実家そなえて相談所@熊川サワコ さん プロフィール

  •  
実家そなえて相談所@熊川サワコさん: 実家そなえて相談所@熊川サワコ:親世代くらしのコツ
ハンドル名実家そなえて相談所@熊川サワコ さん
ブログタイトル実家そなえて相談所@熊川サワコ:親世代くらしのコツ
ブログURLhttps://ameblo.jp/jikka-katazuke-osa/
サイト紹介文そろそろ気になる親のコト・親の家・親の介護・供養のカタチ。終活・福祉・防犯・相続・住環境・片づけ
自由文親の家・親の介護・供養のカタチ・・・
親御さんやご実家のこと、そしてご自分やご家族のこと考えてみませんか?
心が軽くなるような、第一歩を踏み出せるような、安心につながるような、あなたがホッと一息つける体験談やお役立ち情報を、上級終活カウンセラーがお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/10/26 14:07

実家そなえて相談所@熊川サワコ さんのブログ記事

  • 赤十字 救急法 基礎講習 は一次救命処置(BLS)
  • 思い立って、赤十字「救急法」救急員の講座に申し込もうと問い合わせたところ・・ 「毎回抽選になりますね」 「え・・そうなんですか。??ちなみに抽選にはずれた場合、二度目の申し込みは当たりやすくなるとかあります?」 「いえ、そういうことはやっておりませんので・・」 「ちなみに、10月の基礎だけの日って、まだ空いてます?」 「はい、10月の基礎(単発)は無抽選で大丈夫そうです」 というわけで、まずは「救急法基礎講 [続きを読む]
  • 日本赤十字の講習会にいってきました!
  • ありがたいことに、これまで救急車で搬送されたことはありません。 はじめて救急車に乗ったのは夜間休日診療という制度すらなかった大昔に、近所の新聞屋さんで道を尋ねていたけどわかんなくて困っていた救急隊員さんの会話がたまたま耳に入り・・ 「あ、その耳鼻科は 駅から斜めに細い筋をはいって2つ目の角を・・・」 「一緒に乗ってください!!!」 と、カーナビ役を仰せつかった学生時代。(笑)無事道案内をすませて 「じゃあ [続きを読む]
  • 介護食もローリングストック!
  • 「これ、もしかしたらアレに使えるんじゃ?」 キユーピーさんの介護食講座を拝聴していてこう思いました。 なぜなら ・常温で保存できる・食べる前に加熱が必須でない・開封に道具を必要としない ってことは・・ 防災備蓄品にうってつけ! 避難所での食事提供は、初期はパンやおにぎりが精いっぱい。 ふだんからトロミがついたものや、柔らかいものを召し上がっている方が食べるのには、向かないものしかないのです。 また、電気 [続きを読む]
  • 粗食は美徳!? イマドキの介護食
  • キユーピーさんの介護食講座にいってきました! ふだんあまり目にしないなあと思っていたら 「一般の食品コーナーでなく、介護用品コーナーを覗いてみてください。ホームセンターの介護用おむつのエリアにも並んでいますよ。」 なるほど〜 ↑ こんなお昼ご飯、あるあるじゃないですか? あと、お茶漬けでいいや とか。。 実は熊川も、結構こんな感じ。 もともと食が細いのもあるけど、時間もったいなくてさっと食べて作業に戻 [続きを読む]
  • 「全く視点の違う内容に驚きました」アンケート
  • 【「捨てて!」と言わずに親のキモチを動かすコツ】講座には、「お片付けのプロ」の方もご参加くださいました。 (講座のご案内はコチラ) 「私共の会社は、片付けたいというご本人様からのご依頼がほとんどなので、全く視点の違う内容に驚きました。」 とのお言葉を頂戴しました。?このほかのアンケートには 「とても感動しました。 なにかドラマ?か映画をみているようでした。」 「見る角度が変わるとこれほど違う。 新しい [続きを読む]
  • 健康で長生きするのに必要なファクター
  • 大阪府民は「不健康で短命」らしい。 和歌山県民も「不健康で短命」。 京都府民・兵庫県民・奈良県民・滋賀県民は「不健康で長生き」だとか。(ちなみに東京都民も「不健康で長生き」。) 関西人はどっちにしろ不健康かぁ・・・究極の選択 「不健康で短命」 or 「不健康で長生き」  どっちがシアワセ!? 健康寿命 というものがあります。心身ともに自立し、健康的に生活できる期間です。 平均寿命=いつまで生きられる [続きを読む]
  • 「親なき後問題」 当事者の選択肢
  • これまで、あまり馴染みのない法律の話を連続で書いてきたのには訳があります。 その理由を書く前に、復習タ〜イム。?? 成年後見制度には「任意後見」と「法定後見」があります。 【任意後見】自分が将来認知症になった時に備えて、自分のお金と身体を守ってくれるように、元気=判断能力のあるうちに、誰か(または法人)に、あらかじめ頼んでおく契約を「任意後見契約」といいます。  【法定後見】認知症がすすみ、すでに判 [続きを読む]
  • 後見人のお仕事は二本立て「財産管理」と「身上監護」
  • 「後見人」と検索すると、かつてはハー●クインロマンスがダーっと。?? 親を亡くしたお金持ちのお嬢様に、シュッとした後見人がついてたりするのかな!? うちのPCは学んだらしく、残念だけど!?上位に表示されなくなりました。(^_^;) まんが「ポーの一族」でも、「後見人」というワードが出てきます。 主人公が貴族の未成年だから、お金の事とかいろいろ管理をしてくれる役割の人がいる。そういうイメージですね。 (未成年・ [続きを読む]
  • 親なき後問題 〜貯金したらダメって本当ですか?〜
  • 「親なき後問題」 という言葉をご存知でしょうか? これは、障がいを持つお子さんの親御さんが、自身が高齢になってお子さんの面倒をみられなくなったり、お子さんより先に他界した場合に起こる問題です。 私がこの問題を知るに至ったきっかけは、「後見人相談士」の資格取得でお世話になった方が「当事者」でいらっしゃったからです。 朝から夕方まで6日間びっちり座学と、知的障がい者施設・高齢者施設での研修を重ねるうち、 [続きを読む]
  • 父が首を縦に振らず成立しなかった「任意後見」③(成年後見制度)
  • 「私がもし・・・ だから・・・ その時は・・・」 「いらん。」 わかりやすくかみ砕いて丁寧に説明したつもりだったけれど 「そんなん必要ない。」 即答でした。 介護疲れで私が先に倒れるかもしれへんやん・・ という言葉はのみこみ 「でも事故とか何が起こるかわからへんし」 「・・・・・。」 「ずっと大阪にいたいんやろ?」 「大丈夫や。」 うーん、何をもってして大丈夫なのか けれど契約である以上、父の意志で「お [続きを読む]
  • いざという時まで発動しない「任意後見」②(成年後見制度)
  • 介護を続けるうち、 「もし私が先に死んだら、父はどうなるのだろう」という疑問がむくむく。 そんな時知ったのが成年後見制度でした。 私がお世話できなくなったら、遠方の血族宅に引き取られるだろう父。 坂の上にあり、脳梗塞で足をひきずる父が一人で外出できるような家でなく、近所に友人知人もなく、全く初めての土地。 その上共働きで日中は無人になる家。 なにより、介護はちょっと・・なオーラ全開なところが一番の問 [続きを読む]
  • 父の介護中に出会った「任意後見」①(成年後見制度)
  • ダンナの多大なフォローがあったとはいえ、父の介護実働部隊は、実質私ひとりでした。 身内は遠方。 当然のことながらケアマネさんから「主たる介護者」として認定されました。 介護保険や公的な高齢者サービスをめいっぱい使いながらの「近居通い介護生活」でしたが、それだけで全てをまかなうことはできず、足しげく実家に通いました。 もともと丈夫な質でない私は、「自分が倒れない」を第一にヘルパーさんなどの手配をし、 [続きを読む]
  • PPKは「ぴんぴんころり」 NNKは!?
  • PPKある程度年齢を重ねた方には ピン! とくる ぴんぴんころり。ぴんころ と略されることもあり ぴんころ地蔵 と呼ばれて、大人気のお地蔵さまもいらっしゃいます。 全国から健康長寿のまちとして注目される佐久市のシンボルとして、地元の「のざわ商店街」により、平成15年に「成田山薬師寺」参道に建立されたお地蔵さまです。健康で元気に長生きして、寝込まずに大往生を祈願して「ぴんころ地蔵」と名付けられたこのお地蔵 [続きを読む]
  • ACP アドバンス・ケア・プランニング 
  • ACPとは、もしもの時の話し合い。 って、何の?自分で意思表示できなくなった時の、終末期医療についての話し合い。 って、誰がするの? 患者さん・家族・医療者。 何のために? 患者さんの意思決定を支援するため。 50代で他界した母には、病名を告げませんでした。 そういう時代でした。 でも母は、頭がはっきりしているうちに「尊厳死協会」に登録しました。自分の変化に悟ったのでしょう。 ホスピスに出会えたことで、この [続きを読む]
  • 家族葬専門ホールの内覧会
  • 「ハーバリウム!?」 「いえ、こちらはロウソクです。」 おっしゃれー? 家族葬専門ホール「千の風」さんで、オープン前の内覧会があり見学に伺いました。?? 一歩足を踏み入れるなり、木のいい香り?? どこかのお宅にお邪魔する感じで、靴を脱いで上がります。 廊下と棺を安置する広いお部屋はカーペット敷き。(会場によって異なります) 二つあるトイレのうちの一つは車いすでも使用可能な広いトイレで、赤ちゃんのオムツ [続きを読む]
  • 市の共催事業にご承認いただきました!
  • 市民公益活動団体でエントリーしていた事業(全6講座)が市の共催事業にご承認いただきました??「チャレンジ」を求められた今回のプロジェクト。 これまでやったことのない切り口の講座はもちろんのこと、それを実現するために必要なこと。。 具体的にいうと「市民活動グループ」の名前まで変えちゃうという一見無茶にみえるようなことも同時進行しましたが、メンバーが一丸となってトライして本当に良かったです!!(グルー [続きを読む]
  • 地域に開かれたお寺 おてら終活カフェ@應典院/大阪市 
  • 我が家の家系には、実家がお寺だった女性がいる。 と父から聞いてはいたけれど、縁は完全に途切れてしまっています。 〇〇県〇〇寺 と検索すればヒットするご時世なので探ってみたら、運悪く!?ストリートビュー撮影時は工事中だったらしく足場が組まれ、看板的なものも見えず、防音シートの向こう側がお寺なのか・・・微妙。  ホームページもないし、結局よくわからないし、ちょっと複雑な事情もあったそうだし、私が今 「こ [続きを読む]
  • 墓じまいをしたかった あの方の言葉
  • 「熊川さんのお墓セミナーいきたかったのよ!」 「ありがとうございます。」 「でも、その日は仕事があって。だからちょっと教えて欲しいんやけど。。」 「はい なんなりと」 「うち、お墓遠くてねー息子に継いで欲しいとも思わんし、元気なうちに墓じまいしようと思ってるんやけど」 「お寺さんには相談しはりました?」 「話したら喧嘩になって??」 「あらら。」 田舎のお寺さんとはもともと関係が薄いうえに、息子がいるの [続きを読む]
  • 台風21号から1週間、情報格差を感じた1週間。
  • 猛威を振るった台風21号が通過してから1週間。 市内の停電は解消されましたが、まだ影響が残っています。 TVで繰り返し流れた、駐輪場が本体ごと吹っ飛んだ豊中市に住んでいます。(あれってどこなんだろう・・) 低層マンションなのに、地震かと思うほど風で建物が揺れました。?? ベランダに飛び込んできた何かが壁にぶつかった跡が残っています。 幸いうちは目立った被害はなかったのですが、上階のベランダ・サンルーフが [続きを読む]