瀬高きりん さん プロフィール

  •  
瀬高きりんさん: ブーさんとキリンの生活
ハンドル名瀬高きりん さん
ブログタイトルブーさんとキリンの生活
ブログURLhttp://www.bu-kirin.com/
サイト紹介文中年夫婦ふたり、倉庫の2階でひっそり暮らしています。早期リタイアと移住が目標です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/10/22 09:58

瀬高きりん さんのブログ記事

  • 今年も梅雨をむかえる準備をしました
  • 毎年必ずやってくるじめじめとした梅雨。湿度の高い梅雨の時期を心地よく過ごすため、私は毎年、梅雨の直前にしっかりと掃除と洗濯をします。私たちの自宅はプレハブ倉庫の2階。少しでも快適に暮らすため、夫婦で試行錯誤を重ねています。梅雨前のカラッと晴れたある日。ばたばたと梅雨をむかえる準備をしました。スポンサーリンク まずはカーテンの洗濯。カーテン、棚の目隠し布などを全部はずして一気に洗います。外から室 [続きを読む]
  • バナナをおいしく長持ちさせる保存方法 使うのは保冷バッグと冷蔵庫
  • バナナを常温で保存すると、あっという間に黒くなってしまいます。黒い方が甘くておいしいという方もいるけれど、私は買ったばかりの黄色いバナナが好きです。バナナにヨーグルトをかけて食べるのがいつもの朝食。しかし、買い物は週に1回だけ。「バナナをおいしく1週間保存したい」と色々試してたどり着いた、バナナをおいしく長持ちさせる保存方法をご紹介します。スポンサーリンク 簡単にバナナをおいしく長持ちさせる保 [続きを読む]
  • ぽつんと倉庫暮らし 緑に埋もれる私たち
  • 倉庫のわが家は草木に埋もれ、すっかり秘密のアジトです。私たち夫婦の住まいは2階建てプレハブ倉庫。数年前から少しずつまわりの田畑が放置され、今はすべてが耕作放棄地です。雑草は刈られることもなく、背丈より大きくのびのびと育っています。ちょっと見ないうちに、桐は今年も立派な葉をつけました。あれ?何かにおいが……少し歩くと栗の花。もうそんな季節なんですね。もふもふゆらゆら満開です。いつ見ても、丸く甘い栗 [続きを読む]
  • 【倉庫暮らし】適当な玄関
  • ブログに載せていなかったわが家の玄関。普通の住宅とはかけ離れた状態ですが、プレハブ倉庫の秘密基地にはピッタリです。私は夫のブーさんと結婚して、倉庫の2階に住むようになりました。ブーさんは結婚する5年くらい前からここに住んでいます。私が引っ越してくるまではつぶしたダンボール箱を入口の床に敷いて、その上で靴を脱いでいました。スポンサーリンク トランクトレイの玄関(大きさがわかるようにスリッパ代わり [続きを読む]
  • 断熱カーテンライナーは花粉症にも効果があるの?
  • 「断熱カーテンライナーのおかげで花粉症が軽くすんだよ」ゴールデンウィークに帰省したとき、母に言われて驚きました。断熱カーテンライナーは本当に花粉症に効果があるのでしょうか。気になったので少し調べてみました。スポンサーリンク 実家で使っている「断熱カーテンライナー」2016年の年末、実家の寒さ対策用に 明和グラビアの断熱カーテンライナー をプレゼントしました。使い方は、塩化ビニル樹脂100%のカーテンライ [続きを読む]
  • 実家で出会った5月の植物
  • 庭の片隅でミヤコワスレが咲いていました。実家へ帰ると、私はいつも庭の手入れをします。今月初め、ゴールデンウィークに帰省したときの雨上がり。待ってましたとばかりに竹や枝を切り、雑草を抜き、花がら摘み。手入れが一段落してじっくり観察すると、そこには5月らしい植物の姿がありました。母が挿し木で増やしたアジサイ。大きな葉の中に小さなつぼみがありました。母が好きな青いアジサイの花。今年もきれいに咲いて [続きを読む]
  • 求人広告で知る福島県の変化【震災後のいわき市】
  • 2018年のゴールデンウィーク、福島県いわき市へ行きました。子供のころから数えきれないほど遊びに行っている親戚の家。そこで見た求人広告に福島県の変化を感じました。普段、福島の情報を気にしていても、離れた所に住んでいると気付かない現実があります。記憶はいつか薄れてしまうので、ブログに記録しておきます。スポンサーリンク 福島県浜通りといわき市について福島県は大きく3つの地域に分けられます。出典:いくべ [続きを読む]
  • 【簡単レシピ】メンマの作り方 たけのこ大量消費!
  • 自分で作ったとは思えないほど美味しいメンマが簡単に作れました。田舎の実家に帰省したら、あちこちからいただいた大量のたけのこ。「たけのこの煮物は最近よく食べているから飽きぎみなの。こんなに沢山どうしよう…」と、母は困っている様子。そうだ、半分は煮物にして、残りはメンマにしてしまおう!ピリッと辛く歯ごたえのあるメンマならお酒にも合うし、日持ちもします。人生2回目のメンマ作りに挑戦しました。スポンサー [続きを読む]
  • ダムカレーマップ?食べておいしいダムの世界
  • 先日、栃木県にある湯西川ダムの管理支所で気になる掲示物を発見しました。ダムカレーマップ?!それも Ver.2.0好奇心を刺激するマニアックなダムカレーマップ。そのディープな世界をちょっとのぞき見ることにしました。スポンサーリンク ダムカレーってなに?ダムカレーとは、ダムをモチーフに作られたカレーです。ごはんはダム本体の形に盛り付けられ、カレールーはダム湖を表現しています。参考:ダムカレーとは ? 日 [続きを読む]
  • 【倉庫暮らし】お風呂の窓をビニール袋で断熱する
  • 今年2月、お風呂の窓から感じる冷気をビニール袋 (ポリ袋)1枚で解決しました。私たち夫婦はプレハブ倉庫の2階に住んでいます。夫のブーさんは結婚生活を始めるにあたり、ユニットバス・トイレ・台所シンクなどをインターネットで購入し、倉庫の2階に自己設置してくれました。画像に写っているのはブーさんの兄弟と姪です。スポンサーリンク ユニークなお風呂の窓わが家のお風呂の窓は「【倉庫暮らし】これでいいのか浴室 [続きを読む]
  • 雨上がりの花たちに癒される
  • 久しぶりにゆっくり散歩をして元気になりました。雨上がりの午後。ふと思い立ち、自宅周辺をのんびり散歩。梅林の奥に、白く小さなブルーベリーの花が咲いていました。みずみずしく輝く若葉。ときどき吹く強い風に枝全体が大きく揺れていました。畑の生垣で雨粒をまとったピンクのツツジ。花びらが細くとても優雅。私の背よりも大きなツバキの木にもピンクの花。地面が落ちた花でピンクに染まっています。仕事と生活に [続きを読む]
  • 洗濯の神様からプレゼント
  • 今日2回目の洗濯。洗い終わった服をパタパタと振って干していると、床になにか硬いものが落ちました。「ビスかな……」たまに、なぜか洗濯物といっしょにタッピングビスが出てくることがあります。また謎のタッピングビス登場だ…と足元を見ると、洗濯カゴの近くに光るもの。ん!?これは……50円玉。やった!洗濯の神様からのお駄賃だ。神様から「がんばってるね」とほめられた!と勝手に妄想して、ひとりで笑顔。んふふ。 [続きを読む]
  • セルフカットで得られるものは
  • 若いころは何時間もかけて都内の美容室に通ったりもしましたが、今は自分で髪を切っています。夫のブーさんは10年以上前から、週に1回シャワーを浴びるついでにバリカンでセルフカット。その手軽さと気軽さをうらやましく思い、結婚後、私もセルフカットを始めました。丸刈りのブーさんと比べ、思い通りのミディアムボブにカットするのはちょっと大変。インターネットでセルフカットを勉強して、こんな感じかな……とチョキチ [続きを読む]
  • 久しぶりに感じる植物の変化、とりもどす元気
  • 半月ほど休まず必死に働いていたら、葉桜の季節になっていました。私たち夫婦は空き地に囲まれたプレハブ倉庫に住んでいます。1階でいっしょに働き、2階が住まい。私は体が弱く体力がないので、普段はぼちぼち働く程度です。先月から大きな仕事にとりかかり、土日も休まず夢中で働いて、なんとか計画通りに終えることができました。ホッとして久しぶりに倉庫のまわりへ目を向けると、ずいぶん様子が変わっています。スポンサ [続きを読む]
  • 倉庫の2階、夕焼けのお風呂
  • 暖かくなるにつれて日の落ちる場所が北寄りになり、倉庫の2階にあるお風呂場に夕日が差しこむようになりました。私たち夫婦の自宅は2階建てのプレハブ倉庫。1階でいっしょに働き、2階で暮らしています。お風呂は夫が自分でユニットバスを組み立て、作ってくれました。壁に穴を開けて強引に作ったお風呂の窓。春と秋、その窓から夕日が差してお風呂が夕焼け色に染まります。壁は夕焼けのグラデーション。シャワーのあと、あ [続きを読む]