楽天爺さんの気まぐれ日記 さん プロフィール

  •  
楽天爺さんの気まぐれ日記さん: 楽天爺さんの気まぐれ日記
ハンドル名楽天爺さんの気まぐれ日記 さん
ブログタイトル楽天爺さんの気まぐれ日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/igaji
サイト紹介文・田舎暮らしを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/10/21 20:33

楽天爺さんの気まぐれ日記 さんのブログ記事

  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule27)
  • 著者は、Rule27項【「ランダム学習」をする】で『心理学には、[学習消去]という言葉がある。 これは、身につけた習慣を「消去する」ということなのだが、一度「学習」したことを消去するのは容易なことではないのだ。 みなさんも覚えがあると思いますが、一夜漬けで覚えたことは、試験が終わるとキレイさっぱり忘れているでしょう?  一方で、何度も何度も繰り返し覚えた“九九”などは、一生忘れませんよね。これと同じなの [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule26)
  • 著者は、Rule26項【完ぺき主義を取り入れる】で『普通、このようなテーマの本では、「完ぺき主義」を避けるようにアドバイスする。完ぺき主義に徴するあまり、3日どころか1日も続かなかった、という例は多くあるのだ。でも、この完ぺき主義を上手に味方につければ、逆に、習慣を継続させる力ともなるのである。それは、「完ぺきに続けるからこそ意味がある」と感じることで、モチベーションが高められるからだ。とはいえ、完ぺき [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule25)
  • 著者は、Rule25項【時間と場所を書き出す】で『「困難なことを続けようと思っても、簡単に習慣化することなんてできない」まだあなたは、そう思っているかもしれない。しかし、少なくとも前向きな気持ちさえあれば、困難なことを習慣化できる新しい強力な方法が心理学の分野から提案されたのだ。それは「実行意図」を用いるという方法だ。何も難しい方法ではないのだ。「実行する内容」「実行する場所」「実行する日時」をメモなど [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule24)
  • 著者は、Rule24項【環境を変える】で、『習慣を変えるには、旅行だけでなく、引っ越しもとても有効だ。環境が変わると、人間の注意は外界に強くひかれるようになる。 必然的に、今までやっていた習慣、「いつも」への執着が弱くなるわけだ。これを意志の力で成しとげようとすると、必ずと言っていいほどうまくいかない。「明日から生まれ変わろう!」と決意する人は世の中にたくさんいる。でも、そういう決意だけでは「生まれ変わ [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule23)
  • 著者は、Rule23項【やることを一つに絞る】で『いろんなことに手を出して続かない人が多いのは、現代の社会性にも原因があると思う。私たちは、これまでになく、テクノロジカルで自由な時代を生きている。可能性が無限に広がる素晴らしい世界。その一方で、この「何でもできる」という世界が、「何もかもしなくてはならない」という新たな強迫観念を生み出している。私たちは現代社会のスピードについていこうと、仕事から趣 [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule22)
  • 著者は、Rule22項【「苦痛」をモチベーションにする】で、『何かを継続しようと思うとき、「より苦しみを少なくしたい」と思うのは当然の心情だと思う。 もちろん、常識的に考えれば、何事においても、苦痛や痛みはないに越したことはない。でも、この「苦痛」は、モチベーションを維持させるために大いに利用できる感覚でもあるのだ。 なぜかというと、「苦痛」という感覚は、きわめて再現性が高く、強い信号だからだ。「幸せ」 [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule21)
  • 著者は、Rule21項【宣言する】で『よくいわれていることではあるが、習慣を継続させるために、周囲の人に「宣言する」というやり方はとても有効だ。 いずれも間違いなく、継続させるためにはとても効果的なのだ。ただ、やるからには、本気で宣言する必要がある。そもそも、他人はこの手の宣言をあまり信用してくないのだ。 あなたがもし「宣言」の効果を利用したいならば、「今度は絶対に続けるつもりだ」と力強く言うことが肝心 [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule20)
  • 著者は、Rule20項【「感情日記」をつける】で『「三日坊主」以外にも、ものごとの継続を阻む要因がる。それは、「行きすぎ」だ。なぜこのような「行きすぎ」が生じるのだろうか。 心理学的な見地からすると、長期的に達成すべき目標を、短期間で一気に成し遂げようとする人は、感情的に何らかの問題を抱えているケースが多いとされている。 解決策は、そのありのままの感情を、毎日正直に記録することだ。無理をして、自分を励ま [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule19)
  • 著者は、Rule19項【仕組みづくりを一気に済ませ、後は考えずに動く】地味な作業をもくもくと続けてやりぬく人と、三日坊主でやめてしまう人の間には、どんな違いがあるのだろうか?継続できる人に共通している特徴は、モチベーションの高いうちに「自動的に継続できる仕組み」をつくり、その後は何も考えずに、ただもくもくと繰り返す、というサイクルを構築している点だ。仕組みをつくれば、行動を習慣化しやすくなるし、いったん [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule18)
  • 著者は、Rule18項【流れをイメージする』では『何度も三日坊主に終わった経験がある人は「今度こそ、挫折しないように慎重に計画を立てよう」と思う傾向にあるのだ。 慎重になることが悪いとは思わない。しかし、ある段階がきたら、計画を練り続けるのはやめて、実行に移す必要がある。 では、どの段階まで計画を立てたら、実行に移せばよいのだろうか?目安としては、実行に移すまでの流れがスムーズにイメージできたときだ。  [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule17)
  • 著者は、Rule17項【あえて丁寧にやる】で『大急ぎで済ませようとすると面白くない作業でも、余裕を持って丁寧にやれば苦痛ではなくなるし、成果も上がるものだ。 1つのことに意識を集中し、それを行なうための時間を確保して、丁寧にやる。そうすれば、困難な作業でも習慣化できるようになるはずだ。』と言っていますよ。                        本文だ・・・・・・。Rule17 あえて丁寧にやる 私も [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule16)
  • 著者は、Rule16項【「あいのり」させる】で、『習慣化することは、とても難しいことだが、すでにつくられた習慣は強力だ。むしろ、やめようと思っても、ちょっとやそっとではやめられない。このように、古い習慣に新しい習慣を「あいのり」させることによって、新しい習慣は継続しやすくなるのだ。 古い習慣に、新習慣を「あいのり」させて繰り返すことで、いつしか新習慣ができあがる。すると脳は、条件反射するようになるのであ [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule15)
  • 著者は、Rule15項【脱線を未然に防ぐ】で、『「新しいことを始めるぞ!」と決意したとき、人のテンションは上る。これは、脳で考えたことを実行に移すための自然な反応なのだ、実はテンションが急激に高まると、かえってうまくいかないことがあるのだ。 テンションが高まることで緊張感も高まってしまい、その緊張感をほぐすために「脱線」、つまりやるべきではないことをやってしまうためだ。 脱線してしまわないためには、脱線 [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule14)
  • 著者は、Rule14項【「快感とセット」にする】で、『困難なことを習慣化したいときには、「快感」とセットにして実行すると長続きしやすいものだ。 「朝起きたら、何も考えずにまず熱いシャワーを浴びる」ということなどだ。続けるのが困難な習慣でも。“快感”を得られる行動と結びつけることで、定着の可能性が高まるのだ。ただし、この方法を実践するにあたって、1つだけ気をつけてもらいたいことがある。それは、習慣化したい [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule13)
  • 著者は、Rule13項【やり方をまねる】で『難しいことに挑戦するときや、ハードルの高い習慣を身につけたいときには、すでにできている人のやり方を詳細にまねることが近道だ。まねる手順は: ①できている人をじっくり観察する⇒ ②そのやり方をまねる⇒ ③できるようになる手順を踏んでノウハウを学べば、今までできなかったことでも、できるようになる。新しい習慣を身につけようとして、いつも三日坊主に終わっている人でも、 [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule12)
  • 著者は、Rule12項【快適な環境をつくる】で、『やりぬくためには、「続けやすい環境」をつくることが大切である。 例えば、「ジョギングを続けやすい環境」とはどんな環境か、考えてみよう。それには、行動を分析し、一つずつ片付ける事だ。まずはじめに、「ジョギングをする」という行動を分解していく必要がある。ジョギングをするまでに行う、行動を考える事、1.「ウェア・シューズを用意する」 2.「コースと距離を決める [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule11)
  • 著者は、Rule11項【「自分を変えよう」と思わない】で、『「明日から変わろう!」たびたびそのように決意するものの、結局何もしないという人は少なくない。 ここから導き出される結論は1つだ。「変わる!」という決意は何も生み出さないということだ。 本当に人生なり生活なりを変化させようと恩ったら、自分を変えようとするのではなく、環境を変えるほうがずっと成功する確率が高くなるのだ。 環境を変えるためには、目に見 [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule10)
  • 著者は、Rule10項【 助けを借りる】で「人に任せる・人にふる・人に宣言する。無理なく目標を達成できている人ほど、他人の助けを借りている。これは確固たる事実だ、そもそも、他人を助けたい、と思うことは、人間の自然な感情だ。人間の脳には「社会脳」ともいうべき部位があって、他人が喜ぶと自分自身の報酬とみなす。もっと大ざっぱに言いきってしまうと、他人の幸福は自分の喜びなのだ。」と言っています。  今回も長文 [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule09)
  • 著者は、Rule09項【リラックスする】では、「やりぬく人になるためには、覚醒ではなくリラックスが必要だ。世の中の飲み物にはカフェインなど、覚醒して気合いを高めるものが多いのだが、現代人に本当に必要なのは覚醒よりもリラックスだ。リラックスするだけで仕事がはかどるような人が非常に多いのにもかかわらず、実際にはその逆の覚醒ばかりをやっているのだ。休息も必要だとか、メリハリが大事だということではなく、大事な [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule08)
  • 著者は、Rule08項【コーチ役を見つける】で、「タイプC:「技術や能力の向上を目指すもの」では、 夢や目標は、「分解できるかどうか」で、自分で達成できるかどうかもある程度判断できる。もし自分1人で分解できないのであれば、現段階で独力では達成できないということであり、助力を求める必要もあるわけである。方法4で、やり方がわからないなら、わかっている人に敦えてもらうというやり方を提案しましたが、その一般的な [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule07)
  • 著者は、Rule07項【 記録する】でタイプB:「続けること自体が目的になるもの」について,このタイプに当てはまる習慣は、「毎朝早起きする」「いつも笑顔であいさつする」といったものが挙げられる。こうした「明確なゴールがない」ことを習慣にしたい場合、どうすればよいか。それは、心理学の観点から考えると、「数字で表して記録をつけていく」ことをオススメする。  記録にはいろんな効用があるが、何といってもこの場合の効 [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule06)
  • 著者は、Rule06項【まずは小さなゴールを目指す】で、前項で紹介のタイプA:「何らかの目的を達成するために継続するもの」、について、このタイプは、ゴールがハッキリしているため、継続も簡単そうに思えますが、実は落とし穴がある。 自分の勝手な都合で予定を変更してリズムが狂いがちになる、という点だ。大きな目標を立てるのではなく、まずは、小さな目標を立てることで継続しやすくなるのだ。 と、言っていますよ。それ [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule05)
  • 著者は、Rule05項【 目標のタイプを知る】で、立てた目標を実現するためには、「特定の行動を習慣にする」ことが必要だ。どんなに意志の強い人でも、時問の経過とともにモチペーションは低下するものだ。 さらに厄介なことに、「昨日はものすごくやる気になっていたのに、今日はまったくやる気が起こらない……」というように、やる気は不安定なものである。 そんな気まぐれなモチベーションを少しでも安定させるためには、「明 [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule04)
  • 著者は、Rule04項【目標を分解してみる】で、目標達成が可能かどうかは、「分解できるかどうか?」にかかっているといっても過言ではない。 逆に言えばどうしても分解することができないなら、あきらめてもいいくらいだ。と言っていますが?、それでは、本文を・・・・・・・。Rule04 目標を分解してみる  目標達成が可能かどうかは、「分解できるかどうか?」にかかっているといっても過言ではありません。逆に言えばどうして [続きを読む]
  • あきらめずに、やりぬく人 に変わる方法(Rule03)
  • 著者は、Rule03項【目標を即座に言えるようにする】で、「人が目標を達成できず、途中で やめてしまう大きな理由の1つに「目標を忘れてしまうこと」がある。どんなにやりぬきたいと思っていることでも、わりとすぐに忘れてしまうのが人間だ。 ですから、忘れないための工夫をあれこれしておく必要がある。どんな目標であれ、目標を達成するためには、目標を達成するまで覚えている必要がある。 やりぬきたいことは、忘れないた [続きを読む]