吉野 しぐれ さん プロフィール

  •  
吉野 しぐれさん: アートな日々〜&日々の出来事!
ハンドル名吉野 しぐれ さん
ブログタイトルアートな日々〜&日々の出来事!
ブログURLhttp://gensan935.blog.fc2.com/
サイト紹介文週1のペースでイラスト似顔絵を描いています(下書きも載せている)、色鉛筆とマーカーを使っています。
自由文似顔絵の他に、旅行記と鑑賞した展覧会の記事などもUPしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 363日(平均2.7回/週) - 参加 2016/10/22 19:52

吉野 しぐれ さんのブログ記事

  • 島根県の旅⑤ 重要文化財 熊谷家住宅 その2
  • お庭に接している廊下熊谷家の歴史古文書などによると、祖先は毛利家の家臣であったと伝えられ江戸時代初めから旧銀山町(銀を産出した仙ノ山一帯)に住み銀山附役人(ギンザンツキヤクニン)を務めたとされています。右手前が奥の間で〜建てられた当時のまま唯一、残っているお部屋だそうです由緒書などによると享保14年(1729)、旧大森町(現在の大森の町並み一帯)の田儀屋が熊谷家の名跡を継承し、このときに旧大森町に熊谷家が成立し [続きを読む]
  • 速報〜広島の旅
  • 旅行初日に行ってきた ひろしま美術館ですとても良かった 昨日の事なんですがその他に、広島県立美術館と広島市立現代美術館も行き1日に広島市内の主要な美術館を制覇してきました最後に見た広島市立現代美術館では疲れて、かなりぐったり…ひろしま美術館のお庭ですひろしま美術館佐々木マキ展ひろしま美術館で買った絵ハガキです本日のオヤツタイムタマルフルーツパーラ―の いちじくパフェですまだ…島根県の旅の記事を [続きを読む]
  • 島根県の旅④ 重要文化財 熊谷家住宅 その1
  • 熊谷家住宅まえから見た、大森の街並みです(*^^)v熊谷家住宅入口熊谷家は、大森で最大規模の商家です。金融業、酒造業、などを営みながら町役人や代官所の御用商人を務め、19世紀には有力な商家として栄えました。熊谷家住宅の特徴 熊谷家住宅は寛政12年(1800年)街並みの大火で類焼した後、享和元年(1801)に建築されました以後、土蔵などを増築し、明治元年(1868)に屋敷が整いました季節のしつらえが素敵で [続きを読む]
  • 高橋真琴の原画展〜ロマンティック乙女スタイル 西武渋谷店
  • 渋谷西武百貨店 A館7階10月7日(土)3連休の初日に行ってきました(^v^)開店の10時には、間に合わず10時半頃到着会場は、すいていました開催されている事を知らない人が多いのではないでしょうか?私は、たまたま人形や絵本が好きな方のブログを見て、高橋真琴さんの記事がのっていたので興味がわき、懐かしい絵をみているうちに私も〜高橋真琴さんの展覧会を見に行ってみたくなりました パソコンで検索してみましたら渋谷西武 [続きを読む]
  • 島根県の旅③ 城上神社(きがみじんじゃ)
  • バス停 大森代官所跡 9:15着ここで降車したのは、私の他一名でした 西南之役戦死者記念碑バス停の近くに西南戦争で亡くなった方達の記念碑がありました島根県の直ぐお隣の県は山口(長州藩)だから新政府軍としかりだされてしまったのでしょうか?お食事処 おおもりお店には入っていませんが古そうな建物と、 レトロな丸ポストの赤色が生えていい感じです (*^^)v大森代官所跡 (石見銀山資料館)ここまで来ていながら石見銀山 [続きを読む]
  • 島根県の旅② 出雲市駅から大田市駅へ
  • 出雲市駅 ホーム出雲市駅 7:39発 普通列車に乗車です(*^^)v朝〜早い時間帯は曇っていましたが徐々に日が差してきました旅行前に調べた島根県の天気予報は、曇りか雨マークだったので旅行気分もダウン?気味でしたが、晴れてきて良かったです(^◇^)電車は、一両編成で学校へ行く高校生たちが乗ってきました石見銀山遺跡へ向かう路線バスがある大田市駅へ向かっています列車が海沿いを走るとは、まったく考えていなかったの [続きを読む]
  • 島根県の旅① 高速バス・スサノオ1号
  • 東京駅八重洲口 高速バスのりば9/4(月)東京駅から高速バスに乗るのは初めてです乗り場は新しく整備されたようでとてもキレイでした19:10発のスサノオ1号に乗ります (*^^)v3列シート運転席側のC列で良かったですA列とB列の通路幅が多少狭くなっていました1時間かかって渋谷へ到着東京駅と渋谷マークシティ合わせて乗車した方は、15人程度かな…そのおかげで、窮屈な思いをしないですみました(^v^)乗るには渋谷からの方 [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅23 さらば桜島 (@^^)/~~~また〜会う日まで♪
  • バス亭 福山学園下松下美術館の最寄のバス停です乗り遅れると恐ろしいことになるのでバスの到着時間15分前にはバス停までゆきました (*^^)v時刻表鹿児島空港行きのバスが有る事がわかったのでここまで行く気になれたのです電車やバスの乗り替え時間待ちを考えるとまどろっこしいので助かりました通常ですと福山学園から鹿児島空港まで47分くらいしかかかりません (*^^)vバス停から撮った桜島です。やはり、桜島はきれいですね [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅22 松下美術館 (鹿児島県霧島市)   
  • 黒酢壺黒酢レストランを後にして、歩いていますとたくさんの壺が置かれているのを見かけました (*^^)v鹿児島は、黒酢の名産地です。一般財団法人 松下美術館15分程歩いて〜美術館に到着いたしました5月に行きましたが、かなり暑くてゼイゼイ…息切れ気味 (-"-)私が辿り着いた時にすれ違いでご夫婦らしいカップルが1組〜鑑賞終了されたようで坂道から下りてこられていましたこの方たちをお見かけしただけで、ず〜っとひとり見 [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅21 黒酢レストラン 「桷志田」
  • 鹿児島中央駅11:50発 特急きりしま10号 宮崎行き駅前のイオンのロッカーに預けていた荷物を回収して特急きりしまに乗り込みました〜特急にのればJR国分駅まで約30程でついてしまいます特急券は300円(自由席)、意外と安いです 特急きりしまの内部ホテル、シルクイン鹿児島のチェックアウトの時頂いた栄養ドリンクを車内で飲みました、ありがとうございます観光客もそうですが、鹿児島はビジネスホテルの激戦区の様なのでこ [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅⑳ 維新ふるさと館
  • 2017.5/20(土) 鹿児島の旅最終日です。8:30頃にホテルをチェックアウト、駅前にあるイオンのコインロッカーに荷物を預け(駅は300円イオンは200円だったと思います)駅から徒歩8分程の鹿児島市維新ふるさと館にに向かいました旅の予定としては、最寄駅上伊集院にある「中村晋也美術館」(彫刻)朝一番で行こうとしていましたが、後の予定を考えると無理がありそうだったので、近い〜維新ふるさと館へ行ってみるべ〜と  [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅⑲ アミュプラザ鹿児島の観覧車夜景
  • PM7:30 アミュプラザ鹿児島の大観覧車鹿児島中央駅と隣接しているアミュプラザの観覧車ホテルの窓からズームで撮影したものです色や形の変化があるので、見ていてとてもキレイだし、あきずに眺めていました南国 白くま昼間、天文館も通ったけれど天文館で「天文館むじゃき」を探して白くまを食べる気力がなくなっていたので夕食後に、駅前のイオンで 東京でも買える カップの白クマを買いましていただきました、 これも〜な [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅⑱ 西洋亭 「ひろはま」(鹿児島市)
  • 西洋亭 「ひろはま」鹿児島中央駅、東口から徒歩3分程。候補は、他に4店舗ありました●ブラニフ (イタリアン)●黒かつ亭 (カツ屋さん)●やぶ金 (うどん) 実際行ってみましたが、予約がないとダメだといわれてあきらめた本命 (もしかしたら貸切のみなのかもしれません)●ベッカラ ダンケン (イートインできるパン屋さん)美味しいらしいデス(*^^)v他店舗を押しのけ、決定しました 西洋亭 「ひろはま」メニュー決め [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅⑰ シルクイン鹿児島
  • サクラジマ アイランドビュー 一日乗車券桜島港から湯之平展望所へ向かい、ぐるっと円を描くようなルートでまた、桜島港に戻る循環バス 1周60分1日券といえども、1時間に1便なので〜ささっと観光したい人は少し停車してくれる場所以外は、乗り降りしない方が懸命です(鳥島展望所で5分、赤水展望広場で8分、湯之平展望所で15分バスが停車します)このチケットを購入した方は、鹿児島港⇔桜島港のフェリーの運賃が片道16 [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅⑯ 桜島に到着!足湯に入る
  • 桜島港に到着! PM13:15フェリーに乗りながら、桜島観光ガイドを見て桜島を眺め〜ていたら、予定では桜島を走る循環バス「サクラジマ・アイランドビュー」に乗るつもりはなかったのですが島を目の前にしていたら気が変わりまして…バスに乗って桜島の中腹にある展望所まで行ってみたくなりました桜島湾 13:20発のバスがあったのでコレに乗ろうとして慌ててターミナルの御トイレに入りバス停に行きましたがタッチの差でバスは出発 [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅⑮ 桜島へ〜GO!
  • 鹿児島(鶴丸)城跡18代目島津家久によって慶長7年(1602)から築城が始まり2年後に完成。 天守閣はなく、屋形造の居館が並んでいたそうです。石垣の奥、本丸跡に建っている建物は、「歴史資料センター 黎明館」鹿児島の歴史や民族、工芸、美術などを紹介する総合博物館です。時間あれば、見学したかったのですがまたの機会となりました m(_ _)m古そうな〜建物かごしま県交流センターの敷地内にあった建物近くまで行かなかったの [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅⑭ 鹿児島市立美術館& hana cafe
  • 鹿児島市立美術館11:00着訪れた時は企画展が開催されていない時期だったのでちょっと〜ものたりませんでしたが鹿児島市立美術館で所蔵されているコレクションのみの鑑賞でした (*^^)vアルフレッド・シスレー 「サン・マメスのロワン運河の風景」 1881年以前、練馬区立美術館でシスレー展で鑑賞した絵でしたこちらの展示が本家本元〜所蔵している美術館でございます和田 英作 「赤い燐寸(マッチ)」 1914年常設展示を見て [続きを読む]
  • つばた夫妻のドキュメンタリー映画 「人生フルーツ」
  • 津端修一さん90才、英子さん87才  風と雑木林と建築家夫婦の物語映画 「人生フルーツ」 を8/19(土)に見てまいりました(*^^)v9月1日まで上映なので〜終了する前に見にいけてよかったです (^◇^) 映画館 ポレポレ東中野大江戸線 東中野駅 A1出口から 徒歩2〜3分魚民の下〜1階が映画館の入口ですスクリーンは1つだけで(地下2Fにあり)上映時間別に違う映画作品も上映されています10時ちょい過ぎには東中野駅に到着 [続きを読む]
  • 宮崎・鹿児島の旅⑬ かごしま近代文学館
  • 照国通りホテル9:25発のシャトルバスで照国通りで下車白い鳥居は照国神社のものです鳥居の上方を見ますと宿泊した城山観光ホテルが見えます(*^^)v鹿児島県立博物館旧考古資料館歩いている途中に、とても古そうな建物を発見したので近づいて、見てみました〜。周りにロープが張られ、立ち入り禁止になっています明治16年、県立興業館として建設。鹿児島市内にある石造りの建物としては尚古集成館に次いで古い建物だそうです平成10 [続きを読む]
  • 「華族 150年の旅路〜激動を生き抜いた日本の名家〜」 立花千月香さん
  • 福岡県柳川 立花家18代目 立花千月香(ちづか)さん 現・料亭旅館「御花」の若女将です。何度か、ちらっとテレビで立花家の洋館は見たことはありましたが、BSで放送中の「百年名家」で取り上げられ内部の様子を見ることが出来ました (*^^)vその時の邸宅の案内をされていたのが立花千月香さんでした綺麗に着物を着こなしてのお姿でしたが番組「華族150年の旅路〜」では、殆どお化粧なしの素顔だったのが印象的で、歴史のあるお家 [続きを読む]