もんど さん プロフィール

  •  
もんどさん: 食道がんジタバタ日記
ハンドル名もんど さん
ブログタイトル食道がんジタバタ日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/adatara30/
サイト紹介文2015年4月に食道がんになり食道亜全摘、胃管再生の手術を受けました。現在経過観察中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/10/25 15:30

もんど さんのブログ記事

  • スーパーカブ
  • 今週末の連休に飯豊山の再チャレンジを予定していましたが秋雨前線はしばし停滞、「まだまだお前の実力では無理だ。1年間力をつけてから来い」という山の神様の意志と受け止めて諦めます。先日、ふとしたきっかけでうちの近所に住み、郡山市内の中学で英語を教えに来ているイギリス人の先生と話すことがありました。「トレイルラン」が趣味だと言うので「どんな山でトレイルランしているの、やっぱり磐梯山や安達太良山ですか?」 [続きを読む]
  • 撤退
  • 14日、仕事を終えてから飯豊山の登山口近くの宿「いいでの湯」に素泊まりする。翌15日早朝4時に起床。カーテンを開けて外を見ると暗い。雨が降っているようだ。 粉末のスープにポットのお湯を注ぎパンをかじる。5時に宿を後にする。薄暗い中車を走らせ登山口に到着。雨脚が強まり山は濃い霧に包まれている。「まいったな〜」 スマホで天気予報を見るとお昼まで雨、午後からあがるようだ。最低気温が4度、最高気温が12度。「さあ、 [続きを読む]
  • 切り変える力
  • カミさんが全粒粉(精白してない粉)のそば粉入りのお好み焼きを作ってくれた。 ヘルシーで体には良さそうだ。噛み方が甘かったのか喉に詰まって下りていかない。いつものように指で喉と引っ張り上げた胃袋のつなぎ目をゴシゴシ押し込みながらテレビをみていたらエンゼルスの大谷選手が出ていた。 大谷選手は右肘のじん帯に新たな障害が見つかり球団からは手術を勧められている。 そのことについて聞かれると「急いで決めることで [続きを読む]
  • 地図を読む
  • 今日も山の話です。 (お花も夏の終わりを感じて淋しげです) 私が山登りを始めたのは30年ほど前にNHKの趣味の講座「低山ハイキング」に申し込んだのがきっかけです。このときに地図の見方やコンパスの使い方を教わりました。ただ、真面目に地図を開きコンパスを当てて現在地や遠くに見える山が何山なのかなどとやってたのは最初の1年だけでした。 その後はグループで行けば後についていけばいいしで持っていくこともなくなりまし [続きを読む]
  • 飯豊山への道
  • 術後3年過ぎたら飯豊山に登りたい。去年あたりからぼんやり考えていました。術後、一般病棟に戻ッてからは、酸素や尿道カテテール、その他5〜6本の管をつけて点滴台をガラガラ引っ張りながら端から端まで100メートルの病院の廊下を一往復するのが日課でした。病院の窓からは残雪におおわれた安達太良山が見えました。「術後1年経ったら安達太良山に登るぞ」 そう思い、実際は、1年半後にがんになる前の倍の時間をかけてカミさんに [続きを読む]
  • 夏キャンプ
  • 9月に予定している飯豊山の登山の下見を兼ねて福島県側の飯豊連峰の麓にある喜多方市山都町でカミさんと2人で2泊3日の夏キャンプを楽しんできました。地元の森林組合で管理しているキャンプ場のようですが1泊1000円ぐらいで利用できます。広大な敷地の芝はきれいに刈り込まれトイレも簡易水洗で快適でした。 夏休みにもかかわらず我が家の貸切状態です。裏磐梯やハワイアンズといった有名な観光地を外すと格安値段で貧乏な我が家 [続きを読む]
  • パイオニア
  • ラジオで甲子園の中継を聞いていたら驚いた。 女性アナウンサーが実況していました。最初は、「ふるさとリポーター」か「ベンチ情報」かと思って聞いていたらメインの中継アナウンサーでした。甲子園やプロ野球で女性アナウンサーが中継しているのを聞くのは初めてです。はじめは高い声にちょっと苛立ちましたが10分ほどで慣れました。失礼ながら球種がわかるのかな〜と聞いていると無用な心配でした。「チェンジアップでしょうか [続きを読む]
  • 土湯温泉
  • 野球観戦の帰り道に福島市近郊にある土湯温泉に立ち寄りました。ここはこけしが名産品です。 こけしの他にもう一つの名物が「円盤ギョーザ」です。 カミさんにお昼はこの「円盤ギョーザ」とノンアルビールを提案しましましたが・・・・・。 「ちょっと待って。最近、土湯におしゃれなカフェができたの」とスマホ検索、連れて行かれたのがこんな店です。 店内には、「タイ北西部に住む〇〇族」の手仕事による民芸品と土湯のこけし [続きを読む]
  • 雨上がりの球場
  • 西日本の皆さん台風は大丈夫でしたか。被害に会われた方には心よりお見舞い申し上げます。ここ福島も不安定な天気でした。 写真は福島市郊外にある県営吾妻球場です。2年後の東京オリンピックの野球とソフトボールの予選が行われる球場です。 今日は、2年前に高校を卒業した息子が高校球児のOBの大会「マスターズ甲子園」というらしいのですが、この予選会に出る、しかもピッチャーとして先発するというのでカミさんと応援に出か [続きを読む]
  • 認定がんナビゲーター
  • 7月8日日本癌治療学会が設けた「認定がんナビゲーター」制度の資格取得のために大宮で開催されたセミナーに参加してきました。 興味のある方は癌治療学会のホームページを御覧ください。私がブログを書いたり、がんサロンに参加している大きな動機は、自分のがん体験を他のサバイバーさん同様役立ててほしいという気持ちとがん拠点病院にある「がん相談支援センター」を知ってもらいたいということの2点です。このナビゲーター制 [続きを読む]
  • 怖がることを恥ずかしいと思わないで
  • 「怖がることを恥ずかしいと思わないで。大人の私達も毎日泣いたのだから」2010年、チリの鉱山で数ヶ月閉じ込められた末に救助された方から洞窟で救助を待つタイの子どもたちに贈られた言葉です。がんサバイバーの私もこの言葉に励まされました。3日程前、布団に入って横になって目を閉じると、上アゴにちょっとした違和感を感じました。舌でなぞってみると奥歯の内側に1センチほどの膨らみがあります。「歯肉炎かな?」確か [続きを読む]
  • がん患者とパス回し
  • ナイスゲームでしたね、ベルギー戦。ポーランド戦のパス回しも選手のせいではありません。堂々と日本に帰ってきてください。 がんサロンに参加していると、副作用がひどかったり、あまり効果がなかった、といった理由で抗がん剤を中断しているが今のところ元気に過ごしているよ、という方がけっこういます。「あんまり辛い治療のときは我慢しないで休むのもいいのかな」とこうした人達の話を聞くとほっとします。休んでる、といっ [続きを読む]
  • パス回し
  • ワールドカップのポーランド戦のことです。 後半15分のあのパス回しを最初は何が起こったのか意味がわからず、解説を聞いて「そういうことか」とわかりましたが異様な光景でした。ワールドカップかオリンピックか忘れましたが、確か女子サッカーの予選リーグでも対戦相手や日程を考慮すると 「この試合は負けてもいい」「いや、負けた方がいい」 という局面があって、翌日の新聞でそのことを聞かれた当時の佐々木監督は「一生懸命 [続きを読む]
  • 岡田元日本代表監督
  • サッカーの盛り上がりがすごいですね。 私ももちろん観てました。中継の解説をしていた岡田武史元日本代表監督の言葉が面白い。試合前にアナウンサーから 「西野監督は就任からわずか2ヶ月の準備期間しかありませんでしたから不安もあるんじゃないですか」と問われ 岡田さんは「不安?」「準備期間が足りない?」「2ヶ月の準備期間しかないことなんて自分でどうこうできることじゃないんだからそんなこと考えてもしょうがないで [続きを読む]
  • あれから3年
  • 写真は前回の診察時に撮らせてもらった手術前の私の食道がんのX線画像です。 この画像と冷静に向き合えるのに3年かかりました。3年前にこの画像を見せられ告知されたときはまったく実感がありませんでした。そもそも食道がどこにあるかもわかりません。だいたい喉のあたりかなぐらいのレベルです。3年経った今ならこの画像の意味するところがいくらかわかります。このときは、入院してからも「ちゃんと精密検査をすればがんでな [続きを読む]
  • 3年目検診
  • 3年目検診の結果は異常なしでした。胃カメラは画面を先生といっしょに観ながらでしたのでリアルタイムで異常なしはわかりました。検査室のドアに担当医の名前が貼ってあります。今回の胃カメラの担当は東京医科歯科大から派遣の先生です。思わず「おおラッキー!」とほくそ笑みました。今回と同じ先生かは不明ですが以前にも一度医科歯科大の先生にやってもらったときは本当にじょうずで全く痛みがありませんでした。そのときはカ [続きを読む]
  • がん患者あるある
  • 前回、術後に体質が変わって寒がりになった話に「私も・・・」の声が寄せられました。がんサロンに参加しているとこんな「あるあるネタ」で盛り上がります。いちばん多いのが抗がん剤の副作用の話です。ある人が脱毛の話を始めると「私なんかまつ毛まで抜けてつけまつ毛ができなくて困ったの」 「わかる〜」「私は鼻毛も抜けてすぐカゼひいて困った」「私もおんなじ。私だけじゃなかったんだ。よかった」自分の例でいうと術後、退 [続きを読む]
  • 体質が変わったのかな
  • 尾瀬の続きです。 尾瀬の気温は日中こそ25度ほどでしたが夜は5度まで冷え込みました。エンジンをかけてヒーターをつけるわけにもいかず、車の中でトレーナーにフリースのカーディガンと着れるものはすべて着込み寝袋にもぐりこみました。それでも寒かった。翌朝の尾瀬沼巡り。はじめの1時間は上りと下りで峠を越えて行きます。山歩きのセオリーでは、出発時に一枚脱いでちょっと肌寒いぐらいでスタートします。歩きだすとすぐに汗 [続きを読む]
  • 満天の星
  • 尾瀬のキャンプ場です。広大な草原でサイトの仕切りもなく車を横付けできるので助かります。 近くに沢が流れて気持ちいい場所です。料金は2000円ほど、格安です。 携帯やラジオの電波も届きません。沢の音と焚き火の木のはぜる音だけが聞こえます。 テントを設営し温泉に浸かり、久しぶりにアルコール入りのビールを飲みました。ビールの自販機は温泉にあったのですがつまみは売ってません。しかたなく別のキャンプ場の近くの受 [続きを読む]
  • 尾瀬に行ってきました
  • 久々の更新です。ご心配おかけしました。 3年目の検診は大丈夫でした。詳しくは後日アップします。 今回は、先週山開きした尾瀬沼の話です。 「夏がくれば思い出す。はるかな尾瀬遠い空・・・・・」の尾瀬です。 福島、新潟、群馬の3県にまたがる広大な湿原です。 一生分のミズバショウを観てきました。 まあ、とにかく遠かった。郡山を出てから山道を200キロ以上走行してやっとたどり着きました。 ナビから「35キロ先を左折 [続きを読む]
  • CT検査は予約時間より早めに行こう
  • 術後3年の検査を受けてきました。結果は来週にわかります。今回はCT検査と胃カメラです。CTは半年ぶり、胃カメラは1年ぶりです。検査の間隔が空いてくるのはいいことなんですが不安でもあります。 今回のCT検査の予約時間は午前10時。前回の検査では予約より早く呼ばれたので今回も1時間前の9時には受付を済ませました。なんと今回も9時半頃に呼び出されました。 「予約時間より早いんですね」とナースに聞いてみると「もんどさん [続きを読む]
  • 山を下りると
  • 「菜の花といふ平凡を愛しけり」  富安風生 山から下りるとまっさきにコンビニに寄ります。コンビニには水洗トイレがあり、100円でドリップコーヒーが飲めます。アイスコーヒーにはぎっちり氷が入ってます。それだけで「おお、すげ〜な!」とちょっと感動します。「山もいいけど街もいい!」まあ、街に戻って1時間もすればそんな殊勝な気持ちも消えてしまいますが・・・。山に行ってちょっとした不便を体験すると日頃当然のよ [続きを読む]
  • 里山の春
  • 今日の山歩きは、郡山市から1時間ほどの矢大臣山(やだいじんさん)です。標高は1000m弱、山頂までの標準タイム1時間半の低山です。これを2時間かけてゆっくり歩いてきました。 登山口までは棚田が続きます。 あぜ道には菜の花とタンポポが盛りです。 頭上高くではウグイスや野鳥のさえずりがにぎやかです。 1ヶ月前はおぼつかなかったウグイスの「ホーホケキョ」の啼き声も、今回は「ホーホケキョ、ケキョ、ケキョ」とリフレ [続きを読む]
  • 牡丹に昭和の女優を見た
  • 郡山市の隣町、須賀川市にある牡丹園に行ってきました。ここは290種類、7000株の牡丹があります。 開園したばかりで早咲きの3分の1ほどしか咲いていませんがじゅうぶん堪能できました。 園のパンフには「艶やかに咲き誇る百花の女王」と記されています。 「白牡丹といふといへども紅(こう)ほのか」                                高浜虚子 牡丹の花には、虚子の句にあるような内に秘め [続きを読む]
  • NGワード
  • がんサロンのスタッフと医療者との飲み会の席でカミさんから急に温泉旅行に誘われて「もしや病院から何か言われたのでは」と疑いを持った話「プチ疑惑」をしたところ、がん友さんから「それ、わかるな」と言われました。彼女によると、乳がんの抗癌剤治療でしばらく入院してた時に病棟のナースから「退院したら気分転換に温泉にでも行ってきたら」って言われた時があって、昔だから抗がん剤の副作用もひどくて、ほとんどうつ状態 [続きを読む]