楽天爺さんの気まぐれ日記 さん プロフィール

  •  
楽天爺さんの気まぐれ日記さん: 楽天爺さんの気まぐれ日記
ハンドル名楽天爺さんの気まぐれ日記 さん
ブログタイトル楽天爺さんの気まぐれ日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/igaji
サイト紹介文・田舎暮らしを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/10/21 20:33

楽天爺さんの気まぐれ日記 さんのブログ記事

  • 心に響く!!名経営者の言葉No.044
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.012「おじいちゃん、おばあちゃんの頭になれ」                  松井道夫(松井証券社長) (1953〜) 松井道夫は、長野県の務台(むたい)家に生まれた。国税局に勤務する父の転勤に伴い、生後まもなく東京へ転居する。 高校時代は音楽や絵画に強い興味を持ち、東京芸術大学への進学を望んだが「芸大を出ても絵を [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.043
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.011「目の前の仕事に集中せよ。   太陽光線も一転に集めなければ          発火しないのだから」     クラハム ベル(電話の発明者でベル電話会社の創立者) (1847〜1922) グラハム・ベルはスコットランドで視話法の研究を行なっていたメルヴィル・ペルの息子として生まれた。 ベル家では祖父の時代から発声器官 [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.042
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』     第3章 高いモチベーションを保つには?・No.010「重役とは未知への探求をする役である  重役が未知の探求をしないで     後始末ばかりしている        掃除やであってはならない」           藤沢武夫(本田技研工業を育て上げた一人) (1910〜88) 藤沢武夫は、東京の裕福な家庭に生まれている。しかし、関東大震災で父、が仕事を失い、一転して貧しい [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.041
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.009「することを決めることは簡単だ   難しいのは、しないことを決めることだ」           マイケル・デル(デル社の創業者) (1965〜) マイケル・デルは、アメリカのテキサス州で裕福な家庭に生まれた。彼は幼い頃から商売に強い関心を持っており、12歳のときに切手のカタログを編集・販売してなんと2000ドルを稼いだ [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.040
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.008「企業の在り方の中で   官僚主義ほど発展を毒するものはない」           大原総一郎(元クラレ社長) (1909〜68) 大原総一郎は、岡山県で生まれた。父は、倉敷紡績などの社長を務め、私財を投じて大原社会問題研究所や大原美術館などを設立した実業家の大原孫三郎。 総一郎は、その孫三郎の長男である。東京帝国 [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.039
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.007「この世の問題などない。  難関というのはあくまでも      本人の主観の問題なのである。        難題だと思っている自分があるだけだ」           塚本幸一(ワコールの創業者) (1920〜98) 塚本幸一は、宮城県で繊維問屋を営む家に生まれた。昭和13(1938)年に滋賀県立ハ幡商業学校(現・滋賀県 [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.038
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.006「常に一歩前進する事を心がけよ。       停止は退歩を意味する」        野村徳七(野村財閥の創始者) (1878〜1945) 野村徳七は、両替商を営んでいた初代野村徳七の長男として大阪府に生まれた。幼名は信之助という。府立大阪商科大学(現在の大阪市立大学) へ進学したものの、肺炎にかかり中退。その後、家業を [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.037
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』     第3章 高いモチベーションを保つには?・No.005「勝つまでやる。だから勝つ」             安部修仁 (吉野家の社長) (1949〜) 福岡で生まれた安部修仁は、福岡県立香椎工業高等学校を卒業後、プロのミュージシヤンをめざして上京。 R&Bバンドのバンドマスターを務めるまでになったが、諸事情によりバンド活動をいったん休止し、アルバイトをすることになった。  [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.036
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.004「一人だけオフィスに取り残されたとき  『これからはおれが一国一城の主なんだ。    世界を相手に暴れまわってやるぞ』と心の中で叫んだものだ」      高畑誠一 (日商〈現在の双日〉の創業者) (1887〜1978) 高畑誠一は、愛媛県で小売業を営む家に生まれた。彼の優秀さは学生時代から発揮されていて、神戸高等商業学 [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.035
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.003「何のために実行するのか  ビジョンがなければ、効果があるはずがない」      賀来龍三郎 キャノン中興の祖・元名誉会長(1926〜2001)  賀来龍三郎は、大分で生まれた。九州大学を卒業後、昭和29(1954)年にキヤノンカメラ(当時)に入社。 当初は経理部に所属していたが、その後企面部に移り、企画課長を務めてい [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.034
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.002「一本のピンもその働きは国家にもつながる」          豊田喜一郎 トヨタ自動車創立者(1894〜1952) 豊田喜一郎は静岡県生まれ。父は、発明家で豊田自動織機製作所(現在の豊田自動織機)の創業者・豊田佐吉である。大正九(1920)年に東京帝国大学を卒業した喜一郎は、父の経営する豊田自動織機製作所に入社。 父の [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.033
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第3章 高いモチベーションを保つには?・No.001「どこかにたどりつきたいと欲するならば、     いまいるところには、とどまらないことを                  決心しなくてはならない」   J・P・モルガン モルガン商会を巨大財閥にした人物(1837〜1913)  モルガンはコネティカット州でモルガン商会を営むジュニアス・モルガンの息子として生ま [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.032
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』      第2章 成功する人のお金の使い方、活かし方・No.008「人間は働きすぎてだめになるより、  休みすぎてサビつき、だめになる    ことのほうがずっと多い」    カーネル・サンダース ケンタッキーフライドチキン創業者(1890〜1980)  カーネル・サンダーースの本名は、ハーランド・デーヴィッド・サンダースである。カーネルには「大佐」という意味があるので、退役 [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.031
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第2章 成功する人のお金の使い方、活かし方・No.007「私は自分の作品を[芸術品]と呼んだことはない。     私の作品は、エンターテーメントを作るビジネスである」         ウォルト・ディズニー ディズニーランド生みの親(1901〜66) ウォルト・ディズューはシカゴの貧しい農家で誕生した。彼は、さまざまな仕事を転々としながらアートスクールで絵を学んだ [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.030
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』    第2章 成功する人のお金の使い方、活かし方・No.006「利益しか生まないビジネスは       虚しいビジネスである」           リー・アイアコッカ 元クライスター社長(1924〜) リー・アイアコッカは、アメリカのペンシルペニア州に住む裕福なイタリア移民の家に生まれた。 プリンストン大学大学院で工業機械の博士号を得た彼は1946年にフォードモータースに就 [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.029
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第2章 成功する人のお金の使い方、活かし方・No.005「どう利益を得ればいいのか、  はっきりわかっていませんでした。    でも、運命だ。      これに賭けてみようと思ったんです。」       ジェリー・ヤン yahoo!の」開発者、元最高経営責任者(1968〜)   ジェリー・ヤンは、台湾の台北で生まれた。ヤンが二歳のときに父を亡くし、母の手で育てられた [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.028
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第2章 成功する人のお金の使い方、生かし方・No.004「ビジネスの世界はすべて  二種類のコインで支払われる。すなわち    現金と経験だ。まず経験をとること。              現金は後でついてくる」        ハロルド・S・ジェニーン 元IT&T会長(1910〜97)   ハロルド・S・ジェニーンは、イギリスのハンプシャー州出身。 両親とともにアメ [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.027
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第2章 成功する人のお金の使い方、生かし方・No.003「私はいつも数字をあげて      目標を掲げます」      藤田 田(でん) 日本マクドナルド創業者(1926〜2004)  藤田田は、大阪生まれ。旧制松江高校を経て東京大学に進学するが、大学の空気に馴染めず、朝鮮戦争の指揮を執るために来日していたマッカーサーのところへ押しかけ、通訳をしていた。 通訳の [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.026
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』     第2章 成功する人のお金の使い方、生かし方・No.002「経営とは数字である。同じく仕事も数字である」 鈴木 修 スズキ社長・会長(1830〜) 鈴木修は、岐阜県の松田家に生まれた。昭和28(1983)年に中央大学を卒業すると、中央相互銀行(現在の愛知銀行)へ入行。しかし、昭和33年に鈴木俊三(スズキの二代目社長)の娘婿となった関 [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.025
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第2章 成功する人のお金の使い方、生かし方・No.001「有望な仕事があるが資本がなくては困るという人がいる。  だが、これは愚痴でしかない。その仕事が真に有望で、    かつその人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない」          渋沢栄一 第一国立銀行王子製紙の創業者(1840〜1931)  渋沢栄一は、武蔵国(現在の埼玉県)の裕福な農家に生 [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.024
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第1章 ビジネスチャンスのつかみ方・No.024「企業にとって重要なのは発明より革新だ。     その革新は、じつはたわいのない夢を      大切にする事から生まれる」          井深 大 ソニーの創業者の一人(1908〜97)井深大はヽ福島県の飯盛山で自刃した白虎隊士、井深茂太郎の一族の末裔である。栃木県に生まれた彼は、早稲田大学理工学部在学中から [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.023
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第1章 ビジネスチャンスのつかみ方・No.023「自分が出したアイデアを、少なくとも  一回は人に笑われるようでなければ、     独創的な発想とはいえない」       ビル・ゲイツ/マイクロソフトの創業者(1955〜) ビル・ゲイツといえば、「ウィンドウズ」などのパソコン用ソフトを開発・販売しているマイクロソフト社の創案者として知られる。 個人資産は、米『フ [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.022
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第1章 ビジネスチャンスのつかみ方・No.022「明確な目標を定めたあとは、執念だ。          ひらめきも執念から生まれる」  安藤百福(ももふく)・(即席ラーメンの発明者)              日清食品の創業者(1910〜2007) 明治四三(1910)年に台湾で生まれた安藤百福は、幼いときに両親を亡くし、繊維問屋を経営する祖父母に育てられた。  [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.021
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第1章 ビジネスチャンスのつかみ方・No.021「努力だけで過去の事業が成功してきたか、  というとそうでもない。やはりこれに   運がプラスされている。しかし、努力の    ないところには絶対に幸運は来ない」      鮎川義介・日産コンツェルンの創始者(1880〜1967)   鮎川義介は、戦前に日本鉱業、日立製作所、日本水産、日産自動車などの有力会社を傘下に持つ [続きを読む]
  • 心に響く!!名経営者の言葉No.020
  • PHP『心に響く・名経営者の言葉』       第1章 ビジネスチャンスのつかみ方・No.020「名を成すのは常に困窮のときであり、   事の破るるの多くは得意のときである」              越後正一・元伊藤忠商事会長(1901〜1991)  明治34(1901)年に滋賀県で生まれたのが、越後正一である。神戸高等商業学校(現在の神戸大学)を卒業すると伊藤忠商事に入社した。 生まれつき相場師の才能が備わっていたよ [続きを読む]