブした骨組みが肋骨に見えてくるくらい骨のことを考えています。先日、車の中で「もしピアノで音を出す時に一つの関節だけを動 [続きを読む]
  • 苦手克服への一歩
  • 忙しかった3月にひとつ、ステージで弾く機会がありました。そんなことしてるから体調崩すのですが(汗)昨年も参加した、会館の大ホールで演奏する会です。昨年出た時は、「できればバイエルを弾きたい」という心境でした。ピアノの弾き方がガラッと変わったばかりで、曲を弾くよりどんな音が出るか音の鳴り方を確認したかった時期でした。今年はというと、少しは進歩して、「できればチェルニーを弾きたい」という心境でした [続きを読む]
  • 睡眠と運動そしてピアノ
  • 新年度がスタートしました。子供と暮らしているので一年の始まりは1月というより、4月、という感じがします。先月は子供の進学にともなって苦手な書類作成や手続きがたくさん!ついに体調を崩しました。夜中子供が寝た後に作業する事も多くなり、睡眠不足と集中力の使い過ぎのせいか月末辺りに文字が読めない・書けないという状況になりました。初めてのことです。読む、考える、決める、書く、が全てダメです。読もうとすると気分 [続きを読む]
  • 弾きたい曲から逆算
  • 先日、たまたま手に取った雑誌に「逆算手帳」というものが載っていました。将来やりたいことを書き出し、それをもとに逆算して今何をしていくか決めていうという手帳術です。(説明不足の点もあるかもしれませんが)その雑誌には簡易版ですが書き込み式のシートがついており、お試しで体験できるようになっていました。(それらとスケジュール帳が一冊の手帳になっている正式な「逆算手帳」というものが販売されているそうです。)うん [続きを読む]
  • すぐ弾かない
  • 昨年最後のレッスンでバッハインヴェンション7番が終了となりました。次はインヴェンションの中から好きな曲で良いということでしたので13番を弾くことに決めました。新しい曲に入るのは久しぶり。次に新しい曲を弾くときにはやろうと決めていたことがあります。それが、「すぐに弾かない」です。新しい曲を練習するときはいつも嬉しくてとにかく譜面を見ながら指を動かし「ふむふむこんな感じかー」と音をたどるのが楽しい時間で [続きを読む]
  • 楽譜のちから
  • 先日、大きな買い物をしました。ベートーヴェンソナタ集!!しかもヘンレ版!!なんと上下巻一度に!!1年ほど前からいつかお迎えしたいとは思っていました。19番(op49-1)と出会ったことがきっかけで、それまではロマン派一辺倒でしたがベートーヴェンが大好きに。いつしかソナタの他の曲も弾きたい、全曲の楽譜が欲しいと思うようになりました。しかし、お高い。主婦(少し仕事はしていますが)の私にはとてもとても高価です。ど [続きを読む]
  • 弾いたら戻る
  • 去年の年末、前回のレッスンの時のことですが、また小さな発見がありました。手首を使って、大事な音を響かせる弾き方を習っている時でした。常に手首をバタバタさせて弾くのは良いこととは言えないと思いますが、大事な音は手首に重さを乗せて、まるで手首で押すように弾くとよく響く、ということです。例えば片手でメロディーと分散和音を弾く際に、メロディーの音だけ他の音より際立たせたい時などに使うテクニックの一つです。 [続きを読む]
  • 気付きの2017年
  • 2018年が始まりました。今日から子供達の学校も始まり、通常モードの生活が戻ってきました。やっと時間ができたので2017年を振り返ってみようと思います。2017年は私にとっては激動の一年でした。レッスンを再開して3年。やっと先生の言っていることが分かり始めて、毎日が気付きの連続。私にとっては、まるで、ヘレン・ケラーが「water=水である」と分かった時のような衝撃が、日々怒濤のように押し寄せてきた一年でした。「これ [続きを読む]
  • 体重移動に少し進歩が
  • 12月も半ばを過ぎ、主婦としてはサンタ業や年賀状準備、それに加え今年は仕事もあり忙しい日々ですが、隙を見てピアノの練習は続けています。今日も午前中出かける前に10分、外出から帰って子供が帰宅するまでの間20分、練習しました。細切れにしか練習できませんが日々「これはもしや?!」という発見があります。先日気付きがあったのは体重(重心)移動に関すること。鍵盤の高い音域(右側)を両手で弾くときは重心も右側に移動しま [続きを読む]
  • 半年振りのレッスン
  • 先日、約半年振りのレッスンがありました。手の無駄な力みが抜けた話をし、音も聴いてもらいました。先生も変化を分かってくれました!もうそれだけで感無量。独りよがりではなかった。分かってもらえた。この日のレッスンは終始興奮ぎみでした(笑)そして久々に先生のピアノで泣きました。レッスン中、何かの例えでショパンのバラードをパラパラっと弾いてくださったのですが、これがもうものすごく良かったです。やっぱり先生のピ [続きを読む]
  • 脱力と指くぐり。
  • 手の無駄な力を抜くことが出来るようになって、手首から先が縦・横・斜めに、3D的?に、意図して動かせるようになりました。常に楽に弾くためには、鍵盤のどこを弾くかによって角度や動かし方を変えて、その都度楽に動かせる形に持っていけば良い、ということなのかな?今まで弾いていた曲もこのやり方で弾こうとすると全く違う感覚です。慣れるまで時間がかかりそう。親指で鍵盤を押さえる時はちょっと角度が変わります。どこに [続きを読む]
  • 祝一周年
  • このブログ、気付いたら始めてから一年が経っていました!何事も長続きしないタイプですが一年続けられることができたのはやはり見て下さる方がいらっしゃるからだと思います。ITオンチで右も左もhtmlもはてな記法も何のことだか分かりません。写真を載せるのもどうすれば良いのか分かりません。でも、そんな私がブログを始めたのは、「ピアノのことでどうしても言いたいことがある!」ただそれだけでとにかく始めてしまいました。 [続きを読む]
  • まだまだあった、無駄な力み
  • 練習、継続しています。練習再開1日目に嬉しい発見があったので翌日は、その掴みかけた感覚を忘れたくなくて早くから練習しました。やっぱり指が良く動く。何なんだろうこの感覚は?そのうち段々と分かってきました。手の角度を変えたことで、手のひらに入っていた無駄な力がまた一段階脱力できたようなのです。具体的に言うと手のひらを広げる筋肉と指を上げるための筋肉です。まだまだ無駄な力が入っていたんですね。そこの無駄 [続きを読む]
  • 練習再開宣言
  • ピアノ熱が下がっています。レッスンを再開してから3年半。こんなことは初めてです。理由は色々ありますが、一番大きいのは次のレッスンの日程が決まっていないことです。先生の都合でレッスンがしばらくお休みになっています。次のレッスンの目処は立たず。その状態が3ヶ月ほど続いています。あっという間にモチベーションが下がりました。あっけないです。やはり、先生にみてもらうんだからそれなりにやっておかないとまずい、と [続きを読む]