もんど さん プロフィール

  •  
もんどさん: 食道がんジタバタ日記
ハンドル名もんど さん
ブログタイトル食道がんジタバタ日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/adatara30/
サイト紹介文2015年4月に食道がんになり食道亜全摘、胃管再生の手術を受けました。現在経過観察中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/10/25 15:30

もんど さんのブログ記事

  • 決して幸運ではないが強運だった
  • 実家の母親が入院している病院のある喜多方市に行ってきました。この町は「喜多方ラーメン」で知られています。せっかく来たので見舞いを終えてラーメンも食べてきました。食道がんの手術の後遺症で実はラーメンが苦手です。 とにかく粉になるまでモグモグ噛まないと鎖骨の上にある胃袋(私はコブクロと呼んでいます)というか胃を引っ張り上げてノドにつないだところにすぐに引っかかってリスのようにぷっくり膨れてしまうからで [続きを読む]
  • 雨の日の贈り物
  • タクシードライバーをしています。 裏磐梯の紅葉めぐりの仕事が入りました。今日は朝から雨模様。最高気温も10度を切るような肌寒さです。もう山はまちがいなく5度を切ってます。紅葉なんかとっくに終わっています。旅行会社にも困ったものです。ちょっと憂鬱な気分での新幹線改札口でのお迎え。本日のお客様は東京からのご夫婦です。タクシーに乗り込んでからのご挨拶、ご要望を伺います。「とにかく紅葉を楽しみにきました」「 [続きを読む]
  • 検査月間
  • 今月は検査月間です。 6日は耳鳴りの治療をしている(安定剤をもらっているだけですが)脳神経内科で脳転移がないかMRIを撮りました。結果は、腫瘍らしきものは見当たらないということです。このクリニックの設備は最新鋭の機械で、あの頭の上で太鼓を叩くようなMRI独特のやかましさはありませんでした。費用は造影剤なしの単純MRIで5000円です。翌7日には食道がんの手術をした病院での定期検査です。造影剤入りのCT検査と耳鼻咽 [続きを読む]
  • 紅葉シーズン終わる
  • 久しぶりの更新です。私は福島県郡山市でタクシードライバーをやっています。ふだんは、主に介護タクシーの仕事をしていますが観光シーズンには観光地巡りの仕事が増えてきます。 (会津若松市の鶴が城)10月の中旬以降は紅葉シーズンを迎え、白虎隊で知られる会津若松市や会津磐梯山、猪苗代湖などの観光地巡りの仕事が昨年に比べて大幅に増えたような気がします。 (裏磐梯から観える小野川湖、奥に桧原湖がありますあす)震災 [続きを読む]
  • ホワイト企業
  • 「リレーフォーライフ」の続きです。  前回はブラック企業の話を書きましたが、世の中そんな会社ばかりではありません。 他の参加者から聞いた話です。 知り合いが、がんを告知され会社に報告した時のことです。その方はパート勤めだったそうです。 報告から数日後、上司から呼びだされた時は退職も覚悟していました。ところが会社からの回答は次のようなものでした。 「会社としては万全の体制でサポートしたいのでパートから正 [続きを読む]
  • がんとブラック企業
  • リレーフォーライフでは対がん協会の垣添会長による講話がありました。 ご自身のガン体験を話されました。ご自分の腹部エコーの写真をスクリーンに映し出して「ほら、これがガンです。まだ1センチと初期の段階です」 たしか腎臓がんだったと思います。がんの治療医である自分ががんになるとは考えてもいなかったそうです。 腎臓がんは膵臓がんなどと同様に見つけにくいがんで自覚症状がでてからではかなり進行している。たまたま [続きを読む]
  • リレーフォーライフ
  • 10月7日、福島市のとうほうみんなのスタジアムで開催されたリレーフォーライフに参加してきました。私は2回目の参加です。 ふだんはサッカーチームの福島ユナイテッドのホームグラウンドです。吾妻連峰のふもとにあります。天然芝の緑が爽やかで。高原を吹き抜ける風が心地良かったです。 またここに来れた事に感謝。ここ1年で知り合ったガン友さんとの再会もうれしいことです。 サバイバー、その家族、医療関係者、患者会を中心 [続きを読む]
  • 禁煙は三文のとく
  • タクシードライバーをやっています。無線室からコールがありました。「もんどさん、明日、ハイヤーで空港の送迎があるんだけど大丈夫ですか?」「もちろんオッケーです。この暇な時期にたすかります」 紅葉シーズンに入る前の今の時期は観光貸し切りも少ないのでこういう仕事は大助かりです。 (なにせあまりに暇なのでタクシーのボンネットにパンくず撒いて雀の餌付けをしているぐらいなんだから) 「一つ条件があってね。お客 [続きを読む]
  • エイズは死ぬ病気ではありません
  • 「エイズは発症すれば必ず死ぬ病気ではありません。糖尿病や高血圧と同じ慢性病です」 9月21日放送のNHKラジオ「ごごラジ」を聞いているとそんな言葉が流れてきた。 「ごごラジ」ブログ 発言の主はエイズ医療に携わる医師白阪琢麿さんです。1981年にアメリカで初のエイズ患者が発見され83年にHIVウィルスによるものだと判明しました。当初は、アメリカの男性同性愛者のかかる謎の病気という扱いだったように記憶しています。そ [続きを読む]
  • 安積山
  • ここ福島では台風が近づいています。 少し風が出てきました。被害に合われた地域の皆さんには心よりお見舞い申し上げます。 東北では、梅雨明け宣言が出た後からが本格的な梅雨に入ったようなお天気が続きました。今年は夏がなかったような印象です。 9月上旬、貴重な晴れ間に郡山市近郊にある「安積山」に登ってきました。(オニヤンマが止まっています。わかりますか?)標高1000メートルほどの低山です。ガイドブックには山頂 [続きを読む]
  • コーヒーはおやつの時に
  • 栄養相談の続きです。今回はコーヒーについてのアドバイスです。私はコーヒーが大好きで手術前はドリップコーヒーを5〜6杯飲んでいました。術後は、さすがに刺激物はよくないだろうと1日1杯にしていましたが最近は4〜5杯にまで増えています。胃の内視鏡の検査のたびに胃が荒れてますね、と言われていたので量を減らすように指導されるのかと思っていたところ栄養士さんからはコーヒーを飲むタイミングをアドバイスされました。栄 [続きを読む]
  • ピーナッツとカレーは〇〇〇の固まり!
  • 栄養士さんが反応したのはこの写真3枚です。1枚目はこちらです。最近ハマっているカフェオレとアンマンの組み合わせです。見るからに不健康な組み合わせです。 栄養士さん曰く「どちらも砂糖たっぷりですね。甘いもの食べる時は飲み物はお茶か水が良いですね」甘くてやわらかいものはゆっくり食べることが難しい。その上消化吸収も早い。だから、食べた後にすぐに血糖値が上がってその後急激に下がってダンピングを起こしやすい。 [続きを読む]
  • 栄養相談
  • がん相談支援センター(以下、支援センター)に行ってきました。私の通っている支援センターでは曜日ごとに担当スタッフが変わります。今回は栄養士さんの担当日です。 ここ2週間ほどの食事とおやつの写真をスマホに撮ってアドバイスをいただきました。写真にあるようにだいたいパターンが決まっています。朝は牛乳と野菜ジュースをコップ半分ほど、ご飯、味噌汁、納豆、目玉焼きに前日の夕食の残りのおかずがつきます。 お昼は弁 [続きを読む]
  • 300mlの油断
  • 今日の仕事は福島空港へのスチュワーデスさん(今はCAと呼ぶそうですが私達の年代ではこの呼名がいいですね)の送迎です。福島空港の正面には「ウルトラマンティガ」の巨大な像が立っています。ウルトラマンの生みの親円谷プロの円谷英二は空港のある福島県須賀川市の出身です。 今日はウルトラマンの話ではありません。CAさんを待つ間、空港の自販機をのぞくと最近福島県内で大人気の酪王乳業のカフェオレがあります。生乳の [続きを読む]
  • 安達太良登山(最後の診察)
  • 山続きの話題です。一昨年、術後半年で安達太良山に登ってきました。磐梯山と並び日本百名山に数えられているメジャーな山です。いつもなら2時間ほどで登れる山ですが、カミさんに手を引かれ倍の4時間ほどかけてやっと山頂にたどり着けました。 ナナカマドだと思うのですが帰りはヘロヘロでロープウェイを使っての下山です。 翌日、術後半年の診察がありました。食道がんの手術を執刀してくれた主治医が別な病院へ移動するという [続きを読む]
  • 磐梯山
  • 今日は山の日です。梅雨真っ盛りの7月16日に民謡で有名な「会津磐梯山」に登ってきました。磐梯山は地元の人間にとってはいちばん身近な山です。小学生の遠足の定番コースにもなっています。登り始めると「雄国沼」同様ブナ林に入ります。 カエルは雨を喜んでる様子 ミヤマキンバイ? あのエーデルワイスの仲間のウスユキソウ?だと思うのですが。弘法清水小屋から見た天狗岩 雲の合間から桧原湖が見えます。 がんになる前は [続きを読む]
  • 雄国沼
  • 昨日、東北にもやっと梅雨明け宣言が出ました。 さっそく、裏磐梯にある雄国沼というところに初夏の涼を求めてカミさんと出かけてきました。 私の住む郡山市から車で1時間の範囲内でもいい山がたくさんあります。 がんサバイバーの体力回復には往復4〜5時間の山歩きと温泉巡りが最高です。 駐車場から入山して5分もするとブナ林が出てきます。 こんな大木のブナに会うとワクワクします。 岩や木の根を踏んで歩くのはいい足裏マッ [続きを読む]
  • はじめての眠剤
  • 痛みを我慢しないでもっと気楽にモルヒネを使いましょう、というのが前回のテーマでした。医療用とはいえ「麻薬」「モルヒネ」の語感には抵抗があります。同じように睡眠薬や睡眠導入剤にも抵抗感があります。私などは睡眠薬と聞くとすぐに「自殺未遂」のイメージが浮かんできます。食道がんの手術を終えてICUにいた時に全く眠れずにいました。3日めには心配した看護師さんから「もんどさん、寝れないようですから眠剤先生にお願 [続きを読む]
  • 痛みをがまんしないで
  • 「がんピアサポーター」養成講座では薬剤師と医療ソーシャルワーカーの講演がありました。薬剤師さんの講演の主旨は「痛みはがまんしないで」「緩和ケアはゴールではなくスタートなんだ」というものです。具体的には痛み止めのモルヒネなどの医療用麻薬をもっと抵抗感無く使おうよ、というものです。 「モルヒネ」「麻薬」という語感からどうしても抵抗があって痛みがあっても使用をためらう患者が多いそうです。医療用麻薬には心 [続きを読む]
  • がんピアサポーター
  • 7月9日、福島市で開催されたがんピアサポーター養成講座に参加してきました。がんピアサポーターとはがん患者やその家族などが仲間(ピア)として他の患者さんやご家族の悩みに寄り添い、サポートするスタッフのことをいいます。具体的には、お話を聞いたりするがんサロンなどでの世話役をする事になります。(詳しくはこちらをご参照下さい)私は昨年の養成講座に受講生として、今年はスタッフの一人として参加しました。2年前の [続きを読む]
  • 再会を果たせず
  • 今回も同窓会の話題です。再会を楽しみにしていた一人にYくんがいます。Yくんは前回の集まりの時に鼻の粘膜にガンができて放射線と抗がん剤の治療をうけている、その放射線の副作用で嗅覚はもちろん味覚障害や視力や聴覚にも障害が出たんだ、ということを話してくれました。当時の私は自分が癌になるなんて夢にも思ってなかったので「ふーん、鼻の穴にも癌ができるんだ、でも治ってよかったね」とまるで他人事として聞いていま [続きを読む]
  • 困った人達
  • がん患者が同窓会のような場に出るとこんな困った人達に出会います。① 思い込みの激しい人温泉に入り浴衣に着替え宴会が始まりました。席がばらつき始めた頃、つかつかとにじり寄ってくる一人の女性がいました。彼女は私にノンアルビールをついだ後私の手をしっかりにぎり 「もんどくん、絶対助かるから」 私「ん?・・・・・」 「今の医学の進歩はスゴイんだから絶対諦めちゃダメ」 「ハア・・・・・・・・」彼女の目はこころ [続きを読む]
  • はじめてのお泊り
  • 日曜日に会津の奥座敷、東山温泉で一泊二日の同級会がありました。(宿泊した東山グランドホテル) 田舎の学校で2クラスしかありません。小学1年から中学卒業まで一緒だったクラスメイト達との再開です。前回は3年前の還暦同窓会、宴会場で赤いちゃんちゃんこを着て記念撮影しました。心配なことが2つありました。 一つは前回はがん発覚前だったので体重が70キロありました。今回は58キロです。全く別人のようにやせています。あ [続きを読む]
  • ニフレック体験2
  • 更新ご無沙汰してました。訪問された方すみませんでした。さて、1回目のニフレック体験で懲りた私は1年後の2回目の検査ではある作戦を立てました。本来は、検査前日の晩に下剤1錠を服用し、検査当日に検査の2〜3時間前からニフレックを飲み始めるとされているところを半日スケジュールを前倒しにするというものです。どういうことかというと、検査の前日には朝から絶食して、昼頃に下剤を飲み、夕方からニフレックを飲みはじめて, [続きを読む]
  • ニフレック体験(1)
  • ニフレックと言うのは大腸内視鏡検査の前処理として飲む腸管洗浄剤のことです。 私は今回の検査で4回目となります。1回目は食道がんの手術で入院中の検査です。看護師さんから「これを朝6時頃から飲みはじめて下さい」と渡されました。 検査時間までに腸の中がきれいになるか心配だったので夜中の3時頃から飲み始めました。これがまずいこと、気持ち悪いこと、一口飲んでは「オエッ」となり、すぐにペットボトル [続きを読む]