rainbow さん プロフィール

  •  
rainbowさん: 植物×日本×時々カメラ。
ハンドル名rainbow さん
ブログタイトル植物×日本×時々カメラ。
ブログURLhttps://rainbow888.me/
サイト紹介文独断植物愛。家にいる植物はジャンル問わず。仕事でストレスためないための発散ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/10/28 00:31

rainbow さんのブログ記事

  • ガーデンアネモネパブニナの一年。
  • 心待ちのアネモネ・パブニナ販売の時期がやっと来た。よく行くお店に並んでた。やさしい貴重色トキ色ゲット。アネモネ。パブニナの一年を今年の開花まで追っかけようと思う。2017年3月13日 右)2017年春昨日購入苗。左)2016年春購入後6号スリットロングにすぐ植え替え株。一年でこれだけ大きくなった。2016年夏、地上部何もなく。写真は2016年10月。秋の彼岸後9月下旬ころ目覚めた。このあと、手持ちの肥料グリーンキングをポ [続きを読む]
  • 多肉植物。芽と爪に萌ゆ。
  • 多肉植物。実は少し?いやそれなり?にいる。屋外でいくと、ミセバヤ系はとにかく昔から好きで好きで、ただいま越冬スタイル真っ盛りの姿がたまらない。この時期のこの状態が好きで愛おしくて仕方ない。ベランダにはこんな株が・・・。オザキフラワーパークさんを散歩(笑)中、目があってしまった。遠めに端正なシルエットで猛アピールしてきた。エケベリア・ザラゴーサ交配種。同じ札が2〜3枚あってもすべて違う姿でなんか楽しい [続きを読む]
  • 花心待ちアネモネパブニナ。
  • 花に会えるのは一ヵ月後くらいだろうか。アネモネパブニナ。いくつかあるうち一番葉を出している株は、今こんな状態。でも、同じスリット鉢植え替えもので同じ場所にいる他の株の中には、葉が落ちてしまったものもいた。おそらく2週間ほど前の東京にして氷点下までいたった日、根鉢、葉の凍結があった日にやられたのだと思う。それはそれであきらめず見守りたい。下の写真は、2016年10月末の夏の落葉休眠を経て、目覚めた株の様子 [続きを読む]
  • 東京狭小庭。草花の冬芽たち。
  • 真冬敷地をうろっとすると、ふと、冬芽が目についたりする。どこかできれいに掃除してしまうだろうから今日はあえてそのままの状態を記録。オダマキは、いくつか昨年秋に連れて帰り植え替えしていたものだ。アクイレギア”ブラックバロー”〜Aquilegia vulgaris plena ‘Black Barlow’〜このたくましい芽が本当にたのもしい。アクイレギア”ファイヤークラッカー”〜Aquilegia hybrida”Firecracker”〜アクイレギア”イエローク [続きを読む]
  • 個性たっぷりクリスマスローズ新顔。
  • この時期 増やさない努力は並々ならい。それでもポツポツ増えてしまう。今季ここまでの(苦笑)我が家のNewFace。[野田園芸] SD セミブロッチ。丁寧な品揃えしていそうなお店でも均一価格なんかにしていると、まれにラッキー株に出会える。正直好み・・・とはちょっと違うけど、ブロッチ好き、セミ好き、があいまみって、手が出てしまった。引いて見るのと、アップで見るのとでは印象が大きく変わる。セミとしべがキラキラ華やか [続きを読む]
  • スノードロップに萌えてみる。
  • 新年早々 我が家にきたスノードロップの二つの品種。もともと好きだけど この大きさの差がなんともツボに入った。お見合いお見合い・・・。大きい方はコーカサス。ぽってりした質感とちょっと大きい花に魅了された。学名は花の色が由来Gala(ミルク)anthos(花) でGalanthus。なるほど。スノードロップ・コーカサス [横山園芸]〜Galanthus caucasus〜英名:Snowdrop別名:マツユキソウ,待雪草種別:2〜3月原生地:ヨーロッパ [続きを読む]
  • ビオラ今まで一番の色。
  • けっこうな花を今まで見たつもりだが、花にこんな色表現があるのか・・・と絶句した一株。ビオラ “evolve”。〜Viola × wittrockiana “evolve”〜開花直後はこんな色。空色がベースなんだ。他にはこの色。もうひとつくらいあったかもだが、値段も立派だったので、くぎ付けで目が離せないこの2株を買った。即鉢ましはしたが、置き場が悩みどころ。2階のベランダだと、気がついたら枯れた・・・なんて事件が起きそうだ。1階で [続きを読む]
  • 原種シクラメン・シプリアム。
  • マゼンダカラーのアクセントが美しい白花が咲いている。シプリアムだ。この時期に花を見れるのはなんだかとてもいい。本を読めばMの字という表現。しかり。きゅっと下のほうがしぼむフォルムもとても魅力的だ。原種シクラメン シプリアム〜Cyclamen cyprium 〜種別:秋咲き。11〜12月。原生地:キプロス島。香り:強い難易度:★耐寒性:やや弱い耐暑性:強い耐乾性:やや強い庭植え:NG深さ:全香りが強いとされるが、今回はよ [続きを読む]
  • 原種シクラメン・シリシアム・白花も。
  • 今日咲いていた。第2弾。原種シクラメンのシリシアム。いつから咲いていたんだろう。薄い縦縞を描き、花びらの先が少しぎざぎざしている。ミラビレのような雰囲気を持っている。とても好きだ。ふと・・花の香りをかおってみた。驚いた。シクラメンに香りがあったとしても粉っぽい程度という認識だったがこのシリシアムは ちゃんと花の香りがする。原種シクラメン シリシアム アルバム [横山園芸]〜Cyclamen cilicium f. album〜 [続きを読む]
  • ミニバラ アイオープナー仕立て直し。
  • そもそも今日植え替え作業しなきゃのきっかけ。ミニバラ アイオープナー。数年前に国バラ会場で会場外のSHOP装飾につかわれていたところを一目惚れした花だ。今年樹木に思った以上陽をうばわれる場所にいたため、生きていたことが奇跡・・・。ごめんなさい。株もともこんな状態・・・。胸のつまる想い。元気な葉。君たちのおかげだよ・・。ひとまず的にシンプル赤玉腐葉土牛ふん系ブレンド土を作って植え替え。枯れ枝整理。思わず [続きを読む]
  • 原種ネリネ・ウンズラータが咲いた。
  • やっと休みだ・・・。植え替えなきゃな植物がたまっている。掃除洗濯と平行で外の植物たちのところへ。あ・・・。咲いてる。咲いた。ウンズラータだ。本当に本当に繊細でガラス細工のように美しい。ツワブキ以外に花がないからよけいにはかなく切ない存在感。ネリネ “ウンズラータ”。〜Nerine undulata〜ヒガンバナ科花:11月草丈:60?昨年ポットでふたつ買ってからの初の開花だ。小さなポットでかなりはらはらしながらもダイヤ [続きを読む]
  • シスタス”スノーファイヤー”
  • お迎え。植え替え。宿根草屋さんで妙に気になって購入。株もとには どきどきものの希少球根を一緒に植えた。シスタス”スノーファイヤー”〜Cistus ladanifer “SnowFire”〜Cistus × purpureus(C. creticus × C. ladanifer)〜別名:ロックローズ[rock rose]。和名:ゴジアオイ[五時葵]。ハンニチバナ科コジアオイ属 耐寒性常緑低木花期:5月花色:ホワイトに赤ブロッチ花径:5cm草丈:約100?横張り耐寒:強い耐暑:弱い環 [続きを読む]
  • カラマグロスティス ブラキトリカ。
  • お迎え。植え替え。カラマグロスティス ブラキトリカ〜Calamagrostis brachytricha〜別名:ダイヤモンド コリアン フェザーリードイネ科耐寒性宿根草[耐寒性落葉性多年草]花:晩夏〜秋草丈:約100?耐寒性:強い耐暑性:強い環境 :日向原産地:東アジア柔らかな羽根のような穂。晩夏からボリュームの ある穂をつけ始め、咲き進めるごとに色合いをピンク、 シルバー、クリーム色へと変化させ非常に観賞価値が高く耐寒性も強く [続きを読む]
  • 今頃原種シクラメン種蒔き。
  • 蒔くべき時期を大きくずらして今ごろ原種シクラメンの種まきをする。種は一日水につけておいた。種蒔き用土として下記を購入。左:こんなにこまかな粒状でブレンドされている土はなかなかないだろう。意外といろんな用途に活躍させている最近大のお気に入りの土だ。右は化粧砂として一緒に・・。鉢底石がないのでバーミキュライト。用土を8割入れ水をかける。品種ごとに種を蒔いていく。化粧砂をのせて完了。種は光を嫌うので箱に [続きを読む]
  • クリスマスローズ ”サンセット”。
  • 植え替え三昧Day。その3。上段右から2つ目のクリスマスローズ。ヘレボルス"サンセット”[Ashwood Nurseries]〜helleborus "Sunset" 〜やっぱり植え替えなしで3年目。3年前の時、11月に開花したのをよく覚えている。本当に美しい花だった。そうとうぐるぐるの根。手早く植え替え完了。ゴールド系のためか葉茎の軸が赤い。左奥も同じ品種。マルチング材あく抜きベラボン 4L M フジック (efgl01)一緒に植え替えたクリスマスローズ・ [続きを読む]
  • 原種クリスマスローズ デュメトルム八重。
  • 続 あわてて植え替えしまくった日。手前左の苗。ヘレボルス ”デュメトルム”ダブル [横山園芸]〜Helleborus 'dumetorum' double〜種別:原種, 無茎種。原生地:スロベニア, クロアチア, ハンガリー・・・・,草丈:15〜30cmドゥメトルム ダブル 八重咲き。発音難しすぎ・・・とくだらないことを思ってしまう。今まで何回かデュメトルム・ダブルの花を見たことがあるが個体差がハンパなかった。まだ花を見ていないわ [続きを読む]
  • 原種クリスマスローズ アトロルーベンス八重。
  • 急に寒くなってきたこの頃。ポカポカだった今日、あわてて植え替えしまくった。手前左2番目の苗。ヘレボルス ”アトロルーベンス”ダブル [横山園芸]〜Helleborus ‘atrorubens’〜種別:原種, 無茎種。原生地:スロベニア, クロアチア, ・・・・,草丈:30〜45cmこの苗は今年はじめに購入そのままで夏越し株かな?2枚のナーセリータグ。得した気分。笑。謎の背面ナンバー。3号ロングスリット鉢に植え替えました [続きを読む]
  • すすき群生。仙石原高原。
  • 急に思い立って・・・というか前から撮りたかった景色へ。ススキ [薄]〜Miscanthus sinensis〜。英:japanese pampas grassイネ科ススキ属撮影場所:仙石原高原(神奈川県)尾花ともいい秋の七草のひとつ。車で行きは3時間。箱根の山道で最初から渋滞・・・。日没ぎりぎりの到着になってしまった。でも圧巻だったかなあ。中央の稜線に小さな人々。今度は狙った時間にちゃんと来よう。カーラジオで東名高速上り東京手前渋滞40kmと [続きを読む]
  • 原種クリスマスローズ トルクァツス。
  • 新しい植物を触っていたら目に入った。原種のクリスマスローズ。まだ開花したことないが、けなげに葉がしっかり展開してきた。ヘレボルス ”トルクァツス” [横山園芸]〜Helleborus ‘torquatus’〜Coll:Koncarev ボスニア201106種別:原種, 無茎種。原生地:ボスニア, ヘルツェゴヴィナ, クロアチア, ・・・・,草丈:30〜40cm9cmポットほどだというのに買った時のまま2年くらい植え替えしてあげてない [続きを読む]
  • 原種クリスマスローズ トルクァツス。
  • 新しい植物を触っていたら目に入った。原種のクリスマスローズ。まだ開花したことないが、けなげに葉がしっかり展開してきた。ヘレボルス ”トルクァツス” [横山園芸]〜Helleborus ‘torquatus’〜Coll:Koncarev ボスニア201106種別:原種, 無茎種。原生地:ボスニア, ヘルツェゴヴィナ, クロアチア, ・・・・,草丈:30〜40cm9cmポットほどだというのに買った時のまま2年くらい植え替えしてあげてない [続きを読む]
  • ダウクス カロタ ”ダーラ”。
  • 2016.11.2.wed。我が家にようこそその4。ダウクス カロタ ”ダーラ”〜Daucus carota ‘Dara’〜セリ科 耐寒性一年草。花:5〜7月草丈:80〜100?ワイルドキャロットリーフがなんともいえない造形美。がっつりな株元を選んで連れてた。こちらも即 雑植え替え。水やり後は あまっていたグリーンキングをパラパラ。OF000 [続きを読む]
  • セリナム ワリキアヌム。
  • 2016.11.2.wed。我が家にようこそその3。セリナム ワリキアヌム。〜Selinum wallichianum〜セリ科花:8〜9月草丈:120?こまかいことは謎だらけ。とりあえず即効 雑に(苦笑)植え替え。8号ロングスリットでも足りないんだろう。大型になるんだろうね。来年が楽しみだ。着生らん用に買っていてずっとあまらせていたグリーンキングを水やり後まいておいた。OF000 [続きを読む]
  • ガーデンアネモネパブニナの目覚め。
  • 横山園芸さんのアネモネパブニナ。夏はまったく地上部分はなく、でも、秋の彼岸後、ふっと見たら葉が一枚・・・徐々に・・・今年の早春入手株の今日はこんな感じ。居場所は1階の少々頭上に植物がある場所。下の写真は、それより前年に入手のアネモネパブニナさん。ボーボーの雑草も気にせず、やっぱり気づけばもりもり葉が展開〜。2階のすだれ越しのベランダがお決まりの居場所。おはようございます。はっ!! この我が家で三年目を [続きを読む]
  • アスチルベ サンダー&ライトニング。
  • 2016.10.25.tue。我が家にようこそその2。アスチルベ サンダーアンドライトニング〜Astilbe ‘Thunder and Lightning’〜ユキノシタ科 耐寒性宿根草 冬季落葉。花:5〜6月草丈:45〜60?場所:シェードガーデン栽培:アスチルベと一緒だね。黄金葉好きとしては無視できない・・・。ずっと黄金を保つようだが、今は普通にグリーンだ。来年が楽しみ。とりあえずひとまわり大きな鉢へ。TP1300+ [続きを読む]
  • ペルシカリア アンプレキシコール ロゼア。
  • 2016.10.25.tue。我が家にようこそ その1。タデ科らしい花穂・・・。お店で一年越したのかな???パンパン状態の根。しかし、このゴン太の株元が心強い。とりいそぎ即鉢増しだけ行う。ペルシカリア アンプレキシコール ロゼア〜Persicaria amplexicaule rosea〜タデ科耐寒性多年草。花:7〜10月草丈:100?場所:シェードガーデン栽培:日当たり〜半日陰の肥沃な場所。生育旺盛で年々株が増えるので適度に植え替えをする。暖地で [続きを読む]