佐藤 さん プロフィール

  •  
佐藤さん: 妊活ブログ
ハンドル名佐藤 さん
ブログタイトル妊活ブログ
ブログURLhttp://xn--qckyd1c710tfuu.jp/
サイト紹介文妊活について解説
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/10/25 06:38

佐藤 さんのブログ記事

  • 着床出血の期間は長い?1日や1週間など個人差ある?
  • 着床出血とは、奇跡的に精子と卵子が出会ったことで出来た受精卵が、無事に子宮にたどり着き子宮内膜に着床しようとしたときに生じる出血のことを言います。着床の際に子宮内膜をわずかに傷つけてしまい、そのときに生じた出血が外に排出されて「着床出血」とされているのです。着床出血は、誰にでもあるわけではなく、むしろ着床出血があるという人の方が少ないと言われています。その割合は妊婦さんが100人いたとしたらにその [続きを読む]
  • 着床出血は生理みたいな血の塊?量は多い?匂いや色は?
  • 排卵日にばっちりタイミングを取ることが出来たら、次に気になるのは「着床」についてですよね。精子と卵子が無事に出会って受精卵となり、無事に子宮着床することが出来たのかどうかを早く知りたいものです。ですが、妊娠の成立が妊娠検査薬で明確にわかるのはどれだけ早くても生理予定日当日…(早期妊娠検査薬を使った場合)。妊娠を希望して妊活をしている人からすると、生理予定日当日よりも1日でも早く着床を知りたいですよ [続きを読む]
  • 着床出血時期の基礎体温や症状は?
  • 妊娠を希望している人にとって、排卵日から着床の時期までのあいだはいつも以上に自分の体調の変化に敏感になってしまいますよね。着床をすることによって生じることがある「着床出血」の有無のほかにも、基礎体温の変動や妊娠の症状のようなものがないかなど気になって仕方がないものです。一般的に、排卵日にタイミングをとって精子と卵子が無事に出会って受精卵となってもすぐに「妊娠が成立した」ということにがなりません。受 [続きを読む]
  • 着床出血後の妊娠検査薬の反応は陰性、陽性?いつからわかる?
  • 妊活をしている人にとっては、排卵日にタイミングを取ってから妊娠検査薬が使える時期を待っている期間は、とてもソワソワして落ち着かないものですよね。あまりにも気になりすぎて、フライング検査(妊娠検査薬で正しい結果が出るとされている時期よりも早く検査すること)をしてしまったという人はたくさんいることでしょう。妊娠検査薬はとても精度が高く、その結果の信頼度も高いです。でも、妊娠検査薬は使用上の注意をしっか [続きを読む]
  • 着床出血の時期は行為後何日である?4日後は?
  • 妊娠を希望している人にとって、行為後から次回生理予定日までのあいだはとても落ち着かないものですよね。タイミングは合っていただろうか、ちゃんと受精したか、受精したのであれば着床できているのだろうかなど色んなことを考えて早く結果が知りたくて仕方ないことでしょう。妊活をしている以上は「早く知りたい」という気持ちは誰にだってあるものです。そんな妊活している人たちのなかには「着床出血」があるかどうかもチェッ [続きを読む]
  • 妊娠糖尿病の原因は甘いもの、食生活?
  • ■妊娠糖尿病の原因は甘いもの、食生活?待望の妊娠をし、幸せな妊婦生活を送っている人も多いことでしょう。すくすくと育つ我が子の誕生を楽しみに待っている中、定期的に訪れる妊婦検診。そこで我が子の成長っぷりを見れて嬉しいものですが、赤ちゃんのほかにはママの体の様子もしっかりとチェックされます。そんなときに気になるのが「妊娠糖尿病」です。妊娠糖尿病とは、妊婦特有の病気で、妊娠によって糖代謝の働きに異常が起 [続きを読む]
  • 妊娠糖尿病の初期症状は尿糖、体重減少、むくみ
  • ■妊娠糖尿病の初期症状は尿糖、体重減少、むくみ妊娠糖尿病とは、妊婦さん特有の病気の1つです。名前のとおり「妊娠中になる糖尿病」で、妊娠糖尿病になるとママだけでなく、赤ちゃんまで危険にさらされることがあります。ならないに越したことはありませんが、なってしまったら早期に発見して治療や対策を取るようにしたいところです。そのためには妊娠糖尿病になったときの初期症状を知っておきたいですよね。妊娠糖尿病の初期 [続きを読む]
  • 妊娠糖尿病の診断基準の血糖値は?
  • ■妊娠糖尿病の診断基準の血糖値は?妊娠中期以降、特に妊娠後期になると心配になるのが妊婦であるママの体の様子ですよね。色々ありますが、なかでも「妊娠糖尿病」には気を付けておきたいところです。妊娠糖尿病とが妊娠中特有のもので、妊娠中にのみなる糖尿病です。インスリンを抑制しようと胎盤性ホルモンが分泌されることが原因になっているので、基本的には出産をして妊娠が終了すれば妊娠糖尿病は自然治癒します(人によっ [続きを読む]
  • 妊娠糖尿病で血糖値が下がらない、安定しないのはなぜ?
  • ■妊娠糖尿病で血糖値が下がらない、安定しないのはなぜ?妊娠糖尿病は妊婦さんにとっては血糖値をコントロールすることがとても重要になります。妊娠糖尿病になると出産までこの病気と付き合っていくことになるのですが、血糖値をコントロールするために食事内容の改善や生活内容の改善などの色んな努力をする人が多いことでしょう。しかし、どれだけ栄養・カロリーともにバランスの取れた食生活をしても、日常に適切な運動を取り [続きを読む]
  • 妊娠糖尿病の産後で血糖値落ち着く時期
  • ■妊娠糖尿病の産後で血糖値落ち着く時期妊娠糖尿病とは妊娠中特有の病気です。妊娠自体が原因で血糖値に異常が出て糖尿病の状態になる病気のことなのです。医師から明確に「妊娠糖尿病です」と明言される人以外にも「隠れ妊娠糖尿病」「妊娠糖尿病予備軍」と呼ばれる人も多く、妊婦さんでは決して珍しい病気はないのです。妊娠糖尿病は妊娠そのものが原因となる病気なので、出産して妊娠状態が終了すれば自然治癒するのが一般的で [続きを読む]
  • 妊婦の花粉症対策!薬に頼らないで乗り切るには?
  • ■妊婦の花粉症対策!薬に頼らないで乗り切るには?春はとても気候が良くて過ごしやすい季節ですが、花粉症の人にはとても厳しい季節でもありますよね…妊娠中でつわりはある人は、つわりのほかにも花粉症の症状まで加わるととてもツラい思いをしてしまうものです。花粉症の主な症状は、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどがあります。どれもとても不快な症状なので、妊娠する前なら迷うことなう花粉症の薬を服用していたという人も多 [続きを読む]
  • 妊婦の花粉症で目薬市販は何を使う?
  • ■妊婦の花粉症で目薬市販は何を使う?花粉症…多くの人が春に悩まされるものですよね。鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状でイライラしてしまっている人も多いのではないでしょうか?特に妊婦さんはただでさえ妊娠中という特殊な状態なのに、それに花粉症まで加わると本当にツラい日になってしまうものです。できることなら、お腹の赤ちゃんのためにも花粉症の症状を和らげて、ストレスのない生活を送りたいですよね。鼻の症状 [続きを読む]
  • 妊婦の花粉症鼻づまりで点鼻薬は使える?
  • ■妊婦の花粉症鼻づまりで点鼻薬は使える?花粉症のツラい症状の1つである「鼻づまり」。息苦しいのでとてもストレスを感じますよね…妊娠中は心穏やかに過ごしたいものですが、花粉症による体の不快感でイライラしてしまうという人は多いことかと思います。そんなときは、点鼻薬などで鼻づまりを処置をしたいものですが、妊娠中だと点鼻薬を使ってもいいのか判断に迷ってしまうことかと思います。妊娠中の点鼻薬の使用は、基本的 [続きを読む]
  • 妊婦の花粉症でくしゃみは胎児に悪い影響は与えない?
  • ■妊婦の花粉症でくしゃみは胎児に悪い影響は与えない?妊娠中に花粉症を発症するととてもツラいですよね…妊娠前から花粉症の人は「妊娠中なのに、花粉症になって大丈夫かな?」と心配になってしまうことかと思います。花粉症を発症すること自体は妊娠に悪影響はないのですが、花粉症の症状として現れる「くしゃみ」がコワい…という人が多いのではないでしょうか。花粉症を発症していないときは、1日のうち「くしゃみ」をする回 [続きを読む]
  • 妊婦の花粉症に漢方小青竜湯が良い?
  • ■妊婦の花粉症に漢方小青竜湯が良い?妊娠中はとても幸せな時期ですよね。ですが、そんな幸せな気分を害するのが春や秋特有の病気である「花粉症」ですよね。止らないくしゃみや目のかゆみ、鼻水や鼻づまりなど毎年毎期、花粉症に苦しめられている人も多いです。これまでは耳鼻科などを受診して花粉症の薬を処方してもらっていたという人がほとんどだと思いますが、妊娠している現在はこれまでのようも薬を飲むことに抵抗はあると [続きを読む]
  • 子宮頸管自分での測り方
  • ■子宮頸管自分での測り方何だかお腹が張るという人から、前回の妊娠で切迫早産や切迫流産で安静指示が出された人などで気になるのが「子宮頸管の長さ」ですよね。子宮頸管の長さが短くなると赤ちゃんが早く産まれてしまうかもしれないという危険で安静指示または入院指示が出ていた人も多いことでしょう。お腹の張りは頻繁だと子宮頸管の長さを縮めてしまうので、お腹がよく張るという人も不安が大きいでしょう。しかし、子宮頸管 [続きを読む]
  • 子宮頸管2センチ(20mm)で自宅安静が良い?
  • ■子宮頸管2センチで自宅安静が良い?妊娠中でお腹が張りやすい、過去の妊娠時に早産気味だったなんて人は「子宮頸管の長さ」が気になりますよね。毎回の妊婦検診で、子宮頸管が短くはなっていないかドキドキしているという人も多いことかと思います。子宮頸管の平均的な長さは3.5センチから4.5センチほどです。3.5センチを下回ると意思から子宮頸管が短いと指摘されるようになる人がほとんどです。3センチ台の人は出来るだけ自宅 [続きを読む]
  • 子宮頸管30ミリ(3センチ)仕事はできる?
  • ■子宮頸管30ミリ(3センチ)、仕事はできる?近年では女性の社会進出が進み、たくさんの女性が社会で活躍するようになりました。その結果、結婚をしても仕事を続ける人がとても多くなりましたよね。すると、おのずと働く妊婦さんも多くなるのですが、妊婦さんはお腹に赤ちゃんがいるので何かと心配事があるはずです。つわりがあるのだけど仕事に行かなければいけない、満員電車に乗らなければならないけどお腹が潰されそうで怖い [続きを読む]
  • 子宮頸管しばる手術とは?
  • ■子宮頸管をしばる手術とは?妊娠している最中だと、これまで気にしたことのなかった子宮頸管の長さについて気にするようになりますよね。子宮頸管が短くなったら赤ちゃんの身に危険があるのはもちろんですが、ママも行動が制限されるたりするので大変です。しかし、子宮頸管はどんなに行動を最小限にしていても、短くなるときはどんどん短くなっていってしまうものです。そんな子宮頸管が短くなって困っている人や、子宮頸管無力 [続きを読む]
  • 子宮頸管が短くなる原因は何がある?
  • ■子宮頸管の長さとは妊娠を経験したことのない女性なら、子宮頸管という言葉にはあまり馴染みがないことが多いです。子宮頸管とは子宮内にある管状のものです。赤ちゃんが育つ子宮本体部分から膣に繋がっている子宮口までにあるもので、出産の際には赤ちゃんはその子宮頸管を通ってお母さんの体の外へと出ていきます。妊娠していなけれな子宮頸管について気にする人のそんなにいないでしょうが、妊娠中の人にとっては結構気になる [続きを読む]
  • 凍結胚移植のスケジュール!ホルモン補充と自然周期
  • ■凍結胚移植のスケジュール凍結胚移植とは体外受精のひとつで、採卵した卵子を受精させ受精卵にし、凍結させます。そして必要なタイミングがきたら、融解し、培養・分裂させてから体内に戻します。凍結させるので、融解の際に受精卵にが損傷するリスクがあります。しかし、採卵の際に排卵誘発剤などを使って体に負担がかかっているので、その周期は体を休めることに専念し、体調を整えた上でベストなタイミングで受精卵を融解して [続きを読む]
  • 胚移植後の症状なしは陰性?腰痛、腹痛、頭痛は?
  • ■胚移植後の症状はどんなもの?胚移植とは体外受精の1つです。ひとことで胚移植といっても様々なものがあり、分割し始めた胚を体内に戻す新鮮胚移植や5日から6日まで培養して受精卵を「胚盤胞」の状態で移植する胚盤胞移植、培養した胚を凍結させて必要なタイミングで融解して移植する凍結胚移植などがあります。同じ胚移植でも方法は違いますが、どれも目的は着床・妊娠することです。そして胚移植後の流れはどの胚移植も同じ [続きを読む]
  • 胚移植後の出血原因は?生理痛のような痛みはある?
  • ■胚移植後の出血胚移植を終えると、次に気になるのが無事に着床したかということだという方がほとんどだと思います。胚移植をしたからといって、必ず妊娠に結び付くわけではなく、妊娠判定日までは期待と不安でいっぱいでしょう。そんな妊娠判定日待ちの中、人によっては出血をする方もいます。出血すると何か良くないことが起きてると思ってしまいますが、そう珍しいことでもありません。移植直後から3日間ほどに起きた少量の出 [続きを読む]
  • 胚移植後の妊娠判定HCGの数値は?陽性・陰性が出る?
  • ■胚移植後の妊娠判定胚移植をしたあとは妊娠判定日まで落ち着かないという方も多いのではないでしょうか。一刻もはやく結果が知りたいものですが、あまりにもタイミングが早いと正確な判定がわからないので判定日まで我慢が必要です。胚移植の場合、移植後から着床までにおよそ5日ほどかかります。しかし着床したからといって即座に妊娠というわけではありません。無事に着床から妊娠継続するのことができても、妊娠検査薬に反応 [続きを読む]
  • 胚移植後の基礎体温は低い?体調に変化は?
  • ■胚移植とは胚移植とは体外受精の1つで、卵子を採卵して体外で受精させた受精卵を体内に戻す不妊治療です。受精卵はただ受精させて終わりなのではなく、培養・分裂させて着床しやすくなるようにしてから体内に戻すのが胚移植の特徴です。胚盤胞移植は、2日から3日ほど培養した、分裂の始まったものを戻す新鮮胚移植や、5日から6日ほど培養して、分裂がかなりすすんで「胚盤胞」になった状態で体内に戻す胚盤胞移植などがあり [続きを読む]