はるくん さん プロフィール

  •  
はるくんさん: ゆうせいとおやぢのオレンジブログ
ハンドル名はるくん さん
ブログタイトルゆうせいとおやぢのオレンジブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kingmasa18/
サイト紹介文息子とエスパルスのフリーブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/10/24 22:36

はるくん さんのブログ記事

  • エスパルス勝利の週末(^-^)v
  • 久々の勝利、残留決定と最高の週末となった今年の結果にはもちろん満足していないし、来年の巻き返しに向けて、準備をしっかり行って欲しい本日プレミアリーグ第17節、首位清水エスパルスユース対3位青森山田高校の試合は、点の取り合いの末、④対④のドローゲームとなった前半を③対①で折り返しただけに勝ちたかったところ2位のFC東京U18も引き分けたため、勝ち点差①は変わらず、優勝は最終節の6位柏レイソルU18 [続きを読む]
  • J1残留?アウェーで神戸に快勝
  • 今季ラストゲーム、アウェーでエスパルスは神戸と対戦した家でDAZN観戦の予定が、出先の所用が長引き、携帯で見ることに……前半の立ち上がり、一本目のコーナーキックでトリックプレー意図のよくわからないショートコーナーから、パスミスで相手に渡すと、右サイドのスペースに走られ、折り返しを渡邊千真に決められあっさりと先制を許す今年何度見た光景だろう、コーナーキックからのカウンターで失点する。シーズン中、全く改 [続きを読む]
  • ホーム最終戦、最悪の結末
  • またか……前半はパーフェクトな出来だった前節、札幌戦の立ち上がりの消極的な戦いから、今節は積極的な仕掛けでペースを握ると、松原のクロスをファーサイドで金子がボレーで合わせて先制する。金子がテセのワンツーから抜け出すと、中央の航也に浮き玉のパス、胸トラから冷静にキーパーの脇を抜き追加点。③点目を取れそうな流れではあったが、前半は②点リードで折り返す。この時点で、今日の結果を予想した人はいなかったは [続きを読む]
  • 最悪の週末
  • 残留に向けてあとがないエスパルス今年一番勝たなくてはいけない試合だったはずなのに……一番負けたくない相手に0対2で敗戦正直、やることがはっきりしている札幌と、チームの意図がはっきりしないウチの差がはっきり出た試合となった。うちは何がやりたいんだろう失点しないためにある程度引いて守るのはわかる。ボールを奪ったあとの攻撃でパスミス、ボールが繋がらずにロストして、またボールを回される。守備的に戦いすぎ [続きを読む]
  • 雨の死闘?決定力欠きスコアレスドロー
  • どしゃ降りの雨のなか、アウェー東京戦は、前節同様にスコアレスドローとなった試合前から降り続く雨の影響で、ボールが止まる、水溜まりに足を取られるため、両サイドのスペースにボールを蹴ることが多くなった航也がスペースでボールを受けることで、中盤が上手く押し上げれていた。クリアボールが飛ばず、セカンドボールが回収できていたため、厚みのある攻撃は出来ていた守備でもウタカに入るボールを入れさせないため、大久 [続きを読む]
  • 初雪?
  • 週末のリーグ戦、辛くも引き分けに持ち込んだが……モヤモヤ感しかない週の始め北見では初雪となった土曜日は紅葉がきれいだったが週があけると……こんな感じ今週末はアウェーFC東京戦調子を落としてるとはいえ、メンバーは揃っているだけに、厳しい試合になるのは間違いない怪我人が復帰し、犬飼が計算できただけに、ボランチに河井・増田あたりが絡んでくると、守備のところが安定すると思う課題はボールを奪ってからの展開 [続きを読む]
  • うーん、スコアレスドロー
  • 今年も残り⑤試合、完全に尻に火がついたエスパルス今節はベガルタ仙台でのアウェーゲームだった立ち上がり、これが全てだったチアゴアウヴェスのドリブルからファールをもらい、絶好の位置でフリーキックのチャンスキーパーに一度は弾かれたものの、こぼれ球がデュークの前に……シュートコースが甘く、フリーにもかかわらず、キーパーの正面に最初で最後の決定機を逃し、その後は防戦一方の展開に引いて守るのは仕方ないにして [続きを読む]
  • 痛すぎる……テセ全治4週間(>_<)
  • ダービーの敗戦に加えて、テセが試合中に負傷、全治4週間と診断された次節アウェー仙台戦は松原とテセの攻撃のキーマン二人を欠く戦いとなる仙台、東京のアウェー2連戦のあと、2週間日程があくのが唯一の救いか今年の大一番である、ホーム札幌、新潟戦に間に合って欲しいところだアウェーの方が、守備的に割りきった戦いかたが出来るかもしれないホームでボールを持たされ、取られ方が悪くカウンターを受けるよりも、相手にボ [続きを読む]
  • 残留ラインは……
  • ダービーはいいとこなく完敗残留争い①③位札幌以下の⑥チームにしぼられたあと⑤試合、おやぢ的には札幌と新潟に勝てば????と思っていたが、そうも言ってられなくなってきた暫定順位①③札幌 31 A東 H鹿 A清 AG H鳥①④清水 29 A仙 A東 H札 H新 A神①⑤甲府 27 H東 AC H神 A新 A大 H仙 ①⑥広島 27 H川 H浦 A神 H東 A柏①⑦大宮 23 H柏 AC A仙 H甲 [続きを読む]
  • 悔しい?ダービー③連敗
  • 試合の入りは悪くなかったが……正直なところ、今年何度も見てきた光景での失点何度同じことやられたら気がすむのか?二見のあのデイフェンスはない飛び込むのか距離を取って外に追い出すのか中途半端なデイフェンスであっさり失点中に入られシュート打たれるのは、あれなら居ないのと一緒だチームが上手くいっていないときはアクシデントも起こる松原のファールへの報復で一発退場松原の気持ちを前面に出すプレーは嫌いじゃない [続きを読む]
  • 今季も残り6試合
  • ダービーを前にして、代表Aマッチウィークのため、リーグ戦は小休止怪我人が続々戻ってくるので今後の活躍に期待したい今季のエスパルス、不安定な戦いが続く要因にセンターバックが固定できていないことがあげられる今季のエスパルスのセンターバックの組み合わせは⑦通り(丸数字は試合数、カッコ内は節数)角田・犬飼⑥(1,2,3,4,8,9)2勝3敗1分犬飼・二見⑤(5,6,7,10,11)1勝1敗3分角田・二見⑤(12,24,25,26,27)1勝3敗1分角田・フ [続きを読む]
  • イライラι(`ロ´)ノ
  • 昨日の泥試合から一夜明け、フラストレーションがたまる日曜日近所のスーパーへ息子をゲーセンに連れてきた。クレーンゲームで景品をゲット、おもちゃコーナーでまさかの出来事おもちゃコーナーの片隅に何故か北海道の某赤チームのグッズ販売コーナーが……そこで去年のDVDが客もいないのに、あろうことか去年の札幌での『力裕劇場』が流れていた息子を連れ、ソッコーで店をあとにした。サイアクの日曜になりそうだこの気持ちを晴 [続きを読む]
  • 大宮の死闘?
  • 残留争いの直接対決、アウェー大宮戦はスコアレスドロー決着となった先制点を与えたくない両チームは、リスクを負わないプレーとなり、立ち上がりから手堅い展開となった立ち上がりに失点する悪癖があるだけに、前半は無失点で……というゲームプランだったともに決定機はほとんどなくスコアレスで前半を折り返す後半に入ってもお互いに後ろに重心を置いた展開で、前に人数をかけず得点の気配はなかった手堅い展開のなか、両チー [続きを読む]
  • いつになったら……
  • 土曜の試合にあんな負けかたをすると、最高(幸)の週末が最低の週末になる今日は職場の野球大会だが、野球やる気にならない昨日の試合、blogでほとんどの人が書いていたが、シーズン開始からの課題が何一つ解消されていないセットプレーの守備、終盤の試合運び、カウンターへのリスク管理技術的な面は直ぐにどうこうなるものでは無いので仕方ないとして(怪我人が続出しているので)、プロとして練習してるのと言いたくなるテセのゴ [続きを読む]
  • ああ、連敗(ToT)
  • 何度同じ事を繰り返すのか……前節、川崎戦と同じ形で先制されるニアサイドで簡単にマークを外し、水本に合わされあっさりと先制点を献上する前半5分だったその後、松原のクロスからチャンスを作るが、シュートが枠に飛ばないのは相変わらず久しぶりにボールポゼッションで相手を上回るも、チアゴの持ちすぎるところを狙われ、カウンターから再三決定機を作られる前半は何とか0対1で折り返す後半立ち上がりから、ボールを支配 [続きを読む]
  • またしても……天皇杯4回戦
  • リーグ戦に続いて、天皇杯で川崎フロンターレの対戦結果は1対4の大敗2試合で7失点話にならないメンバーが変わっているとはいえ、やられ過ぎだ広島は調子をあげているだけに、不安しかない広島、大宮との連戦は絶対に負けられない戦いテセとチアゴの爆発に賭けるしかないのか……頼むから勝ち試合を見せてもらいたいホント頼むわ [続きを読む]
  • 完敗? vs.川崎F
  • 雨のアイスタ、点差も去ることながら、力の差を見せつけられた立ち上がりからボールを持たれ、ポゼッションは25対75ボール支配と結果は必ずしも一致しないものだが、あそこまで回されると……ACLの関係で中2日の川崎に対して、休養十分のエスパルスが、前半から走らされ先に足が止まっていた。少なくとも日程的に有利であったため、走り負けてるようでは勝負にならないこの辺が優勝争いするチームと残留争いするチームの差なのか [続きを読む]
  • 自分のかたち?航也のゴールで勝利
  • 残留争いの直接対決、ヴァンフォーレ甲府とのアウェー戦……前半はパスミスからボールが繋がらないチャンスもほとんどかった。勝因をあげるとすると体を張ったディフェンスで先制点を与えなかったのが大きかったと思う③連敗中だったので、内容より結果が欲しかった後半に入り、ボランチが上手く間でボールを受けれるようになった前線に強烈な個の力を持った外国人にロングボールを放り込まれる展開は、何とかしてもらいたいもの [続きを読む]
  • 正念場の9月
  • 8月の超ドSシリーズは1勝2敗だった。さい先よくC大阪には2点差を引っくり返しての逆転勝ちしたが、柏レイソル、浦和レッズには悔しい敗戦となった9月はワールドカップ最終予選の関係で、2週間の中断を挟んで、残留争いの直接対決を多く迎える9月のリーグ日程13清水 甲府(A)川崎(H)広島(H)大宮(A)14札幌 磐田(H)神戸(A)新潟(H)広島(A)15甲府 清水(H)鳥栖(A)横浜(H)柏(A)16大宮 鹿島(A)G大阪(H [続きを読む]
  • ホームで逆転負け(>_<)
  • ホームでの浦和戦、久々の日本平だったが……先制したものの逆転負け前半は耐える展開ながら、コーナーキックから角田のヘディングシュートで先制竹内の子供が、生まれたこともあってゆりかごパフォーマンスはよかったが……前半から興梠にいいように裏を取られ決定機を作られる前半早い時間で、両センターバックの角田と二見が対応に遅れてイエローカードを貰い、激しい当たりができなくなった後半も興梠に裏を取られ続け、ディ [続きを読む]
  • 連覇ならず?悔しい敗戦
  • クラブユース選手権、我が清水エスパルスJr.ユースは準決勝で柏レイソルJr.ユースと対戦した結果は残念ながら1対2で敗戦、連覇はならなかったグループリーグ初戦では2点差を追い付かれドローだったが、今日は立ち上がりから厳しい展開に……前半を1点ビハインドで折り返すと、後半1点を追加される。後半32分に1点を返すも追い付けずにタイムアップ、悔しい敗戦となったJr.ユースは去年三冠達成今年はJFAプレミアカップに [続きを読む]
  • 連覇まであと2つ?クラブユース選手権
  • 帯広で開催中のクラブユース選手権、準々決勝で横浜FCJr.ユースと対戦しました前半からゲームの主導権を握り、圧倒する展開もスコアレスで前半を折り返す後半に入ると、ゴールラッシュ3対0で快勝したシュート数も17対2と圧倒し、スコア以上の圧勝劇だった1日の休息日を挟んで、準決勝は柏レイソルU15と対戦する今大会開幕ゲームと同じ顔合わせとなった。2点リードも追い付かれドローとなっているだけに、決着をつけたい [続きを読む]
  • リベンジ??クラブユース選手権 in 帯広
  • 先日の完敗から一夜、記憶から消し去りたいところエスパルスJr.ユースがラウンド16で鹿島アントラーズつくばU15と対戦したトップチームは完敗したが!Jr.ユースは前半からゴールラッシュとなった開始1分に先制すると、6分、33分、34分にゴールを決めて4対0で前半を折り返す。背番号7の志村選手が前半だけでハットトリックを決める活躍後半に入っても、攻撃の手を緩めずに、3得点し終わってみれば7対0で圧勝した明日の [続きを読む]
  • 完敗、何も出来ず……連敗
  • 今年一番の……何もさせてもらえない90分だった敵地に乗り込んで迎えた、第24節エスパルスは鹿島と対戦し、0対2で完敗だったチャンスらしいものは、立ち上がりのカウンターからのデュークのシュートぐらいだった気がするワンツーでセンターを割られると、簡単にキーパーと1対1を作られ先制を許すと、いいように鹿島にボールを回される展開にボールの取りどころがはっきりしないまま、ディフェンスラインがズルズルと下が [続きを読む]
  • もうひとつのダービー
  • 帯広で開催中のクラブユース選手権U15は、グループリーグが終了し、わがエスパルスJr.ユースは決勝トーナメント1回戦でジュビロ磐田U15と対戦しました。試合開始から主導権を握り、前半を2対0で折り返すと、後半にも追加点をあげ、危なげなく3対0で快勝した明日の2回戦は鹿島アントラーズつくばと対戦する今日のアウェー鹿島戦と連勝したいところだハリルホジッチの御前試合となる。目当ては大迫の代役に金崎と言われている [続きを読む]