eri♫rin' さん プロフィール

  •  
eri♫rin'さん: あなたとアートと音楽と you and art and music
ハンドル名eri♫rin' さん
ブログタイトルあなたとアートと音楽と you and art and music
ブログURLhttps://ameblo.jp/amesatin/
サイト紹介文美術のアーティストでジャズを歌ってます。そしてねまきと下着のアーティストでもあります。
自由文今ここに降りてきたことで毎日を楽しみながら生きるシンクロニシティー生活をしています。今はジャズとねまきと下着づくりの日々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2016/10/28 15:15

eri♫rin' さんのブログ記事

  • 極を経験して知る自分
  • 今年は立秋が8月7日でこの日は夏が極まり秋の気配が立ち始める日だそうです。 立秋は二十四節気でいうと一年を24に区切った中の13番目の期間も示していて今年は23日まで。 暑さは続いていますがそれでも立秋に入ってからは夜には少し涼しくなってきましたね。                                        私の人生は秋から晩秋といったところでしょうか?終わりがわからないので特定 [続きを読む]
  • 壮大なテーマを持つ
  • おととい8月11日の日食の新月はほんとにすごいパワーを感じました。 とても不思議な体験をしました。 ちょっと言葉に書き出すのが難しいので具体的には書けませんが、私の中に埋もれていたものが少し整理されて手放すことが出来たようです。 スッキリとまでは行かないのだけど糸口が現れてこれからどんどんそこを整理できる気がしています。               私はこのブログは自分の実践の記録、また日々の日記の [続きを読む]
  • そうだ自分を感動させよう!
  • ここのところ次のライブの準備にかかっているんですが、今私はとにかく自分ももう1段引き上げたいと思って日々歌に取り組んでいます。 そして突然思いつきました! そうだ自分を感動させよう! 自分も感動させられなくて人を感動させられないでしょ まず自分が自分の観客になって感動させてみようと思ったんです。 何に感動するかは・・・・・歌そのものに感動するが一番いいけどなかなかそれは高い目標なので、よくこ [続きを読む]
  • 情報は使いこなしてこそ役に立つ
  • 今は色んな情報があふれていてネットで無料で簡単に手に入れられますね。本もたくさん出ています。 あらゆるノウハウ〜お金持ちになる、仕事で成功する、幸せになる、結婚するなどなど・・・。 でもこんなに情報が溢れていても後から後から新しいものが出てくるってことはその本なり情報なりで結果が得られていない人もあふれているからでしょう! 知るということとそれを実践できるって全然別のことですよね。         [続きを読む]
  • ”なんでいつもお金があふれているんだろうと思うだけ”
  • 広中裕介さんの新刊を読みました。 彼はまさに私が昨日書いたみんなで幸せになる、に向かう道筋を真剣に考えている人だなって思います。 若い人が頑張ってるのってほんとに希望になりますよね。 広中さん以降ゆ〜すけさんでいきますねの本は最初の本も読んだしブログも読んでいるので今回の本もだいたい入っている感じですが、本にまとまると新しく自分へのインパクトになっていいです。               自分を大事 [続きを読む]
  • 戦争で傷ついた魂の未来に私達は立っている
  • 今日は長崎原爆の日ですね。ここのところ硬い記事を書いていますがこれは私が書きたいというよりむしろ誰かからの伝言のような感じなんです。 戦争の記念日が近いからそれに向けてなにか書こうと思ったわけじゃないんです。たまたまこういう”考え”が降りてきて、そう言えばちょうど原爆や終戦記念日に近いんだと気がついたという感じ。               戦後73年ということを書いていて73年て別にきりはよくな [続きを読む]
  • 怒るときは怒ればいい
  • なんかもう怒らない人になってるみたいな書き方しちゃった気もするのでちょっと補足。 もちろん私も怒るようなことがあれば怒ります。 高校野球で神奈川が今回みたいな記念大会でしか2校でられないのなんてもう30年以上前から怒り続けています。 もしや2校出場できるようになったのか?と思ったら、やっぱり記念大会だからというのを知ってがっかり、また頭に来てます。 神奈川だけじゃなくて他にも千葉、愛知、大阪も多 [続きを読む]
  • 世界の平和は自分の平和から〜2
  • 昨日書いた記事はちょっと話が突然飛躍していましたね。 戦前までの個人は人に奉仕すべし、というモラルが戦後の民主主義、個人主義、自由主義といった新しい価値観にある日を境にひっくり返るという極端な経験をした日本人。 それと自分を大事にすることがその両極端のギャップを埋める鍵になる、ということを昨日書きました。 私は自分の問題にいろいろ取り組んでいるうちに、自分が自分を大事にするのがまだ足りていないと [続きを読む]
  • 世界の平和は自分の平和から
  • 急に涼しくなりましたね。 蓮の花もこれが最後ですね。 昨日は広島に原爆が落とされた日、そしてもうすぐ終戦記念日。 このごろ思うことがあります。 私達は集合意識というものに結構な率で支配されているのだな、ということ。 これは大きな社会集団を作って生きる人間にはある意味当たり前かもしれません。 しかも人間は文字や物によって文化を集積することが出来ますから、時間的な積み重ねもその集合意識には含まれているで [続きを読む]
  • ジンジャーシロップ作ってみました!
  • ジンジャーエールの素、ジンジャーシロップを作ってみました。 「血流がすべてを解決する」を書かれた堀江 昭佳さんのこの記事に触発されて、ほかのレシピも参考に自分流。 だいたい皆共通しているのが生姜:砂糖:水=1:1:2ということ。 私は辛口にするため鷹の爪、クローブ、シナモン、黒胡椒を入れました。 生姜を刻んで(私はフードプロセッサーで)砂糖とスパイスを入れて煮詰めること20分ほど。 どなたかのレシピに [続きを読む]
  • コムイルフォーの靴
  • ネットで買った素敵な靴が届きました。今は海外の通販もほんとに早いですね。 靴をネットで買うなんて通常はしないんですけど、この靴は実際にお店で試着したのでデザインは違うけど多分大丈夫だろうと思い切って買ってみたんです。 アルゼンチンのタンゴシューズなんです。 ステージ用の靴を探していたんです。 ヒールの高い靴はどうしても動きづらい、かと言って低い靴ではなんだか華やかさにかける、というところ。 それでこ [続きを読む]
  • 初めての競馬場体験
  • 相変わらず暑いですね ただ8月に入って少し太陽が陰るのが早くなったので4時位になると少し楽になりますね。 とはいえ家の中にいても熱中症になるほどの暑さです。 昨日は朝から冷房を入れていたのにどうもなんか具合悪いなと思っていたら熱中症に軽くかかったみたいです。 水分をあまりとっていなかったことが敗因だったみたい。軽い頭痛になりました。 それでも元気だして夕方から初体験の大井競馬場へでかけましたよ。 友達 [続きを読む]
  • シャイな本質
  • いよいよ8月ですね。日差しも少し角度が低くなりつつあるような。暑さの中に秋に向かう匂いを感じてしまいます。                       歳のせいかこの頃まわりのイキのいい人たちの活躍が嬉しくて思わず涙腺が緩みそうになります。 ひと事なのにひと事じゃない。 新しいことにどんどんチャレンジしている姿を見るだけでワクワクしています!              今私の周りには素敵なクリエ [続きを読む]
  • 当たり前すぎる自分の持ち物
  • 今日二度目の更新!どうしても書き留めておきたくて。 今朝ゴミ出しに行ったときに例の花を摘む人が子供と孫が車で旅行に出かけるのを見送っているのに遭遇しました。 シュノーケルがナンタラカンタラと言っていたので海のリゾートに向うところでしょう。 なんとも微笑ましく幸せな光景です。 こんな素敵な家族に囲まれて暮らしているのに〜娘さんの家族と同居しているらしいです〜何であんなすごいことするのかな?って思いまし [続きを読む]
  • 不安も自然の内
  • 昨日は野毛のジャズスポットドルフィーの加藤英介さんのピアノソロライブに行ってきました。 インプロヴィゼーションとオリジナル曲ということで、私も絵かきとしてはインプロヴィーゼーション的な作品を作ってきたので興味津々で伺いました。 この世界のすべてのものはエネルギーで出来ているともいわれています。 純粋に自分がいいと思うものを追求するエネルギーで作られた作品は美しいものだなって改めて思いました。 音楽 [続きを読む]
  • 上手くなくても伝わるものを作りたい
  • 昨日久しぶりに三渓園に行きました。 今は蓮の季節です。 7月の中旬から8月の上旬まで土日祝日限定で朝6時から開園するんです。 と言ってもそんな早くに行けず普通の時間に行きましたが。 近いのになぜかこの蓮の季節はあまり入ったことがなかったみたいです。 白蓮だとばかり思っていたらピンクの蓮でした。 とても大きくてびっくり。 花も葉も茎も我が家の蓮の何杯もの大きさで圧倒されました。 記念館の横の池には白蓮が鉢 [続きを読む]
  • 本来の自分と自分の可能性という車の両輪
  • 先週は2日続けてレッスンでした。ピアニストとヴォーカルと。 そのレッスンを通じて、自分を信じるということは欠点を含めてのありのままの自分を認めて受け入れることと、自分の可能性を信じてより良い方向に自分を持っていくということの両立について考えました。 この2つはもしかしたら車の両輪みたいなものなのかもしれません。 どちらかに偏っても幸せな方向には進まない。               ジャズを歌い始 [続きを読む]
  • うまく行っても行かなくても何をしてもOKだと思う
  • 断捨離をしながら過去を振り返るともう自分は何をしてきたんだか・・・という思いばかりになります。 前にも書きましたが無駄のオンパレード でも、こんないい年になってやっと思えるのはほんとに何をどうやってもいいんだなということ。 うまく行こうが行くまいが、それが何も結果を残さなくても、あるいは残しても、それはどこまでもおまけであって、生きてきたことそのもの、道そのものが尊いんだなって。 なんかそんな思い [続きを読む]
  • ガラクタと思い出
  • 暑さがちょっと緩んだこの数日ですね。 今日やっとゴミの一部を出せて少しスッキリしました。 そして引き続き断捨離やってます。 小さな引き出しを整理したら、ちゃんと使っていたものはほんのごく一部であとは全部ガラクタでした。 ここまでガラクタを後生大事にとっていたことがなんだか不思議ですけど、逆にいうとやっぱりそういう場所もこれまでは必要だったんでしょうね。 長年使っていたペン立ても捨てました。なんとなく [続きを読む]
  • 豊かさの鉱脈は自分の中にある
  • 豊かさは自分で認めた瞬間に訪れる!ってこれほんとに心から信じる人がどれだけいるのかな? でもこのくらい真実なことないと私は思うのですね。 テレビの旅行記の中でも海外の貧しい国の村や、日本でも何もない村なんかに訪れて、その住民がとても心豊かに暮らしているのを見てびっくりする、という図がよくあります。 でも、これ、特別な場所として取り上げられるから、なんか自分とは遠い世界みたいに思いがちだけど、これ [続きを読む]
  • 断捨離第二弾〜自分の浄化は家の浄化から
  • 蓮の花つぼんたところもかわいい 昨日は娘の音頭取りで家の断捨離をスタートさせました。 2年前に大々的な断捨離をしましたがその時手つけきれなかった部分を今回やることになりました。 それで昨日は一日働いてゴミ袋23個。 要らない布団やマットレスなど大物中心なので一部は裁断してこんな数になりました。 なんか壮観ですね。これだけのゴミ出すと。 そして残した布団も干したり洗ったりですっかり浄化することに。 積も [続きを読む]
  • 豊かさは自分で認めた瞬間に訪れる
  • 自分を信じるということは宇宙を信じるということともほぼイコールだと思っています。 どんなときにも宇宙は自分を見捨てない、と信じる。 宇宙は無限の豊かさがあるので枯渇するなんてことはないと信じる。 私は私のことろくに知らない人からもセレブとか言われることがよくあります。 別にセレブでも何でもないんですけどね。 でも、もしそういうオーラをどこかに醸しているとしたらその原因はもしかしたらアートを収集してい [続きを読む]
  • 若者が作った新しい形の村〜cift
  • 今日は朝帰り!というのも昨夜は渋谷に住んでいる音楽のお友達横澤ローラの家に泊めてもらったので。 昨日は彼女が住んでいる渋谷キャストの中のシフトの共有スペースでライブがありました。 終わってまだ電車ある時間に帰ったんです。 ところが渋谷の駅について改札に入ろうとしたときにスマホがないことに気が付き、ああ忘れてきちゃった!と、その時点で帰ることは諦めました。 ローラのユニットオノマトペルのクラウドファン [続きを読む]
  • 自分にケチらない
  • 今日は私が応援しているシンガーソングライター横澤ローラのクラウドファンディング最終日!ということで渋谷キャストで感謝祭フリーライブがあります。渋谷キャストってまだ行ったことないのだけど去年できた新しいコンセプトの運営をしているところみたいで面白いですね。 その中の防音室を住居兼スタジオにしている彼女は独自の世界観を音楽にしている素晴らしいアーティスト!初めて出会ったときからずっと応援していてうちで [続きを読む]
  • すべてのことは不可抗力で起こる
  • 今年は関西の地震の後に大水が出て次はこの猛暑と、次から次へと天候による被害が出ています。 こういう天災は人間の力ではどうすることもできない、それこそ不可抗力ですね。 でも、私達に起こることは究極的に言うとすべて不可抗力だとも言えるかもしれないと思いました。 昨日書いた見捨てられ恐怖からくる防衛反応を身につける話。 無力に生まれてそういう防衛反応は生存のために人が必死に身につけていくものです。 人間が動 [続きを読む]