明智紫苑 さん プロフィール

  •  
明智紫苑さん: Avaloncity Central Park
ハンドル名明智紫苑 さん
ブログタイトルAvaloncity Central Park
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/akechi_shion
サイト紹介文不肖「信頼出来ない語り手」明智紫苑の我楽多ブログです。主に自作小説とカスタマイズドールを扱います。
自由文当ブログは主に、私のオリジナルキャラクタードール画像と小説並びにエッセイを掲載しております。個人サイト「Avaloncity」の広報部的存在のブログです。
http://akechi-shion.jimdo.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/10/28 01:49

明智紫苑 さんのブログ記事

  • その結婚願望は本物か?
  •  昔、誰かが「本当にモテる人は自分が好きなタイプを具体的に言わない」と言っていた。なるほど、要するに韓非子が「君主は臣下に己の好き嫌いを知られてはならない」と言っていたのと似たようなもんか。まあ、そもそもその「モテる人」が必ずしも全て異性愛者だとは限らないという大前提があるのだが。 そういえば、独身歴が長いのを売り物にしている某女性芸能人が「理想の結婚相手の条件」を挙げていたが、やたらとその項目が [続きを読む]
  • ドラえもんとジェンダー
  •  私は『ドラえもん』ののび太としずかちゃんの関係について思う。この二人は成人してからは普通の(?)異性愛カップルに見えるが、小学生時代のこの二人はむしろ百合カップルのように見える。いわゆる「アンチヒーロー」とは主に①悪漢型②ダメ男型③男性ヒロイン型の三パターンがあると思うが、のび太と『エヴァンゲリオン』のシンジは②と③の複合パターン「男体化ダメ女」のように思える(ちなみにシンジの父碇ゲンドウは①と [続きを読む]
  • 「殺人パティシエ」法正
  •  諸葛亮曰く「孝直さえ健在だったら、ウチの陛下の暴走を止められたのにな…トホホ」。 当ブログの「お笑い三国志道場」コーナーには様々な奇人変人キャラクターが登場するが、今回紹介するのは蜀の法正(字は孝直)である。法正、字は孝直。名前だけなら日本の明智光秀並みに立派だが、私怨で人を殺すなどの問題児(…だなんて生易しいもんでもないか…)だったという。それでも、蜀の軍師として功績を上げた人なのだが、当ブロ [続きを読む]
  • 今、そこにあるアレルギー
  • 『ファイブスター物語』の重要人物の一人、アイシャ・コーダンテは最強クラスの騎士である。まあ、誰が真の最強かはよく分からないが、人間の騎士としては現時点ではベストテンには入るだろう。少なくとも、愛する主君天照の帝のためなら剣聖クラスの強さを発揮するようだ。 そんなアイシャ様には、もしかすると意外な弱点があるのかもしれない。 KADOKAWAから出ている設定集にはアイシャの好きな食べ物が書かれているが、その一 [続きを読む]
  • 究極の人材選択?
  •  坂上忍「ブスなんて女じゃねぇよ」 韓非子「な、ならばその女をお、男湯に連れて行け。にゅ、入浴出来ればお、男で、で、出来なければお、女だ」 アーサー王「混浴だったらどうするの?」 韓非子「だ、だから男湯だとい、言っとるじゃ、じゃないか??」 アスターティ「何て話なの?」 それはさておき。 相変わらずアホな事を考えている私は、当然今日もアホな事を考える。さて、いきなり本題に入る。 ズバリ、もし自分が [続きを読む]
  • 全ての人間は「世界の中心」である
  •  自己中心的な人間を批判(もしくは揶揄)するフレーズとして、このような紋切り型の言い回しがある。「地球を自分中心に回っていると思っている」 当然、物理的事実としてはあり得ないが、実は我々人間は大なり小なりそのような心情ではなかろうか? ズバリ、人間それぞれにとって「自分」こそが「世界の中心」であり、「地球の軸」なのである。そして、自分が生きている限り「世界」は存在し、自分が死んだ時点で自分自身にと [続きを読む]
  • 2018年ポケモンGOの旅(大通公園編⑤)
  •  私は今月11日、札幌の大通公園のポケモンGO物件を撮影した。当ブログではそれらを五つの記事に分けて紹介したが、今日がその五番目、最終回である。 劉邦「誰かの便所みたいに 長 ( なげ ) ぇな」 …ほっといてください。 ポケストップ「Big Round Fountain」。一応、噴水なのだが、私が行った時には水が使われていなかった。他にも別の休眠噴水があったが、それらの写真は撮らなかった。それに対して、こちらは水を出さな [続きを読む]
  • 2018年ポケモンGOの旅(大通公園編④)
  •  私は今月11日、当ブログのネタ探しとして、札幌の大通公園のポケモンGO物件を見つけて撮影した。さすがは札幌のセントラルパーク、大通公園だけあり、その物件は多い。さすがに全てを網羅するのは面倒だから、目ぼしいものだけを撮影している。 今日の記事はシリーズ第四弾である。これほどのボリュームはさすがは大きなお通じの公園だねぇ。ブリブリ写真を撮っちゃうよ。 劉邦「快眠、快食、快便! それが俺のモットーだ。ガ [続きを読む]
  • 2018年ポケモンGOの旅(大通公園編③)
  •  劉邦「ニューヨークに行きたいかー!?」 漢軍一同「おー!!」 劉邦「すすきのに入浴に行きたいかー!?」 漢軍一同「おー…お!?」 韓信「おっさん、あんた滑ってるよ??」 劉邦「つるつるすべすべ、略して鶴瓶! ガハハハー!!」 イッツ・ショータイム! そういえば、昔あった「突然ガバチョ!」という番組には笑福亭笑瓶のコーナー「ショーヘイ・ショータイム」があったっけな。え? なして道民の私が関西ローカル番組だっ [続きを読む]
  • 2018年ポケモンGOの旅(大通公園編②)
  •  私は今月11日、札幌の大通公園に当ブログのネタ探しに出かけた。今日の記事は、大通公園のポケモンGO物件記事第二弾である。今日の記事の物件も皆ポケストップだが、何だか地味だなぁ。 ちなみに当記事の前振りとして長い文章を書いたが、本筋とは全然関係ない内容なので、独立した記事として切り離し、来月公開するように予約投稿した。何だか、キャベツ千切りの山盛りに肝心のトンカツが埋もれているようだったからね。トンカ [続きを読む]
  • 2018年ポケモンGOの旅(大通公園編①)
  •  唐突に思い出した。昔のアニメ『魔神英雄伝ワタル』の次回予告に使われた「面白かっこいいぜ」って、実に変なセリフだな。昔の近藤真彦のヒット曲「ギンギラギンにさりげなく」はかなり無茶苦茶なタイトルだが、「面白かっこいいぜ」も負けず劣らずすさまじいフレーズである。「ギンギラギン」と「さりげなく」の両立は矛盾めいているが、「面白さ」と「カッコ良さ」の両立もまた、全くの不可能ではないにしてもかなり難しいだろ [続きを読む]
  • 大通公園の桜とモクレン
  •  私は今月11日、いくつかの用事があって大通公園に行った。寝不足でフラフラになりつつも、ポケモンGO物件を撮影したが、ついでに桜やモクレンの花も撮ってきた。 桜は種類によって咲いている時期が微妙に違うので、色々な種類を植えている公園はトータルで長く桜を楽しめる事になる…多分。とりあえず、こないだ行ってきた中島公園はそうだろう。さて、来年はどこで花見シーズン記事「Cherrypink2019」の写真を撮ろうかな? 濃 [続きを読む]
  • 「死神」トリスタン?
  •  これは昨夜、私が見た夢の話である。 私はその夢の中でテレビを観ていた。その番組には、今は亡き飯島愛さんが出ていたから、何年も前という設定だ。その飯島さんは今ハマっている映画として『トリスタン』というタイトルのホラー映画を挙げた。トリスタンと言っても、いわゆる「トリスタンとイゾルデ」の話ではなく、現代ものである。 それは実在しない映画だが、場面はその映画『トリスタン』の世界に切り替わる。どうやらこ [続きを読む]
  • やっぱりチャーシュー麺が好き
  •  私は昨日の未明、眠れなかった。まさか、当ブログでキャラを破壊された商鞅の呪いではないだろうが、徹夜でフラフラ、寝るのをあきらめて朝食をとる。そして、毎月通っている病院に行ってきた。さらに、モスバーガーで昼食をとった。 期間限定品、クリームチーズテリヤキバーガーとラベンダーレモネード。キレイな紫色である。芳しい飲み物だが、結構好き嫌いが分かれそうな味だ。そういえば、数年前に某社がラベンダーの香りの [続きを読む]
  • 美人ごっこ
  •  インターネット上では、芸能人などの有名人でもないのに(要するに、単なる一般人なのに)自撮り写真を披露する女性たちが少なからずいる。ズバリ、彼女たちは「自分はブスではない」と思っているだろう。少しでも「ブス」の自覚がある人なら、まずは自撮り写真を披露するなんて事態はあり得ないだろう。それに、何らかの犯罪に巻き込まれる恐れがあるのだ。色々と危ない。 ある程度の容姿レベルの高さがある有名人ならば、その [続きを読む]
  • 2018年ポケモンGOの旅(札幌駅周辺編③)
  •  孫武「もしも、マルセイバターサンドのレーズンが」 伍子胥「そこから先は言うな!」 松永久秀「サルミアッキだったら」 アーサー王「おいしそうだねぇ」 他三人「…⁉」 …エヘン、オホン。「ウッフン、アッハン」に非ず。白馬は牛に非ず。 まずは、時事ネタを書く。 石原さとみの新恋人熱愛報道について「結局金かよ!」と非難する身の程知らずの一般人男性たちが少なからずいるようだが、別にいいじゃん。どうせ、当人 [続きを読む]
  • 2018年ポケモンGOの旅(札幌駅周辺編②)
  •  商鞅「チクショー、ファッキュー、サノバビッチ…ブツブツ??」 アスモダイ「何だ、衛子?」 商鞅「…紫苑の奴、誰がダブスタ野郎だって?」 アスモダイ「ああ、宮城谷昌光『孟嘗君』1巻のアレね」 商鞅「チクショー、アーサーの野郎のみならず、どいつもこいつも猫も杓子もみんな『Avaloncity Stories』第一部の主人公であるこの俺をコケにしやがって。車裂きにしたろか、おんどりゃー!」 松永久秀「いえいえ、私こそが [続きを読む]
  • 2018年ポケモンGOの旅(札幌駅周辺編①)
  •  私は一昨日から宮城谷昌光氏の『孟嘗君』(講談社文庫)の再読を始めたが、商鞅、てめぇこの野郎! 「男を外見で判断しない俺の嫁はエラい、賢い!」と思いつつ「大事をなす者の妻は醜女であってはならない(キリッ!)」って、潔いまでの見事なダブルスタンダードだなぁ(笑)。あんた、三国志の某丞相さんに喧嘩売ってるよ! まあ、その某丞相閣下も陳舜臣氏の某小説で「商鞅は嫌い」と言っていたが…ロンドンハーツの「格付 [続きを読む]
  • Cherrypink2018
  •  私は今月4日、札幌の中島公園にネタ探しに出かけた。ポケモンGO散策やら、「冷戦より冷麺」やらがあったが、メインターゲットは桜である。この日の時点でエゾヤマザクラは散っていたようだが、ソメイヨシノは健在だった。 さらに、思わぬ収穫として枝垂れ桜の写真も撮れた。 これはソメイヨシノ@菖蒲池。控えめな可憐さである。都会のオアシス、中島公園。 これまたいかにも「インスタ映え」するのが撮れた。当然、今回のベ [続きを読む]
  • 2018年ポケモンGOの旅(中島公園編)
  •  私は一昨日、札幌の中島公園に当ブログの取材としてのブラブラ散歩をしてきた。メインターゲットは桜だったが、せっかくだからポケモンGO物件の写真も撮ってきた。 ここは外国人観光客も含めてたくさんの人が出入りするところだけあり、ポケストップの数はそれ相応に多い。 ポケストップ「のびゆく子等」。健全なお子様イメージの像である。 札幌市こども人形劇場「こぐま座」。これも健全なポケストップである。周辺はお子様 [続きを読む]
  • 初めての冷麺
  •  昨日、私は当ブログの記事を書くための取材として、札幌の中島公園に行った。メインターゲットは桜だが、ポケモンGOを思い出して起動し、ポケストップも桜も撮影した。それらは明日以降掲載するが、私は公園で思い出した。「そういえば、ツイッターで『冷戦より冷麺を』というフレーズを見かけたなぁ〜。そうだ、あの店に食べに行こうかな」 そして私はジュンク堂書店で『達人伝』20巻を買い、札幌地下街に潜った。 札幌地下街 [続きを読む]
  • 誇れない?
  •  夫「誰が飯食わしてやってると思ってんだ!?」 妻「あたしが料理しているからだよ!」 劉邦「誰が飯食わしてやってると思ってんだ!?」 韓信「蕭何殿が補給してくれてるからだよ!」 はぁ〜、ピエール・エルメの「イスパハン」を食べたい! 札幌に出店してくれないか? それはさておき、私のアメブロ時代の元ブロ友さんの一人にMさんというお方がいた。この人は日大の「文系学部」出身なのだが、具体的にどの学部なのか気に [続きを読む]
  • 夏姫と西施
  •  私が昔、ヤフー知恵袋に投稿した質問を元に、今回の記事を書く。中国・春秋時代の美女の代表格として、夏姫と西施という二人の女性たちがいるが、果たして、どちらが春秋No.1の美女にふさわしいだろうか? 私は知恵袋に二人を比較する質問を投稿した時にはこう思った。個人的には、素朴で可憐なイメージのある西施の方を選びたい。どうせ夏姫は上流階級出身で、美容にお金と手間暇をかけられた上に、豊富な男性関係もあったから [続きを読む]
  • ちゃんとしたチャーハン
  •  私は普段、あるQ&Aサイトを見ている。それで私は今日、ブチ切れた。 我が最愛の漫画『Avaloncity Stories』のファンにレイシストがいるなんて!? 私は腹が立った。問題の回答者はどさくさに紛れて、質問内容とは無関係の嫌中嫌韓のヘイトスピーチ、さらには中南米某国の女性有名人への誹謗中傷を回答に付け足していたのだ。反戦・反差別・反ファシズムの立場にある私は当然、頭にきた。お前みたいなレイシストなんかにゃ、あ [続きを読む]