K-CO さん プロフィール

  •  
K-COさん: カルト宗教からの脱会 〜赤裸々リハビリ体験〜
ハンドル名K-CO さん
ブログタイトルカルト宗教からの脱会 〜赤裸々リハビリ体験〜
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/lovepeace2219/
サイト紹介文カルト宗教から脱会は、ゴールではなくスタートなんです。
自由文脱会後のリハビリは、本当に深刻な問題です。
脱会後、如何に自分を取り戻していくのか?をテーマに赤裸々に綴っていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/10/22 20:56

K-CO さんのブログ記事

  • ★極上の孤独★
  • 昨晩、世界一受けたい授業の中で、元NHKアナウンサーの下重暁子さんの著書「極上の孤独」が紹介されていた。私は、二度の離婚を経て孤独を愛する人間になった。離婚して日本に帰国したばかりの頃は、寂しくて寂しくて、その心を満たそうとばかりした。そして結局は、ねずみ講の講演会に誘われたり、某宗教の勧誘にあったりして、傷ついていた心は更に傷ついてしまうと言う悪循環を繰り返した。結論から言えば、私は寂しさに [続きを読む]
  • あれから
  • 母の襲来から一日経って、ポツポツとこんな話もしたよと告白する娘。私の職場のことやら、お小遣いはもらえてるの?やら、聞けば聞くほど腹が立って仕方がない。娘が拒絶できないことを分かっていながら、自分の知りたいことを根掘り葉掘り聞いたのでしょう。一体誰の、何のせいでお小遣いをあげれないと思ってんだか……。そりゃ、私だって娘たちに毎月お小遣いをあげたいよ。でもね、そうできないんだよ。食べることが優先だ [続きを読む]
  • やっぱり来たか
  • 昨日、次女が突如頻脈を訴えて休日診療に駆け込みました。原因は不明で、一応精密検査を受けるようにと紹介状を書いてもらうことになりました。私も、WPW症候群と言う不整脈を抱えているので遺伝したのかしら?ちょっと心配ではあるところですが、今日もそのことで午前中から病院に行っていたんです。帰ってくると、長女が「大変なことがあった!」と開口一番に言ってきました。でもなかなか内容を話そうとしない。「で? 何 [続きを読む]
  • 今の私たちのかたち
  • そうそう、離婚したと言っても正確に言うと、日本では2回。韓国では1回なんです。2番目の夫とは、韓国では離婚が成立していません。逃げるように日本へ帰国しましたから、離婚している時間がありませんでした。韓国は離婚をする際に、必ず裁判を起こさなければなりません。裁判中には、教育と呼ばれる講義に参加しなければならなかったりと、離婚まで半年を要します。あの時の私には、半年も耐える気力がもうありませんでし [続きを読む]
  • 心臓が飛び出るかと思った
  • 春休みを利用して、麻布十番にある韓国領事館へと向かいました。日本側の書類は、全て言われた通りに揃えて行ったのですが、それでも足りない書類があったりして2日間に渡って通うことになりました。娘たちの父親はそれぞれ違うので、両方の戸籍謄本を取り寄せなければならなかったのですが、運良く二人の夫の本籍地の住所を捨てずに持っていたので、韓国側の書類に全て記入することが出来ました。窓口に戸籍謄本を請求する為 [続きを読む]
  • 避けては通れないこと
  • 今年、もうひとつ解決しなければならない問題がありました。それは、子供たちの二重国籍問題です。長女は今年から選挙権を与えられますし、いつまでも何となくビクビク生きているような感じがして、きれいさっぱり彼女たちの父親と縁を切ってしまいたかったのです。あの元夫たちは、今まで一銭も養育費を支払っていません。相手が日本人だったら、法的に争うことも出来たかも知れませんが、何しろ国際結婚です。韓国で訴えれば [続きを読む]
  • ミラクル!?
  • なんと、なんと言うことでしょう!!こんなに運を使ってしまっても、大丈夫なのでしょうか?はたまた、この幸運は宝くじの為にとっておくべきだったのでしょうか?私は、宝くじを買うべきだったのかぁぁぁぁ?!?スミマセン、取り乱しました(笑)都営住宅が、同時に3つも当選するというミラクルが起きました!!まさか、まさかこんな事態になるとは予想だにしていませんでした。ただでさえ当たるのが大変な都営住宅なのに、3 [続きを読む]
  • 引寄せるのは自分の心しだい
  • またしばらくすると、今度はJKKが行う都営住宅の募集が始まりました。役所から冊子だけでも………と思って貰ってきたのですが、パラパラとめくると狙っていた住宅の募集も出ていました。何故ならそこは、新築物件だったからです。都営住宅って、古い建物が多いんですよね。新築の住宅は、ほとんどが古い都営住宅の建て替えで、住む人は古い住宅からの移転が中心なんです。だから、あまり募集がでない。それが今回は出てるじ [続きを読む]
  • 引寄せの法則?
  • 渋谷は本当に人が多くて、それだけでどっと疲れてしまう。必要書類を揃え向かったJKKには、他にも審査対象者になったであろう人で混雑していました。私の順番が来て、少し髪の毛が後退した初老のおじ様が担当者となり、全ての書類に目を通し、審査結果が出るまで2ヶ月ほど掛かると最後に告げられました。と言うことは、審査に落ちると言う可能性もあるわけで、念のために確認をしてみる。「あの…………、これってまだ決ま [続きを読む]
  • キターッ!?
  • お写んぽ中に白蛇を目撃してから、一週間が経っていました。郵便ポストを覗くと、A4サイズの封筒が入れられていました。中を開けると、1か月前に応募した都営住宅の結果が記載された用紙が入っていました。中身を確認すると「審査対象者となりました。」とあります。実は、ポイント方式の都営住宅に応募していたのですが、ポイント方式は住宅に困っている度合いの高い世帯から、審査対象者が決定されていくシステムです。も [続きを読む]
  • 幸運の○○?
  • 相変わらず、カルトにどっぷりな母とは関係を絶っています。私の心の中からも、母親の存在は大分小さくなり、日常生活で思い出すこともなくなりました。ただやはり、玄関の呼び鈴が押される度にギョッとすることもあります。早く、引っ越したい…………。姉や妹のように、私も母が知らない場所で暮らしたい…………。この、いつ母が訪ねてくるか分からないストレスは消えることはありません。しかも、あの母のことです。私の知 [続きを読む]
  • しくじり先生
  • 原稿を一気に書き終えると、何となく自分が伝えたい核心的な部分が、浮かび上がったような気がしました。 そこから、何度も修正を入れてやっと最終原稿が出来上がりました。それから次に、文字や実際の写真などを入れたPowerPointも作成して準備しました。やはり、今時の若い学生たちです。視覚から入るものがあった方が、理解がしやすいかな?と考えたからでした。与えられた時間は、50分。何度も何度も、時間を計りながら [続きを読む]
  • 当たり前すぎて気づけなかったこと
  • お金を頂いて講義をするのです。生半可な内容では申し訳ないし、やるのであれば何かを感じて帰って欲しい。私はいつも、「自分が真剣に取り組もうとしていることに関しては、きちんと計画を練り、きちんと結果を出さなければいけない。」という強い想いが前に出すぎてしまいます。あれもこれもと、伝えたいことが頭の中に浮かんできて、全く収集がつかなくなってしまいました。そんなとき、仲良くしていた従兄弟から連絡があり [続きを読む]
  • 挑戦
  • ある日、ブログのファンだと言う方から、ある依頼を受けました。それは、私の経験を語って欲しいと言う依頼でした。しかもその語る相手と言うのが、二十歳そこそこの若い学生たちだと言うのです。私の体験が、学生たちの助けになるからと言われましたが、自分のしくじりを他人の前であからさまに話すことに、やはり多少の抵抗がありました。私の心がまだ、「人の前で話す準備」が出来ていなかったからでした。娘のような年頃の [続きを読む]
  • 新しい風
  • 今は昔と違って、偏差値を学校で出してくれないんですよね。外部で主催する、V模擬やW模擬と言うテストを受けて、自分の偏差値を確認する必要があります。(あくまでも東京都の一例です。)またその模擬では、志望校の合否判定も出来るんです。一番直近のV模擬で、彼女の合否ランクはSからBに落ちてしまっていました。それを見た担任も塾の先生も、余り良い顔をしませんでした。もっと確実な学校を選択した方が良い、と言うので [続きを読む]
  • もう一度志望校を決めよう
  • 彼女たちの時代は、将来はAIが活躍して人間の仕事が減っていくのではないか?と言われています。だからこそ、将来の職業は高校生の時期から的を絞らなければならない、そんな時代になりました。私なんかは、高校生の頃からカルト宗教に翻弄され始めていましたから、祝福結婚が人生の目標になっていて、若い頃に挑戦しなければならなかった事が、すっぽりと抜けてしまっています。何一つろくに出来ないただのオバチャンの私は、 [続きを読む]
  • 合格発表
  • 推薦受験を受けることになった彼女は、校長先生から推薦状を無事に頂き、作文や面接、集団討論の練習を始めました。冬に入ってから、食費を切り詰めて3ヶ月だけ塾にも通わせ、集中的に受験勉強をする環境を作ったのですが、作文は彼女にとって非常に難しかったようです。日本に帰ってきてから4年が経っていましたが、彼女の母国語は韓国語なので、未だに日本語の語彙力が弱い面があり、時間内で作文を書き上げることに四苦八 [続きを読む]
  • 選択肢なし
  • 去年は、長女が高校受験でした。2年遅れの高校受験ですが、彼女には厳しい現実が待っていました。親としても、一人の人間としても本当に胸が痛んだものです。私が受験生の時は、父親が働いてくれていたお陰で、高い学費の私立高校を単願で受験することが出来ました。ほとんど勉強などせずに、悠々と合格できる制度でしたから、それほど大変な思いもせずに高校へ進学できてしまったのです。でも彼女には、「都立高校」に進む選 [続きを読む]
  • 久々の近況報告から
  •  皆さん、お元気でいらっしゃいましたか?あの後、個人的な別の新しいブログを立ち上げたのですが、特に記事にする内容もなく、現実世界の方が忙しくなってしまい、そのブログもやめてしまいました。このブログもしくじり体験も全くの放置状態だったのですが、未だに沢山の方が訪問して下さっています。そんな中、「最近更新がないので心配しています」と言うお声をいただき、9ヶ月ぶりに更新することとなりました。 ついこの間 [続きを読む]
  • 一つの区切り
  • リハビリブログ、やっと現在に追い付きました。物語のように、「幸せに暮らしましたとさ。めでたし。めでたし。」となれば良いのでしょうが、残念ながら生身の人間である私は未だに苦しみ、未だに発展途上であります。これが人生、これが生きると言うことなのでしょう。ブログに綴ることにより、私の中での一定の目標には到達した感はあります。過去の出来事を整理し、自分の生きてきた時間を振り返り、反省点も見えて来ました [続きを読む]
  • 丸4年を迎えて
  • 脱北のように日本に帰国してから、今日で丸4年が経ちました。いや、まだ4年なのかな。自分の中では、韓国での10年間が少しずつ遠い昔の出来事のように感じ始めています。今までの出来事を振り返ってみると、自分でもよく乗り越えて来たな……と思います。今の自分に、あの時の出来事を果たして乗り越えることが出来るだろうか?と思った時、あの時の私だったから乗り越えることが出来たのでしょう。だから、今の私に乗り越 [続きを読む]
  • ★楳図かずおワールド★
  • 幼かった頃、楳図かずおの漫画を読んで本当に怖かった思い出がある。漂流教室やおろち、猫目小僧、赤ん坊少女etc…あの画は本当に衝撃的で、恐ろしくて、夜思い出すと眠れなくなる。でも、なんか読んじゃう(笑)そんな幼い日の思い出を、今度は謎解きで挑戦してみようと言う話になった。友達のいない私の、唯一の親友であってくれた高校の同級生二人と計画を立ててみた。吉祥寺に住んでいる楳図かずお氏の自宅、通称まことちゃんハ [続きを読む]
  • もう疲れました
  • 母からの2回のメールに、さすがに頭に来た姉は返信のメールを送ったそうで、こんな内容で送ったよと見せてくれたのですが……。毎日仕事も忙しく、好きな男性と結婚した姉は、もう統一教会から心が離れているものだと勝手に想像していた私でした。折に触れ、教会の分裂の状況も伝えていました。でも、返信メールを見て落胆するしかありませんでした。一部を抜粋します。韓日の茨の道を歩んだKCOに、労いや感謝をきちんと伝わる [続きを読む]
  • 母から統一教会を取り上げたら
  • 母のメールを見て、呆れるのと同時に腹を立てた姉でしたが、仕事が忙しく返信するのを忘れていたと言います。すると、何日かして再び追い討ちをかけるようなメールが送られてきました。今回、○○教会(母の所属教会)で大書写会をするので長年、○○(叔父)さんを導こうと懸命に投入してきました…なので、その書写会に誘ったのですが、先回、貴女にメールしましたが、何の返事もくれなかった内容を○○(叔父)さんに指摘され、カ [続きを読む]
  • メールの内容
  • 姉からメールが送られてきました。その内容に「さっぱり意味が分からない」と、戸惑っている様子でした。こんにちわ…一昨日、鎌倉に行って来ました。その時、宗教の話をされ、誰が切っ掛けなのか、直接話したのか、そこ迄確認しませんでしたが、ママが信仰している事で子供達と疎遠になっている事を心配されました…○○○(姉)さんが、この情報を○○さん(叔父)に話したのでしょうか…それを誰が○○(叔父)さんに話したのか知 [続きを読む]