ウィルゴ さん プロフィール

  •  
ウィルゴさん: 日常に幸せを見つける29歳の日々
ハンドル名ウィルゴ さん
ブログタイトル日常に幸せを見つける29歳の日々
ブログURLhttp://izumiyoga.blog.fc2.com/
サイト紹介文29才派遣社員でOL。2年間・25ヶ国の旅を経験。社会復帰し、日常の気付きを綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/10/22 14:32

ウィルゴ さんのブログ記事

  • 赤ちゃんが辛そうだったけど…(>_
  • 今日は、人間の体はすごい!!と思った出来事がありました。 知人とその方の生後8ヶ月の赤ちゃんと外で会い、自然の中、敷物の上に座っていました。ハイハイが得意なその赤ちゃんは一人で動き回ります。すると、落ち葉を拾って遊んでいた赤ちゃんが小さな小さな葉っぱをあっという間に口に入れて食べてしまいました。「あ〜食べちゃった!……数時間後にはお尻から出てくるかな。」と、お母さんは言います。すると、5分後赤ちゃんが [続きを読む]
  • ラッセルの幸福論
  • 私の好きなテレビ番組のひとつ、NHKの"100分de名著"を観ました。25分番組で4回に渡って名著を取り上げており、今回はラッセルの有名な"幸福論"。第3回目でした。今回もとても興味深い内容でしたが、一番印象深かった一言がこのブログ冒頭の写真です。「考えるべきことを、考えるべきときに、十分に考えること」ふと、我に返ると、"考えなくてもいいことを、考えなくてもいいときに、真剣に考えている私"がいます( ̄□ ̄;)そんな自 [続きを読む]
  • 30歳女、字を習いはじめました
  • 今日から週に1回、"基礎から学ぶペンと筆"を習うことにしました。基礎から字を学ぼうと思った理由は、結婚してこれから字を書く機会が多くなり、その際に恥を"自分がかかない"為であり、"相手にかかせない"為です。また、もうひとつの大きな理由として、自分と向き合う時間を作るということです。字は心を映すと聞いたことがあります。今の私の字は、バランスがぐちゃぐちゃ、上下左右も整ったものではありません。それが心を映し [続きを読む]
  • 想像を超えたときに起こること
  • 私は、幼い頃からお笑いが大好きで、高校生にもなると毎週漫才やコントなどを録画してそれを観て楽しんでいました。今でもお笑いは大好きですが、ここ数年で"笑うライン"がとても高くなったように感じるのです。なんていうか、前だったら笑えるコントで笑えなくなったり。そんな自分に気付きはじめたときに、少し寂しくなりました。さて、今日はそんな自分が、笑いのラインが高くなったのではなく、笑い(ネタ)の予想がついてしまう [続きを読む]
  • 部屋の乱雑はあなたに迷惑がかかっている
  • 先日、書店で一冊の本を購入しました。"禅と掃除"桝野俊明・沖幸子 著桝野俊明さん(住職)は、禅の教えを現代にどうやって取り入れるかを丁寧に説明している本をいくつか出版されており、私はそれらの本を拝読してきました。今回は、その"禅と掃除"の中に書かれていた内容で、とても勉強になりました一部をここに紹介させていただきます。・ 掃除とは、無駄なものを捨て、部屋を綺麗にするだけではなく、あなたの心にたまった塵や埃 [続きを読む]
  • 日本人の妊娠出産事情
  • 最近、仲良くさせてもらっているオーストラリア人女性の話。その人、ミシェルは40代後半で、高校生の双子のお子さんを持つ主婦。出産妊娠の女性の健康専門家であり、幼児の自閉症、発達障害を専門にカウンセラーとしても豊富な経験を持っています。彼女の持つ情報は、海外(特にアメリカとヨーロッパ)のものです。(女性の妊娠出産などの)日本の常識は、先進国の中では遅れていることを彼女は示唆しています。これから妊娠・出産をす [続きを読む]
  • 日曜日の幸せ
  • 今日は日曜日。姉家族を自宅に招いて(…といっても、子供3人がじっとしていられないので、家の見学だけしてすぐに公園に移動)、とても清々しい日曜日を過ごしました。我が家から歩いて30秒の公園へ。天気もよく、シートを敷き、パン屋さんで買ったサンドイッチなどを広げ、それぞれ好きなパンを頬張る。8歳、5歳、(もうすぐ)2歳の子供たちと遊ぶのは結構大変(汗)しかし、2歳の甥は変な踊りをするし、8歳の甥はバッタを捕まえて私に [続きを読む]
  • 人生お得!!マナーの力
  • 今日は定期的に通わせていただいている、マナー講座の日。冠婚葬祭を基本に、日常のマナーを学んでいきます。今回は、和食のマナーということで、基礎を教えていただきました。お皿の並べ方、箸の使い方、お皿の持ち方、食べる順番、食事の終わり方、などなど…。基礎と言われる内容でしたが、私は知らないことばかりで、今までいかに知ったフリをしていたかを思い知りました。しかし正直に言いますと、常にその食べ方をするのはあ [続きを読む]
  • 一休さ〜ん!の教えはすごかった
  • 先日、NHKの「先人たちの底力 知恵泉」という番組を観ました。今回は"僧侶 一休さんの常識にとらわれず生きる"という内容でした。一休さんのイメージは、アニメのあの坊主頭の姿でしかなかった私はその生き様に感銘を受けました。ここで一休さんの歴史はGoogle検索にお願いするとして(笑)、一休さんの言葉の中で、最も印象に残った言葉はこれです。「有漏路(うろじ)より無漏路(むろじ)へ帰る一休み」様々な解釈があり、どれ [続きを読む]
  • テレビとの付き合い方
  • 新婚生活が始まってから、これまでよりテレビをつけている時間が長くなりました。私は幼い頃から超〜テレビっ子で、暇さえあればひたすらテレビを観ていました。そして、20代半ばでその生活を見直しました。(見直したのは、ある旅がきっかけでしたが、それはまた後日に書かせていただきたいと思います。)私はテレビとの付き合い方を変え、最低限以外は観ない生活に切り替えたのです。また20代後半、旅などをしていた2年間は、全く [続きを読む]
  • 歯医者の院長先生のためになる話
  • 10年近くお世話になっている歯医者の院長先生の話。ほとんど話さないときもあれば、世間話に花が咲くこともあり、今回は後者の方でした。その会話の中で、ある言葉を発した先生。その言葉によって、私はしばらく考えさせられることとなりました。"急に寒くなったねぇ〜"と挨拶変わりの先生の一言。"えぇ、本当に"と始まり、治療の準備をしながら先生は話します。"ジムで水風呂と熱い風呂に交互に入るのを3回繰り返す、これをやって [続きを読む]
  • 大切なものは変わらない
  • 新婚生活になってから、テレビを観る時間が増えました。テレビを観ていると、特別なことばかりが映し出されています。テレビっ子だった私はそれを見て、自分が惨めだなぁ……とよく考えていたものでした。特別なことがあるわけでもなく、特別な才能があるわけでもなく、なんの取り柄もない自分。日常は困ったことばかり。あぁ、人生って何だろうか……と10代でぼやいていた記憶があります。20代で特別だと思っていた経験をいくつか [続きを読む]
  • 経営者の考えを家事に反映
  • 新婚生活もうすぐ1ヶ月経ちます。小さな会社を経営している私の主人。様々な生活スタイルの経営者がいますが、私の主人はずーっと仕事をしている人ではありません。お店自体は21時まで営業していますが、18時に帰ってきたり、従業員が間に合っていれば、平日でもお休みをとったりしています。お休みを取るタイミングを自分で決められるのは経営者の特権でもありますが、その分、日常で相当なプレッシャーとストレスを受けています [続きを読む]
  • それはあなたに合ってないですよ〜
  • 先日、引っ越し後初めて美容院に行きました。これまで通っていた美容院は遠いので近場で探し、初めてのお店でした。初めて行く美容院のときはいつも緊張します(^^;今回の担当は35歳前後の、とてもサバサバした、無理矢理に愛想を作らない、しかし美容師としてのプライドが垣間見えるような、女性が担当でした。その美容師さんは、髪の毛のことに関してはストレートに物を言いました。「白髪、一本もないですね〜!」とか(笑)日々 [続きを読む]
  • 他人を羨ましいと思ったら…
  • 今日は4年前にモロッコを旅をしていた時に出会った、友人と再会しました。韓国人とモロッコ人の女性。外国人でありながら、二人とも日本語がとても上手。特にモロッコ人のウラちゃんは、外国人の訛りもほとんどなく、私がこれまで出会った外国人の中でも飛び抜けて日本語が上手いです。フランス語、アラビア語、英語、日本語を話し、それらの通訳ができるほどの実力がある彼女は日本人男性と結婚。日本のテレビに出てくるモロッコ [続きを読む]
  • 20歳のときの苦労が報われる
  • 今日、煮魚を作りました。何年ぶりかな…一人暮らしをやめてから、旅に出て(2年)、実家暮らし(2年半)をして……4年半ぶりですね。しかし、20歳前後のときに仕事をしながら料理を自分なりに一生懸命やっていたおかげで、身に付けたことは忘れていませんでした。と、一生懸命といいましても、主にテレビや本から学び、実践していたという感じです。"上沼恵美子のおしゃべりクッキング""3分クッキング""今日の料理"(NHK)などなど、い [続きを読む]
  • 自我が強いとできないこと
  • 今日は月に2回のマナー講座の日でした。 洋食のテーブルマナー基礎を勉強しました。「テーブルマナーというと、どうしても"カタチ"に意識がいってしまいますが、楽しく食事をできなければ本末転倒です。」そして、先生からある有名なお話を教えていただきました。「昔、イギリスの女王がインドの偉い人を食事に招いたときです。インドのその方は、フィンガーボウルのお水(指を洗うためのもの)を飲んでしまいました。そこで女王は何 [続きを読む]
  • "不完璧"主婦宣言!!
  • 早いもので、新婚生活が3週間過ぎようとしています。まだまだ生活リズムが掴めていませんが、自分について分かったことがありました。それは、料理に対して非常に強い責任感とプレッシャーを感じていることです。最近ようやくキッチン用品、材料などが揃い、料理もするようになりました。私は18歳から親元を離れていたので、料理は人様に食べていただける程度にできるようになりました。でも、新婚生活が始まって、4年半ぶりに本格 [続きを読む]
  • 両親との距離が大切な件
  • 新婚生活が始まって2週間ですが、実家の近くでで用事が重なりこの週末は実家に泊まることになりました。2週間ぶりに会う両親。一見、何の変化もないように接していましたが、私にとって大きな気付きがありました。それは「今まで私は年相応の両親との距離を考えていなかった」ということです。やはり、いつまで経っても親にとって私は子供で、私にとっては大切な両親です。子供のときは、親の言うことは絶対ですし、神様のように信 [続きを読む]
  • この言葉が私の生きていく支えとなる
  • 今日は先月に退職しました、会社の送別会を開いていただきました。出社最終日には、自職場の方のみの送別会をしていただきましたが、今回は他職場の方々が集まってくださいました。退職してからたった1ヶ月ですが、会社内のたくさんの変化のお話を聞き、多いに笑い、盛り上がった素敵な時間でした。そして皆様から私へ、たくさんの労いのお言葉とお祝いのお言葉をいただきました。そんな中で本当に嬉しかった言葉がいくつかありま [続きを読む]
  • 初心忘れるべからず〜夫を支える妻として〜
  • 今日は一日、引っ越し後の後片付けをしていました。片付けの途中で休憩をし、お茶を飲み、買物に出かけ、少しずつ終わらせる。食事の準備して、仕事を終えた主人の帰りを待つ。食事を済ませたら、食器を洗い、お風呂や寝床の準備をする。ふと、毎日遅くまで仕事に没頭していた自分を思い出しました。忙しかったけど、きっと、社会と繋がっていると最も実感できていた時間でした。あれ?じゃあ私のような主婦は社会と繋がっていない [続きを読む]
  • 目指せ80%!!
  • 突然ですが、みなさんは朝起きて、目の前にあるやることの多さに嫌気を感じることはありますか?特に主婦の方ですと、本当に朝が忙しいですよね。私はこれまで、終わりが見えないやることの多さに一瞬たじろぎ、時間に追われ、自分で自分を責めることをしていました。「あれもこれもしなくては」「これは絶対今日中にやらなきゃ」など、誰も頼んでいないことを自分に課して、自分の手で自分の首を絞めていました。今日もそうなるよう [続きを読む]
  • リラックスしていますか?
  • 新婚生活が始まってから、時間的には余裕があるはずの私が、リラックス状態にないことに気が付きました。世間の情報では、時間にゆとりがあって、さらにマッサージを受ければリラックスするそうです。 そもそも、リラックスしている状態って、どんな状態のことをいうと思いますか?これは、個人的な考えですが"呼吸が整っている状態" がリラックス状態にあると感じています。だから、人によって"リラックス状態"を作り出すのは異 [続きを読む]
  • 新婚生活一週間が経って……
  • 新婚生活が1週間過ぎました。まだ片付けも終わっていない状態で、日々、混沌としています。7年間のお付き合いをしたパートナーですが、様々な準備や手続きを進めてきたこの一週間で、色々な知らない面がでてきました。というより、今まで気にならなかったことが気になっている自分がいることに気付きました。私はこの結婚生活で、どんなときにどんな感情が現れるのでしょうか。自分の行動、感情を意識して観ていけたらいいなと思っ [続きを読む]
  • 流行りのファッションに違和感を感じた件
  • 引っ越しをしてから自転車と電車移動が多くなり、とても新鮮な気持ちです。電車に乗っていると、世間で起こっていることがよく分かります。たとえば、若い女性のファッション。今日、綺麗めな格好に、フワフワの飾りの"サンダル"を履いた女性を見ました。違和感を感じたので、もしかしたら履くものが壊れてしまったのかなと思っていました。そうしたら、違う駅でも同じようなファッションをたくさん見ました。"あ、違和感ではなく [続きを読む]