幸田 玲 さん プロフィール

  •  
幸田 玲さん: 幸田 玲のブログへようこそ!
ハンドル名幸田 玲 さん
ブログタイトル幸田 玲のブログへようこそ!
ブログURLhttp://best573.blog.fc2.com/
サイト紹介文電子書籍の広報、あるいは雑記などについて、語りたいと思います。よろしくお願い致します。
自由文小説『夏のかけら』をアマゾン・キンドルストアから出版しました。
小説は、Kindle Unlimited(kindle電子本読み放題)対象作品です。最後まで読んで頂ける読者様が多くおられ、感謝しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供305回 / 362日(平均5.9回/週) - 参加 2016/10/21 22:51

幸田 玲 さんのブログ記事

  • 10/16のツイートまとめ
  • bestplanning 3.電子書籍『夏のかけら』-試し読み https://t.co/YgQ6vvqGOT 10-16 23:58 3...EggrowのYukaさんに歌って頂きました。 https://t.co/29UKbszmwc 10-16 23:57 3...アマゾン「Prime Reading」で、自著が選ばれました。 https://t.co/GkP6kBnorj 10-16 23:57 3.電子書籍『未来からの贈り物』は、キンドルストアで好評発売中です。日々、作品を読んで頂ける皆様に感謝しています。#読んでほしい小説がある  #キン [続きを読む]
  • 電子書籍『未来からの贈り物』-試し読み
  • 電子書籍『未来からの贈り物』-試し読み 金曜日の夜、病院の駐車場に着いたのは午後九時ごろだった。 夜間出入り口の扉を開けると、通路の左手に守衛の窓口があった。そこで僕は手続きを済ませ、エレベーターを目指して進んだ。 面会時間は午後八時までなので人通りはない。節電のため、必要最低限の照明しか照らされていない通路は薄暗かった。 エレベーターを降りると、七階のホールも薄暗くひっそりとしていた。左側の壁一 [続きを読む]
  • 電子書籍『夏のかけら』-試し読み
  •  電子書籍『夏のかけら』-試し読み 五月の初旬、石田達也の携帯電話に『バー・エリック』の店長を務める、山中虎太郎から連絡があった。 虎太郎は高校時代のクラスメイトで、達也の親友であった。ひさしぶりに聞く虎太郎の声色には弾むような響きがあり、達也は元気そうな印象を受け取った。「月曜の七時ごろ、俺の店に来いよ。住宅のリフォームの件で会わせたい人がいるんだ」「月曜日の夜……たぶん、大丈夫だと思うけど。相 [続きを読む]
  • 電子書籍『夏のかけら』に、新しいレビューが入りました。
  • レビューを頂いたツッキー☆さん、ありがとうございます。この場をお借りして、御礼申し上げます。書籍は、読んでいただけ無ければ存在する意味はありません。しかしインディーズ作家の著作は大手メディアに取り上げられることは無いに等しく、知名度・話題性の低さもあって、なかなか書籍が読者の目に留まらないという問題があります。そうは言ってみても仕方がありませんので、これからも挫けることなく、そして諦めることもなく [続きを読む]
  • 【創作日記】バリ島・旅日記-その4
  • 朝の散歩に出かけていた私は、友人と約束していた時間から少し過ぎたころにホテルへ戻った。ホテルの庭園を通ったとき、屋外用ソファでくつろいでいた友人とばったり会った。「遅かったな。迷子になったのかと思ったよ」「ごめん。現地の人と話をしてたんで、遅れてしまった」「英語は大丈夫なの?」「いや、日本語で声を掛けられたんだけど、日本語を上手くしゃべる男だったよ」「ああ、ガイドだな。まぁ、信用のできる人もいるけ [続きを読む]
  • 電子書籍『再会』に、新しいレビューを頂きました。
  • 電子書籍『再会』に、新しいレビューが入りました。ツッキー☆さん、レビュー、ありがとうございます。この場をお借りして、御礼申し上げます。書籍は、読んで頂けなけれは存在する意味はありません。ただ、インディーズの著作は大手メディアに取り上げられることはゼロに等しく、知名度の広がりが乏しいのです。だから、KDP作家の書籍が読者の目に留まらないという問題があります。そうは言っても仕方がありませんので、これから [続きを読む]
  • 電子書籍『再会』のお知らせ
  • 今日も電子書籍『再会』を通読していただいた方々と出会い、とてもうれしい気分になり、しあわせを感じました。三月中旬に電子書籍『再会』を出版してから、早、半年が過ぎました。その間、多くの読者の方に読んでいただくことができました。ありがとうございます。読者のみなさまの読み方は多様で、一気に読まれる方もいれば、二三度に分けて読まれる方もおられます。書籍は、読んで頂けなけれは存在する意味はありません。ただ、 [続きを読む]
  • 【創作日記】バリ島・旅日記-その3
  • ヘルメットを外した男は、浅黒い顔立ちでドングリのような目をしていた。30代に思える男は、笑顔を向けて「おはようございます」と、流暢な日本語で語りかけてきた。愛想のいい男の歯並びはきれいで、健康そうな白い歯が印象に残るほどだった。私は、その男に親しみを持った。 突然のバリ人の出現に戸惑いながらも、私はその男に会釈した。「日本の方ですか。トウキョウですか?」「ええ、そうですけど」「ワタシ、ガイドの仕事し [続きを読む]
  • 【創作日記】バリ島・旅日記-その2
  • バリ島で初めての朝を迎えた私は、友人とホテルのレストランでバイキング料理を味わった。インドネシア料理を口にしたことがなかった私は、食事の面で少し心配だったが、ナシゴレン(焼き飯風)やミーゴレン(焼きそば風)チャプチャイ(八宝菜風)のような料理もあり、食べてみると口に合うことが分かった。バリ島料理・画像(種類豊富)">バリ島料理・画像(豊富な料理)また、パンの種類も豊富で、どのパンを食べてみても不思議なほ [続きを読む]
  • TABICAで体験・発見の旅に出会う
  • 「地域の暮らしを旅する」畑でとったばかりの野菜や釣ったばかりの魚を使って、その場で料理を楽しんだり、 陶芸やDIYで、つくることに夢中になったり。TABICA(たびか)の旅は、こだわりの作り手である地元の方が考えてつくった手作りのもの。 都会から1時間ほどで、すぐに行ける近場で、ゆったりとしているのに充実した時間を過ごせます。それぞれ地元のホストが導いてくれるので準備は何もいりません。 [続きを読む]
  • 【創作日記】バリ島・旅日記
  • ある夏の日、仕事で知り合った友人に誘われて、バリ島に渡航することに決めた。ある程度長く生きていると、不慮の出来事に遭遇して精神が弱ることがある。当時、私は不慮の出来事に遭遇して神経が参っていた。だから愚痴のようなことを、久しぶりに会った友人に話してしまった。すると友人は「だったら、バリ島に行って気分転換でもしたらいいよ。環境が変われば、気分も変わるっていうだろ」と言った。国内旅行ならともかく、海外 [続きを読む]
  • キンドルストアの無料キャンペーンが終了しました。
  • お陰様で、電子書籍『再会』が無料ランキングで71位にランクインすることができました。電子書籍『未来からの贈り物』『再会』の無料キャンペーンが終了しました。今回も、多くの方々からご支援をいただきました。誠に、ありがとうございました。これからもコツコツと鍛錬を重ね、少しでも上質の作品を公開できるように邁進していきますので、これからも変わらず、ご支援のほど、よろしくお願い致します。また年内に、新作をリリー [続きを読む]
  • 09/10のツイートまとめ
  • bestplanning 1.キンドルストアで無料キャンペーンを開催しています。多くの読者の方々に読んで頂きたいと思っています。ダウンロード、よろしくお願い致します。『未来からの贈り物』https://t.co/ixxydZ9One 『再… https://t.co/PuDaBp8g56 09-10 23:58 キンドルストアで無料キャンペーンを開催しています。多くの読者の方々に読んで頂きたいと思っています。ダウンロード、よろしくお願い致します。『未来からの贈り [続きを読む]
  • 09/09のツイートまとめ
  • bestplanning RT @crystalnemunoki: おはようございますいつもたくさんのいいね!、RTありがとうございます今朝もとてもいい天気です https://t.co/jObmW4dR9y 09-09 23:57 RT @crystalnemunoki: アメブロを更新しました。 『複雑な色合いで、私を惑わせます』 #クンツァイト #ラベンダーピンクhttps://t.co/ne4wrOwvYG 09-09 23:57 RT @DEKAVlTA_C: このカップ型のアイス、カラフルで可愛いしフルーツがトッピングされていて [続きを読む]
  • 【創作日記】奇妙な喫茶店
  • 土曜日の午後、高校時代の親しい友人から携帯に電話があった。「久しぶりだから、会わないか」という話だった。本当に、彼と会うのは数か月ぶりのことだ。しばらくして、彼は車で僕のマンションまでやってきた。1人で来ると思っていた僕は、助手席に女の子が乗っていたので、少し戸惑った。髪の長い面長な顔立ちの女の子だった。友人より2つ年下の彼女は、芸大の学生だという。2か月前に知り合い、付き合うようになったということ [続きを読む]
  • 【創作日記】カレーパンを売る小さなお店
  • お気に入りのバーで知り合った彼は、気の合う職人さんに協力してもらい、住宅・店舗のリフォームの仕事をしている。営業、積算から店舗のプランニング、そして工事の監督まで一人でこなしているそうだ。その彼に誘われて、私は彼の手がけた店に行くことになった。向かった先は、六坪ほどの小さな店だった。改装前は、クリーリングの取次をしていた店だったらしい。訪れた店は、とてもおしゃれで贅沢に造りこまれたような空間だった [続きを読む]
  • EggrowのYukaさんに歌って頂きました。
  • 小説「夏のかけら」イメージソング・新装版が、作曲家のらいぜんさん、Eggrowユニットの皆様によって誕生しました。イメージソング・新装版の制作に参加して頂いた皆様、お疲れ様でした。そして大変お世話になり、ありがとうございました。作曲・動画のらいぜんさん、歌手のYukaさん、MIX・アレンジのべる×2さんは、音楽の創作サイトで活躍されて、注目もされている方々です。そのような方々にイメージソングの新装版を制作して頂 [続きを読む]