大人ピアノ教室 さん プロフィール

  •  
大人ピアノ教室さん: 岐阜 音と心がゆるむピアノレッスン
ハンドル名大人ピアノ教室 さん
ブログタイトル岐阜 音と心がゆるむピアノレッスン
ブログURLhttps://ameblo.jp/gifuongaku/
サイト紹介文専科外ピアノ講師の方/保育士や音楽教師の方/採用試験/初心者・経験者/リハビリ/1曲を弾きたい
自由文岐阜 大人 ピアノ 個人レッスン。

大人にこそピアノ時間を。

専科外ピアノ講師の方/保育士や教師の方/採用試験支援/初心者・経験者/リハビリ/1曲を弾きたい方/ピアノを習ってみたかった方

心理学、脳科学、体学をベースに、1人1人の願いに添ったレッスンを行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 337日(平均0.5回/週) - 参加 2016/10/25 21:20

大人ピアノ教室 さんのブログ記事

  • ピアノの購入を迷っている方へ
  • ピアノの購入について ご相談を受けることが続きました。 高額なものであり 又、場所や環境条件が必要なものなので それぞれのご家庭で状況が違うのですが ピアノの購入を迷ってみえる方へのヒントになればと思い、 主観ですが、記事にします。 1ピアノか電子ピアノかの迷い 環境条件(例えば楽器禁止の賃貸の場合、ピアノは難しいなど)が大丈夫ならピアノをお薦めします。 高い電子ピアノより中古でもいいのでピアノを。 [続きを読む]
  • いのちの歌
  • この秋も子どもたちと一緒に歌をつくり上げる機会が新たに巡ってきて、何曲かの楽譜を見ています。旋律と歌詞が、頭の中でリフレインします。今回は「いのち」がテーマ。部屋で曲を流しながらこの曲たちの何が私に共鳴しているんだろうと。「いのち」。いつかは誰でもこの星にさよならをするときが来るけれどこの命にありがとう「いのちの歌」より印象に残る旋律。そして「この命にありがとう」という言葉。今日も生きていてい [続きを読む]
  • 秋の夜長に大人ピアノ時間
  • 昨年、ある方との出逢いで 学生時代の時のように 私の日常に「私のピアノ時間」が戻りました。 毎晩 Bachから弾き始める時間の心地よさ。 例え少しでも。 指先に意識を集める。 音に意識を集める。 ピアノは 体という内側の宇宙にも 自然という外側の宇宙にも繋がっていることが 学生時代以上に 身に沁みてきました。 好きな曲を演奏できる嬉しさ。 ピアノの音が家で鳴ることの嬉しさ。 秋の夜長。 大人にこそ豊かな [続きを読む]
  • ピアノ療法とは
  • 病の心と体はピアノレッスンでも 癒されていくと 思っています。 ピアノを弾くことは 音を聴く イメージが動く 振動が起きる 指先を動かそうとする 重力を感じる 呼吸に意識が向く 右脳がはたらく 左脳がはたらく 筋肉を使う 体の状態を観察する そんなことが 並行して 自動的に引き起こされていくからです。 それを 意図的に 1つのことに意識を向けていく。 ある時 ピアノは 多くの著名人やGoogleが習慣にして [続きを読む]
  • 「ピアノを弾けるようになりたい」
  • レッスンへのお問い合わせを、ありがとうございます。 返信させて頂きました。   ♪    ♪    ♪ ピアノに憧れている方の多さを 大人になってから感じます。 「習いたかったけど習えなかった」 「習っていたけど途中で辞めてしまった」 「弾けるっていいですね」と言われると 心から「ピアノっていいですよね」と答えます。 レッスンで大切にしていることは 子ども大人も 生涯楽しむことができる力。 「苦 [続きを読む]
  • 1回のレッスンは全てに繋がっている
  • レッスンで大切にしていることは 「その先に繋がっている音楽の愉しみ」を共有すること。 どういうことかと言うと 「この2音でできるようになると  このフレーズがこんなふうに変わるよ」とか 「この曲でできるようになると  こんな曲でも生かすことができるよ」とか 「この小節でできるようになると  この構成部分がこんなに素敵になるよ」とか 1つ1つが全体に繋がっていること 1つ1つが全体の重要な一部であること 全 [続きを読む]
  • 練習は「時間」より「質」を上げる工夫
  • 子どものレッスンでは 付箋をたくさん使います。 目的は「具体化」「視覚化」です。 テクニック的に意識することは、楽譜に直接書き込みます。 具体的な練習方法の提案は、付箋に書いて貼ります。 「この部分だけ練習する」 「☆部分は同じ(構成)」 「全部通すのは1日○回」など。 子どもは 「練習して来てね」と伝えても 「練習して来るよ」と言っても どこをどのように練習してくるのか分からず 通し練習ばかりして [続きを読む]
  • 美術もスポーツも共通している
  • 訪問ありがとうございます。 http://netgeek.biz/archives/40073より引用 美術科の方と話しをして 感心したこと。 それは 体の構造 骨の構造を よく学んでいること。 スケッチをする上で 「構造(骨格)を知ること」はとっても重要だそうです。 確かに、復元画家の方のワークに参加した時 骨格をまず書き写し そこに肉付けをしていきました [続きを読む]
  • 保育士試験 実技テストで大切なこと
  • 7月の保育士試験(音楽実技)も、少しずつ近づいてきましたね。 今日は、実技テストについての気付きを綴ります。 私自身、数々の実技テストを受けてきました。 又、実技テストの実施側の経験も。 どちらも経験して感じることは 実技テストは「全体が伝わる」ということです。 どこかを間違えた(部分)や ベストコンディションでない(部分)や 音や声が響いてない気 [続きを読む]
  • 聞き比べをするとピアノの奥行きが広がる
  • 「著作権」を考えるとどうなのかは分からないのですが今は、インターネットのお陰で色々なピアニストの演奏を聴くことができます。同じ曲を聞き比べる楽しさ。私は、聞き比べをすることが昔から大好きです。同じ曲だからこそ解釈や演奏の違いが際立つからです。私が特にはっとするのが「ペダルの使い方」と「副旋律・対旋律の歌い方」。色々な解釈ができるなぁと。色々な表現ができるなぁと。色々な音色が出せるんだなぁと。表現 [続きを読む]
  • ピアノを弾く時 呼吸する手首
  • ピアノを弾く時手首は「呼吸」をすると捉えています。手首って横にも動き上下にも動きピアノを弾く時大切な「支点」になります。上腕は重力に任せる。「肩の力を抜いて」ではなく「肩を下げて」ではなく重力に任せると自ずと肩の力が「抜ける」自ずと肩が「下がる」。そして指先にその「重力」が掛かる時支えになるのが「骨(間接)」であって大切な「フレーズ感」を生み出すのが手首だと思うのです。手の構造骨の構造をイ [続きを読む]
  • ピアノとからだの構造
  • 【お問い合わせを下さった方へ】ありがとうございました。返信させて頂きました。ピアノを習ってきてピアノを弾いてきてピアノを聴いてきてそして立ち止まって気付いたこと。「体の仕組み」をもっと知って「ピアノの仕組み」をもっと知ってもっと生かしてきたら表現の幅はうんと広がったのではないかということ。手腕肩背中筋肉筋脳科学鍵盤弦ハンマーフレーム仕組みを知ることは生かし方が分かること。全体が分かることは生かし [続きを読む]
  • 「指先」の感覚の大切さ
  • 「指先」の感覚の大切さ。ピアノを弾く練習も大切だけれど音を出さない練習もとっても有効だと思っています。大人にも。子どもにも。音を出さずに「ドレミファソ」と弾くイメージをして「指先」を感じてみる。机の上で。ピアノの蓋の上で。「指先」が鍵盤に触れる感じ。「指先」が鍵盤に落ちる感じ。「指先」が鍵盤から鍵盤に歩く感じ。とっても敏感な感覚。「指先」に意識が向かうと音はがらっと変わります。「叩く」のではなく [続きを読む]
  • 保育士とピアノ
  • 現役の保育士の方保育士を目指す方のレッスンで大切にしていることは全てのピアノレッスンと同じこと。「湧く気持ち」「歌心」。「こう歌って」「こう歌うべき」でなく思わず歌いたくなるような思わずそう表現したくなるような湧く気持ちが溢れてくるような曲の解釈。「こう弾いて」「こう弾くべき」でなく思わず弾きたくなるような思わずそう弾いてみたくなるようなこの部分好きだなぁという内の声が在るピアノの演奏。そのため [続きを読む]
  • 「ピアノの座り方」の大切さ
  • ピアノレッスンで強く願っていることが「生涯楽しめる力を」ということ。なので。身体的な基礎である「座り方」は丁寧に捉えています。ピアノの座り方。重力を感じられる座り方。支点(臀部、肘、手首)を意識できる座り方。「力学」が働く座る深さ。椅子とピアノとの距離。腕の位置。手首の位置。両足の裏の感覚。呼吸の道。練習が遠回りにならないよう練習が空回りにならないよう描く音に近づけるよう「基礎」を大切にで [続きを読む]
  • 癖は「直すもの」ではない
  • 癖は「直す(矯正する)」ものではなくそれ以上の技法を「新たに身につける」もの。世界的に有名なスズキメソッドを作られた鈴木慎一さんの本を読んだ時この発想に出逢い、目から鱗でした。「直す」と「身につける」とでは意識が180度変わると感じたからです。マイナスを埋めようとしたり足りないものを補うことがレッスンではない。在るものを伸ばすこと。得たいものを新たに習得すること。わくわくするもの。意識(イメージ)の [続きを読む]
  • ピアノを弾く時、体の脱力以上に大切なこと
  • 訪問、ありがとうございます。私がレッスンで大切にしていることは、「カラダ」の脱力です。「手首」の脱力。「腕(得に外側)」の脱力。「肩」の脱力。そしてそれ以上に大切にするようになったことが、「意識」の脱力です。教えるようになりまた病気をきっかけに続けてきた体や脳の学びを経て「意識」を変えることで弾きやすくなることが9割以上だと思うようになりました。私は、子どものレッスンでも大人のレッスンでも [続きを読む]
  • ピアノに「魔法」がかかる
  • 今は、凄い時代だと思います。昨年、友人から教えてもらい、ショパンコンクールの途中経過が「YouTube」で観られることに驚きました。だけどいつかはコンクール会場で予選から聴くことが夢です。私はショパンが一番好きな作曲家です。(3月1日はショパンの誕生日ですね)学生時代、大学内にあったチケット売り場や「学生券」の特権をフル活用してたくさんの演奏会に出掛けました。リヒテルアシュケナージ内田光子ツィメ [続きを読む]
  • 保育士試験(音楽・ピアノ)の対策 岐阜
  • 保育士実技試験(音楽)に向けて今から練習を始める方へ。試験対策を箇条書きにします。♪歌は歌で練習する・喉の奥を開けるように・下あごを楽に・ドレミファソラシドで「ドレミファソ」「らしど」等、頭声に切り替わるところを楽に移行できるようにする。・母音だけで歌う♪ピアノの練習をする・楽譜を決定する(簡易〜上級がある)・楽譜を見て→ブラインドタッチで(手元を見ずに)弾けるようにしていく。 コツ 指の準備が [続きを読む]
  • 平成29年保育士資格 実技試験 音楽表現課題曲 岐阜
  • 平成29年保育士資格 実技試験 音楽表現課題曲が、出ましたね。「こいのぼり」「1年生になったら」昨日は、7月2日に岐阜会場にて実技試験を受けようとしている方の今後の練習の相談を行いました。演奏しているご自身が楽しい気分になるような弾き語りになっていくといいなぁと思います。実技試験を受ける方。他にも、・ブラインドタッチ(手元を見ずに)で弾きたい。・よく通る声で歌いたい。・短期集中的にレッスンを受け [続きを読む]
  • 「私、今の音色、いいなぁ」という感覚
  • 「この音色は合っている?」幼い時にはそんなことを考えもしなかったことが専門的に学び初めてからそんな言葉が浮かぶようになった自分がいた気がします。そしてそれは「良さ」としても逆としても働いていたと。解釈を学べば学ぶほど時代背景を反映させるなど良さが生まれていた反面耳や自分の感性が閉じていたかもしれないなぁと(答え合わせのようになっていたなぁと)今になって思うのです。自分が感じることを大切にする 自 [続きを読む]
  • 何をスタンダードにするか
  • 他県に住む学生時代の友人(ピアノ教師)と話すことは私にとって気付きの宝庫です。昨夜電話があり、色々話す中で、「教える側のスタンダードが、生徒さんのスタンダードになる」という話になりました。どんな音楽を描きどんな音楽を求めるか。そしてどんな力がつくと主体的に音楽を楽しむことに繋がるか。教える側のもたらす影響がとっても大きいこと。それは幼児であっても大人の方であってもどんな状態やレベルであっても「描 [続きを読む]
  • ピアノとジストニア
  • ピアノの豊かさを多くの方と共有したい想いで個人レッスン(出張)を岐阜で始めましたホリスティックピアノ講師のpianoです。ご訪問ありがとうございます。「音楽観」は変容します。経験を経て学びを経て気付きを経て。私の音楽観の転機について綴っています。ジストニアにかかった方・大人レッスンを探してみえる方へ [続きを読む]
  • ピアノは「慣れろ」より「習え」
  • ピアノの豊かさを多くの方と共有したい想いで大人ピアノ出張レッスンを岐阜で広げているpianoです。ご訪問ありがとうございます。「習うより慣れよ」ということわざがありますがピアノについては「慣れろより習え」だと思っています。それはどの年齢であっても。どの年齢からであっても。どの段階であっても。どの段階からであっても。理由はピアノには明確なコツがあり明確な練習方法があり確かな習いが楽しい演奏に近づくことを [続きを読む]
  • 岐阜発 ピアノ教室の選び方
  • 時々、音楽教室についての相談を受けます。一番多いのが「教室選び」です。「習いたい」と思った時、ネット上で募集している所は限られており検索をしても、住んでいる街で出てくるのは数少ないそうです。その時、多く挙がるのが、大手のピアノ教室。持論ですが、「大手」=良い/悪い「個人」=良い/悪いは決められず「システム」はあったとしても「個人」であったとしても実際に習うのは「1人の個」。「つく先生による」と言っ [続きを読む]