大人ピアノ教室 さん プロフィール

  •  
大人ピアノ教室さん: 岐阜 ピアノの贈り物
ハンドル名大人ピアノ教室 さん
ブログタイトル岐阜 ピアノの贈り物
ブログURLhttps://ameblo.jp/gifuongaku/
サイト紹介文専科外ピアノ講師の方/保育士や音楽教師の方/採用試験/初心者・経験者/リハビリ/1曲を弾きたい
自由文岐阜 大人 ピアノ 個人レッスン。

大人にこそピアノ時間を。

専科外ピアノ講師の方/保育士や教師の方/採用試験支援/初心者・経験者/リハビリ/1曲を弾きたい方/ピアノを習ってみたかった方

心理学、脳科学、体学をベースに、1人1人の願いに添ったレッスンを行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/10/25 21:20

大人ピアノ教室 さんのブログ記事

  • 誰よりも自分が聴いている
  • ピアノの音は 誰よりも 自分が聴いている。 自分の耳が 自分の体が 自分の心が。 「誰かに届けよう」の前に。 ピアノの音は 誰よりも 自分「が」聴く。 自分の耳で 自分の体で 自分の心で。 「誰かにどう聞こえるか」の前に。 その 聴く/聞こえるの「向き」の大切さ。 筋肉を観察すること 指を観察すること 腕を観察することを 一旦横に置き どんな音が鳴っているか どんなメロディーが [続きを読む]
  • 「音」への憧れ
  • 川上ミネさんの ピアノコンサートに行って来ました。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E3%83%9F%E3%83%8Dより引用 京都の大原に在住する ベニシアさん(ハーブ研究家)の 手作りの暮らしを綴ったような番組 「猫のしっぽ カエルの手」の挿入音楽を 作曲・演奏してみえるピアニスト。 偶然にも 以前訪れて ずっと印象が残っている 長野の小布施を描いた 「葛飾北斎 宇宙を描く」の曲も作って [続きを読む]
  • 羊と鋼の森
  • 以前読んだ 「羊と鋼の森」。 先日 映画を観てきました。 ピアノの「音」への 憧れが増す映画だと 思いました。 羊が生み出す音。 鋼が生み出す音。 空間が生み出す音。 調律師が 生み出す音。 作曲者が 生み出した音。 そして 演奏者が生み出す音。 ピアノに出逢った 「一生」がある。 ピアノ自体にも 「一生」がある。 エンドロールで流れる 辻井さんの演奏の音色が 美しかったです。 帰って [続きを読む]
  • ピアノと引き寄せ
  • ピアノで嬉しい1日。 ピアノへの「想い」が ピアノ好きの人を ピアノがある生活を ピアノを弾く機会を ピアノを弾く時間を 実現させることを 感じています。 自分自身を見ても。 周囲の人を見ても。 大切なのは doing以上に being。 「外」に何かを求めなくても ピアノに 感動する振動 憧れる振動など 「内」の状態が 自分にとっての その人にとっての 「現実」の震源地になると 思っています。 [続きを読む]
  • 赤松林太郎先生の講座
  • ピティナ主催 赤松林太郎先生による Bachの講座に参加しました。 とっても 具体的な演奏解釈の解説であったにも 関わらず (勉強になりました) 音楽の「全体性」が 「感覚」として残るような 時間と空間とお話でした。 invention9番の解釈には 感動しました。 ♭と♯はブドウの房。 全ての曲に繋がるような 印象に残る捉え方が いくつもありました。 ご紹介下さった方に 感謝です。 楽天books レッスン [続きを読む]
  • レッスン料一律の理由
  • 私は 義務教育の音楽授業が 「評価教科」から外れることを 願っているんです。 何故なら 週1時間、学期間十数回の授業で 例えば 与えられた鑑賞曲を聴き その理解度・感性の評価をすることは 評価をする側も 評価を受ける側も とても無理の連鎖が生じると 感じてきたからです。 本当は 目に見えないものの行き来や 目に見えないものの揺らぎが 音楽に溶けている ピアノのレッスンも同じ。 レッスンの 目に見え [続きを読む]
  • ピアノが出逢いも連れてくる
  • 先日 風邪を引いた子どもが かかった医者の待合室で ばったり会った 母のお友だち。 色々なお話をする中で とっても印象に残ったのは 小さなキーボードを購入され ピアノを弾いてみえることでした。 70歳過ぎの女性。 本当に無邪気に笑われて 「私、弾いてみたかったの」 「夫から笑われてるのよ」と。 「私、弾いてみたかったの」 じーんとする声のトーンが 今も言葉が心身に残っています。 ピアノへの想い [続きを読む]
  • 感動的なレッスン
  • 今日の大人レッスンは とっても感動的でした。 ショパンのエチュードを 聴かせて頂きながら じーんとしました。 想いが 出逢いを創り出してくれたとしか 思えない。 また巡ってきている 寸時があると 少しでもピアノに座りたい日常。 Bach Chopinを 弾く毎日。 色々なピアニストの演奏を 聴く毎日。 学生の時以上に きっと ピアノに魅せられていると 思います。 レッスン詳細 大人にこそピアノ時間 ラン [続きを読む]
  • 「弾き方より考え方を」
  • ピアニスト赤松林太郎さんの本から 印象に残った言葉です。 「弾き方より考え方を」 「音楽の前に言葉を」 「ペダルはピアノの魂(ショパン)」 「ペダルは仕事の8割(グリダ)」 「(国の)スピリッツ」 「感性とは感じる心とは違う。 知識や教養が育てていくもの」 「その場に在って五感で感じとるしかない。  芸の芯とはそういうところにある」 「メロディーラインより和声」 「シューマンの曖昧さの美しさ」 「 [続きを読む]
  • 理由も理屈も越えたもの
  •  惹かれる音。 惹かれる曲。 惹かれる演奏。 惹かれる演奏家。 「惹かれる」ということ。 そこには 理屈も理由も 優劣も無く 在るのは 理屈を越えたもの。 理由を越えたもの。 レッスンを受けて下さる方に 湧くもの。 自分自身に 湧くもの。 これからも 尊重していくことができたら。 レッスン詳細 ランキングにほんブログ村ランキングにほんブログ村幼児保育学専攻名古屋女子大学名古屋女子短期大学岐阜大 [続きを読む]
  • 音楽のかみさま
  • 音楽の神様っているなぁと 思います。 音楽を味わっていると 音楽を好きな人との出逢いを 運んでくれる。 尽きない ピアノの話。 レッスンの話。 今日も こんな本を頂いて 幸せでした。 ありがとうございました。 ピアニスト赤松林太郎さん。 春の勉強会を 心待ちにしています。 【好きなピアニスト】 ツィメルマン。 十数年前に聴いた音の美しさが 耳にずっと残っています。 レッスン [続きを読む]
  • 道は既に決まっている
  • 私は 小学生時代も 中学生時代も 「譜読み」をした記憶がありません。 小学低学年で ショパンのワルツ 中学年で べートーベンソナタ 中学で Bach平均律…と 譜読みは「必須」であった気が するのですが 不思議なことに 幼い時ほど 楽譜を見ただけで 弾けました。 自分が教えるようになって気付いた 私の小〜中時代の 読譜力。 きっと 何かが在ったのだと 思います。 ピアノを通して 色々な経験をして 今、感 [続きを読む]
  • H30 保育士・教職員採用試験 音楽実技課題
  • H30年 保育士試験 音楽実技 筆記試験:平成30年4月21日(土)、22日(日)実技試験:平成30年7月1日(日) 岐阜県会場:現在調整中(前回は大垣女子短大) ピアノ課題曲「おかあさん」「アイアイ」 幼児に歌って聴かせることを想定して課題曲の両方を弾き歌いする。 求められる力保育士として必要な歌、伴奏の技術、リズムなど、総合的に豊かな表現ができること。「平成30年保育士試験 受験申請の手引き[前期用]」より [続きを読む]
  • 保育士試験 合格発表
  • 保育士志願の方は 昨年から5名の方と関わりがあります。 受かって保育士になっている方。 資格取得できた方。 学び途中の方。 今年の合格発表。 先日、合格通知が届くとすぐに お電話を下さった方がありました。 心から おめでとうございます! 子どもさんが応援メッセージを書いた楽譜、 きっとお守りになりましたね。 又、先週は、 コンクールに向けて レッスンの問い合わせを頂きました。 条件が合わず レッスン [続きを読む]
  • 「1の力」の凄さ
  • 昨日 大人レッスンでの会話から 友人のソロコンサートで聴いた Beethoven sonata17番(テンペスト)の1フレーズが 甦りました。 「1フレーズの力」 音楽は 例えばドからレへの移動であっても その表現の仕方にこだわって 僅かでもいいから 変化した手応えを体感できたとしたら その喜びも その技能も 曲全体に そして 他の曲にも広がることを 改めて感じるように なりました。 「1カ所の力」 「1フレーズの力」 「1の力」 [続きを読む]
  • レッスンの「在り方」
  • 現在、 月謝制のお子さんは 新規受付していないのですが 「1曲弾きたい」 「単発で」という方は ご相談に乗らせて頂いています。 先週初めてレッスンを行った 「この1曲を弾きたい」と言う男の子。 「弾けるようになりたい」 「この曲が好き」の気持ちが伝染して 気が付いたら約2時間。 私もワクワクを一緒に共有しました。 次のレッスンは 必要に応じて 本人が望んだ時です。 必要に応じた間隔。 希望に応じた回数 [続きを読む]
  • ピアノに「努力」は無い
  • 子どもの友達に 凄くピアノが好きな男の子がいます。 先日も家へ遊びに来ると ヘルメットをかぶったまま ソナチネを30分引き続け 驚いたことに 家のピアノとの僅かなピッチの違いに気付き 「あれ?」と移調して弾いてみていました。 好きが先か才能が先か。 ピアノに限らず 色んなことに対して 「努力」とは捉えなくなりました。 あるのは 好きでやるかやらないか 練習したいかしたくないかだと。 もし「努力」と映る [続きを読む]
  • 「共振体感」の幸せ
  • 聴く幸せ。 自分の音を聴く幸せ。 好きな曲を聴く幸せ。 気持ちが震える演奏を聴く幸せ。 鳥肌が立つ音を聴く幸せ。 ピアノって 「弾く」と同じくらい 「聴く」幸せがあるなぁと 感じます。 今日、車の中で 何気なく入れたCDから流れた Bachのトッカータ。 久し振りに聴く曲だからか 想い出が甦るからか Bachだからか 演奏も素敵だからか 気持ちが 一気に満たされました。 好きな音楽の力 聴く幸せ ピアノを弾く [続きを読む]
  • 保育士試験【音楽】おまじない
  • 明日から12月。 12月10日の 保育士試験・音楽実技テストが 近づいてきましたね。 実技面では 途中〜演奏できるようにしておくことを お薦めしています。 例えば 今回の課題曲 「こいのぼり」では 「小さいひごいは〜」から。 「一年生になったら」では 「百人で〜」から。 曲×構成が生まれることと もし何かの理由で途中から戻りたいと思う時 戻る場所があることが 安心になります。 気持ちの面では 例えば お子さんがみえ [続きを読む]
  • ”ピアノを弾くという人生を教えてもらう”
  • コメント頂いたことをきっかけに とっても素敵な記事に出逢いました。 あぁ、こういうことだったんだと 感じました。 気持ちに留めて置きたいので リブログさせて頂きます。 ピアノや、ピアニストにとって大切なことは 調律をすることではなく、 調律師に出逢う事だ ということです。 これって何でもそうだと思うのですが、 ピアノを習おうと思うとき、 ピアノの弾きかたというスキルを習うのではなく 「ピアノを弾 [続きを読む]
  • ピアノ「を」弾くのでなく
  • 先週のこと。 ピアノがあるお店に立ち寄り 初めてお会いしたオーナーとお話したら 「弾いていいですよ」とのこと。 わくわくしながら 即興で何曲か弾きました。 ピアノって 本当に 楽器や空間により音が違うなぁと 味わっていたら 「弾く人によってすごく音が違いますね」と 言われました。 「やわらかい音ですね」 走馬燈のように思い浮かんだのは この1年 色んな方から 「心地いい音」と言われたこと。 私 [続きを読む]
  • 保育士試験【音楽】きっと大丈夫
  • 保育士試験 実技 平成29年12月10日(日)(岐阜は大垣女子短期大学が会場)【音楽表現が求められるもの】保育士として必要な歌伴奏の技術リズムなど総合的に豊かな表現 ♪  ♪  ♪ 筆記合格された方、おめでとうございます。 私の周りでも子育てをしながら仕事をしながら資格を取得したいと学んでみえる方が何人もあります。 今日は新しい方がレッスンにみえました。 歌声を聴き相談をして「1年生になったら」はへ長調 [続きを読む]
  • 「ピアノ、習おうかなぁ」
  • 金木犀が香るこの頃ですね。 子どもが毎日学校帰りに どんぐりを拾って来ます。 秋って、好きな季節です。 少し前のこと 近所のとってもお世話になっている方から 「ピアノで演奏したものを録音できる?」と 声を掛けられ お話を伺うと… 鉄道が好きな方であることは 知っていたのですが 各駅で流れる音楽の楽譜を入手されたそうで それを弾けたらと思ってみえることが 分かりました。 お話の中で印象に残ったのが 「 [続きを読む]
  • ピアノの購入を迷っている方へ
  • ピアノの購入について ご相談を受けることが続きました。 高額なものであり 又、場所や環境条件が必要なものなので それぞれのご家庭で状況が違うのですが ピアノの購入を迷ってみえる方へのヒントになればと思い、 主観ですが、記事にします。 1ピアノか電子ピアノかの迷い 環境条件(例えば楽器禁止の賃貸の場合、ピアノは難しいなど)が大丈夫ならピアノをお薦めします。 高い電子ピアノより中古でもいいのでピアノを。 [続きを読む]
  • いのちの歌
  • この秋も子どもたちと一緒に歌をつくり上げる機会が新たに巡ってきて、何曲かの楽譜を見ています。旋律と歌詞が、頭の中でリフレインします。今回は「いのち」がテーマ。部屋で曲を流しながらこの曲たちの何が私に共鳴しているんだろうと。「いのち」。いつかは誰でもこの星にさよならをするときが来るけれどこの命にありがとう「いのちの歌」より印象に残る旋律。そして「この命にありがとう」という言葉。今日も生きていてい [続きを読む]