ふたたびのキャトル さん プロフィール

  •  
ふたたびのキャトルさん: AQUARELLE  くるまのえ
ハンドル名ふたたびのキャトル さん
ブログタイトルAQUARELLE くるまのえ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/igirisuya12
サイト紹介文クルマ好きが描く主にフランス・イタリア旧車のアクアレール(水彩画)です。
自由文水彩画を初めてまだ1年少々の若輩者です。愛車のルノーキャトルを中心に筆をとる日々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 363日(平均2.2回/週) - 参加 2016/10/25 09:36

ふたたびのキャトル さんのブログ記事

  • ウルフカウンタック製作開始!
  • お恥ずかしながらこの歳になっても、ひと目見て「欲しい!」と思ったものは衝動買いをしてしまいます。洋服、靴、カバン、本、大きなものと言ったら今入っているマンションも立地と間取りが気に入って見に行ったその日に手付金を入れてしまいました。戸建の持ち家に住んでいたにもかかわらずです、ハイ(^^)そんな私が悩むこと約2週間。本日決断しました!デアゴスティーニのコスモスポーツ全100号、定期購読の申込みをしました(^^) [続きを読む]
  • FBM 車山高原への道!
  • フランス車の祭典、フレンチブルー・ミーティングまでカウントダウンとなりました。昨年は膠原病再発の入院で泣く泣くあきらめましたが、月日の経つのはホント早いです。秋晴れとなった本日、キャトルの整備を行いました!今年初めに発生した点火系のトラブル克服以来、調子が良かったので(T師匠その節はありがとうございました)、手を入れるべきか入れないべきか悩んだ挙句、今日勢いだけで再度点火系の調整を行いました。高雄 [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜ブリティッシュピクニック〜
  • アルシュ148×98今月号のTipo に掲載されていたイギリス車のイベント風景が素敵だったので水彩画にしました。ミニは2台11年乗った忘れられないクルマです。まだ20代の頃、ハイローキットを装着した嬉しさのあまり車高を下げすぎて舗装工事中のマンホールの蓋にマフラーを引っ掛け、爆音で家に帰りました(^^)富士スピードウェイで真夏に開催していた305ミーティングにも随分通いました。次男がまだヨチヨチ歩きでクーラーの無い暑い [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜アウトビアンキA112ラリー〜
  • WaterFord SM227×158イタリアンピッコロラリーカーシリーズ、真打ちビアンキの登場です。グリルの形状から日本に正規輸入される前の初期モデルと思われます。ブログでお知り合いになりイベントでもお会いしている「トーシロー」さんはこのビアンキのエンスーです。30年くらい昔でしょうか、6歳違いの弟がA112ジュニアというベーシックモデルに乗ってました。たった900ccのOHVエンジンでしたが、元気に走れたのを覚えています。路 [続きを読む]
  • アルファロメオの版画展
  • 三連休で唯一の休日だった今日、目の保養(^^)に行って参りました。名古屋が誇るエンスーの殿堂「アウトガレリア”ルーチェ”」です。世界的版画家・自動車画家の牧田哲郎先生の個展です。これ版画です。モノクロ写真ではありません。スゴイの一言です。彫刻刀1本でここまでできるんです。会場の一角では新型ジュリアのプロモーションが。大画面でこちらも大迫力でした。新型ジュリア、すごく楽しみにしてましたが「大きすぎ」です [続きを読む]
  • メガーヌのブレーキダスト
  • 休日と天候が合わず、気を揉みながらイライラしていましたが、本日やっとメガーヌを洗車することができました。ブルメタなので汚れはそれほど目立ちませんが、4輪のホイールがネックなんです。この春にネットで見つけた純正アルミに替えて以来、ブレーキダストの汚れがひどい!放っておくとホイールがどんどんチョコレート色に変わって行きます。これはフロントです。実際もっと黒く汚れています。前は鉄チン+ホイールキャップだ [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜かっ飛びパンダ 2 〜
  • WaterFord SM228×158小さいラリーカー、どんどん描いて行きます。またまた2代目パンダです。市販モデルはコロンとしたカワイイデザインですが、競技用となった途端キリッと精悍なスタイルになりました。ことしの某国産のワークスラリーカー、○ィッツよりカッコいいし決まってます!にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ(文字を ) [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜カッ飛びプント〜
  • WaterFord SM228×158前回のパンダに続きグランデプントのラリーカーを描きました。グランデプントはデビュー時、マセラティクーペみたいなルックスに度肝を抜かれた記憶があります。日本ではまず出てこないデザインですね。アルファ156のトラブルが続いた時に買い替えようかな、と真剣に考えた時がありました。スーパーカー世代には刺さるんです(^^)もう名古屋でも滅多に見なくなりました…にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ(文 [続きを読む]
  • AQUARELLE「セントラル画材サムホール展」
  • 旧車乗りに優しい季節になりつつあります。先週洗車してそのまま車庫へ入っていたキャトルを引っ張り出しました。今月は孫の燈ノ介が1歳を迎えます。朝からプレゼントを買いに赤ちゃんデパートまでキャトルで出かけました。乗り出してアイドリングにばらつきがあるものの快調に走ってくれます。ときたま車内に入ってくるガソリン臭も相変わらずです(^^)秋晴れの日曜午前、天窓を開け気持ち良くドライブできました。続いて向かった [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜カッ飛びパンダ〜
  • ウォーターフォード SM227×158ブログ友のイタ車乗り、パンダ100hpさんからたくさんのラテン車画像をいただきました。カレンダープロジェクト進行中です。彼の地ではフィアットパンダのような小型車をベースとして多くのラリーカーが活躍しています。しばらくイタリアのローカルなラリーカーを描いて行こうと思います。まず、2代目パンダの100HPラリーカーです。気合の入ったコーナリングでリアタイアがリフトしてます!スポンサー [続きを読む]
  • キャトルで灼熱散歩
  • 8月に入って日中初めてキャトルを引っ張り出しました。近所の本屋さんへカーマガジンの最新号を買いに行くためです。ここんとこ触ってないし、ロクに洗車もしていないのでくすんでいますね。エキゾーストとオルタの遮熱版が千切れてしまったので、先月0.5mmのアルミ板で改めて製作しました。次男が週に2~3回乗っていますが、熱でのオルタのパンクは見られません。バッテリーの充電量もばっちりで、明るい緑のランプが灯ってます。 [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜1968パリジェンヌ〜
  • WATER. FORD. SM228×158ルノーキャトルの極初期モデルであるパリジェンヌを描きました。と言っても主役はサイケなお姉さんですが(^^)クラブから定期購読している彼の地の専門誌に掲載されていた60年代のスナップがモチーフです。にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ(文字を ) [続きを読む]
  • メガーヌで近場夏旅
  • 昨日と今日、南信州でまったりしてきました。本来は今年、鹿児島旅行を計画していたのですが、春先のメガーヌ修理でかなり費用がかさみ断念した次第です。毎日梅雨のような名古屋を脱出して近場の温泉でまったりがテーマの旅です。自宅から愛岐道路を経て、岐阜県は多治見市へ。そこから19号を東進です。木曽の入口でトイレ休憩。前から気になっていた田立の滝を見るため山道へ分け入りました。19号山口村から入り約30分くねくねと [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜ゴードン・マレーのレーシングカー〜
  • アルシュ 148×98今月も発売日にTipo最新号が届きました。編集部の皆様ありがとうございました。記事の中でカッコいいスポーツカーを見つけたので、早速水彩画にしました。レーシングカーデザイナー、ゴードン・マレーが最初に作ったレーシングカーIGMフォードです。マレーは今から40年近く前に、ロータスのベンチュリーカーに対抗するファンカーをブラバムF1で作りデビューウィンを飾るも失格になった伝説のデザイナーです。フジ [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜Children〜
  • アルシュ260×360今日明日は振替休日でプチ夏休みです。ワイフ方の甥っ子から頼まれほぼ半年放置していた水彩画に朝から取り組みました。モチーフは彼の子供たちで、お盆に帰省した時に渡せればと思います。乳児は初孫の燈ノ介を随分描きました(^^)が、子供を描くのは初めてです。予想通り漫画チックになってしまいました。でも、下書きから約3時間、最近またまたハマっている吉田拓郎を聴きながら楽しく描けました。にほんブログ [続きを読む]
  • パリのピッコロシトロエン
  • アルシュ 260×360パリで撮ったストックからまた一枚描きました。シトロエンAXです。前にもご紹介しましたが、AXは10年前に2年ほど所有していました。90年式だったこともあり、フランス車の持つ独特の雰囲気を味わう事ができた最後の貴重なモデルでした。あのサイズでクラウンにも匹敵する乗り心地はスゴイと思います。水彩画を始めた2年前に同じ場所で前方から描いたものがありますが、あまり上達してません。透明水彩は一発勝負 [続きを読む]
  • ミゾロギさんの水彩画
  • 今週の火曜日、東京へ出かけました。都市対抗野球を応援するためで、せっかくだからとホテルを取って一泊してきました。初日は東京ドームで野球応援のあと、神保町で書店巡りをして銀座へ繰り出しました。もちろん目当てはGINZA SIXです。夜は、同僚や部下と合流して念願の「俺のイタリアン」でディナーでした。コスパが素晴らしいのと美味しいのと、おかげで楽しい夜を過ごせました。翌日、今回のメイン、尊敬するイラストレータ [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜ヒストリックPeugeot〜
  • アルシュ 148×88テールフィンがある古いプジョーを描きました。う〜ん、なんかフランス車を感じさせないデザインですね。プジョーはどちらかといえば、アクの強いフランス車に中にあってオーソドックス路線ですが…それにしては普通すぎます。いつも完成した絵をタブレットのカメラで撮影してブログにアップしているのですが、今回初めてスキャンしてみました。もっといい機材があれば微妙な色彩も出ると思いますが、プリンタのス [続きを読む]
  • 素晴らしき「柴田製作所」の世界
  • 先週末に開催されたキャトルクラブ月例会でF師匠から案内いただいた「柴田製作所図版原画展2017」へ行ってきました。場所はノリタケの森ギャラリーです。薄日なのに猛烈に蒸し暑い今日の名古屋。地下鉄で行こうかクルマで行こうか朝から迷った挙句、やはり点から点への移動はクルマと思い、エアコン効いて快適なメガーヌを出動させました(^^)天然クーラーのキャトルでは自殺行為です。そのキャトルで次男は大学へ出かけましたが… [続きを読む]
  • Tipo 8月号届きました!
  • 高雄サンデーミーティングからもうすぐひと月になろうとしてます。本日、ネコパブリッシングさんからTipoの最新号が届きました。実は発売日の今日、仕事帰りに買ってきたのですが、帰宅したらご覧のとおり自宅に送られていました。当日はヤングタイマー特集とあって、80年代の素晴らしいクルマ達のオンパレードでした。ヤングタイマーとは言えない我がキャトルですが、Tipo賞をいただけるとは光栄の至りです。編集部のT内さま、自 [続きを読む]
  • 今度は足回りが・・・
  • キャトル2号車となって3度目の車検を受けました。台風3号が接近するまでに、と思いフレックス退社して主治医のもとへ引き取りに行ってきました。結局間に合わず、土砂降りの中キャトルと帰宅しましたが・・・年初からの一連して起こったトラブルを乗り越えたおかげで機関は絶好調。軽い整備のみで無事終わると思ってました。しかし人生そうはうまく行きません。足回りに不具合が発覚。右のタイヤがひどい片減りです。これはフロン [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜サンジェルマンのチンク〜
  • アルシュ 26×36パリへ行って今秋でもう3年。もっと写真を撮れば良かったと日々後悔しています。数少ない写真のなかから久しぶりに当時を思い出しながら描いてみました。たしかサンジェルマン・デプレだったと思います。アパートメントをバックに路駐していたチンクを見つけすぐさま撮影したのを覚えています。カラダも随分回復したので来春あたりもう一度出かけてみようと秘かに計画しています(^^)にほんブログ村 美術ブログ 水彩 [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜まあるいヒップ〜
  • SM 227×158古いフィアットをもう一台描きました。おしりがまあるいFIAT850です。チンクと同じリアエンジンですが、元祖は水冷エンジン搭載の600です。少しだけリアにノッチが残っている言わば2.3ボックスとでもいいましょうか。そういえば15年ほどまえにマツダでありましたね(^^)うしろ姿が魅力です。にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ(文字を ) [続きを読む]
  • AQUARELLE 〜街のチンクチェント〜
  • アルシュ 260×360旧車がいるイタリアの街角を描いてみました。チンクはまだまだ現役です。もっとヤレたボディを表現したかったのですが私のウデではここまでです。入院していた時のように、また毎日筆を取るようになりました。にほんブログ村 美術ブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • 高雄サンデーミーティング初参戦!
  • 念願の高雄サンデーミーティングに初めて参加しました!4時に起きて5時前に名古屋を出発!いい天気になりました(^^)名神京都東で降り、がらがらの京都市内を西進し高雄を目指しました。7時半に到着、その後続々とエンスーな車が集結してきました。見なくなりましたウーノターボ。イベント終了後、すごい勢いでパークウェイをかっとんでいました。ぴかぴかのX1-9。クロモドラのアルミが決まってました。永遠の憧れ、308。もひとつ永 [続きを読む]