beta さん プロフィール

  •  
betaさん: 東京フォトライフ
ハンドル名beta さん
ブログタイトル東京フォトライフ
ブログURLhttps://bijibai.com
サイト紹介文ライカDⅢやNEX-5Rにエルマー50?F3.5を装着して東京の街をバイクや実用車で撮り歩いてます。
自由文ビジネスバイク(実用車)は日本の宝だと思ひます。
クラシックバイクの歴史は歴代オーナーからの、バトンタッチにより今日も築かれ続けています。
ノスタルジーなネタも多めのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/10/26 21:55

beta さんのブログ記事

  • 80年前のカメラで立石を撮りたくってⅢ
  • Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100センベロ でも有名な江戸っ子、以前入店した時には、普通とは違う強いハイボールにノックダウンされかけました(笑) Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100ドア全開の図、夏の下町らしさも全開! 非冷房時代の電車やバスみたいだ。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100いつもの路地にて。 Camera:Leica D [続きを読む]
  • 80年前のカメラで立石を撮りたくってⅡ
  • 西日が眩しい時間になると買い物や家路に向かう人で駅前も少しずつ賑やかに。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100前来た時と同じ時間が繰り返しリピートされている様な空間、めまぐるしく変化の激しい近頃では、貴重な存在かつ大事な心のよりどころの一つだと気が付 [続きを読む]
  • 80年前のカメラで立石を撮りたくってⅠ
  • 1930年代生まれのカメラ LEICAdⅢ を手に入れてから立石を撮りに来たいと思い遂に一つ計画が実現した。Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100シャッタースピードは500までで必要最低減の装備、当然露出計も無くシンプルこの上ない仕様。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100ISO100のフィルムなのでやや暗い [続きを読む]
  • 大井川鐡道再訪。
  • 数年に一度、蒸気機関車が引っ張る旧型客車に揺られたくて大井川鐡道に乗りに来ます。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100戦前・戦中に製造された車両だけに、今日の車両とは違い重圧で各部に木部と地の金属部分やペンキ塗りの部品が混在し、質感やニオイとなり旅情を盛り上げてくれます。今の高性能車両とは月とスッポン、質実剛健・堅牢さでは明らかに勝りますが・・・ Camera:Leica DⅢLens:Elmar [続きを読む]
  • 昼下がりの根津Ⅱ
  • Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100戦災を免れた長屋造りの通りを歩く。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100細い路地と家屋に立てかけられた材木が、往年の下町をうかがわせる。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100こちらは、植木屋さん。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100植木が生い茂り独特の雰囲気。 [続きを読む]
  • 昼下がりの根津Ⅰ
  • 根津界隈の再訪です。Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100 Camera:LeicaDⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100ちょっと懐かしめの看板を見かけました。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100地味に咲くアジサイ。 Camera:LeicaDⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100 Camera:Leica D [続きを読む]
  • フィルムで撮る丸美ストアー
  • 半年ぶりの丸美ストアー、暗がりでの写りを確かめにバルナックライカ片手にアーケードへ。Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100入口近くのお肉屋さんで一枚、黒味が活きていて素晴らしい。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100逆光に弱いエルマーだけに解像度がイマイチ。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm [続きを読む]
  • 朝の調布百店街
  • Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100朝早い調布百店街・・・夕方からの深夜にかけての活気が嘘の様に誰もいない。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100シャッターが降り静かな時間帯。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100ピントの甘い写真が平成とは、思えない世界にしてくれる [続きを読む]
  • 平成最後の夏を前に立石へⅢ
  • 7月で線路側が解体されてしまう 呑んべ横丁 へ足を運ぶ。 入り組んだ、この景色も過去になってしまった。 去年訪れた時よりも活気が無く行き行く人も、少し減った感が否めない。 哀愁が一層増す薄暮。 ニッケルエルマーが柔らかな描写を写し出す。 不意にどこかのスナックから 河内おとこ節 が路地に漏れ雰囲気を盛り上げると同時に終末が迫ってきている事を予感させてしまう。 残った店舗は、今 [続きを読む]
  • 平成最後の夏を前に立石へⅡ
  • あちらこちらで、東京から失われた景色が沢山残っている。ダイヤル上に100円玉を挿し グルリ と回すタイプのガチャガチャの横で夕涼みをする看板猫。 純喫茶ルミエール。 21世紀だけれど20世紀感覚。 今日まで築き上げられて来た文化が活きる町、立石。 いつもと変わない時間が過ぎてゆく鳥房。 いつもお客さんが絶えない駅入り口付近にある 愛知屋 さん。 つづく。 [続きを読む]
  • 平成最後の夏を前に立石へⅠ
  • 去年の暮以来の立石訪問になりました。相変わらず商店街は、活気に満ちております。再開発はどこ吹く風か・・・ 夜の暗がりでは発見できなかった路地も発見。 意図しない放置されたコーラの空き瓶が下町らしさをグッと上げる。 仕事を終えたお父さんたちで賑わい始めてきました。 つづく。 [続きを読む]
  • 夕方の豪徳寺Ⅱ
  • Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Film:Fujifilm Acros 100豪徳寺商店街を抜けた場所にある中華料理屋に佇む、お約束のスーパーカブ。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100今は取り壊されてしまった北村塗装。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100藁ぶき屋根の面影が残る観賞魚店。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100 Camera: [続きを読む]
  • 夕方の豪徳寺Ⅰ
  • なんとなく行った事の無い商店街に行ってみようと思い、夕方になり豪徳寺の地へ降り立つ。Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100車一台が通れるくらいの狭いワインディングな道路の山下商店街、小田急線を挟んで丘陵状になっていて勾配もあるので都内でも余り見ないタイプの商店街だ。 Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100行列の出来ている焼き鳥屋を発見、夕飯のお酒のお供に [続きを読む]
  • 消えゆく半世紀前の団地達。
  • 久しぶりにカメラを片手に、取り壊しが始まろうとしている大蔵団地の一角にやってきた。 既に人の気配を感じない2棟の建物。 外にむき出しに組まれている配管が、子供の頃遊んだ団地の建物と同じで懐かしい。 建物は壊され解体されても、半世紀かけて構築された人々の思い出は心に残る事でしょう。 [続きを読む]
  • ニッケルエルマーで谷中散歩Ⅴ
  • 陽も落ちかけ夜の帳が幕を下ろす。 艶の消えた平屋の家屋と周辺地図の良きコントラスト。 藤が咲き誇る長屋の店舗前が美しい。 根津にたどり着くと、また新しい商店街を発見したが時間も時間なのでまた今度の楽しみに取っておきます(笑)おわり。 [続きを読む]
  • デジタル写真かフィルム写真か。
  • 先日フジフィルムからモノクロームフィルムACROSの生産終了がアナウンスされ、いつかこの日が来るとは思っていました、富士フィルムの収益を占める1%くらいがACROSだったようで買い手がいなければ、消える運命なのは自然の道理と同じですね。Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:FUJI FILM NP ACROS100デジタルカメラが爆発的に普及し 一眼レフ・コンパクトカメラ・スマートフォン 誰でも簡単に綺麗でシャープでピンボケ [続きを読む]
  • デジタル写真かフィルム写真か。
  • 先日フジフィルムからモノクロームフィルムACROSの生産終了がアナウンスされ、いつかこの日が来るとは思っていました、富士フィルムの収益を占める1%くらいがACROSだったようで買い手がいなければ、消える運命なのは自然の道理と同じですね。Camera:Leica DⅢLens:Elmar 50mm F3.5Film:Fujifilm Acros 100デジタルカメラが爆発的に普及し 一眼レフ・コンパクトカメラ・スマートフォン 誰でも簡単に綺麗でシャープでピンボケし [続きを読む]
  • ニッケルエルマーで谷中散歩Ⅳ
  • みかどパン店を後にし三浦坂にやって来た。大谷石の壁と奥に見える柳が品の良い山手を良く演出している。 自然石の塀と植物のマッチングは、いつ見ても見事だ。 こちらは、あかぢ坂。坂の麓から豆腐屋さんが実用車を押して上がってきそうな雰囲気の坂。 崖線の下に構える真島稲荷神社、奥まった場所にあり神々しい雰囲気漂う。 谷中エリアから離れ、徐々に根津エリアに入ってまいりました。 つづく。 [続きを読む]
  • ニッケルエルマーで谷中散歩Ⅳ
  • みかどパン店を後にし三浦坂にやって来た。大谷石の壁と奥に見える柳が品の良い山手を良く演出している。 自然石の塀と植物のマッチングは、いつ見ても見事だ。 こちらは、あかぢ坂。坂の麓から豆腐屋さんが実用車を押して上がってきそうな雰囲気の坂。 崖線の下に構える真島稲荷神社、奥まった場所にあり神々しい雰囲気漂う。 谷中エリアから離れ、徐々に根津エリアに入ってまいりました。 つづく。 [続きを読む]
  • ニッケルエルマーで谷中散歩Ⅲ
  • 曇りの夕方は、独特の青みがかった描写を表すニッケルエルマー。 蔦ハウスにも新緑が登場。 みかどパン店脇に空高く伸びるヒマラヤ杉。あまりの巨木に50?では収まらない(笑) さすがのエルマー、シャドー部が潰れない。 さすがに17時近いので道行く人は少ない。 つづく。 [続きを読む]
  • ニッケルエルマーで谷中散歩Ⅰ
  • 晴れの日のエルマーは、光線が強くてバルサム剥がれ気味のレンズには少々キツイ部分が現れる。曇りの日の描写はしっとりとして乙である。 先月まで、ちゃんとしていたアパートだけれど。 どうやら解体されてしまう。 こうして一つずつ昭和がポツポツと消えてゆく。 狭い袋小路に迷うとそこには、僅かな露地からチューリップとスズランが、たくましく花を咲かせていた。 つづく。 [続きを読む]
  • つつじが見ごろの神代植物公園。
  • そういえば去年は、つつじが終わりバラ祭りでエライごった返している時に行ってうんざりしたのでバラが咲き誇る前に植物園へ。カエデの葉のカーテンと深大寺の茶屋。 レンズは終始、RIKENON XRにプロソフトンBという組み合わせの和製タンバールに徹する撮影。 気温は30℃近くになるなか、結構な賑わいを見せる園内。 ツツジ科のシャクナゲも綺麗です。 時折風が吹くと豪快に松の花粉が舞ってい [続きを読む]