まずは一服 さん プロフィール

  •  
まずは一服さん: 電気主任技術者への道
ハンドル名まずは一服 さん
ブログタイトル電気主任技術者への道
ブログURLhttp://road2denken.blogspot.jp/
サイト紹介文電験合格に向けて、モチベーション維持のためblogを立ち上げました。2種合格まで目指します。
自由文2015年度、会社要請で第二種、第一種電気工事士試験を受験して合格。せっかく強電系の勉強したのだから、勉強を続けて電験も受ける事にしました。日々の学習の記録などを綴っていきたいと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/10/26 19:40

まずは一服 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【書籍】平成30年度版 電気設備技術基準とその解釈
  • 木曜日、神保町の三省堂に行ったら、平成30年度版 電気設備技術基準とその解釈が置いてあったので購入しました。電験2種の法規の過去に出題された問題を見ると条文の穴埋め問題が多いので、この本を眺めて条文を頭に入れておけば合格圏に近づけるものと考えています。内容は、インターネット上で見ることも出来るのですが、持ち運びやすさなどを考えれば、950円+税は安いと考えています。 [続きを読む]
  • 電験3種の免状が届く
  • 先日、申請した電験3種の免状が届きました。10/26に申請して、12/5付の免状が、12/6に届いたので、40日程度で届いた事になります。電気主任技術者免状送られて来た袋はこんな感じ。折れ曲がりを防止するため、厚めです。送られて来た封筒免許と一緒に、こんな紙が入ってました。電気主任技術者免状の送付についてこれで3種は上がりとなりました。この免状を活用できる日が来ることがあるかは不明です。(^^) [続きを読む]
  • 合格すると届く物 ~ その2
  • 前回の続きです。まずは交付申請書。免状交付申請書 続いて、交付申請要領。免状交付申請要領払い込みに関する注意。郵便局または銀行の窓口でないと駄目です。最初、セブンイレブンに持って行って断られました。ATMは使うなと書いてありますが、振込用紙には使用可となっていて、矛盾しています。 免状交付まで、2ヶ月程度掛かるそうです。払込に関する注意振込用紙表。バーコードが記載されていません。このため、コンビにでは取 [続きを読む]
  • 合格すると届く物 ~ その1
  • 昨年、科目合格した際は、葉書一枚でしたが、合格するとこんな大きな封筒が届きます。入っている紙の点数も多いので、ちょっと厚めです。合格通知などが入った封筒 試験結果通知書には、免状申請書がくっ付いています。振込伝票を貼る欄があり、免状申請の際に返送します。試験結果通知書と交付申請書 つづいて、合格のお祝いと共に、免状申請のご案内です。免状申請のご案内あと、合格おめでとうと、資格の活用について書いた紙が [続きを読む]
  • 電験三種合格しました
  • 発表から1週間以上経過してしまいましたが、昨年、3科目合格していた電験三種、残っていた電力も通り、無事合格出来ました。自己採点結果が60点だったのでまず大丈夫だと思ってはいたのですが発表が出るまでは分りませんからね。下記にある電気技術者試験センターの発表を見ると、合格ラインは全科目55点。科目合格率を見ると、電力と法規が1桁で相対的に難しかった様です。平成29年度第三種電気主任技術者試験の結果についてな [続きを読む]
  • 電力がなんとか合格ライン
  • 昨日、電験三種の試験に行ってきました。オーム社の、平成29年度 電験三種解答速報(解答例)で答え合わせをしたところ、60点で合格ラインに到達していました。これで去年科目合格していた3科目と合わせて、電験三種合格出来そうです。赤いマークを付けた問題が、直前に勉強して正解に繋がった問題です。正解の半分が該当します。実力というより、直前に勉強した部分が出るという幸運に見舞われた感が否めないのですが、まずはホッ [続きを読む]
  • 完マス Chapter 8 練習問題
  • 完マス Chapter 8 練習問題を解いてみました。Chapter 8 の例題を解いているので、平易な問題は解けるようになって来ていました。平易な問題が一通り解ける様になれば合格ラインには達すると考えていますが、この領域の問題が平易とは限らない訳で、幅広い領域でこのレベルに達している必要があります。また、もう一度解きなおしをして記憶の定着を図る必要がありますが、そこまで手が回りそうにありません。どう転んでも、試験日 [続きを読む]
  • 完マス 8-9 各種電気方式の比較
  • 完マス 8-9 各種電気方式の比較を見てみました。ここの内容、基本的な原理が分っていれば自然と導出出来る結果を並べている平易な内容のまとめとなるのでしょうが、如何せん、基礎力が不足しすぎています。そのため、私にとっては長大な暗記物。さすがにキツイです。(^^; [続きを読む]
  • 完マス 8-7 電力動力共用方式
  • 完マス 8-7 電力動力共用方式の例題を解いてみました。その前に、「3. 変圧器容量などの求め方」にあるベクトル図が理解できませんでした。Ea,Eb,Ecが120°の関係になっているのは三相交流なので良しとして、他のベクトルが、なぜそんな角度で出ているのかが理解できませんでした。ただ、単相力率100%、三相力率cos30°の時は電流を算術加算出来ることだけ覚えておけば、試験には対応できるのかも。 [続きを読む]
  • 完マス 8-6 単層3線式
  • 完マス 8-6 単層3線式の例題を解いてみました。電流の向きに注意すれば比較的、平易な問題。バランサが入ると、中性線に流れていた電流を向きを変えて半分に割って流すため、両端の線に流れる電流は同じになる。負荷の力率が異なる場合は、複素数で処理。といった辺りがポイント。 [続きを読む]
  • 完マス 8-5 ループ式線路
  • 完マスで、 8-5 ループ式線路の例題を解いてみました。基本的にキルヒホッフの法則を使います。注意しなければいけないのは、電線の本数と電流の向きですね。単層2線なら×2、三相3線なら×3が必要になる所があります。単層3線式の場合は、バランスが取れいていないときの中性線の電圧は片方で符号が引っくり返ります。 [続きを読む]
  • 完マス 8-4 力率改善
  • 完マスで、 8-4 力率改善の例題を解いてみました。ベクトル図を描くのが基本ですね。電圧降下より、問題のバリエーションの幅は狭いが、どこから手を付けて良いか迷ってしまう問題もありうるので要注意といった感じでした。難問が出たら、まだ厳しいです。 [続きを読む]
  • 書籍・電験三種 公式&用語集
  • 電車の中で、公式などをざっと覚えようかと思い、昨年購入したのが本書。電顕三種 公式&用語集暗記が必要な事項を先に覚えておけば、本格的に勉強する際に楽だろうという発想だったのですが、基礎知識の無い事は、なかなか頭に入って来ません。という事で、現在は、先に完マスを進めています。一通り終わると記憶の整理には便利そうです。 [続きを読む]
  • 今回の試験勉強の方針
  •  試験まで、あと1ヶ月程となってしまいましたが、なんとか合格点を取れるレベルに持っていくため、今回は下記の勉強法で行きたいと思います。1. 過去問のチェック まず資格試験の基本は、過去問を解く事。第二種電気工事士レベルの非常に簡単な試験だと、過去問と答えを暗記するだけで満点近く取れますし、多少レベルが上がった第一種電気工事士レベルでも、新傾向問題の比率はせいぜい10〜20点程度なので、十分合格点が取れるレ [続きを読む]
  • 試験結果通知書が届く
  • 昨日帰宅したら、電験三種の試験結果通知書が届いていました。Webでの検索結果通り、理論、機械、法規の3科目の科目合格でした。試験結果通知書ここに記載されている「試験結果通知書の番号」16T16-01850Lが分からなくなってしまうと科目合格が使えなくなってしまうようですね。ということで、紛失対策としてblogにそのままupしました。 [続きを読む]
  • 3科目の科目合格
  • 昨日、Webで合格発表がありました。平成28年度第三種電気主任技術者試験の結果について合格基準と合格率は、理論科目 55 点以上 (合格率 18.5%)電力科目 55 点以上 (合格率 12.4%)機械科目 55 点以上 (合格率 24.3%)法規科目 54 点以上 (合格率 14.2%)との事。今年は、機械の合格率が高いですね。電力の倍です。私個人の結果は、自己採点結果で予想していた通り、理論、機械、法規の3科目の科目合格となりました。受験票試験結果 [続きを読む]
  • これまでに取得した資格
  • 私がこれまでに取得した資格を以下に挙げて見ます。上位資格で代替できる資格は省略します。★無線系・第一級アマチュア無線技士 生まれて初めて取得した資格は「電話級アマチュア無線技士」でした。その後、2アマ、1アマと取得していきました。・第一級陸上無線技術士 電気通信主任技術者(伝送交換)を取得してから受験したので科目合格が効いて楽でした。この前に、「第一級陸上特殊無線技士」も取得しています。・航空級無線通 [続きを読む]
  • 自己採点の結果
  • 全然準備が出来ていない状態で受験した今年の電験3種。とりあえず会場慣れしておくか、といった程度で行きました。全科目惨憺たる結果を覚悟していましたが、自己採点の結果は、理論 55電力 45機械 60法規 62と機械と法規が合格ラインの50点を超え、理論がその年の合格点の変動で合格となるボーダーライン上の点数。マークミスが無ければ、2〜3教科の科目合格が期待できる結果になりました。理論の選択問題に得意分野の無線系問題 [続きを読む]
  • 電験受験blog始めました
  • 初めまして。本日から電験受験のblogをスタートします。 元々、資格試験は好きで、色々な資格を取っていたのですが、ここ10年くらいは情報処理を除いて手を掛けた分野の資格を取りつくしてしまったため、休止状態となっていました。しかし昨年、勤め先から要請された事もあり、下記の電気工事系の資格を取得しました。第二種電気工事士取得(上期)第一種電気工事士合格認定電気工事従事者認定証取得(第一種電気工事士合格により無試 [続きを読む]
  • 過去の記事 …